• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ハ リ ーのブログ一覧

2012年11月30日 イイね!

'12.11.30 ガントリークレーンに登った

'12.11.30 ガントリークレーンに登った旅好きな冒険者たるもの、いつでも どこでも好奇心と探究心を持ち続けることが大切だと思っております。

とあるきっかけでガントリークレーンに登る機会がありました。ガントリークレーンとは、港に横付けされた船にコンテナを積み降ろしするために専用設計されたクレーンです。(詳しくはWikipediaのガントリークレーンで)

今回登る機会に恵まれたのは高さ80mもある超巨大タイプです。本体から大きく張り出した階段を登るのです。

本体から大きく張り出した階段を登ります

まだ設置工事が終わっていない状態のため地面近くの階段が取り付けてられておらず、クレーン車のような昇降機に乗り込みます。

クレーン車の様な昇降機に乗り込む

下の写真の様に、階段の途中に横付けされ、柵を越えて階段に乗り移ります。この高さからでも落ちれば重傷は免れず、運が悪ければ死にます。

この高さで柵を越えて階段に乗り移る

本体から大きく張り出した階段を登って行きます。「風が強い日は揺れて怖い」と聞かされていましたが、この日は風がないから大丈夫だと思っていました。しかし自分たちが登って行く振動でも揺れて、十分怖いです。

現場の方はさすがに慣れていて、すいすいと登って行きます。息があがって足元が危うくなる前に、お願いしてペースを落としてもらいました。

メインのブーム部まであがって来ました。ここでも地上60mくらいです。

ブーム部まで登って来た

この後さらに正面に見える階段で、棒が集まる三角形のてっぺんまで登ります。私は高いところが好きなタイプですが、下を見ると正直に言って「かなり怖い」です。

階段の手すりを両手で強く握りながら登り、頂上に到着しました。

三角形のてっぺん(頂上)まで登り切りました

足を滑らせて転べば簡易的な柵などあっさり乗り越えて落ちてしまう可能性が高く、想像すると恐怖で背筋が寒くなり足がすくみます。

しかし、気持ちを切り替えて背筋を伸ばして景色を眺めると、非常に気持ちよいものです。全高約80mの超大型ガントリークレーンの頂上に立つなんて滅多に出来ない体験です。何事も心の持ち様だと実感しました。

全高約80mの超大型ガントリークレーンの頂上に立つ

下りの階段は怖さ2倍アップです。登りの時は目の前にあった手すりが、下りでは腰よりも低い位置にしかありません。登りではわざわざ見なければ視界に入らない下の景色が目の前に広がります。豆粒の様に小さな地上の施設。空中に突き出した階段に今から自分が進んで行く。この怖さは写真では決して伝わらないでしょう。

空中に突き出た階段に今から自分が進んで行く恐怖

一緒に登った現場の方の「一度バンジージャンプかスカイダイビングを体験したい!」との発言に、クレーンの上では「私にはとても無理」とこたえました。

それなのに降りて来てしまえば、「私もチャンスがあったらやってみたい」と思っています。人間なんて都合のいい生き物ですね。
Posted at 2012/12/05 16:08:34 | コメント(2) | トラックバック(0) | | 日記
2012年11月25日 イイね!

'12.11.25 -7 さっそくトラブル!

'12.11.25 -7 さっそくトラブル!我が家のミニバスは平成7年式で既に17年たった車です。このミニバスを選んだ時のブログに「年式、距離ともにかなり行っているのでそれなりに手はかかるでしょうが」と書きました。その覚悟を試されるかの様に、早速トラブルが発生しました。

敷いたばかりのフロアマットにプラスチックのカケラが落ちていました。明らかに何かの部品が割れたものです。形を見て直ぐに思い当たる場所がありました。

敷いたばかりのフロアマットの上に落ちていた部品のカケラ

後ろのサンルーフは電動でスライドして大きく開くタイプですが、フロント側は斜めに5cmくらい持ち上がって空気が入る様になるだけの手動タイプです。このフロント側の開閉ヒンジには全開時と全閉時に固定するためピンにはまる保持ロックがあります。

下の写真が運転席側から見た開閉ヒンジです。メッキの金属パーツの上下にU字型のフックが見えます。これが正常な状態です。

フロント側サンルーフの開閉ヒンジ

同じヒンジを助手席側から見たのが下の写真です。サンルーフを閉じた時に保持固定するフックが折れてしまいました。片側が残っているので当分は大丈夫ですが、もし両方折れてしまったら雨漏りが心配になります。

サンルーフを閉じた時に保持固定するフックが折れている

納車の翌日に早速トラブルが発生しました。まぁ、この程度は想定の範囲内です。部品が新品で手に入るといいけれど、なければ中古品を探します。


さらにこの翌日にも別のトラブルが発生しました。家内と次男が剣道の稽古に行った帰り、坂道でアクセルを踏み込んでも力がなくほとんど速度が出なかったそうです。家内が路肩に車を停めてアイドリング状態で途方に暮れていたところ、しばらくして知人が通りかかったので様子を見たもらおうとしたら今度はちゃんと動いたそうです。エンジンが温まったからでしょうか?

ネットで検索してみましたが、サンバーはCVTの電磁クラッチが劣化した時のトラブル事例が多く見られましたが、今回とは症状が異なります。それ以降は暖気をしてから走り出す様にしているからか、7日程たちますが再発はしていません。

エンジンオイルは納車時に交換してくれました。ショップのメカニックの方によるとCVTはミッションオイルを交換しないものなのだそうです。本当なのか今度スバルのディーラーに問い合わせてみます。水回りは納車前の点検で問題ない事を確認済みだそうです。


永く乗り続ける事が出来る様に、私も勉強して少しずつ自分でメンテナンスを出来る様に頑張ります。
Posted at 2012/12/04 17:35:44 | コメント(2) | トラックバック(0) | ミニバス | 日記
2012年11月25日 イイね!

'12.11.25 -6 下を擦りそう

'12.11.25 -6 下を擦りそう我が家のガレージは出口に段差があります。ミニバスは地上高は高めなので腹を擦る心配はなさそうですが、フロントのあご周りが低いので、出る時に擦りそうになります。

一応ぎりぎりセーフのようですが、ブレーキでボディーが沈んだ時や、人や荷物が乗っていたり、タイヤの空気圧が少なめだったり、サスがへたったりした時に擦りそうで心配です。

ガレージの段差で下を擦りそうで心配

ロードスターは腹を擦りそうなギリギリ状態だったので、段差を小さくするためのコンクリートブロック(側溝のフタを流用)を敷いていました。当面はロードスターを出し入れする機会は無いので、コンクリートブロックをミニバスの駐車位置へ移動します。

コンクリートブロック(側溝のフタ)をミニバス前に異動

ブロックの移動ついでに、家内が普段は手が届かない場所の掃除に取りかかりました。

普段手が届かない場所を掃除する家内

端から綺麗に並べて行きます。

端から綺麗に並べて行く

金属製の側溝網の上ではコンクリートブロックは滑りやすいので、駆動輪による飛び出しや位置ずれを防止するために固定金具を取り付けます。(これが無いとかなり危険です!)

ブロックの飛び出し&位置ずれ防止の固定金具

ブロックの幅の分だけ早く、ブロックの厚み分だけ上がります。多少はマシになったのか?写真ではあまり違わない様にも見えますが、理屈の上では効果があるはずです。

コンクリートブロックを設置した効果はあるのかな?

ガレージからの出し入れの時は、運転手だけ乗るかたちで、ゆっくりと動かす事にします。


ついネットで見る他の人の立派なガレージをうらやましく思いがちですが、ガレージがあるだけ十分贅沢です。

無いものを嘆くのではなく、あるものに感謝して生きて行きます。
Posted at 2012/12/03 21:55:06 | コメント(2) | トラックバック(0) | ミニバス | 日記
2012年11月25日 イイね!

'12.11.25 -5 ミニバスに初給油

'12.11.25 -5 ミニバスに初給油サンルーフ全開で走ると、青空と黄色く色づいた銀杏並木が綺麗に見えます。

このサンルーフの恩恵に預かれるのは圧倒的に後席ですが、前席でも車内の明るさや風を感じる事ができて気持ち良くなります。

サンルールから広がる青空と黄色い銀杏並木が気持ちいい

納車から家に到着するまでトリップメーターが動かなかったので故障かと心配しましたが、この日の朝に家を出る時点でリセッットし直したら、それ以降はちゃんと動いてくれて一安心です。

ミニバス(ワーゲンバス仕様)の納車から初めてとなる給油に向かいました。

ミニバス(ワーゲンバス仕様)に初めての給油

給油口のオープナーが分からず探しましたが、長男が見つけてくれました。

給油口キャップが堅く、90度くらいしか回さない(回らない)タイプで次男が戸惑っていました。

給油口が低いのでしゃがんで給油

給油口が低いのでしゃがんでの給油です。

と、言う事でミニバスへの初給油の大役は次男がこなしてくれました。

初めて満タンにしたので、次回から燃費が計算できます。
Posted at 2012/12/03 09:05:42 | コメント(2) | トラックバック(0) | ミニバス | 日記
2012年11月25日 イイね!

'12.11.25 -4 ロードスターの廃車手続き

'12.11.25 -4 ロードスターの廃車手続きもう二度と走る事の無いロードスターですが、何となくナンバーを切れずにいました。いつまでも引きずるわけにも行きませんし、ミニバスも来た事ですので、廃車手続きをする事にしました。

ボディーは大破しましたが、ナンバープレートは奇跡的にほとんど無傷です。一見修理できそうに見えて、修復不可能な今回の状態を象徴するようです。

ボディーは大破したがナンバープレートはほとんど無傷。

リアの封印を破りました。初めての経験です。

リアのナンバープレートの封印を破るの初めての経験

前後ともに取り外しました。フロント側もほぼ無傷です。考えてみれば皮肉なものです。

ナンバープレートは奇跡的にほとんど無傷なのが皮肉

本当は自分で手続きしたかったのですが、時間が取れないので新車からずっとお世話になっているディーラーへお願いしました。

新車からお世話になっているディーラーに廃車手続きを依頼

新車購入当時の営業マンとメカニックの方はそれぞれ転職と異動で既にこのディーラーにはいません。ですが、その後を引き継いで長男が赤ちゃんの頃から担当して下さっている方が、私とロードスター 〜20年間の想い出〜 のMさんです。そのMさんは、数年前にこの営業所の所長さんになられました。

VR−Bの最期はその方に託しました。


その方とも、またいつかVRリミテッドで走れる日が来る事を約束しました。
Posted at 2012/12/01 19:35:43 | コメント(9) | トラックバック(0) | ロードスター | 日記

プロフィール

「初めて自分の車で島根県に来ました。楽しい夏休みの旅もいよいよ明日がラスト。今晩も車中泊です。」
何シテル?   08/15 22:20
ユーノスロードスターの限定車 VRリミテッド・コンビネーションB(通称VR-B) という黒っぽい緑色の車に乗っております。 純正にこだわり新車から大切に維...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2012/11 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

2017年東北遠征変態ドライブ⑩福島只見川~初ビーナス編 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/07/10 09:41:48
大改造!! 劇的ビフォ→アフター 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/10/06 21:16:10
'14.08.25 踏切注意 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/05/14 08:24:32

お友達

シャイなので突然のお友達申請には固まってしまいます。
実際にお会いしてお話しするか、何度かコメントやメッセージでやりとりさせていただいてからでお願いいたします。
125 人のお友達がいます
noppo.noppo. * motoshimotoshi *
ohkawa@Vspohkawa@Vsp * aranao_R32aranao_R32 *
ドライブ依存症ドライブ依存症 * mizuhomizuho *

ファン

72 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ ユーノスロードスター 2代目VR-B (マツダ ユーノスロードスター)
新車から大切にして来た初代VR-Bが不慮の事故で修理不能となってしまったので、遺志を引き ...
スバル サンバー ミニバス (スバル サンバー)
スバルサンバーベースの フォルクスワーゲンバス仕様アーリータイプです。 大阪府堺市のキャ ...
マツダ ユーノスロードスター マリナーブルー (マツダ ユーノスロードスター)
20年以上たってマリナーブルーに帰って来ました。 VR−Bとの縁が見つかるまで、 当時 ...
マツダ ユーノスロードスター 初代VR-B (マツダ ユーノスロードスター)
ユーノスロードスターの限定車 VRリミテッド・コンビネーションB(通称VR-B) という ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.