• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

kt6sambar4WDの愛車 [三菱 GTO]

燃圧コントロール バルブ点検

カテゴリ : 電装系 > 電装パーツ > 調整・点検・清掃
目的修理・故障・メンテナンス
作業DIY
難易度
作業時間1時間以内
作業日 : 2011年02月24日
1
温態時の始動不良トラブルシューティングで、燃圧コントロール バルブの点検があったので、念の為に点検。
結果的には、このソレノイド バルブは正常でした。

燃圧コントール バルブは、車体番号近辺に付いています。
画像奥に有る物は、ウエスト ゲートソレノイド バルブです。
(90年10月の整備書では、この2つのバルブ位置が入れ替わっています)
2
アクチュエーター点検。

ソレノイドバルブ端子に約DC12Vをかけ、バルブが閉じた状態で気密を点検しました。

バキュームポンプで負圧をかけるのですが、持っていないので、急遽テスト環境を作ってみました。
負圧の発生には、中型の注射器を使用し、負圧の確認には連成計を使いました。

結果、気密は問題無く、バルブを閉じた状態でリークする事はありませんでした。
3
最後に、コイルの抵抗値を計ってみました。

標準値:36~46Ω(20℃のとき)

結果は44.4Ωでしたので、基準値内です。

*ここに記載した点検方法は整備書の一部に過ぎません。


このバルブが働くのは、温態時の再始動時のみのようです。
温態時に、セルを回すとこの燃圧コントール バルブに電圧が行き、燃料レギュレーターを大気圧に切り替えているようです。


結果的には温態時の再始動不良はこのバルブでは無かったようです。
この点検後も、温態時(水温が安定してから水温が有る程度落ちた時点)の再始動不良(セルの時間が長い)は解決となりませんでしたので、他に原因があるようです。

イイね!0件




 

入札多数の人気商品!

 

タグ

関連整備ピックアップ

GTOデモカー E-Z16A ウォッシャーの修理

難易度: ★★

GTOデモカー E-Z16A 補助ミラーの取り付け

難易度:

GTOデモカー E-Z16A GTOのお色直し ボンネットの加工

難易度: ★★★

GTOデモカー E-Z16A クーラント漏れとエア抜き

難易度:

GTOブルー E-Z16A バッテリーキルスイッチの取り付け

難易度:

ヘッドライト換装

難易度:

関連リンク

この記事へのコメント

コメントはありません。

プロフィール

「京奈和も,第二阪和に繋げたいとコメントされてました。」
何シテル?   03/20 23:17
富士重工一筋でしたが、今は三菱好きです。 それでも、未だに S62 式の KT 型 サンバー は一番のお気に入り。 三菱車の中では 三菱 GTO と デ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

ファン

58 人のファンがいます

愛車一覧

三菱 その他 三菱 その他
三菱農機製トラクターです。 現在メインで活躍中。 カーステや作業灯を追加しています。 快 ...
三菱 パジェロミニ 三菱 パジェロミニ
2011年02月16日新菱オート様より納車されました。 平成07年??月登録車。(19 ...
三菱 ミニキャブトラック 三菱 ミニキャブトラック
2013 年 03 月 01 日,新菱 オート 様より納車されました。 平成 3 年 2 ...
三菱 ミラージュハッチバック 三菱 ミラージュハッチバック
妹の車として、2010/04/13に新菱オート様より納車されました。 平成08年08月 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる