• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ハ リ ーのブログ一覧

2016年06月30日 イイね!

'16.06.30 黒っぽい緑のNCロードスター

'16.06.30 黒っぽい緑のNCロードスター東武鉄道のイメージカラーは青のようです。

西関東出身の私にとっては東武や京成や西武鉄道には馴染みがなく土地勘もありません。

電車、ホームの柱、ホームを歩く二人の乗客、偶然にも青揃い


偶然に青が揃った東武鉄道の駅

タクシー乗場の案内も証明写真の看板もブルー

タクシー乗場の案内も証明写真の看板も青

ここまで青が揃うとマリナーブルーを思い出す。最近かまっていないなぁ。

草木の緑はともかく、屋根や水切りが緑の住宅が複数並ぶって意外と珍しい光景です。この地域は緑好きな人が多いのかな?

屋根や水切りなど珍しく緑が多い住宅街

こうやって歩いてきた先には黒っぽい緑のロードスターとウイニングブルーのデミオ。おおっ、青と緑がつながったぁ!

黒っぽい緑のロードスターと鮮やかなブルーのデミオ

最近プール通いを始めたというマメで器用な歯医者さんのお世話になります

よく見ると頭巾と治療衣も青と緑!(ちょっと強引)

最近プール通いを始めたという豆で器用な歯医者さん

治療後はテクテク歩いて駅に戻るつもりでしたが、次の予約がキャンセルになったからと院長が送ってくださることに、

次の予約がキャンセルになり院長がNCで送ってくださることに

送ってくださる事は恐縮ですが、黒っぽい何かに乗れる事は素直に嬉しい!

送ってくださる事は恐縮ですが、黒っぽい何かに乗れる事は嬉しい

私はNAを所有、NBとNDはデビュー当初にディーラーで試乗しましたが、実はNCは運転した事はありませんでした。

という話を何気なくしていると、急にハザードを出して停車。なんと運転させてくれるとのこと。

NCロードスターを初運転

ATなこともありますが、街中ですし、短距離ですし、「とても快適な普通の良い車」という印象です。この快適さでオープンを楽しめるのがNC RHTの大きな魅力なのでしょう。

ワインディングに行けばロードスターらしさも楽しめるのでしょうが、駅までなので。

いつも本当にありがとうございます

NAもNBもNCもNDもそれぞれの良さがあります。

7月20日〜22日は晴れることを祈っております。


 
Posted at 2016/07/14 20:41:06 | コメント(1) | トラックバック(0) | | 日記
2016年06月28日 イイね!

'16.06.28 初めてのプロ野球観戦

'16.06.28 初めてのプロ野球観戦我が家は家族全員、野球もサッカーもあまり興味がなくテレビでもスポーツ観戦をする事はありません。
(サッカーのW杯の日本戦なら見るくらい)

ところが家内から突然「甲子園球場の風船飛ばしをしたい!」と謎の発言が出ました。

甲子園の阪神戦では7回の攻撃前に一斉にジェット風船を飛ばすのだそうです。私は知りませんでしたが、家内はどこで知ったのだろう?

この日のチケットが手に入り、仕事帰りに待ち合わせて一緒に球場へ。

私も家内も初めてのプロ野球観戦

私も家内も初めてのプロ野球観戦です。

家内はお友達からユニフォームやミニバットやら応援ズッズを借りて、まるで熱烈な虎ファンのよう。

まるで熱烈な阪神ファンのような家内

私はビールを楽しみます。売り子さんはタンクを背負って重そう。

私はビールを楽しむ

腕章には売り上げ順位が表示されています。

汗を流して働く姿を見ると応援したくなります。

腕章には売り上げ順位が表示され、汗を流して働く姿を見ると応援したくなります。

期間限定の赤い甘いビールも売っています

期間限定の赤い甘いビールも売っています

雨ニモ負ケズに応援して7回を迎え、風船を準備します。

雨ニモ負ケズに応援して7回を迎えて風船を準備

黄色とピンクのジェット風船を膨らませて用意

黄色とピンクのジェット風船を膨らませて用意

一斉にジェット風船を飛ばしました

一斉にジェット風船を飛ばします

家内の夢がまたひとつ叶いました。

楽しんだ家内は「また来たい」と言って自分用のユニフォームを購入

とても楽しかったようで、家内は「また来たい」と言って自分用のユニフォームを購入して帰りました。

喜んでもらえて私も嬉しいです。


 
Posted at 2016/07/14 16:45:05 | コメント(3) | トラックバック(0) | その他 | 日記
2016年06月27日 イイね!

'16.06.27 ANAフラワージェット

'16.06.27 ANAフラワージェット偶然にも6月は珍しい飛行機に3回当たりました。

6月7日のスターウォーズジェット

6月20日のゆめジェット

そして東北の空港から搭乗するこの日はたくさんの花が描かれた飛行機。

乗り込むとシートカバーも花のデザイン。

シートカバーも花のデザイン

キャビンアテンダントさんに尋ねると「フラワージェット」だという事とともに、シートポケットにこの飛行機の案内があることを教えて下さりました。

シートポケットにフラワージェットの案内がある

「東北の“元気と感謝”を全国に届けたい」をコンセプトに東北各県の花がデザインされているそうです。

機内サービスで使われる「東北FLOWER JET」と書かれた紙コップも、

機内サービスで使われる「東北FLOWER JET」と書かれた紙コップ

シートカバーとお揃いの花のデザイン
(福島県のオトメユリでしょうか?)

紙コップもシートカバーとお揃いの花のデザイン

喜んで色々写真を撮っていたからでしょうか?

到着直前にCAさんからフラワージェットの絵葉書で工夫されたキャディー詰め合わせの素敵なプレゼントをいただきました。嬉しいです。

CAさんから頂いた素敵なプレゼント

搭乗前は意味を知らず適当に撮りましたが、黄昏時の羽田空港に到着した東北フラワージェットの姿は思いを込めて撮影しました。

黄昏時の羽田空港に到着した東北フラワージェット

機内サービスの品を組み合わせの工夫によるプレゼントの素敵さだけで十分に嬉しかったのですが、帰宅後に家内が開けてみると中は花のシールで飾られるとともに手書きのメッセージがありました。

CAさんの手書きのメッセージ

航空会社はお客様や荷物を運んでいるのではなく、いろいろな人の気持ちを見つめながら『世界の人々に「夢」と「感動」を届ける』という仕事をしているのですね。(ANAの基本理念より一部を引用)

私も自分の仕事にもっと気持ちをこめて届けられる工夫ができるよう、心がけて行動していきたいと思いました。

ANAのクルーの皆さん、ありがとうございます。



 
Posted at 2016/07/13 21:59:15 | コメント(0) | トラックバック(0) | | 日記
2016年06月26日 イイね!

'16.06.26 函館-千歳-青森-秋田

'16.06.26 函館-千歳-青森-秋田青森を22:25に出航のフェリーの所要時間は3時間40分、2:05に函館へ到着。

今回は睡眠時間を最優先し、同じ部屋の人とも会話を交わしませんでした。

フェリー到着と下船の案内の放送で目覚め、急いで荷物を片付けて車のデッキへ降りました。同室だったサイクリストは18歳、北海道一周を目指して頑張るそうです。
(SNSへの写真投稿は本人の了承を得ております。)

自転車での北海道一周を目指す18歳のサイクリスト

トラックに続いてフェリーから降ります。この船は後ろから入って、そのまま前から出るタイプでした。

トラックに続いてフェリーから降りる

函館の地に降り立ち、フェリーとロードスターで記念撮影。

フェリーとロードスターで記念撮影

直前まで降っていた様ですが、幸いにも雨に降られず

直前まで降っていた様ですが、幸いにも雨に降られず

青函連絡船をバックに

青函連絡船とロードスター

赤レンガ倉庫街にて

赤レンガ倉庫とロードスター

八幡坂にて

八幡坂とロードスター

石畳と洋館の街にて

石畳と洋館の街とロードスター

関西、関東ではすでにかなり暑い日々が続いたことと、5月に訪れた時も過ごしやすい気候だったことから、早朝といえども寒さは無縁だと思っていました。

ナメてました。

風が強いこともあってかなり寒い。

写真を撮るモチベージョンが続かず、コンビニのイートインコーナーに避難しました。

コンビニのイートインコーナーに避難

写真のカップラーメンだけでは足らず、麻婆丼も。

3時から4時まで、暖とりとエナジー補給をしました。

4時には明るくなり、気力も体力も復活したことから再び写真撮影に出かけます。

再び青函連絡船摩周丸

青函連絡船摩周丸

赤レンガ倉庫街

赤レンガ倉庫街

八幡坂

八幡坂

石畳の洋館街

石畳の洋館街

同じ場所をもう一回りしました。

さらに夜は気力切れで行かなかった二十間坂へも

二十間坂

早朝4時台なので他の車の迷惑にならずに撮影できました。

やはり寒い。再び同じコンビニで暖をとりながら温かいものを食べ再チャージ。

店員さんに許可をいただいて、ロードスターを簡単に水洗い。寒くてホイールまでは手を出せません。

再び同じコンビニで暖をとりながら温かいものを食べ

せっかく洗いましたが、出発して10分後には雨が降り出しました。

いいのです。本来天気予報はずっと雨でしたので、函館滞在中の数時間降られなかっただけでも幸せです。

函館の街を出発して10分後には雨が降り出し幌を閉じました

高速道路で千歳を目指します。

高速道路で千歳を目指す

10時には千歳空港近くの駐車場に到着。来月までこの駐車場にお世話になります。

10時には千歳空港近くの駐車場に到着

空港のラウンジでは北海道千歳工場産のビールをいただきました

空港のラウンジでは北海道千歳工場産のビールを楽しむ

午前の便で千歳空港を飛び立ちます。

午前の便で千歳空港を飛び立つ

到着したのは青森空港

青森空港に到着

バスで弘前に出ると

バスで青森空港から弘前へ移動

弘前駅の改札前で「津軽弁」という名のお弁当が売っていました。
面白いネーミングです。

「津軽弁」という名のお弁当

アニメ絵の電車がいました。これも痛車と言うのかな?

アニメ絵の電車、これも痛車?

翌日のお仕事に備えて秋田県内のホテルに入りました。

普段は夜遅くに到着する出張先の街に早い時刻に到着。近所の観光などをする予定でしたが、意外と疲れが出て部屋で休みました。

この日の自走移動距離は約290km

この日の自走移動距離は約290kmでした。

ロードスターでの北海道ドライブの旅は来月につづく。


 
Posted at 2016/07/10 13:51:42 | コメント(1) | トラックバック(0) | VR-Limited Combination B | 日記
2016年06月25日 イイね!

'16.06.25 青い森 十和田湖~下北半島の旅

'16.06.25 青い森 十和田湖~下北半島の旅天気予報通り雨。

でも4時台でも予想より明るく、予定より早く準備して出発する事にしました。

この日は白神爺さんに推薦されたルートをほぼそのままトレースします。

5時過ぎには一晩過ごした発荷峠展望台を出発、まずは十和田湖畔へ。

発荷峠を降りて十和田湖へ

前回の訪問から2月経っていませんが、緑が増えたのがよくわかります。

早朝ゆえに迷い込んだ休屋の十和田湖畔。

早朝ゆえに迷い込んだ休屋の十和田湖畔

雨天のおかげでより幻想的な森の雰囲気を楽しめます。

雨天のおかげでより幻想的な森の雰囲気を楽しめる

ここでも熊が出たのですね。

ここでも熊が出たのですね

通る車が全くいないため、迷惑をかけずにこんな写真も撮れました。
(地元の方はバイパスのトンネルを通るのでしょう。)

通る車が全くいないため、迷惑をかけずにこんな写真も撮れました

ステイさんのブログを見て我慢できなくなったのが、今回来ることのトリガーになりました。

新緑の奥入瀬渓流。

新緑の奥入瀬渓流へ

「ロードスターがいる」って言わないと分からないだろうなぁ。
言っても分からなかったりして・・・。

この道の感じが好き。

このカーブが好き

3年前と同じ場所だと思っていましたが、写真を確認すると違いました。違いすぎて自分の記憶のいい加減さを改めて実感しました。

奥入瀬を訪れるたびにこの場所で写真を撮っています。
(ロードスターがいるって分かって欲しい。)

奥入瀬を訪れるたびにこの場所で写真を撮っています

これを飲みたくて休憩に寄ったようなもの。
確かに以前のパッケージから変わっていますね。

これを飲みたくて休憩に寄ったようなもの

谷地温泉に寄りましたが、入浴は10時から。この時はまだ8:15でしたので入浴は次回の楽しみに残して出発。

谷地温泉は入浴時刻が合わず、次回の楽しみに

気になる場所を見つけると車を停めたり寄り道したり。

若草の緑に囲まれた小径にて。

若草の緑に囲まれた小径

若草の絨毯と黒緑のロードスター

若草の絨毯と黒緑のロードスター

下北半島の根元まで出てきました。

小川原湖と漁船とロードスター

小川原湖と漁船とロードスター

「春の開花のシーズンはきっと綺麗なのだろう」と思いながらも緑に包まれて喜びます。

春の開花のシーズンはきっと綺麗なのだろう

道に迷ったおかげで出会えた光景。

下から白い蒸気が上がり続ける地面

地面から白い蒸気が上がり続けていました。



畑作業をされる方にとっては普通の事かもしれませんが、馴染みの無い私にはちょっと不思議な光景でした。

尻屋崎へ向かう道では馬に出会えました。放牧場の中に道が通っているのですね。

尻屋埼へ向かう道では馬に出会えました

尻屋崎では最果ての風情を楽しませてもらいました。

尻屋崎では最果ての風情を楽しませてもらいました

雨が降り出したので幌を閉じました。

雨が降り出したので幌を閉じました

陸奥湾を見下ろす釜臥山展望台へ
この展望は写真には収まりません。

釜臥山展望台から陸奥湾を見下ろす

時間の都合で恐山は入り口前の駐車場まで

時間の都合で恐山は入り口前の駐車場まで

恐山から薬研温泉を経由して太平洋へ向ける経路も、走りがいのある楽しい道でした。

青空と青い海を見ながら下北半島の最北端を目指します。

青空と青い海を見ながら下北半島の最北端を目指す

本州最北の地へ到着。

碑で満足して5m手前でUターンという失敗をせず、ちゃんと海ギリギリまで行ってきました。

本州最北の地へ到着

本当は大間崎からさらに進んで白神爺さんイチ押しの仏ヶ浦にも行きたかった。しかし、時刻的に日が暮れてしまいそうな事と、かなり距離があり夜のフェリーに間に合わない心配もある事から、今回はここまでとしました。

仏ヶ浦はまた来る時の楽しみにします。

青森港を目指して南下中、横にそれて夕日迫る陸奥湾へ続く道へ

横にそれて夕日迫る陸奥湾へ続く道へ

様々な美しい景色に出会えるロードスターでの旅

楽しいです。

様々な美しい景色に出会えるロードスターでの旅

ステイさんに東北六魂祭による交通規制があることを教えていただいたので、混乱することも慌てることもなく青森港に到着できました。

青森港にはフェリーターミナルが2つあります。私のスマホのナビには1つしかなく、手続きしようとして違う事に気づき焦りました。

早めに手続きしたので大丈夫でしたが、もしギリギリの到着だったら乗れなかったかも。余裕を持って到着できてよかった。

フェリーターミナルにて乗船手続き

手続きを終えたら市内に戻り健康ランドへ。前日は入浴できず、この日は半分以上オープンで走ったのでお風呂に入ってスッキリしました。

健康ランドで入浴

青森港22:25発のフェリーに乗り込みます。

青森港22:25発のフェリーに乗り込む

船内には立派なシャワールームがあり無料で利用できます。これがあるなら健康ランドに行かなくてもよかったけど・・・。まぁ、いいでしょう。

船内には立派なシャワールームがあり無料で利用できる

広い部屋に3人でした。

シュラフを持ち込みましたが、床が堅いのでテント用のマットも持ってきた方がよかったです。小刻みな振動が結構あり、寝づらいかと思いましたがぐっすりでした。

広い部屋に3人

朝5時から夜22時まで、青い森のドライブを楽しみました。

一日中雨の予報でしたがこんなに良い青空にも恵まれるとは、なんと運が良いのだろう。

青い森の素敵な道を約470km楽しんだ

青森の素敵な道を約470km楽しみました。

青森行き決断を間接ながら後押ししてくださったステイさん、
楽しいルートを紹介してくださった白神爺さん、
ありがとうございます。

また行きます!(いつ???)
(↑のリンクは奥入瀬・十和田・津軽版)
(↓が下北半島版)
また行きます!


翌日の函館へつづく。
Posted at 2016/07/08 23:01:55 | コメント(4) | トラックバック(0) | VR-Limited Combination B | 日記

プロフィール

「制限時間内にゴールできましたが、かなり歩いてしまい目標は未達成。クヤシイです。またリベンジしなければ!」
何シテル?   10/01 18:14
ユーノスロードスターの限定車 VRリミテッド・コンビネーションB(通称VR-B) という黒っぽい緑色の車に乗っております。 純正にこだわり新車から大切に維...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2016/6 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

リンク・クリップ

2017年東北遠征変態ドライブ⑩福島只見川~初ビーナス編 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/07/10 09:41:48
大改造!! 劇的ビフォ→アフター 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/10/06 21:16:10
'14.08.25 踏切注意 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/05/14 08:24:32

お友達

シャイなので突然のお友達申請には固まってしまいます。
実際にお会いしてお話しするか、何度かコメントやメッセージでやりとりさせていただいてからでお願いいたします。
127 人のお友達がいます
aranao_R32aranao_R32 * えむスポッツえむスポッツ *
mosyamosya * わがままポチわがままポチ *
noppo.noppo. * roadysseyroadyssey *

ファン

73 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ ユーノスロードスター 2代目VR-B (マツダ ユーノスロードスター)
新車から大切にして来た初代VR-Bが不慮の事故で修理不能となってしまったので、遺志を引き ...
スバル サンバー ミニバス (スバル サンバー)
スバルサンバーベースの フォルクスワーゲンバス仕様アーリータイプです。 大阪府堺市のキャ ...
マツダ ユーノスロードスター マリナーブルー (マツダ ユーノスロードスター)
20年以上たってマリナーブルーに帰って来ました。 VR−Bとの縁が見つかるまで、 当時 ...
マツダ ユーノスロードスター 初代VR-B (マツダ ユーノスロードスター)
ユーノスロードスターの限定車 VRリミテッド・コンビネーションB(通称VR-B) という ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.