• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ハ リ ーのブログ一覧

2016年10月31日 イイね!

'16.10.31 ClubNA VR-Bキーホルダー

'16.10.31 ClubNA VR-Bキーホルダー清里ミーティングの翌日。

当日も喜びましたが、ミーティングTシャツが黒っぽい緑で嬉しい。

ミーティングTシャツが黒っぽい緑なのが嬉しい

そして冒頭の写真。

富良野ミーティングで試作段階の品を、
清里ミーティングで完成版を見せていただいた、Club NAのキーホルダー。

写真でお分りいただけますでしょうか?

ClubNAのVRリミテッドコンビネーションB(VR-B)専用キーホルダー

ClubNAのVRリミテッドコンビネーションB(VR-B)専用キーホルダー

室内での写真では分りませんよね。屋外でVR-Bの上に置いてみます。

ClubNAの新作VR-Bキーホルダーとの実車比較

まさにVR-Bのエクセレントグリーンマイカそのもの!!!

ClubNAの新作VR-B専用キーホルダーとの実写比較

PuttanescaNAさん、ありがとうございます!


 
Posted at 2016/12/13 22:47:34 | コメント(2) | トラックバック(0) | VR-Limited Combination B | 日記
2016年10月30日 イイね!

'16.10.30 清里ミーティング

'16.10.30 清里ミーティング今年の清里ミーティングは参加申し込み受付開始からすぐに定員になってしまったそうです。

みんカラ友達からの情報のおかげで、幸いにも私は間に合いました。ありがたいことです。

朝4時半に茨城の実家を出発。

照明の無い常磐道での霧がない時のリアフォグランプはかなり眩しく感じます。一長一短あるでしょうから一概にどちらが安全とか言えないのしょうね?

照明のない高速道路で霧の無い日のリアフォグランプはかなり眩しい

明るくなってサービスエリアで幌を開けようと思った頃に雨が降り出しました。

そろそろサービスエリアで幌を開けようと思った頃に雨が降り出した

そんなサービスエリアで見かけた綺麗なユーノス純正ワイヤーホイール。いいなぁ。

サービスエリアで見かけた綺麗なユーノス純正ワイヤーホイール

2回目の休憩SAで幌を開けました。

2回目の休憩SAで幌を開ける

早めに到着できたので清里近隣で記念撮影。

草原の緑も紅葉の森も綺麗。(青空が・・ とか欲張ってはいけない)

早めに到着できたので清里近隣で記念撮影

昨年の帰路では逆光だった緑の建物と一緒に緑のユーノスを撮影。昨年は朝日が当たって輝いていたのが印象的でしたが、今年は曇りで落ち着いた雰囲気。

昨年逆光だった緑の建物と一緒に緑のユーノスを撮影

入場開始直前の清里ミーティング会場へ到着

入場開始直前の清里ミーティング会場へ到着

上の写真を撮っている時に白い湯気に気づきました。私の排気ガスかと思いきや、後ろのマリナーブルーのボンネットから。

オーバーヒートでした。その後、ディーラーへ入院となったようです。今はもう復活されて元気に走っていることを願っています。

後ろのマリナーブルーがオーバーヒート

清里名物 芝生上の45度きっちり整列。今年は先頭に。

ちゅうにっちさんは、大分ジャンボリー、東北ミーティングに続いて清里へも登場。すごいです!

清里名物 芝生上の45度きっちり整列

今年のトークショーは超豪華。中山さんが欠席だったのがとても残念。もしいらっしゃったらトークの内容はもっと面白く、さらに書けない様なことになっていたのだろうか?

今年のトークショーは超豪華

午前の後半は、外で実車を囲んでのデザイントーク。

実車を囲んでのデザイントーク

田中さんのトークとミーティングの雰囲気を撮影するために一脚の先に小型カメラをセットした二人。棒を持つ姿はかなり「異様」に見える。

二人して棒を持っているので「ボーイズ!」と呼びかけましたが、それではちょっとカッコ良すぎ。いい歳したオヤジでもあるので「ぼうず(棒s)」としておきます。

棒を持った怪しい二人。「ぼうず」

疑問だった屋根も窓も開けた状態のロードスターに乗り込む時のドアの開け方

「車内側のノブで開ける」のと「外側のノブで開ける」のと、どちらが正しい乗り込み方なのか? を田中さんに訊ねてみました。

「それぁ 小さいノブに指を入れて開けるんじゃあ」と答えてくださりました。

「オープンで停めているロードスターに乗り込む時に、車外から車内のノブを使ってドアを開けるという使い方」は私の記憶違いだった様です。

素敵なイラストのお弁当。陽だまりに包まれながらmido-sさんと一緒にいただきました。

素敵なイラストのお弁当

ユーノスロードスターと田中俊治さん、カッコ良すぎます。

ユーノスロードスターと田中俊治さん、カッコ良すぎ

楽しいミーティングはあっという間に終了時刻。

素敵な天気で昨年同様に空の雲が印象的

昨年同様に素敵な天気で空の雲が印象的

1台になるとなんだか寂しそう。いや、1台だからじゃない。ちょうどリアタイヤが凹みにきているので、まるで穴にはまっているっぽく見えるからだな。

また来年も参加したい清里ミーティング

往路は距離を優先して都心経由、復路は渋滞を避けて北周り。

往路は距離を優先して都心経由、復路は渋滞を避けて北周り

主催者やスタッフやゲストの皆さん、当日絡んでくださった方々、そして参加された皆さん、楽しませていただきありがとうございます。

清里ミーティング、また来年も参加したいと思います。


 
Posted at 2016/12/11 18:42:20 | コメント(1) | トラックバック(0) | VR-Limited Combination B | 日記
2016年10月24日 イイね!

'16.10.24 青森1Day道連れドライブ

'16.10.24 青森1Day道連れドライブ積極的に予定を入れすぎて、疲れがたまっていたこと。
そして写真に利用しているフォト蔵がシステム障害を起こしていたこと。

そのためしばらくブログアップが滞っていました。
すっかり季節が変わってしまいましたが、10月のことをアップいたします。

10月24日、奥入瀬・八甲田の紅葉を楽しみたくて始発で青森へ。
当初はレンタカーにて一人で行く予定でしたが、この日はステイさんの息子さんが青森にいるとの情報をキャッチ。

一緒に行こうとお誘いして(お願いして)、新青森駅で合流。

ステイさんの息子さんのNBロードスターで出発

NBロードスターの助手席で出発!

前日までの天気予報は良かったのですが、当日はあいにくの雨。

あいにくの雨模様

雨だと思っていましたが(市内では実際に雨でしたが)、ここまで登って市内を臨む上の写真を撮った時に気づきました。

雪かと思いましたが、氷?が降ってきた!
(下の写真は幌の上に降ってきた氷)

氷?が降ってきた!

萱野高原で一気に視界が広がり、綺麗な秋色の景色に思わず声が出ました。

秋色の萱野高原

寒かったので、あったかい蕎麦を求めて萱野茶屋へ

萱野茶屋のあったかい蕎麦

もちろん長生きのお茶も

萱野茶屋の長生きのお茶

綺麗な紅葉に包まれながら、

綺麗な紅葉に包まれる

八甲田の道を進みます。

綺麗な紅葉の八甲田の道を進む

紅葉を楽しむにはロープウェーが一番いいとのこと。

八甲田ロープウェー

しかし強風で運休、残念。

八甲田ロープウェーは強風で運休

城ヶ倉大橋へ

紅葉の城ヶ倉大橋へ

いやぁ、本当に綺麗です。語彙が乏しいのが悔しい。

(スイングパノラマで撮影 クリックで拡大)
パノラマ撮影した城ヶ倉大橋の風景

私の写真では実際の綺麗さに失礼に感じます。

天候に恵まれなくてもあれだけ綺麗なのですから、晴れていたらさらに美しいのでしょう。晴れた日にも行ってみたい!

(城ヶ倉大橋の上からスイングパノラマで撮影 クリックで拡大)
城ヶ倉大橋の上からスイングパノラマで撮影

立派なレンズで撮影していた女性が、黒石方面に行った「もみじ山」が「ここ以上に綺麗」だとお勧めしてくれました。

せっかくなのでナビを頼って行ってみることに。
見た瞬間は入ってはいけないのかと思いましたが、大丈夫そう。

入ってはいけないのかと思ったが、大丈夫そう

ところがりんご畑があるだけで、紅葉にはたどり着けず。

りんご畑があるだけで、紅葉にはたどり着けず

作業中の農家の方が、「間違えて入ってくるひとがよくいる」と言っていました。

紅葉山は諦めて、城ヶ倉大橋経由で奥入瀬を目指します。

いい感じの紅葉の中、奥入瀬を目指す。

いい感じの紅葉の中を進んでいると路肩に白いものが

路肩に雪が見える

ブログ作成が遅くて季節が変わってしまったので実感が湧かないでしょうが、10月24日時点では青森人にとっても「え?もう雪?!」という驚きを感じるタイミングでした。

酸ヶ湯温泉の地獄沼は立派な冬景色。

酸ヶ湯温泉の地獄沼は立派な冬景色

秋と冬が同居する地獄沼沢

秋と冬が同居する地獄沼沢

ロードスターに降り注いでいるのは雨ではなく、雪。



紅葉が目当てでしたが、雪景色も楽しめてラッキー!

さぁ、奥入瀬を目指そうと地獄沼を出発すると、まさかの通行止め。

奥入瀬を目指そうとすると、まさかの通行止め

通行止めになるほど雪が積もっているの?

ゲートに「平成28年10月23日午後6時〜午前9時」「25日」と表示。
この日は24日なので23日でも25日でもない。
仮に23日〜25日という意味だったとしても、午後3時前のこの時刻は時間外。
謎でした。

しかたなく奥入瀬は諦めて青森市内へ戻ります。

青森市内へ戻る

来る時の登りよりも、下りの方が紅葉が綺麗に見えます。

登りよりも下りの方が紅葉が綺麗に見える

気持ちよさそうにロードスターを運転

気持ちよさそうにロードスターを運転

奥入瀬に行けず時間が早かったので、青森市内の喫茶店へ

時間が早かったので青森市内の喫茶店へ

高校時代に頻繁に訪れたお店だそうです。いい雰囲気です。

高校時代に頻繁に訪れたお店だそうです

「本当はNAロードスターが欲しい」とか、色々お話を聞かせていただきました。

新青森駅まで送っていただき、お別れしました。

新青森駅まで送っていただき、お別れしました。

私は在来線で翌日のお仕事先まで移動。

在来線で翌日のお仕事先まで移動

東北ミーティングでお会いした時は挨拶程度で、ちゃんとお話しをしたのはこの日が初めてのようなものです。

またお会いして、今度はもっとゆっくりじっくりお話しできれば嬉しいです。

とても有意義に楽しく過ごさせていただきました。
青森は景色も道も人もとってもいいなぁとまた実感しました。
ありがとうございます。


 
Posted at 2016/12/09 17:49:06 | コメント(1) | トラックバック(0) | | 日記
2016年10月22日 イイね!

'16.10.22 柏の緑BCから六本木のND-RFへ

'16.10.22 柏の緑BCから六本木のND-RFへこの日は柏のロードスターがある歯医者さん

ん?
緑のNBロードスターもある!

私が黒っぽい緑色のNAロードスターで来ると思って並べておいたそうです。

この後に都内で用事があるので、私は電車で来てしまいました。
緑のABCを並べられずごめんなさい。

おっ、私がいつか手に入れたいと思っているMS-01Rを履いてる!

いつか手に入れたいと思っている「MS-01R」

このNB、なかなか愛情の掛けがいがありそうですね。

なかなか愛情のかけがいがありそうなNBロードスター

歯医者さんを終えて、都内へ移動。四ツ谷に来ました。

おしゃれなカフェ、という雰囲気ですが健康のための倶楽部です。
本来の毎週1回の訪問は根無し草の私には無理なので、お願いして特別におおよそ月に1回という変則スタイルで通わせていただくことにしました。健康のためにがんばります。

健康のための倶楽部に通うことにしました

有意義な時間を過ごした後は、四ツ谷から六本木まで歩いて東京ミッドタウンへ

四ツ谷から歩いて六本木の東京ミッドタウンへ

東京ミッドタウンは近所の住民の憩いの広場っぽい雰囲気。
ここへのんびり過ごしに徒歩で来られる人達って、どんな仕事で、どんな家で、どんな生活をしているのだろう?
(きっとハイソな別世界の住民で、私とは一切接点がない感じだろうか? 海外に行った気分。)

東京ミッドタウンは近所の住民の憩いの広場?

ここに来たのはoku_yu-さんのブログで知ったマツダのイベントMazda Design Eleganceのため

東京ミッドタウンでマツダのイベント

ファストバックスタイル、確かに優美さを感じます。

優美なファストバックスタイル

そして開発者トークセッション。

RFやロードスターに限らず、マツダのデザインの歴史と想いを聞くことができました。
(写真は撮っいいけれど画面のネット公開はダメとのこと。)

写真は撮っいいけれど画面のネットへ公開はダメ

ロードスターRFのデザインをスケッチブックに描きながら解説

ロードスターRFのデザインをスケッチブックに描きながら解説

私はAピラーが後ろ過ぎ=運転手に近すぎと感じていました。解説の考え方(屋根が閉じている時の見栄え重視)なので、あの位置になるのですね。

※注意:上記のカッコ内は私の解釈で、中山さんがそう話していた訳ではありません。

スクリーンでの解説の後は、実車を囲んでRFのこだわりポイントトーク。

実車を囲んでRFのこだわりデザイントーク

パネルの分割ラインにはかなりこだわり、技術者との協力で苦労して実現したのだそうです。

パネルの分割ラインにはかなりこだわり、実現に苦労されたそうです

現車を見て、ドアの後ろの窓っぽい部分は黒く塗りつぶされていることに気づきました。

気になったので運転席に乗り込んだときに斜め後方視界を確認。たしかにガラスにしても全く視界や開放感にはつながりません。

RFの運転席からの斜め後方の景色

中山さんにはホイールアーチの隙間についてと、このドア後ろの窓風のことをお聞きしました。

ホイールアーチに関しては車重が軽いことの証拠と考えて欲しいとおっしゃっていました。さらに雪チェーンの使用を想定していることもあるそうです。

ドア窓の後ろに関しては、やはりガラスにしても乗車したら全く見えないからだそうです。見えないなら重くしてまでガラスする必要はないと判断したそうです。

茨城からこられた方が購入に関して悩んでいた

茨城から見に来られた方と少しお話ししました。
RFか、FIAT 124かを悩んでいるとおっしゃってしました。

幌型もRFも124も、たくさん売れるといいですね。


 
Posted at 2016/11/27 16:51:48 | コメント(1) | トラックバック(0) | | 日記
2016年10月20日 イイね!

'16.10.20 雪積もる札幌で羊飼いのジンギスカン

'16.10.20 雪積もる札幌で羊飼いのジンギスカンこの日もお仕事で北海道へ

ニュースで「北海道は雪」との声は聞いていました。

ちらつく程度の雪を想像していましたが、しっかり降っていて驚きました。
(ブログアップが遅いので季節感が違いますが、神奈川出身大阪在住者にとって10月20日の雪は驚きに値します。)

降るだけでも驚きなのに積もっている雪にびっくり

降るだけでも驚きなのに、積もっている雪にびっくり!

札幌駅前も雪が積もっている

元々この日は千歳に泊まる予定でしたが、急遽札幌市内ススキのに宿を変更

雪化粧の札幌市内

わざわざ宿を変更までして札幌に来たのはここへ来たかったから!

羊飼いのジンギスカン「いただきます」

国産羊肉って通常は高級フランス料理店でしかお目にかかれないような品。それなのにここでは北海道産のサフォーク種だけにこだわって提供しています。

人による好みはあるでしょうが、高めの価格以上の味わいを提供してくれていると思います。

普通のジンギスカンも美味しいのですが、この日はちょっとお高い「肩ロース」と「マエバラ(牛ではカルビに相当)」を注文。

「肩ロース」と「マエバラ」

私は圧倒的に「ロース」が好みです。ホルモンも含めていろいろな部位を楽しめるのもこのお店の良さです。

札幌で一番美味しいジンギスカン屋さん

いいものを食べた分、安い宿に宿泊。

10月なのに、この晩は4cmくらい積もったようです。

いいものを食べた分、安い宿に宿泊

私の一番のお気に入りのジンギスカン屋さん「いただきます」は改装工事のため写真とは別の場所の仮店舗にて営業中だそうです。

11月22日の夜にも食べに行きますが、どなたか一緒に行きませんか?


※ 追記
とても素敵なお店で美味しくて人気なのですが、国産肉のコストは高く経営は厳しいと伺っていましした。
ところが思っていた以上に大変だということをfacebookのシェアで知りました。
とてもいいお店で絶対になくなって欲しくありません。11月22日に食べに行くだけでなく、もっと紹介宣伝したり、商品券を購入したりして協力したいと思います。
札幌へ行かれる方は是非寄ってみてください。行かれない方はお肉の通販や商品券をプレゼントやお歳暮などへも活用していただければと思います。

 
Posted at 2016/11/19 17:09:44 | コメント(0) | トラックバック(0) | | 日記

プロフィール

「制限時間内にゴールできましたが、かなり歩いてしまい目標は未達成。クヤシイです。またリベンジしなければ!」
何シテル?   10/01 18:14
ユーノスロードスターの限定車 VRリミテッド・コンビネーションB(通称VR-B) という黒っぽい緑色の車に乗っております。 純正にこだわり新車から大切に維...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2016/10 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

リンク・クリップ

2017年東北遠征変態ドライブ⑩福島只見川~初ビーナス編 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/07/10 09:41:48
大改造!! 劇的ビフォ→アフター 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/10/06 21:16:10
'14.08.25 踏切注意 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/05/14 08:24:32

お友達

シャイなので突然のお友達申請には固まってしまいます。
実際にお会いしてお話しするか、何度かコメントやメッセージでやりとりさせていただいてからでお願いいたします。
127 人のお友達がいます
noppo.noppo. * ロバのEeyore(イーヨー)ロバのEeyore(イーヨー) *
aranao_R32aranao_R32 * まーにいまーにい *
mizuhomizuho * ひーのりひーのり *

ファン

73 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ ユーノスロードスター 2代目VR-B (マツダ ユーノスロードスター)
新車から大切にして来た初代VR-Bが不慮の事故で修理不能となってしまったので、遺志を引き ...
スバル サンバー ミニバス (スバル サンバー)
スバルサンバーベースの フォルクスワーゲンバス仕様アーリータイプです。 大阪府堺市のキャ ...
マツダ ユーノスロードスター マリナーブルー (マツダ ユーノスロードスター)
20年以上たってマリナーブルーに帰って来ました。 VR−Bとの縁が見つかるまで、 当時 ...
マツダ ユーノスロードスター 初代VR-B (マツダ ユーノスロードスター)
ユーノスロードスターの限定車 VRリミテッド・コンビネーションB(通称VR-B) という ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.