• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ハ リ ーのブログ一覧

2014年05月25日 イイね!

'14.05.25 -3 私と2代目VR-Bとの「今の関係」

'14.05.25 -3 私と2代目VR-Bとの「今の関係」5月26日にアップしたブログの末尾に、「私と2代目VR-Bとの『今の関係』が分かりました。」と書きました。

今回はこのことについて書き記そうと思います。

自分の一部と言える大切な初代VR-Bを2012年に失い、2013年1月にマリナーブルーを購入してから、2013年8月に今の2代目VR-Bの入手に至りました。

当時のブログでは簡単にしか触れませんでしたが、実は2代目VR-Bは入手時から違和感がありました。エンジンがとてもスムーズに吹け上がって速度が乗りやすく、エンジンブレーキの効きが弱いのかハブベアリングの抵抗が少ないのかアクセルオフでもあまり減速せずに良く転がるのです。

ある意味とても「良く走る」のですが初代VR-Bとの違いに戸惑っていました。でも2代目VR-Bはエキマニ・マフラーが交換されているせいで、「純正に戻せば元の雰囲気に戻るだろう」と軽く考えていました。


ところが今月(2014年5月)に気づきました。

最初のきっかけは仕事に追われていたゴールデンウィーク中の脱走の時です。初代VR-Bで何度も走った裏山のコーナーで衝撃の経験をします。

2014年5月1日のコーナーをクリアした後に衝撃の経験をした

初代VR-Bでは「一緒に頑張って曲がろうっ!」と言って共に一生懸命に曲がったコーナーを、2代目VR-Bはいとも簡単に余裕でクリアしました。

その時、私には鮮明に見えたのです。

2代目VR-Bが振り返って残念そうな目で私を見て「なんだ、お前か(ため息)」という表情をするのが・・・。

2代目VR-Bが振り返って残念そうな目で私を見た

軽井沢ミーティングへの往路で旧道の和田峠を超えるときも、旧道で碓氷峠を下ったときも、2代目VR-Bはとても良い感じでコーナーを駆け抜けて行きました。

いつもの私よりもハイペースなのに、タイヤが鳴っても安定して危なげなくコーナーをクリアしてい行く様子に驚かされました。

さらにその後のVR連合上州ツーリングで確信しました。

初代VR-Bだったらついて行けない程のハイペースで前走する2台のVRリミテッド。

峠道をハイペースで駆けて行く2台のVRリミテッド

それを見て最高の気分で楽しそうに走って行ったのは私ではなく、2代目VR-B自身でした。

最高の気分で楽しそうに走る2代目VR-Bに対して、私は乗れていません。人馬一体とはほど遠い姿です。

最高の気分で楽しそうに走る2代目VR-Bと、乗れていない私

2代目VR-Bには前オーナーが少しずつ育て上げてきた人格(馬格?車格?)があるように感じるのです。

私はその2代目VR-BにまだDriverと認められていない様です。

映画アバターで頭から伸びた先の触手をつなげてもらえない感じ。


中古車で程度が良いVR-Bを選んでも初代VR-Bには負ける。ならば2度と走れなくなった初代VR-Bのパーツをできるだけ移植することで、2代目VR-Bを少しでも良い状態にしよう。2代目VR-B入手時はそう考えていました。

初代VR-Bの部品を移植することで2代目VR-Bをより良くする

しかし今は悩んでいます。

私がやろうとしていることは2代目VR-Bに宿る人格を追い出すこと(殺すこと)になりはしないだろうか?

初代の使える部品を2代目に移植するのではなく、生きている2代目から心臓と脊髄を奪い、初代に使わせようとしているのではないか?

初代の部品で2代目を活かすのではなく、初代のために2代目を犠牲にする?

先日motoshiさんに「VR-Bへの愛情を感じない」と指摘されました。彼には全てお見通しだったのだろうか?


これが私と2代目VR-Bとの「今の関係」です。

私はいったいどうするべきなのだろうか?


 
Posted at 2014/06/03 01:30:43 | コメント(9) | トラックバック(0) | VR-Limited Combination B | 日記
2014年05月25日 イイね!

'14.05.25 -2 Vert noiR軽井沢Mtg整列編

'14.05.25 -2 Vert noiR軽井沢Mtg整列編軽井沢ミーティングの終了後はVRリミテッドコンビネーションBで整列写真を撮りました。

今年は意外と場所が空いておらず困りました。この1台がいなければ並べられるのに・・・という悔しい思いをしながら、空きスペースを探しました。

それでも結局十分な場所がなかったので必殺「間詰め」作戦で並べました。

場所がないので必殺「間詰め」作戦で並んだ11台のVR-B

間詰め作戦とは車の間隔をギリギリまで詰める停め方です。純正だとミラー同士が触れそうになる程まで間隔を詰めて9台分のスペースに11台を並べました。(8台分のスペースに10台プラス1台です。)

9台分のスペースに11台を詰めて停めて整列したユーノスロードスターVRリミテッド

愛車と同じ順番に並んで記念撮影をするのが2001年以来のVert noiR流です。11台中4台がVert noiR未加入のメンバーが並んでくれました。チョ〜嬉し〜ぃナッシー!(フナッシー風)

愛車と同じ順番に並んで記念撮影をするのが2001年以来のVert noiR流

だれ一人として緑色の服を着ていないのがある意味でVert noiRらしいです。(としぞーさんは中に着ているようですが…)

一番右の38さん(みやさん)はその後Vert noiRへ参加してくださりました。他の皆さんもVert noiRへ参加してくださると嬉しいです。

参加表明はVert noiRサイトのコメントボードにてお願いいたします。

このVRリミテッドコンビネーションBの列をご覧下さい。同じ限定車ですが、それぞれ個性的なノーズが並んでいます。

同じ限定車なのに個性的なノーズが並ぶ

VR-Bでの整列写真を撮り終えたら緑一列にも並ばせて頂こうと考えていましたが、間詰め整列などでVR-Bの方が時間がかかってしまいました。

他にも色別で並ぶ中でマリナーブルーをのぞかせてもらいました。赤いシートのNiiさんと黄色いリップのdotさん?の車が目立ちます。

赤いシートのNiiさんと黄色いリップのdotさん?の車が目立つ

日が西に傾き始めた16時半頃に帰路につきました。

日が西に傾き始めた16時半頃に帰路につく

今年は心配していた国道18号の渋滞に会うこともなくスムーズに進みました。

帰路も有料の新和田トンネルは使わず旧道で和田峠を越えるつもりでした。偶然前を走っていた島根ナンバーの綺麗な青いNBも旧道に入って行ったので一緒に峠を駆け上がりました。

偶然前を走っていた綺麗な青いNBと一緒に旧道で和田峠を駆け抜けた

自走で島根まで帰るのに旧道を選んだのでしょうか?もしそうならば、かなりの強者&タフガイだと想像します。

駒ヶ岳SAでろどしゅんさんに「ハリーさんですよね?」と声をかけて頂いた時は驚いたと共にとても嬉しかったです。あの暗い中&まだいじっていなくて特徴の無いVR-Bでなぜ私だと分かったのでしょうか?

今年は国道18号線も小牧JCTも含めて一切渋滞の会わずに済みました。そのおかげで22:40頃に自宅へ到着できました。

それぞれのミーティングのにそれぞれの良さがあるので、どのミーティングにも参加したくなります。軽井沢ミーティングのスタッフの皆様、参加された皆様、それぞれに大きく感謝いたします。ありがとうございます。


 
Posted at 2014/06/01 21:02:51 | コメント(3) | トラックバック(0) | VR-Limited Combination B | 日記
2014年05月25日 イイね!

'14.05.25 -1 軽井沢Mtg2日目

'14.05.25 -1 軽井沢Mtg2日目前日に続いて軽井沢ミーティングの2日目です。

今回のコテージはもしかしたら2年前と同じコテージだったかも。(未確認ですが恐らく同じです。)

洗車のために朝早めに起きてコージを出るとハシリアさんがジョギングをしていました。スリムな体型はそうやって維持されるのですね。さすがです。見習いたいけれど出来ない・・・。(なんでだろう?)

早朝にジョギングをするハシリアさんと遭遇

ミーティング会場への入場は一般は8時から、クラブ単位の整列入場は8時40分からになります。今年は朝に集合する第1駐車場のVert noiRメンバーは3台と少ないため、バラバラになる可能性がありますが本部テント近くの便利さをとって早めの一般入場としました。

第一駐車場のハシリアさん、ぼこさん、私に加えて、第2駐車場のつかささんの4台で集合して会場に向かいました。(後ろにいちななさんが続いています。)

第1駐車場の3台と第2駐車場の1台の計4台で会場へ向かう

入り口ではgpx985-naoさんが笑顔で迎えてくれました。

いい位置で、いい役を、いい笑顔でされています。

黄色のワンポイントが目立つ緑の靴がえびまるさんの元愛車のレディー号を連想させます。

入り口ではgpx985-naoさんが笑顔で迎えてくれました

今回motoshiさんは布教活動のためにVert noiRとは別行動したいとのことでした。新しい信者は獲得できたのかな?バケツも緑色なのはGoodです!

今回motoshiさんは布教活動のためにVert noiRとは別行動

会場を回って色々なロードスターを見ながら、たくさんの方々にお会いしました。

愛車仕様の絵と、ミニチュアと、ラジコンカー。こういうの素敵です。いいなぁ。

愛車仕様の絵と、ミニチュアと、ラジコンカー

会場で驚きの素敵な女性を見かけて思わず写真を撮らせていただきました。(掲載の承諾を得ていないので、お顔はモザイクを掛けさせていただきました。)

会場でお会いした素敵な女性

お持ちのカメラにもご注目ください。minolta X-7(リンク先は音に注意)です。私が小学生の頃のカメラです。しかもちゃんとフィルムを入れて撮影されています。


としぞーさんのお嬢さんがベダルカーレースに初参戦しました。残念ながら決勝には進めませんでしたが、しっかりと前を向いて完走しました。会場では口数は少なかったですが、芯の強いしっかりした娘さんだと思います。

今回気づきましたが、ホイールはVRリミテッド仕様なのですね。

ベダルカーレースに初参戦したとしぞーさんのお嬢さん

motoshiさんが会えずに残念がっていたとしぞーさんの奥様は小柄&細身でかわいい感じの美人さんです。としぞーさんに似たのか1歳にしてはかなり大きい(重そうな)息子さんを背負いながら、デジカメとiPhoneの2台で頑張る娘さんを一生懸命撮影していました。

お子さんを背負いながら、デジカメとiPhoneの2台で撮影する奥様

シンタンは服や財布、デジカメに至るまで持ち物はみんな青色です。その徹底ぶりはかなりのものです。よく見ると奥様は帽子もカーディガンもシャツの柄もジーパンも皆ブルー(紺色)です。

奥様までブルーに染めてしまうシンタンが凄いのか、染められたふりをしつつ真っ青ではなく紺色で自分らしさと両立している奥様が偉いのか?

奥様まで青く染めてしまうシンタン+

今回もClubNAへ寄らせていただきました。場所が奥の方ですが、世界遺産をかぶったこの格好なら会場の遠くからでも見つけやすいですね。

世界遺産のおかげで遠くからでも見つけられる?

脇のハートがチャーミングなR2乗り専用のClubNAシャツ。特にかわいいこの娘によく似合ってとてもカッコイイ!

脇のハートがチャーミングなR2乗り専用ClubNATシャツがかっこいい

R2乗りと聞いたのでR2リミテッドかと思いきや、スバルR2だそうです。

ロードスター25周年記念タスペトリーに次男と一緒に署名しました。よく見ると小さな「っ」が抜けている・・・。(はずかしい)

ロードスター25周年記念タスペトリーに次男と一緒にサイン

今回初めての方、以前から知っている方、ともにたくさんの方々とお会いできました。ただ、せっかくお会いしたけれど「お顔」と「お名前(ハンドルネーム)」が一致しない方が多くて困りました。

私は普段から顔と名前が一致できないことが非常に多いのです。今回は特にそれで困るとともに、せっかくお会いできたのに残念というかもったいない思いをしました。

なんとか出来ないか?写真を撮らせていただいた方は比較的分かることが多いので、今度からお会いする度に写真を撮らせてもらおうかな?

今年もたくさんの方とお会いできた軽井沢ミーティングも抽選とじゃんけん大会が済んで終了となりました。

抽選とじゃんけんが終われば軽井沢ミーティングも終了

他の方のブログで「今回はロードスターの写真をほとんど撮らなかった」というのを読みましたが、私もほとんど撮っていませんでした。その代わりにこのブログでも分かるように、女性の写真ばかりがたくさんありました。家内に誤解されないだろうか?

そういえば家内に突然「いま浮気していない?」と聞かれたけれど、この日の写真を見たからだろうか?


 
Posted at 2014/05/31 12:11:39 | コメント(3) | トラックバック(0) | VR-Limited Combination B | 日記
2014年05月24日 イイね!

'14.05.24 -3 仲間っていいなぁ(軽井沢Mtg1日目)

'14.05.24 -3 仲間っていいなぁ(軽井沢Mtg1日目)途中から参加させていただいた関東VR連合の上州・群馬ツーリングは終点に到着して既に終了していますが、まだ解散しません。

この日に既に軽井沢入りしているとの連絡があったカレラさんを待ちます。

いつもの通りリ彼女同伴&トラクタブルアップで登場してくれました。カレラさんと初めてお会いしたのは2010年の軽井沢ミーティングのウェルカムパーティーでした。カレラさんにお会いするのは昨年9月の千葉TRG以来でしょうか?

千葉から軽井沢入りしていたカレラさんと合流

ちゃんとお掃除していなかったので開けたくなかったのですが、何かの話しでボンネットを開けたところ・・・

ベンチレーションパイプが裂けている!

ベンチレーションパイプが裂けている

上の写真はgpz985-naoさんが素手でクリップを外してくれた後に撮影しました。

応急処置としてgpz985-naoさんが持っていた布テープで裂け目を塞ぎます。

応急処置として布テープで裂け目を塞ぐ

布テープを巻き終えました。これで帰るまでは大丈夫でしょう。

マリナーブルーのサクションパイプの裂け目をガムテープで塞いだことを思い出しました。

布テープを巻いて応急処置完了

これで応急処置は終えたつもりでしたが、gpz985-naoさんはクリップをもとの位置へ戻そうと頑張ってくれます。

クリップを素手で戻そうと努力する群馬男児

外すときは素手で出来ましたが、布テープの分外形が増したこともあり、戻せそうにありません。

諦めたかと思いきや、グローブを着けて再挑戦。

グローブを着けてクリップ締めに再チャレンジする群馬男児:gpz985-naoさん。

きちんとクルップは正規の位置へ戻して下さりました。凄いっ、群馬男児は握力が強いのですね!

ベンチレーションパイプの裂け目を布テープで応急処置

初代VR-Bもマリナーブルーもエンジンルームのお掃除をしてある程度綺麗に保っていましたが、この2代目VR−Bはまだ全く手入れが出来ていませんでした。製造業の世界では基礎中の基礎である5S(ゴエス)の3つ目のSが清掃で、「清掃とは点検なり!」と言います。

偶然にもナガヤスさんが5年前のブログをハイライトされた日にこのブログをアップするとは、それなりの意味があるのだと思います。

普段からロードスターのトランクに積んでいた工具一式がマリナーブルーのトランクの中のままだというのも、分かっていながら出来ていないことを実感させられました。既に旧車へ一歩踏み入っている大切な車を末永く維持するには、常日頃からの心がけとマメな実行が重要です。

今回の件を発見できたのも、応急処置できたのも、事なきを得たのも、自分の至らないところを実感できたのも、全て素敵な仲間のおかげです。

本当にありがとう。

この後、それぞれの宿泊先や自宅へ分かれました。私は軽井沢プリンスホテルのコテージでの宿泊です。

緑色の電気自動車でコテージへ向かう

いつものパーティー会場へ。

いつものパーティー会場へ

大勢の仲間と一緒に乾杯して素敵な時間を過ごします。

大勢の仲間と一緒に乾杯

今年はロードスター誕生から25周年であるのと共に、4代目となるNDが発表される年です。

軽井沢ミーティング恒例の元デザイン本部長の福田さんご夫婦手作りのタスペトリーにはNA、NB、NCと共に今年発表されるはずのNDのデザインコンセプトが描かれているとのことです。

皆さんNDへの関心は高いのでしょうね。かぶりつく様に写真を撮っている姿を撮影したら、ハシリアさんも写っていました。緑のネクタイがとても素敵です。

今年発表されるはずのNDのデザインコンセプトが描かれたタスペトリー

軽井沢への道のりも、碓氷峠の走りも、仲間と集まっての食事やツーリングも、お掃除していないエンジンルームを見られて突っ込まれたことも、トラブルを発見でき応急処置できたことも、パーティーで楽しい時間を過ごすことも、全て軽井沢ミーティングであり、大切な仲間がいるから実現できることです。

やはり私の感覚では土日の2日間が軽井沢ミーティングです。

ロードスターに関わる人たちの全てが仲間だと思っています。そして仲間がいるからこそ自分のロードスターと過ごす日々がより楽しく充実するのだと思います。

仲間っていいなぁ。
本当にありがとうございます。


 
Posted at 2014/05/29 15:50:33 | コメント(3) | トラックバック(0) | VR-Limited Combination B | 日記
2014年05月24日 イイね!

'14.05.24 -2 上州TRGちょっとだけ参加!

'14.05.24 -2 上州TRGちょっとだけ参加!前回の続きです。

2代目VR-Bで初めて軽井沢&碓氷峠を訪れた後には、関東VR連合のツーリングに合流させていただくために、合流地点である道の駅田園プラザ川場へ向かいます。

安中市を出発する時点ではナビは早めの到着予定時刻を表示していましたが、安中から高崎まで国道18号線が混んでいたため、ほぼ予定通りの到着時刻となりました。

人気No.1の道の駅という割には駐車場が小さく、私の到着時点で既にほぼ満車、数台を並べて停めるなど明らかに不可能です。そのため道の向かい側にある砂利の駐車場へ停めました。

朝から群馬県北部のツーリングを楽しんで来た関東VR連合の4台(としぞーさん、gpz985-naoさん、えびまるさん、ぼこさん)と合流し、ここで一緒に昼食をとります。

人気No.1の道の駅「田園プラザ川場」で昼食

お昼ご飯は群馬名産もちぶたのロースかつをチョイス。としぞーさんの同級生が料理人を務められているというレストランのイチオシメニューです。とてもおいしくボリウムもたっぷりでした。(テラス席は特別に使わせていただきました。)

群馬名産もちぶだのロースかつ

ビールが飲みたくなっちゃう、と思っていたらぼこさんが我慢できずにノンアルコールビールを楽しんでいました。

ぼこさんはノンアルコールビールで

デザートに水上名物の生どら焼きを頂きました。午前のツーリング中に寄ったそうです。種類も豊富で悩んでしまいます。ごちそうさまでした。

デザートに水上名物の生どら焼き

美味しい食事とデザートでお腹が満足した後は、群馬ツーリング終盤となる軽井沢への道のりへ出発します。次男が頑張って走行中のVR-Bを撮影してくれます。

次男が頑張って走行中のVR-Bを撮影

やってみると分かりますが、液晶ビューモニターを見ながら横や後方向の写真を撮影するのはかなり難しいです。

頂きに雪の残る山並みとともに走行するVR-Bの姿を撮影。

頂きに雪の残る山並みとともに走行するVR-Bの姿を撮影。

液晶ビューモニターは難しいとの事で、今度は体をひねってファインダーでの撮影に挑戦。

体をひねってファインダーでの撮影に挑戦

次男の努力の成果です。

次男の努力の成果であるVR-Bが走る姿

市街地を抜けてワインディングに入って行きます。

市街地を抜けてワインディングに入って行く

ロードスター仲間と一緒に緑に囲まれたワインディングを走る。しかも全員VRリミテッド。最高に気持ちいいです。

ロードスターで緑に囲まれたワインディングを走ると気持ちいい

電車と並走するVRリミテッドの写真を撮影できたのは幸運です。

電車と並走するVRリミテッドA&Bのロードスター

この後走った北軽井沢のルートは私には未経験なハイペースで、おそらく初代VR-Bだったら私はついて行けなかったと思います。しかし2代目VR-Bはとても楽しそうに走って行くので驚かされました。

解散地点のセブンイレブン北軽井沢店に到着

予定より30分近く遅い15:50ころに解散地点のセブンイレブン北軽井沢店に到着しました。


北海道の気持ちよさとも、九州の雄大さとも異なる、ダイナミックな長野&群馬の道を楽しみました。ツーリングを企画、準備してくださった群馬のお二人、そして一緒に走ってくださった千葉の3名+1匹さん、ありがとうございました。


まだつづく


 
Posted at 2014/05/28 11:31:11 | コメント(1) | トラックバック(0) | VR-Limited Combination B | 日記

プロフィール

「制限時間内にゴールできましたが、かなり歩いてしまい目標は未達成。クヤシイです。またリベンジしなければ!」
何シテル?   10/01 18:14
ユーノスロードスターの限定車 VRリミテッド・コンビネーションB(通称VR-B) という黒っぽい緑色の車に乗っております。 純正にこだわり新車から大切に維...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2014/5 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

リンク・クリップ

2017年東北遠征変態ドライブ⑩福島只見川~初ビーナス編 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/07/10 09:41:48
大改造!! 劇的ビフォ→アフター 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/10/06 21:16:10
'14.08.25 踏切注意 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/05/14 08:24:32

お友達

シャイなので突然のお友達申請には固まってしまいます。
実際にお会いしてお話しするか、何度かコメントやメッセージでやりとりさせていただいてからでお願いいたします。
126 人のお友達がいます
ロバのEeyore(イーヨー)ロバのEeyore(イーヨー) * ひーのりひーのり *
aranao_R32aranao_R32 * ぱっつん@キリノミクス3ぱっつん@キリノミクス3 *
やまと23Tやまと23T * おとすけ@やっぱり虎ファン♪おとすけ@やっぱり虎ファン♪ *

ファン

74 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ ユーノスロードスター 2代目VR-B (マツダ ユーノスロードスター)
新車から大切にして来た初代VR-Bが不慮の事故で修理不能となってしまったので、遺志を引き ...
スバル サンバー ミニバス (スバル サンバー)
スバルサンバーベースの フォルクスワーゲンバス仕様アーリータイプです。 大阪府堺市のキャ ...
マツダ ユーノスロードスター マリナーブルー (マツダ ユーノスロードスター)
20年以上たってマリナーブルーに帰って来ました。 VR−Bとの縁が見つかるまで、 当時 ...
マツダ ユーノスロードスター 初代VR-B (マツダ ユーノスロードスター)
ユーノスロードスターの限定車 VRリミテッド・コンビネーションB(通称VR-B) という ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる