• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ふくもっのブログ一覧

2017年06月22日 イイね!

アイサイト・ツーリングアシストからの、どうでもいい話

アイサイト・ツーリングアシストが発表になりましたね。
今夏のWRX S4とレヴォーグから搭載予定とのこと、楽しみです。

レガシィB4の後継として、買い換えようかとひとしきり妄想してみたのですが・・・

どう考えても無用の長物です。

そもそも、そんなに車に乗りません。
私が、平日、通勤と送迎にデリカで街中走行を20kmほど。
妻が、レガシィで通勤に街中走行を15kmほど。
週末もデリカで県内の公園に行くくらいで、月に1回くらいは遠出しますが。。

こんなハイスペックの車は要らない。

という、悲しい結論に至りました。


今のレガシィB4だって、高性能エンジンを積んでいるのに、
ほとんどその真価は発揮されず、街乗りばかり・・・たまには回してあげたい。


ロードスターのような第3の車も、また欲しいなとは、思うのですが、
そもそも乗る時間がなさ過ぎ。
子供が寝ている間の深夜か早朝くらいしか乗る時間はないですが、
そんな時間に起きだすほどの体力が残されているわけもなく、
仕事と家事に追われています。

どうりで、スポーツカーっておじさまにならないと乗れないのではないかと、
30代半ばにして納得。


ふとしたときに足のキビっとしたスポーツカーに乗りたくなりますが、
生活に追われていて、カーライフを楽しむこともできず、
こうやって年をとっていくのね、と寂しい。


かといって、レガシィB4の後継を普通の街乗り車にしてしまうと
とんでもなく後悔してしまいそうで、複雑。

ここは、もう完全にトチ狂って、あれこれ考えずに
WRX STIに行ってしまうのも、ありなのではないかと思うが、
AT限定の妻をどう説得するのか、先進の安全装備なしをどう納得するのかが、問題。

となると、やっぱり、S4かレヴォーグか。

価格的には大冒険だが、ボルボやメルセデス、テスラにもちょっと興味が・・・
いや、やめよう家を建てるんだった。
Posted at 2017/06/22 16:42:30 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2017年06月09日 イイね!

自転車にのった女の子を轢きかけた

先日、デリカを運転中に自転車に乗った女の子を危うく轢くところでした。
ここ数年で一番、ひやっとしたので、
こんなこともあるよと、後少しで人生終わったかもしれないよと、
一人のドライバーとして、共有したく、ドラレコの静止画で状況を説明したいと思います。

・・・・・

時刻は平日の午後6時頃です。
職場からの帰路、息子を保育園まで迎えに行くべく、デリカで走行していました。


山梨にありがちな歩道の全くない片側1車線の道路。
制限速度は40km/hですが、けっこうみんなとばすんですよね。



歩行者いました。こんなところを歩いて危ない。けど、歩くしかない山梨の道路事情。
対向車のデミオが右折待ちで停車しました。距離はけっこうあったのですが、待っていてくれています。
「慎重な運転手だな〜」と思いながら、こちらは直進します。



ここで、対向車線後続のジムニーが中央線を割って、こちら側車線へ飛び出してきました。
「何か道路脇にいて、追い越したのかな?」と思いながらも、こちらは直進。



予想通りです、道路脇を自転車が走行していました。
自転車を目視して確認。ジムニーは自転車を追い越したものの、右折待ちで停車していた車列と私の車がきたので、
もとの車線に戻って、停車します。



ここからですよね。

みなさん、ここからどんな状況を想像しますか?

私は「デミオさん、お待たせ。」と思いながら、すれ違うも、
ジムニーの影に隠れてしまった、自転車が視野から消えたので、
自転車どこかな?と右前方に注意して走行していました。

ほんの2〜3秒のできごとですけどね。



このとき、ジムニーは完全停車していましたが、ジムニーのリアガラス越しに、なにやら動く影が見えました。
「自転車くるか?まさか、来ないよね」と思ってましたが、その通りでした。
たぶん、ちょうど40km/hくらいで走行中。



いや、むっちゃ来てるやん。
と、驚愕。



飛び出してくるくせに、こっち見てないし! 
クラクション鳴らしながらの、
フルブレーキ、タイヤほぼほぼロックしつつ、ABS作動、左へハンドル切って・・・
感覚的には、フロントバンパーに自転車の前輪がぶつかるか、ハンドル切ってフェンダーにつっこまれるかのギリギリのところ。



意外に運転している側としては冷静で、自動車の操作自体は落ち着いてできていたと思う。
デリカの重心が完全に前輪にのっかって、ハンドル操作の通り、左へ回避していくのを、感じながら、
当たらないで!と祈っていた。



このドラレコはフロントガラスについているんですよね。
そこからの視点で、自転車は完全に中央車線を割っていますね、直進していたら、完全に当たってますね。



画質落としてありますが、顔は伏せておきます。
3〜4年生くらいの小学生ですかね。道路に飛び出してきてはいけないと教わらなかったのでしょうか。
何かに夢中になってたのか、飛び出した瞬間はこっちも見てなかったですね。




そして、カメラの視野の外へ。



ここでデリカは停車。
ちょうど、後部座席のドア付近で自転車は停車していました。
接触まで30cmくらいだったと思います。
自転車に乗った女の子は、転ぶことなく、止まることもなく、慌てて逃げるように、そのまま
デリカの後方から道路を横断をして、走り去って行きました。
デリカの後ろからも後続車が来てたんだけどね。



・・・

怖くなって急いで走り去ったんでしょうが、こっちは後少しで人生を失うところでした。
自転車の子だって、ひどい大怪我をしたり、最悪、命を落としていた可能性もあります。

デミオとすれ違って、停車まで、わずか3秒間の出来事でした。

今回、事故を回避できたポイントとしては、
・遠目の距離から、私が自転車に気づいていて、動向に注意していた。
・女の子が直角に横断ではなく、斜め横断しようとしていた。
・左側に逃げるスペースがあって、そちらへハンドルを切って回避できた。

もしも、デミオのドライバーが慎重な人ではなくて、早々に右折できていれば、こんな状況にはならなかったでしょう。
ジムニーが、もし車高の低い車で、女の子が対向車線を見渡せていれば、横断を試みなかったかもしれません。
ジムニーが女の子を追い越していなければ、また違ったかもしれないけど、普通は追い越すかな。
私もオーディオの操作をしていたり、ナビを見ていたりで、前方の不注意があれば跳ねていたかもしれません。
斜め横断で道路に飛び出してくるのが何よりもよくないことは明白ですがね。こればっかりは自動車側の責任ですから。
私の後続車も車間距離が開いていたので追突は起こらなかった所も幸運でした。

きっと、スマートなドライバーなら、この状況を予見して、ジムニーの横くらいで停車。
飛び出してきた子に横断を促すくらいの、ことができるのかもしれませんがね、私にはできませんでした。

そして、お門違いかもしれませんが、
乗っていた自動車がデリカで良かったと思いました。
車重の重い車ですが、緊急時のハンドル操作もブレーキ操作もきちっとしていて、
フルブレーキでABSが作動しても姿勢が大きく崩れることなく回避・停車できたのは、
デリカのおかげだと思います。
視線が高くて、よく見渡せていたのもよかったかもしれないですね。

みなさまも安全運転でお過ごしください。



Posted at 2017/06/09 16:20:45 | コメント(5) | トラックバック(0) | 日記
2017年05月22日 イイね!

新型XV

新型XVお久しぶりです。
いろいろとあって、ほとんど車に関われない毎日ですが、
ちゃんと生きてます。

昨日はレガシィの12ヶ月点検、オイル交換、リコール対策を一気にやってもらいに
スバルへ行ってきました。
新型XVの試乗もお願いをしていたのですが、つい2〜3日前にディーラーに納車されたとのこと。
ラッキーでした。

色が、懐かしのクロスポロと同じ、鮮やかなオレンジでした。
かわいい・・・


試乗コースは約15分間ほどの市街地走行でした。
新型インプレッサには試乗したことがないので、
違いはわかりませんが、
新型XVはかなり質感の高い走りをしていると思います。
SGPの恩恵なのかな。

現在乗ってる、BP/BLのレガシィは、もちろんへたってきているのもありますが、
それよりもはるかに乗り心地はよいですし、
走行安定性もいいように感じます。

ちなみに、エンジンは1.6リッター仕様です。
発進時にわずかにもたつくのとエンジン音が大きくなりますが、
リニアトロニックが優秀なので、通常使用では全く問題ないですね。

リニアトロニックは、「CVTでもっさりでダメダメ」という意見の方もいらっしゃるようですが、
スポーツ走行するのでなければ、十分にもっさり感のないレベルまで
到達しているように思いますので、変速ショックのなさを考えると、ATの優位性というのは
もはやないのかなと思います。

まぁ、いまのレガシィの5ATに比べると、断然、リニアトロニックの方がよいですね。
レガシィのATをリニアトロニックに載せ替えて欲しいくらいだわ。

車高の高さからくるふわふわ感や旋回時の不快感というのも感じませんでしたので、
乗り降りのし易さや視界の良さを考えると、この車高UPはメリットしかないように思えます。

とはいえ、次期候補としてはEV走行モードのある車なので、
PHVが出るのを楽しみに、待っていようと思います。

・・・

ちなみに、レガシィの方もオイル交換やATF交換なども終わって、
すっかりリフレッシュできました!


Posted at 2017/05/22 14:24:53 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年05月01日 イイね!

車の価値

車の価値気がついたら、5月になってしまい、
4月は一度もブログを投稿しなかったことに驚いていますが、
みなさん、お元気にお過ごしでしょうか。

これ、買いました!

と、嘘をつきたいくらい、いいなぁとおもった車ですが、
S2000 typeSです。
先日、公園の駐車場でふと、見かけたんですよね。
(人様の自動車の写真をブログに出すなど、酷い・・・)

中古車市場でもS2000のtypeSは、高額で価格をキープしている人気車ですね。

前期型のS2000だと、価格も下がってきていて、
しょーもないおっさんの趣味車として手が届くような範囲にきていますが、
同時に年式も2000年前後と、古くなり、傷みが心配です。

S2000しかり、その他のスポーツカー達しかりですが、
後続の自動車が発売されなかった分、余計にどんどん今後も希少性と価値は上昇
していくように思えます。

S2000もいいけど、あんまり古い車に乗るのも、考えものだなぁ。

・・・・・・・・・・

そこにきて、後続のモデルを出しつつも、
前のモデルの価値もきちんと維持しているのが、ロードスターだということを
ふと、感じました。

NA, NB, NC, NDとそれぞれのモデルの「色」があって、
お互いがお互いを消し合わず、
なおかつ最新のモデルは最新の喜びを提供してくれる、
本当に素晴らしい車だと思います。

NDにはソフトトップの1.5とRFの2.0が販売中で、
ソフトトップの2.0は・・・!?なんて声もありますが、
ソフトトップの2.0が出ると、
NCのソフトトップと商品コンセプトが近くなってしまいますよね。
かといって、RHTはRFと異なりますから、ここは重ならない。

そもそも、NCとNDではボディサイズも重量も異なるというテーマもありますが、
NDの2.0のソフトトップが出ないのは、NCと重ならないようにするためなのかな、なんて思いました。

NCも価格がだいぶ下がってきて、狙い目なんですよね。
次期、愛車候補にしたいです。

・・・・・・・・・・

ニュル最速のシビックtyoeRとか、要らないから、
200万円くらいの1.5〜2リッター軽量FRクーペでも発売されないかな、なんて思いますが。

以上、まとまりのない話でした。
Posted at 2017/05/01 15:49:08 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2017年03月22日 イイね!

標高1100m

標高1100m週末のことですが、赤ん坊2人をデリカの2列目に乗せて昼寝ドライブに出かけました。
久しぶりに峠道をドライブしたくなり、若いころはよく行っていた峠道へアタックしてきました。
行き先は太良峠です。

甲府市の標高は220m程度ですが、この太良峠は1100mほどの地点にあり、
市街地から細い山道を通り抜け、約10km, 20-30分程度で到達できます。

武田信玄の居城跡である武田神社の裏手を北へ登っていくと出現する山道ですが、
ここは車がすれ違えない細い道をしばらく走らねばならず、
対向車が来ないことをしばし願います。

雰囲気としては、こんな感じです。

http://www.yamanashi-kankou.jp/zenryoku/hill-climb/course/010.html

途中、2台のライダーとすれ違いましたが、特に困ることなく、あっという間に山頂まで到達しました。



デリカ、スタッドレス仕様。登坂しまくりで、ちょっとタイヤがもったいない。。。
まさか、この車内に二人の赤ん坊が眠っているなど、誰も思うまい(笑)

峠道でのデリカは大きくロールもしますし、重心も前後に大きく移動するので、
快適に走るには、を鍛錬するには、とてもよい教材になります。
普通の6ATですが、とても使いやすくて、僕はデリカのATは好きです。それに比べて、レガシィの5ATはひどい・・・


峠を越えて、そのまま走り続けると、山梨市側へ抜けて、フルーツ公園の裏手に出てくる道で、
ワインディングを気持ち良く走るにはオススメです。ただ、山の裏手を走って行くので、
景色は全然よくありません。



しばらく山頂でボォーッとしていたら、チャリでヒルクライムしてきたおっさんに出会いました。
こんなところまで、ご苦労様です。素直に尊敬します。

休日の昼下がり、息抜きにちょうどいいドライブでした。




Posted at 2017/03/22 16:16:46 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「@ラインゴルト ジパングは全巻揃えて私も楽しませていただきました。「空母 いぶき」もお読みですか?ときどき「?」がありますが、漫画なのでOKだと思ってます。」
何シテル?   04/13 15:14
現在、デリカとレガシィに乗っています。 最近は子育てに追われ、思う様にカーライフは楽しめていませんが、 そんな時間も幸せの一つかなと思って、人生は楽しんでい...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/6 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

BP/BL系 D~F型、グローブボックスの外し方 その1 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/08/02 10:47:27
レガシィ BP 純正ドアミラーの左右動作調整 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/07/29 11:53:12
レガシィ BP5 パワーウインドウスイッチ メンテ① 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/07/29 11:51:23

お友達

友達申請気軽にどうぞ。
ただ、絶賛!育児中のためオフ会などへの参加は厳しいです。
34 人のお友達がいます
銀の流星∞BM9銀の流星∞BM9 * ラインゴルトラインゴルト
KaeruKaeru カーナキカーナキ
takakiyo373takakiyo373 アル子アル子

ファン

17 人のファンがいます

愛車一覧

スバル レガシィB4 ニーナ (スバル レガシィB4)
今後、水平対向6気筒が再販される可能性は低く、もう乗れないんじゃないかなという思いと、子 ...
三菱 デリカD:5 デリ子 (三菱 デリカD:5)
2013年10月5日に納車されました。 走行性能を確保しつつ、遊び心も持ち合わせつつ、両 ...
その他 ESCAPE RX2 その他 ESCAPE RX2
新しい相棒が追加されました。 体力増強と通勤時間短縮とエコに貢献してくれるはずです。 歩 ...
スバル インプレッサ WRX STI ウラヌス (スバル インプレッサ WRX STI)
2009年12月1日に納車されました。 インプGH-GDB-G A-lineのウラヌスち ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.