• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
Progbar
- 前衛と伝統 [ George Massahillo Oya ] 2011/06/05 12:34:42
2011年度
慶應義塾大学文学部総合講座
「前衛と伝統I」

06/07
火曜日

2限
(10時 45分ー12時 15分)

「異次元への扉
プログレッシブ・ロック」

清水義央(ロック・ギタリスト、KENSOリーダー)

入場無料、
予約不要、

清水義央先生のご講義は、通常の528番教室ではなく、南校舎ホールで行われます。

▼コーディネーター
 巽 孝之(教授・米文学)
 宇沢美子(教授・米文学)
 岡原正幸(教授・社会学)
 大串尚代(准教授・米文学)
 奈良雅俊(准教授・倫理学)

▼講義要綱
かつてモダニズム詩人T・S・エリオットは詩論「伝統と個人の才能」(1919年)のなかで、それまで伝統と思われていた概念と個人の才能と思われていた概念を徹底的に問い直すことで、構造主義以後へ至る20世紀の前衛的芸術理論全般をあらかじめ輪郭づけた。
そこでは、何よりも伝統の概念を刷新し、ロマン派的な天才信仰を転覆することで芸術の前衛を成立させるという逆説的な戦略が画策されていたが、それから一世紀近くを経てポストモダニズムをくぐりぬけた今日では、すでに前衛そのものが立派な伝統と化してしまった。
21世紀の文化を考えるヒントは、まさにこの一点に潜むだろう。
以上の問題をさらに探究するのに絶好の講師陣を、コーディネータ一同は今日、文学や文化の諸領域で活躍する面々から選び出し、いま前衛と伝統を最も鋭利に再検討する手がかりを模索するとともに、広く受講者全般が学問研究を展開するさいに最も刺激的なディスカッションを行いたいと計画している。
プログレバンド KENSOのリーダー清水義央氏を招聘して講演とパフォーマンスをやっていただきます。
告知自由です。
ご来場いただければうれしい限り。
清水さんもブログで告知してくださっていますが、大学側の公式な詳細は下記を。
world disque express 2010年9月号通算144号が入荷して居ます。
Progbarへ御来店の際に是非御持ち帰り下さい。

bacione da Giorgio
関連情報URL:http://progbar.jp/
発売発表から時間が経ってしまい発売月直前ではありますが、
Emerson, Lake & Palmerがhigh voltage festivalに参加時の実況録音盤が10月中に発売されます。


recorded live high voltage 25th July 2010
Emerson, Lake & Palmer

収録曲

disc 1
1. Karn Evil 9: 1st Impression - Part 2
2. The Barbarian
3. Bitches Crystal
4. Knife-Edge
5. From The Beginning
6. Touch And Go
7. Take A Pebble
8. Tarkus (Eruption/Stones Of Years/Iconoclast/Mass/Battlefield/Aquatarkus)

disc 2
1. Farewell To Arms
2. Lucky Man
3. Pictures At An Exhibition Medley (Promenade/The Gnome/The Sage/The Hut Of Baba Yaga/The Great Gates of Kiev)
4. Fanfare For The Common Man/Drum Solo/Rondo

輸入盤
concert live lavel
CLCD-286
2010年10月4日発売

日本盤
disk union lavel
DUPG-058
2010年10月27日発売


既に1993年発売のreturns of the Manticoreに収録されたtouch & goが、未発表新録音という名目で有料download可能になるなど、最近high voltage周辺で詐欺紛いの商売が横行して居り、
実況録音盤と紛らわしい題名の既発studio音源集も発売されて居ますので、御買い間違いのない様に充分御気を付け下さい。


bacione da Giorgio
- Emerson & Lake 来日公演 中止 [ George Masshillo Oya ] 2010/09/15 09:39:51
中止となりました。

以下Keith Emerson氏側からのpress releaseです。


「先日、ロンドンで通常の健康診断を受けましたが、その時に下部結腸にポリープが見つかり、医師の判断によりすぐに手術を受けることになりました。非常に残念なことに手術後は一定期間療養が必要となるため、10月初めからのツアーは無理ということになりました。

 私はこの状況の中でもポジティブに考えるようにしています。“Emerson & Lake”日本ツアーを延期しなければならないのはとても悲しいです。チケットをご購入いただいた方々全員に心からお詫びを申し上げたいです。グレッグと私はこのショーのために多大な準備をしてきて、日本という美しい国を再び訪れ、皆様の前でプレイできることをとても楽しみにしていました。実は日本人のドラマーと1、2曲一緒にプレイできるという企画も立てていました。今はとにかく再び日本に行き、素晴らしいショーを皆様の前でプレイすることができるように、一刻も早く病気を治すことに集中しています。その時に皆様に会えるのを心から楽しみにしています。」
本日2010年6月16日水曜日と17日火曜日は、Ultimate0東京公演に参りますので、公演時間中は、Progbarを開店する事が出来ません。
両日共、開店時間が遅れますので、御用の御座いますかたは07054630791に御電話いただければと思います。

bacione da Giorgio
関連情報URL:http://progbar.jp/
1 - 5 / 14 次へ >>
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.