• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ふくもっのブログ一覧

2017年07月24日 イイね!

デリカ復活

ちょうど、2週間かかりましたが、デリカ復活しました。

やはり、便利ですね。
ミニバン・電動スライド。

子供3人のっけて、3台のチャイルドシートのっけて、5人分の荷物積んで、
となると、ミニバン以外ありえないです。

レガシィにぎゅうぎゅう詰めで乗ってるのも、距離感が近くて、
楽しかったですが(笑)

迅速な対応ときちんとした修理をおこなってくれた、三菱ディーラーに感謝です。
Posted at 2017/07/24 14:21:12 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2017年07月24日 イイね!

積載性と走破性

積載性と走破性3列目までしっかり人を乗せられて、本格的SUVと同等の走行性能を有する4WDがデリカのポイントだと思います。

妻と子供(チャイルドシート)を乗せることを前提に、購入前にいくつもミニバンを試乗しましたが、多くのミニバンは3列目まできちんと座れない、CVTのもっさり加速、なんちゃって4WD、高級すぎる2〜3列目シート(チャイルドシートつけるので高級なシートは要らない)、電動スライドなし、などニーズと合致しませんでした。

ガソリンエンジン車は若干のトルク不足感があったのですが、ディーゼルモデルはそれを払拭してくれました。
軽油使用で燃費がよいところも嬉しいです。

車高の高い点も長距離移動では運転が楽で、同乗者も景色を見るのに便利だと思います。
現在、子供3人のためチャイルドシートを3脚装着しておりますが、問題なく使用できています。

Posted at 2016/03/04 13:02:57 | コメント(0) | クルマレビュー
2017年07月10日 イイね!

デリカ 中破

デリカ 中破いや、運転していたのは、私じゃないですよ。

先週末の夕方に、妻から電話。
「ごめん、ぶつけちゃった、子供が大騒ぎで助けに来て欲しい」と、のこと。
幸いにもケガ人はないとのことで、ひとつ安心。
職場を早退し、現場まで向かいます。

コンビニの駐車場でバックしていて、トラックにぶつけたそうです。
トラックの荷室の後ろの角の鉄柱に直撃し、一撃でリアの窓ガラス全て脱落。
(トラック丈夫すぎる・・・)

夕立が轟々と降る中だったようで、車内は水浸し。
車内には長男と三男も乗っていて、大興奮。
幸いにも二人ともチャイルドシートに乗っていて怪我はなし。

妻は通常駐車位置からのバック、相手は道路と平行に駐車場入口側に停車中。
「正規の駐車位置ではなく、こちらも申し訳ありませんでした。」と、相手の運転手さんにも
謝っていただきましたが、とはいえ、動いていた妻にどう考えても責任あり。

別の走っていた車に気を取られていて、真後ろに気づかなかったとのこと。
(バックモニターついているのに、なぜ・・・)

自走は問題ありませんでしたが、リアゲートは完全に逝ってしまってます。
(どうせなら、傷だらけのバンパー部分も逝って欲しかった)

事故処理後、妻は二人を連れて帰宅。
夕立の上がった駐車場で、私は割れたガラスの破片の後片付け。

「フロントとサイドガラスは割れでも粉砕しないけど、リアガラスは粉砕する」を実感。
コンビニの駐車場を掃除しながら、学生時代にコンビニでバイトしていたときのことを思い出す。。。

・・・

デリカは翌日、三菱のディーラーに引き取ってもらいました。
修理見込み20日間だそうです。

車両保険を使用すると思いますが、免責額が5万円。
3等級ダウンで3年間での保険料のUP額が5万円。
今週はどうしても、車が2台必要なので、レンタカー費用5万円の合計15万円の出費となりました。

痛い。

・・・

メインカーがレガシィとなったわけですが、
何とかレガシィにも5人乗車(チャイルドシート3台)で乗れました。

いや、さすがレガシィというべきか。セダンですが、トランク容量がかなりあって、
BLレガシィは本当によくできていると思います。
衝撃だったのは、双子用の巨大ベビーカーも折りたためば、トランクに入るところです。

とはいえ、デリカの使い勝手には敵わないですので、早期退院を期待したいと思います。


Posted at 2017/07/10 16:24:23 | コメント(4) | トラックバック(0) | 日記
2017年06月22日 イイね!

アイサイト・ツーリングアシストからの、どうでもいい話

アイサイト・ツーリングアシストが発表になりましたね。
今夏のWRX S4とレヴォーグから搭載予定とのこと、楽しみです。

レガシィB4の後継として、買い換えようかとひとしきり妄想してみたのですが・・・

どう考えても無用の長物です。

そもそも、そんなに車に乗りません。
私が、平日、通勤と送迎にデリカで街中走行を20kmほど。
妻が、レガシィで通勤に街中走行を15kmほど。
週末もデリカで県内の公園に行くくらいで、月に1回くらいは遠出しますが。。

こんなハイスペックの車は要らない。

という、悲しい結論に至りました。


今のレガシィB4だって、高性能エンジンを積んでいるのに、
ほとんどその真価は発揮されず、街乗りばかり・・・たまには回してあげたい。


ロードスターのような第3の車も、また欲しいなとは、思うのですが、
そもそも乗る時間がなさ過ぎ。
子供が寝ている間の深夜か早朝くらいしか乗る時間はないですが、
そんな時間に起きだすほどの体力が残されているわけもなく、
仕事と家事に追われています。

どうりで、スポーツカーっておじさまにならないと乗れないのではないかと、
30代半ばにして納得。


ふとしたときに足のキビっとしたスポーツカーに乗りたくなりますが、
生活に追われていて、カーライフを楽しむこともできず、
こうやって年をとっていくのね、と寂しい。


かといって、レガシィB4の後継を普通の街乗り車にしてしまうと
とんでもなく後悔してしまいそうで、複雑。

ここは、もう完全にトチ狂って、あれこれ考えずに
WRX STIに行ってしまうのも、ありなのではないかと思うが、
AT限定の妻をどう説得するのか、先進の安全装備なしをどう納得するのかが、問題。

となると、やっぱり、S4かレヴォーグか。

価格的には大冒険だが、ボルボやメルセデス、テスラにもちょっと興味が・・・
いや、やめよう家を建てるんだった。
Posted at 2017/06/22 16:42:30 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2017年06月09日 イイね!

自転車にのった女の子を轢きかけた

先日、デリカを運転中に自転車に乗った女の子を危うく轢くところでした。
ここ数年で一番、ひやっとしたので、
こんなこともあるよと、後少しで人生終わったかもしれないよと、
一人のドライバーとして、共有したく、ドラレコの静止画で状況を説明したいと思います。

・・・・・

時刻は平日の午後6時頃です。
職場からの帰路、息子を保育園まで迎えに行くべく、デリカで走行していました。


山梨にありがちな歩道の全くない片側1車線の道路。
制限速度は40km/hですが、けっこうみんなとばすんですよね。



歩行者いました。こんなところを歩いて危ない。けど、歩くしかない山梨の道路事情。
対向車のデミオが右折待ちで停車しました。距離はけっこうあったのですが、待っていてくれています。
「慎重な運転手だな〜」と思いながら、こちらは直進します。



ここで、対向車線後続のジムニーが中央線を割って、こちら側車線へ飛び出してきました。
「何か道路脇にいて、追い越したのかな?」と思いながらも、こちらは直進。



予想通りです、道路脇を自転車が走行していました。
自転車を目視して確認。ジムニーは自転車を追い越したものの、右折待ちで停車していた車列と私の車がきたので、
もとの車線に戻って、停車します。



ここからですよね。

みなさん、ここからどんな状況を想像しますか?

私は「デミオさん、お待たせ。」と思いながら、すれ違うも、
ジムニーの影に隠れてしまった、自転車が視野から消えたので、
自転車どこかな?と右前方に注意して走行していました。

ほんの2〜3秒のできごとですけどね。



このとき、ジムニーは完全停車していましたが、ジムニーのリアガラス越しに、なにやら動く影が見えました。
「自転車くるか?まさか、来ないよね」と思ってましたが、その通りでした。
たぶん、ちょうど40km/hくらいで走行中。



いや、むっちゃ来てるやん。
と、驚愕。



飛び出してくるくせに、こっち見てないし! 
クラクション鳴らしながらの、
フルブレーキ、タイヤほぼほぼロックしつつ、ABS作動、左へハンドル切って・・・
感覚的には、フロントバンパーに自転車の前輪がぶつかるか、ハンドル切ってフェンダーにつっこまれるかのギリギリのところ。



意外に運転している側としては冷静で、自動車の操作自体は落ち着いてできていたと思う。
デリカの重心が完全に前輪にのっかって、ハンドル操作の通り、左へ回避していくのを、感じながら、
当たらないで!と祈っていた。



このドラレコはフロントガラスについているんですよね。
そこからの視点で、自転車は完全に中央車線を割っていますね、直進していたら、完全に当たってますね。



画質落としてありますが、顔は伏せておきます。
3〜4年生くらいの小学生ですかね。道路に飛び出してきてはいけないと教わらなかったのでしょうか。
何かに夢中になってたのか、飛び出した瞬間はこっちも見てなかったですね。




そして、カメラの視野の外へ。



ここでデリカは停車。
ちょうど、後部座席のドア付近で自転車は停車していました。
接触まで30cmくらいだったと思います。
自転車に乗った女の子は、転ぶことなく、止まることもなく、慌てて逃げるように、そのまま
デリカの後方から道路を横断をして、走り去って行きました。
デリカの後ろからも後続車が来てたんだけどね。



・・・

怖くなって急いで走り去ったんでしょうが、こっちは後少しで人生を失うところでした。
自転車の子だって、ひどい大怪我をしたり、最悪、命を落としていた可能性もあります。

デミオとすれ違って、停車まで、わずか3秒間の出来事でした。

今回、事故を回避できたポイントとしては、
・遠目の距離から、私が自転車に気づいていて、動向に注意していた。
・女の子が直角に横断ではなく、斜め横断しようとしていた。
・左側に逃げるスペースがあって、そちらへハンドルを切って回避できた。

もしも、デミオのドライバーが慎重な人ではなくて、早々に右折できていれば、こんな状況にはならなかったでしょう。
ジムニーが、もし車高の低い車で、女の子が対向車線を見渡せていれば、横断を試みなかったかもしれません。
ジムニーが女の子を追い越していなければ、また違ったかもしれないけど、普通は追い越すかな。
私もオーディオの操作をしていたり、ナビを見ていたりで、前方の不注意があれば跳ねていたかもしれません。
斜め横断で道路に飛び出してくるのが何よりもよくないことは明白ですがね。こればっかりは自動車側の責任ですから。
私の後続車も車間距離が開いていたので追突は起こらなかった所も幸運でした。

きっと、スマートなドライバーなら、この状況を予見して、ジムニーの横くらいで停車。
飛び出してきた子に横断を促すくらいの、ことができるのかもしれませんがね、私にはできませんでした。

そして、お門違いかもしれませんが、
乗っていた自動車がデリカで良かったと思いました。
車重の重い車ですが、緊急時のハンドル操作もブレーキ操作もきちっとしていて、
フルブレーキでABSが作動しても姿勢が大きく崩れることなく回避・停車できたのは、
デリカのおかげだと思います。
視線が高くて、よく見渡せていたのもよかったかもしれないですね。

みなさまも安全運転でお過ごしください。



Posted at 2017/06/09 16:20:45 | コメント(5) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「@ラインゴルト ジパングは全巻揃えて私も楽しませていただきました。「空母 いぶき」もお読みですか?ときどき「?」がありますが、漫画なのでOKだと思ってます。」
何シテル?   04/13 15:14
現在、デリカとレガシィに乗っています。 最近は子育てに追われ、思う様にカーライフは楽しめていませんが、 そんな時間も幸せの一つかなと思って、人生は楽しんでい...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/8 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

BP/BL系 D~F型、グローブボックスの外し方 その1 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/08/02 10:47:27
レガシィ BP 純正ドアミラーの左右動作調整 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/07/29 11:53:12
レガシィ BP5 パワーウインドウスイッチ メンテ① 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/07/29 11:51:23

お友達

友達申請気軽にどうぞ。
ただ、絶賛!育児中のためオフ会などへの参加は厳しいです。
34 人のお友達がいます
アル子アル子 * カーナキカーナキ
NBロードスターNBロードスター 東の海猿東の海猿
たまご@NB6C/Atたまご@NB6C/At KaeruKaeru

ファン

17 人のファンがいます

愛車一覧

スバル レガシィB4 ニーナ (スバル レガシィB4)
今後、水平対向6気筒が再販される可能性は低く、もう乗れないんじゃないかなという思いと、子 ...
三菱 デリカD:5 デリ子 (三菱 デリカD:5)
2013年10月5日に納車されました。 走行性能を確保しつつ、遊び心も持ち合わせつつ、両 ...
その他 ESCAPE RX2 その他 ESCAPE RX2
新しい相棒が追加されました。 体力増強と通勤時間短縮とエコに貢献してくれるはずです。 歩 ...
スバル インプレッサ WRX STI ウラヌス (スバル インプレッサ WRX STI)
2009年12月1日に納車されました。 インプGH-GDB-G A-lineのウラヌスち ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.