車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年01月23日 イイね!
連休2日目を迎えた朝。

土日連休というチート状態の私はやたらに早起きだ。

4:36とレイクロックには刻まれている。

やった!今日はちびレイたんよりも早起きだ!
前日土曜日はラーメン屋にオープンザアタックを仕掛けて失敗した。
まさかあんなに不味いとは…。今日こそは美味いラーメンを食べて満足するんだ。

候補にはいくつか上がっている。
石巻の善谷か利府のこまつや食堂かラーメンショップ。ラーメンビリーか山岡家か。とりあえず失敗が絶対に無い店で尚且つスムーズに食べられる店。

だが、ふと思い出したのだ。最近オープンしたあの店。

何でも〇〇に大行列の店が〇〇に進出!と銘打っている。

そんなに有名なのか!?と検索をかけてみるが全くヒットしない…ん?行列の店がヒットしないだと?

何となく地雷臭がする。

今流行りのG系ラーメンだ。私は中華そば系の淡麗なやつが好きのだが…。

とりあえず〇〇では大行列らしいから昼は避けよう。とりあえず偵察に行くと昼時でも行列はしていなかった。

おや?案外空いてる?

だが、朝にどん兵衛を食べたばかりなので夕食に行く事にする。
それまではようつべ動画を観ながらコンディションを整えていく。昨日は100gでダウンした。まさかの敗戦である。

いや、敗戦と捉えるべきだろうか?あれはお世辞にも美味しいとは言えなかった。

G系で夕食というのもアレだな…まるまつで定食食った方がいいかなぁ…と迷っていたら何もしない内に夕方になってしまった!

またしても中年のおっさんが飯を食う動画を自動再生しながら寝てしまったらしい。オススメ動画におっさんがズラリ……なんだこれは!?

気を取り直して店に突撃!夕食時間だからさすがに行列が出来ているかもしれない。

店に到着すると…行列が…出来ていない!?

駐車場は止め放題だ!VIP止めも出来るだろう。


……あんまり空いてるのも入りづらいな……適度に混んでる方がメニューもゆっくり見れるだろうし……。

緊張しながら店の中へ。

どうやら食券制で入口脇に券売機が。お金を投入し、左上を見る。
おすすめはやはりこれか…いろいろメニューを見るが店員が待っているので気まずい。とりあえず左上をポチ。
昨日の教訓から大盛りは避けて全て普通にしよう。これからの人生はそんなに長くはないが今死ぬ事はあるまい。

あっという間に席に通される。

大行列の店…か。
店の中には行列が出来ても毎日食べたい理由は云々というウンチクがあった。ご丁寧に行列が出来た用に椅子も用意してある。
しかしだ、行列してない…よね。

何となくだが、人気者である事を押し付けてくる〇ッキーと同じ匂いがする。

まぁ、検索にヒットしない行列の店は知る人ぞ知る隠れ家的な店なんだろう。

15分くらいで配膳される。

ほほう、ビジュアルはビリーのようだが…まずスープを……う、ぬるいっ!!

湯気が出てないのは油のせいではなく単純にぬるいのだ。

とりあえず上のもやしを攻略する。国産の野菜を使ってるそうだ。

国産じゃないもやしは少しレアかもしれない…だってもやしって日持ちしないしね。輸送中に黄色くなって変な汁出すでしょ。

国産じゃなくて地元産だったらもっと評価は高いかな。だってもやしは国産は当たり前だしね。

さて、麺は極太麺である。色は黄色い。たまご麺か?
口に含むとツルツルした舌触り。うむ、たまご麺だ。柔らかい。ゆで過ぎというか単純にたまご麺だから口に含むとモチャっと食感が変化する。
何か食べた事ある麺だな……。特にインパクトはない。

では、自慢の肉をいただくとしよう。

うむ、柔らかい……脂身のような柔らかさだ。
そして何よりも……冷た過ぎる!!

おそらくはスープの熱さを奪った戦犯はこいつだ!!こいつが中途半端にスープに沈んでいるせいでスープがぬるかったのだ。

冷たい肉を乗せるなら野菜の上に乗せておくべきだと感じた。あとはそれなりのタイミングでスープに沈めて温める方がよい。

最初の1口からぬるいとやはり印象が全く違うのだ。

これは……大盛りにしなくて正解だった。

店内を見回すと私と他1人しか客がいない。凄く忙しい時は多少残しても問題なく店を出れる。しかし、店員の視線は私ともう1人の客に限られる。露骨に残すわけにはいかない。

だから大盛りは避けて正解だ。

だけど、最初にいきなり大盛りを食った達成感が得られなくなる。
最初はやはり店の看板メニューの大盛りを頼んで制覇するのだ。最初から看板メニューを避けてしまったらずっと負け犬なのだ。

坦々麺が美味い店と評判なのにチャーハンをオーダーするようなものなのだ。

これは店と客との戦い。

お客様は神様です!

否っ!!!

うちのラーメンを食えるもんなら食ってみろっ!!

なら大盛りで食ってやろうじやねぇかっ!!

店のプライドと客の意地のぶつかり合いなのだ。


思えばラーメンビリーに初めて行った時にビリーラーメン大盛りを食った。特盛りは初めてだったから食う資格は無かった。

あれが最初から特盛りを食えたなら私はここにいなかったかもしれない。

泣きながらビリーラーメン大盛りを食べたのが懐かしい……。


若干の物足りなさを感じつつ完食。スープはちょっと飲めなかった。

全体的な総評としては

『今流行りのG系ラーメンをあり合わせの材料で作ってみた!』感じ。

私の推測だが、どこかで修行して暖簾分けしたというよりは誰かがプロデュースして『こんなの作れば売れるよ!』と言ったラーメンだったと思う。

これから研究して美味しく進化するのか、はたまた並に飲まれて消えて無くなるかは分からない。
とりあえず今のままでは生き残りは厳しいかな……と言った所である。


結局、2連休はのんびりと過ごしたが満足するラーメンは食べられませんでした。

チャルメラ最強だなぁ…。




Posted at 2017/01/23 15:30:38 | コメント(0) | トラックバック(0) | 食べ歩記 | 日記
2017年01月22日 イイね!
思いも寄らぬ形で二連休になりまして、のんびりと過ごしていた。

あ~、週休二日制ってこんなのが毎週あるんだなぁ…と感慨に耽っていた。これぞ健全な労働なのだ。3週間も4週間も休まずに働き続けるのはいかがなものか?

ちょっと精神的にもかなり追いやられていたためにこの時間は本当に有難い。

そういうわけで普段は絶対に行けない超人気ラーメン店に行く事にした。
いつもは長蛇の列で昼には絶対に行けない!昼休みが並んでる内に終わってしまうからだ!

オープン・ザ・アタックを仕掛けるべく開店30分前に現地到着!!

なんじゃこりゃあぁぁぁぁぁっ!?

既に駐車場は満車でしかも店の前には既に20人くらい並んでる!!開店30分前だぞ!?

あ、ありえねぇ……。てか、何時から並んでいたんだ?

とりあえず車を何とかせねば…致し方なく遥か遠くにある大型店舗の駐車場にひっそりと駐車……いや、絶対に怪しいよな…明らかに浮いている。こういう時にステルスマシンがあると便利なのだ。通報されない事を願いつつその場を後にした。
唯一救いなのは隣にR35GT-Rが停まっていた事。うまくスケープゴートになると思う…。

歩いて店舗に向かうのだが、私だけではなく結構な人が同じ方向に歩いている。
そういや大型店舗に向かう人はいない…これ、殆どラーメン屋の客か!?

店に到着するとさっきよりも行列が伸びている。一体何分待つんだ。


いつもなら私は並ばない。

何故ならば…休みが少なすぎて時間が勿体ないからだ!!

洗車にかける時間すらも惜しんでアルトを選んだくらいだ。

私には年間45日しか休みがねぇんだよ!!貴重なんだよ!!


でも今の私は土日休みというチート状態だ。こんな連休だからこそ並ぶ事ができるのだ!!


超快挙!超人気ラーメン店に隊長並ぶ!!

気が付けば並んで1時間が経過しようとしていた。

実はこの店は開店して1年くらいの時に訪れた時がある。あの時も1時間くらい並んでいたかもしれない。そして、ようやく食べたラーメンはびっくりするくらい不味かった!!

だが、飲食店で3年以上続けるのは大変だ。生き残ってきたのならばレベルは相当上がり美味しくなった証拠である。
ましてや人気店に成長した。
あの時は作り方を間違えただけなのだ。そう思って私はリベンジに燃えていた。

いよいよ店内に通され券売機で食券を買う。当然特盛りを注文。とにかく腹が減っていたのだ。おまけに味玉も付けちゃう♪

高まる期待。

今まで1時間も並んでいた思い出。

前に並んでいたカップルの会話から察するラーメンの評価。
後ろに並んでいたカップルは初めての来店らしい。

カップルに挟まれるぼっちの私!


そしてっ!!遂にっ!!私の前に!!ラーメンがっ!!

来たーっ!!!!


まず、見た目は……あれ?スープが無い?麺がスープよりも標高い。

とりあえずスープを飲むために麺を避けてレンゲを沈めるが、この段階でスープは丼の半分以下。

(少なっ!?)

この辺りでまたしても地雷を踏んだのか!?と不安になった。スープを飲むと………うむ、塩っぱい……魚臭くて塩っぱい…コクが無いんだよなぁ。そしてぬるい。麺をスープに浸し口にインストするがあまりスープを絡まずに小麦粉の味が強い。当然上部にある麺は味が無い。自慢の麺はと極太で固い。がそれだけではぬるいお湯で作ったどん兵衛うどんと大差ない。

3口食べただけでわかった。

やっぱりびっくりするくらい不味かった!!

これを特盛り……。私は絶望感を胸に抱き麺を口に運び入れる。特盛にしてしまった以上残すわけにはいかない。
チャーシューを食べるが、これが煮ているせいか柔らかく食感が脂っこい感じで喉越しが良くない。
唯一、メンマが美味かったが食感が固い麺と被るので自己主張が弱い。では味玉を……う、味玉よ、お前もか!?
こっちも味が無くて体は味玉なんだが、スープとの相性がチグハグ……。

客の流れと厨房の動きを見ると5人前後のロッドで動いているようだ。つまり、私とほぼ同時に入った客と同じペースで食べないと回転が悪くなるのは明らかだ。
私の真後ろには待っている客が立っている。客の吐息が頭頂部のハゲに当たるくらい近い。

ど、どうする!?

私とほぼ同時に入った前のカップルは男が普通盛りで女は特盛だった。女が特盛だと!?経験値の高さから察するに結構な頻度で訪れているようだ。会話も何となく玄人ぽかったのも頷ける。
後ろのカップルは確か初めての雰囲気だ。しかし、男は「味濃いめ油多め!」と言っていた。男は来た事あるのか!?

仮にこのカップルはヒロシとノリコとしよう。
ヒロシはかつてこのラーメン店に来た事があるのだ。それでラーメン好きのノリコは行きたいという。
ここでヒロシは俺が行ってるいい店があるよ!とは言わずにあえて「超人気のラーメン屋があるんだけど、一緒に行ってみようよ!」と提案する。
お互い初めては緊張するものだ。右も左も分からない。だが、ヒロシはこのラーメン店を訪れており経験値もそれなりに高い。

つまり、ヒロシは初めてを装いながら2人で行った初めての店という記念日を偽装し、尚且つ初めての店で颯爽と味濃いめ油多めと注文し、圧倒主導権を握りノリコから厚い信頼を得ようという画策なのだ!

ヒロシ恐るべし……!私も見習って意中の人をゲッチューしなければ…!

ノリコは「美味しいねー!」と言って食べている。お、美味しいだと!?いや、これは誘ってくれたヒロシに対する気遣いなのだ。誘われた手前、不味いとは言えないし美味しいと同調することによってヒロシとシンクロニー現象を起こしているのだ。
麺を1本ずつ食べているようだが普段はそんな食べ方はしないだろう。誰も見ていない自分の部屋ではどん兵衛うどんなど5分で食べてしまうくらい5本も10本も投入しているに違いない。ヒロシの前では可愛らしいノリコでいたいのだ。そしてヒロシはそんな華奢で可愛らしいノリコを守ってあげたい逞しい男でありたいのだ。
その気持ちの表れが味濃いめ油多めなんだろう。

頑張れヒロシ!私は応援しているぞ!


……いやいや、その前に私が頑張らねばならないのだった。まだ半分も食ってねぇ!半分も食ってねぇのにスープだけは半分以下だ。
せめてスープが多く濁っていれば麺が全部沈むくらいに食べれば店員が丼を下げる前に店を脱出すればいい。だが、スープが少ない上に丼の底が見えるくらい澄んでいるのだ!

これでは緊急脱出麺隠しの術は使えない。否応なしに麺だけは食べきらなければならないのだった。

前のカップルの女はまるでバキュームカーのように麺を啜っている。とんでもない吸引力だ。ダイソンだって敵わないだろう。男は啜ること無く麺を口の中に押し込むようにして食べていた。

このカップルをケンとチャコという事にしよう。

おそらくケンはチャコの尻に敷かれているのだ。いわゆるカカア天下というものだろう。
本当はケンは昔ながらの中華そばが好きなのだ。床屋の帰りによく行った食堂の中華そば。かんすいが入りまくった黄色い中華麺だったが、それはなによりのご馳走だった少年時代…。
知り合ったチャコは何から何まで今風の女の子。知り合った頃はポッチャリ系の可愛らしい女の子だったのに、今はどすこい系女子になってしまった。

固くて太いのが好き!!と言われていたのにそれは麺の話だった。ケンのは細くて縮れていたのだ。まさに中華そば系男子。

特盛のチャコと並盛のケンとの量的な差は無くなっていた。

ヤバイな…私に残された時間は後ろのヒロシとノリコが食べ終わる時間迄だ。遅くともそれまで完食しなきればならないのだ。

おそらく店は何も言わないし、気にしないだろう。しかし、後ろで私が食べる姿を観戦しているギャラリー達は思うかもしれない。

(アイツ遅いやろ…遅いくせに特盛頼むなや…!)

やばい…本当にこれ無理!なんか第1Rを食い終えて物足りないから第2Rのそうめんを茹でてる間に満腹になってしまったような感じだ。


回想。数分前の私。

とにかく腹が減っていたのだ。味玉も付けちゃう♪←バカ!



目の前の丼にはおよそ300gの麺…。
ビリー特盛りを制した私が麺100gでダウンとは…明らかに慢心だった。融通無碍胃袋に気が行き渡っていればこんなミスは冒さなかったはずだ。


その時!!
おそらくは私の後にこの席に座るであろうぼっちの男性の眼差しに気付いた。

彼は分厚い眼鏡越しに私を見つめていた。その目はこう言っていたように思えた。

「頑張れ!頑張れ!君ならできる!君が完食して無事に席から立ち上がったら僕がその席に座るよ!だから僕も頑張って並んでいるから、君も頑張れ!」

よくわからないおっさんの絆が私の背中を押した。



私の目の前には青空が広がっていた。実に清々しい青空だ。

思わず心の中で『青雲の歌』を歌っていた。

私が座っていた席にはあのおっさんが座っている。

「君はよくやった。あとは任せろ。」
そう言ってるような気がした。


こうして私は無事に完食して店を出た。




終わり
Posted at 2017/01/22 11:22:19 | コメント(0) | トラックバック(0) | 食べ歩記 | グルメ/料理
2017年01月21日 イイね!
私はかつて日産派だった。

R32スカイラインからバネットラルゴ、ラルゴと乗り継いだ。

親父殿がバネットラルゴのスーパーサルーンに乗っていた影響もあり初めてローンを組んで買った車はバネットラルゴウミボウズだった。

だから我が家の駐車場にはバネットラルゴが2台並ぶという奇妙な光景が見れたのだ。

このバネットラルゴだが、正直人には勧められない車だった。とにかくよく壊れる車で年間維持費はとんでもなくかかる。おまけに燃費も良くない上に馬力が無くて前に進まない車だ。
ウミボウズはRV風だったがオフロードが得意という訳ではない。山を登ればすぐにオーバーヒートするし、遅いと苦行でしかないのだ。

それでもGC22バネットラルゴは何とも言えない魅力があるのだ。ラインナップの中には1.8ターボという1BOXには明らかにオーバースペックなモデルも存在した。

そして、ミニバンの先駆けとなったのがW30ラルゴ。その中でもハイウェイスターは人気があった。
当時はセレナの上位モデルという位置付けで装備も内装もセレナとは全く違うものだった。

このラルゴもまた故障が多い車だった。普通に走っていてもリアサスからギコギコと軋み音がしたり、オルタネーターが弱くてすぐに交換したり、ウォーターポンプから水がダラダラ流れたりと修理をするために買ったようなものだった。おまけにメンテナンス性も最悪で何するにも面倒くさいのだ。
オーディオ交換だけでも半日以上かかる。

それでも愛してやまない魅力があるのだ。

何故だろうか……。

今の最新の技術でラルゴを復活させてほしいと今でも思っている。かと言って名前だけ引き継いでセレナのDQN仕様みたいなのは嫌だなぁ。W30の面影を残して復活すればいいのに…まぁ、買えないけど。

みんカラでもラルゴを所有してる方は少なくなってきた。今の車の方が性能も乗り心地も良いのだろうけど、今でも乗っている人はラルゴの不思議な魅力を感じている人なんだろうねぇ。
どうか、大事に乗って下さいね。

こうしてフェアレディZ32を最後に日産車に乗ることは無くなった。

なぜラルゴをあんなにも愛したのか?それを考えたら答えは一つしかなかった。

デザイン、スタイルだけでは無かった。

当時、家族みんなで旅行をしたり様々な思い出を乗せてくれた車だったからだ。
家族との思い出には必ずラルゴがあった。

もうかつてのように後部座席に誰かが座ることは無くなった。しかし、あの車に触れたらもう1度あの楽しかった時代に戻れそうな…そんな気がしたんだよね。
Posted at 2017/01/21 13:33:37 | コメント(0) | トラックバック(0) | 徒然日記 | 日記
2017年01月17日 イイね!
とりあえず好き嫌いが無いのだが、これだけは苦手!!というのがある。

香草である。

とにかく匂いが強いやつは好きはない。匂いで味を誤魔化しているからだ!本当に美味いやつは匂いが少ないものだ。

香草の中でも1番苦手なのはパクチーだ。コリアンダーとも言うな。

でも和名はカメムシソウなんだぜ!?

だから今まで毛嫌いして食わなかった。

私はカメムシが地球上で1番嫌いな虫である。次はムカデだ。
カメムシは臭いし、ムカデは毒で三日三晩眠れなかった思い出がある。そいつらに比べればゴキブリなんて不快害虫でしかないのだ。
カマドウマなんて見た目の割に低い戦闘力で同情の余地すらある。

だがカメムシは許せねぇ!!絶対に許さん!!

そんなパクチー嫌いの私だが、コンビニで見かけた物があったんです。


ペヤング焼きそば!パクチーMAX!!

なんじゃこりゃあぁぁぁぁっ!?

購入には勇気が必要だった。つくづくペヤングにはやられていたからだ。

激辛ペヤングは想定してたよりも遥かに辛かった。市販レベルであの辛さは有り得ない…私は泣きながら食った。

ニンニクMAXはさほどニンニクMAXではなくて単純にガッカリした。

ワカメMAXは増えるワカメちゃんでいくらでも量産出来たから衝撃度はなかった。

ここに来てまさかのパクチーである。パクチー好きにはたまらない!と書いてあるがパクチー嫌いにはとんでもない1品というわけだ。

果たして食えるのか!?

勇気を出して食ってみることにした。人生何事も体験である。頭で覚えたことは忘れるが体で覚えたことは忘れない!

さて、封を開けて具材(パクチー)を入れる。まずこの段階では匂いがしない。

ふむ、いけそうだ。

お湯を注ぎ、天空落とし湯切りをする。

説明しよう!
天空落とし湯切りとは湯切りをした後にカップ焼きそばを頭上高く上げて一気に振り降ろし水分をより完璧に切る最強の湯切り技である!


さらに蓋にデコピン太鼓を繰り出す。

説明しよう!
デコピン太鼓とは蓋をデコピンの衝撃で蓋の裏に付いたキャベツやネギなどを完全に剥離する事ができる。大技に4本の指を同時に打ち込むデコピン太鼓乱れ打ちがある。


そして最後に焼きそばシェイクで仕上げる。

説明しよう!
焼きそばシェイクとは完全に湯切りをした焼きそばを振ることにより四隅に溜まったキャベツを分散させるのだ!!


蓋を完全に剥離してソースを投入!すると一気に匂いが舞い上がる。

仄かに臭ぇ!!

カメムシの匂いを10倍に薄めた感じだ。それをトムヤムクン風味のソースで味付けるのだから日本国内で普通の生活をしていればおよそ嗅ぐことのない匂いである。

こ、これは地雷ではないか……。

とりあえずよく撹拌して口へ第一麺をインストール!!

おえぇぇぇぇぇっ!!やっぱりカメムシの匂いがする!!

1口目から私は絶望した…。

とにかく絶望した!!

しかも、パクチーの匂いに反応したのかリアルカメムシが現れ電灯の周りをブンブン飛んでました。カメムシを見ながらパクチーを食べるなんて、とんでもない拷問ではありませんか!?

何だろうなぁ、仄かにカメムシ臭なのに妙にサッパリ爽やかなの。

パクチー好きにはたまらないペヤングパクチーMAXはパクチー嫌いにはとんでもない地雷ですた!!
Posted at 2017/01/17 20:49:17 | コメント(2) | トラックバック(0) | 徒然日記 | 日記
2017年01月16日 イイね!
土曜日、私は健康診断に臨んでいた。

日々喧騒と戦いながら肉体に鞭を打ち風邪をひき満身創痍で臨んだが、果たして結果はいかがなものか?

健康たるものはあって当然当たり前なのだから有り難みがないものだ。しかし、健康は富に勝るもの。
今のコンディションを維持するには健全な食生活と規則正しい生活リズムが大事なのである。

若いからと無理をすると歳を重ねた時に必ず返ってくるものだ。

血圧は低いとは言われたが他に異常もなく、無事に健康診断を終えた。

次の日曜日はとにかく暇であったが、特に何をするのでもなく無気力なままにようつべ動画を観て時間を貪っていた。

普段は貴重な10分も今は惰性で過ぎていく。

ようつべ動画も特に観たいものもなく次々と再生されていく関連動画を観ていた。ポテトチップスを食べ、アーモンドピークを食べ、コーラで流し込むといった『デブ活』をしていた。
まだ大丈夫、まだ大丈夫と油断していると泥沼に足元が取られている事が多々あるものだ。

そして夜には友達のしんちゃんと新年会をするべくとある場所に向かっていた。

美里町の『煙家』である。

いきなりの煮込みめし。


スタートからこれである。
あとはひたすら肉を焼き、肉を焼き、食って呑んで(私はノンアルコールだが)時間が過ぎていく。
ここらでは珍しい『電気ブラン』をしんちゃんに勧め、私はオレンジジュースを呑む。
電気ブランの感想はハイボールのようでよくわからない感じだそうだ。

〆は定番の中華そばではなく『背脂ニンニク醤油らーめん』にした。


これが思いのほかニンニクが効いている。


麺は太麺でコシがあって美味い。

こうして小さな新年会はお開きとなり、退散となりました。

正月も終わりこれから本格的な2017年が始まります。今年は何かいい事あればいいなぁ。

Posted at 2017/01/16 10:24:07 | コメント(0) | トラックバック(0) | 食べ歩記 | 日記
プロフィール
「[整備] #アルトワークス そうだ!もっと助手席広くしよう! http://minkara.carview.co.jp/userid/624085/car/1799269/4078783/note.aspx
何シテル?   01/21 21:09
まぁ、生きてます。
ハイタッチ!drive
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/1 >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
リンク・クリップ
正体不明02 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/07/22 11:31:46
熱い想いを胸に…… 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/01/13 11:24:22
お友達
まぁ、適当に楽しくやりますか…。

こちらからお誘いする事は1000%ございません。

が、お誘いいただいてもご希望に添えない場合がございます。




26 人のお友達がいます
lupin_kidslupin_kids * mizuki666mizuki666 *
aero-centuryaero-century * せっきぃ(555せっきぃ(555 *
研兄ロバⅡ研兄ロバⅡ * s-sights-sight
ファン
32 人のファンがいます
愛車一覧
スズキ アルトワークス 浪漫号弐号機 (スズキ アルトワークス)
浪漫号弐号機 霧島レイ仕様 フルデッドニング施工済 40キロ走行時→平均50dB ...
日産 バネットラルゴコーチ ウミボウズ (日産 バネットラルゴコーチ)
初めて買ったワゴン。 この車をきっかけに放浪癖が強まる。 とにかくよく壊れる車でコンビ ...
日産 バネットラルゴコーチ 浪漫号零号機 (日産 バネットラルゴコーチ)
度重なる故障にもめげず(懲りず?)に購入した二台目のウミボウズ。 壊れる、遅い、燃費悪い ...
ダイハツ ミラ ミラターボ改 (ダイハツ ミラ)
初めて買った軽自動車。 いわゆる改造で購入時点でロールバー、リアウィング、ターボエンジン ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.