車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2016年11月28日 イイね!
やっとサブウーハーの取付配線が終わりました。
ジャンクだけど無事鳴りました。
流石にデカイだけあって空気砲かと言う位の空気が吐き出されてます。

配線は前回引き回しは終わってるので、最後の仕上げでバッテリー端子バッ直配線を接続するだけ。
これはバッテリー端子を外してネジ部に端子を噛ませるだけです。
後は配線保護して遊ばないように適度に固定するだけ。

購入時からタイラップで止めてあったので怪しいと感じていたプラス側ターミナルボックスはやっぱり下側の蓋の爪を受ける部分が割れてました。
固定できないのでタイラップで固定してあるんですね。
機能上は特に支障がないのでそのままです。

本体はリアの荷室に収まってます。


長さが荷室の奥行きギリギリです。
スピーカー側をどちら側に向けるのが正解なんでしょうか??
取り敢えず調整部がスピーカー側にあるのでこっちを後ろ向きに置いてはいますが…。

鳴るかどうか正直不安でしたし、配線も確実に合ってる保証も無かったので鳴ったときはほっとしました。
特にノイズなどもなくちゃんと問題なく鳴ってます。
調整はよくわからないので取り敢えず適当にネットを参考にデッキ側とウーハー側で調整しました。
それなりに音は出てるようですが、色々と問題になる可能性があるのでギリギリまで絞ってますがそれでも低音域の迫力は違いますね。

荷室の配線はカーペットの裏を回して取り敢えず綺麗に収まりました。
荷室は1/4位占められてますけどね。

ついでにドラレコの取付の画像も上げておきます。
L型コネクタが届いたのが夜だったのでまだ配線はしていませんが、内蔵電池で短時間なら作動します。

小さくて全く目立たないので収まりは良いですね。
自作した直付けマウントもしっかり固定されてます。
やっぱりこれが吸盤だったら目障りでしょうね。
Posted at 2016/11/28 14:35:44 | コメント(0) | 147 | クルマ
2016年11月26日 イイね!
やっとNASAがEMドライブを認めたようですね。
自分がこれを初めて知ったのはかなり前です。
燃料不要の夢の宇宙エンジンは可能、NASAが認める

最近ではYouTubeなどでこれを自作して実験してる素人まで出てきてるので、まあ、まず間違いないんだろうとは思ってましたが…。

この装置がそれらしい所は極めて構造がシンプルな所なんですよね。
見た目も真鍮製なのかわからんけど、昔のボイラーみたいなどちらかというとサイバーパンク的な見た目ですし…。


これは凄いぞ…。
これを見て最初に思い出したのは横山宏氏の描く「SF3D(現在はマシーネンクリーガ)」に登場する架空の装置「反重力素子」
現状出力が弱いのでイオンエンジン同様宇宙船の推進装置として扱われてますが、出力次第によってはこれが反重力装置になる可能性も有るのでは?

ともかくこいつの怪しい所は現状の物理学に矛盾するという点です。
だからこそNASAが疑問視して認めて来なかった訳ですよね。
「反重力素子」が出す「人間に有害なパルス」もEMドライブからは出ないようですし…(笑)

出来ればJAXA辺りも一丁噛みしてくれると有り難いんですが、問題はこいつのスポンサーは現状中国なんですよね。
これはNASAの研究者が発表した際にあまりに現実離れして理論的に不可能なので否定してしまったという事情があるようです。
それを中国が資金的に助け舟を出したと…。
逆にこれが今までオカルトだとか胡散臭いと言われてきた理由でもありますが、NASAも実証実験を重ねて認めざるをえない状況になったんだろうと思います。

とにかくこれは画期的な発明です。
理論より先に現物が出来てしまったという事なんでしょう。
まだ、この装置が何故推力を発生させるのかは完全には証明されてないそうです。

燃料不要と書いてるニュースサイトもあるけど、電気は必要ですからね。
ただ、反作用では無いので推進剤は不要です。
これはイオンエンジンでも出来ない事。
完全に電気を推進力に変える装置で、この装置からは物質は何も出ないのです。
まだまだ得られる推力は微弱なものですが、作用反作用無しで推力が得られるって言うんですから、実用化すれば人類最大の発明品になる可能性すらあります。

今後が楽しみですねぇ。
こういうブレイクスルーが有って突然未来は開けるんだろうなぁ。
Posted at 2016/11/26 16:24:55 | コメント(0) | ニュース | ニュース
2016年11月24日 イイね!
サブウーハーの配線作業、やっとこ本腰入れて作業が出来たのですが、午後再び用事が出来て最後の一仕事は残しておきました。

リアのサブウーハーからの配線(アース、電源のダブルコード、青のコントロール線、RCAケーブルの三本)は助手席側のサイドシル部分を這わせてフロントまで引き回してます。
助手席の足元で立ち上げてダッシュボードとの隙間からグローブボックスの裏側へ…

バッ直配線は前回確認したフロントウィンドウ下部の黒い樹脂カバーを外した部分にあるバルクヘッドのゴム栓部分から引き入れてます。


事前にゴム栓に通すのを忘れたり、バルクヘッドの手前隔壁部分(樹脂カバーを受けるゴムシール部分)を通すのは忘れたりして3回も抜き差ししたのは内緒です。(上の画像ですでに間違ってるのがわかりますかね?)
こういうのってやっと通ったーと思ったら「あー」ってなる。(笑)
反対側からはヒューズがあるんで入らないんですよね。

やっと通った…
バッ直用ケーブルはエーモンの電源取り出しコード(E341)を使ってます。
単にダブルケーブルに端子がすでに付けられていて、+側に10Aのヒューズが噛ましてあるだけですが…
よく見るとなぜかバッテリーの+端子側だけ短い緑色のコードがわざわざギボシ端子を使って取り付けてある。(画像にも緑色の短い配線が写ってます)
何でだろうと思ったけど多分この部分がヒュージブルリンク電線になってるようです。
何かあれば確認しやすく実害の少ないバッテリー近くでケーブルが焼ききれるように細くなってるんですね。
なるほどという感じです。
バッ直には細いけどサブウーハーだけなら十分でしょう。

グローブボックスは8本のトルクスのタッピングスクリューとグローブボックスの奥を固定する太っといトルクスボルト1本を外すとガバッと外れます。
グローブボックスを外せば配線の入り口はすぐそこで手を突っ込めば容易に車内に引き込めます。

電源とアース線はグローブボックス裏でギボシで結線して、コントロール線とRCAケーブルはカーナビ側へ通します。


後はカーナビ裏でウーハー出力へRCAケーブルとアンプコントロール端子へと各線を繋いで元に戻して終了。

酷いピンぼけですね(汗)
このナビNX501は結構古いし車速信号もないGPSのみの簡易ナビですが、拡張性は異様に高いですね。
ウーハー出力が無かったらわざわざ取り付けなかったでしょうし。

取り敢えず時間が無いので今回はここまでです。
エンジンルーム内の配線は後日。
まあバッテリーに繋ぐだけですが、これやると色んな物がリセットされそうなので時間的に余裕がある後日へ回します。
取り敢えず配線は束ねてフェンダー裏に押し込んでます。

次回はいよいよ電源を繋ぎます。
果たして鳴るかな?(今更それか…)

ドラレコはガラスにいい感じに透明両面テープで取り付けたのですが、マウントを自作したのでミニUSBコネクタが刺さる余裕が全く有りません(笑)
仕方ないのでL型コネクタを注文しましたが果たしてこのスペースに収まるかなぁ?
行き当たりばったりですね。

説明書がいい加減で今だプレビューモードの出し方がわからないです。
まあ、SD抜いてスマホで見ればいいですけどね。
Nexus5はUSBのOTG機能があるんでカードリーダー挿せば見られますから、特に不便は無いです。

次はバッテリー繋いで鳴ったらサブウーハーの設定ですね。
ドラレコもケーブルが間に合えば引き回します。
Posted at 2016/11/24 15:00:10 | コメント(0) | クルマ
2016年11月22日 イイね!
ドラレコアプリを使おうかと思って手持ちのいくつかのスマホホルダーで試行錯誤して見ましたがどれも走行中に振動してしまって画像が見られる物ではないです。
流石にスマホは重いしデカイからドラレコに使うにはちょっと無理がありそうです。
アプリはむしろドラレコより使いやすいんですけどね…。
外部カメラとか使えるなら便利なんでしょうが、基本的にドラレコとしてスマホで使える外部カメラは無いでしょう。

そんな訳でその勢いのまま中国製ドラレコをポチりました。
出来るだけ小さくて邪魔にならないもの。
かと言って安物買いの何とかになっては意味がないので、如何にも怪しいものは避けてそこそこそうな物をチョイスして見ました。
ここらは激安中国製品を扱い慣れて来たので「怪しい匂い」を感じる事が出来るようになりました(笑)
まあ、これとて十分に怪しいですけどね。


(ペンはサイズ比較用)
超小型で1.5インチですがモニターも備えてるので設定とか単体で出来るので楽です。
走行中にモニター見る訳でもないのでこのサイズで十分。
多分使わないけどアナログとHDMIの映像出力も備えてるのでナビの外部入力に繋ぐ事も可能です。
説明書が不親切(日本語は無し)で設定など操作法に難儀しましたが何とか一通り理解しました。
中国製だけどロシア語と思われる記載が多いのでYouTubeに上がってるロシアのドラレコ画像は多分こんな中国製ドラレコを使ってるでしょうね。
設定画面の言語選択には一応日本語が有りますが、変な日本語なのは毎度の事で英語表記の方が分かりやすかったりします。

付属の取付ステーが吸盤がゲルではない単なる吸盤ですし本体に対してデカくて邪魔なので手持ちのジャンクパーツを加工して取付部を自作して両面テープ固定に変更する予定で、ちまちまと現物合わせでジャンクパーツを削ってます。
法規上はフロントウィンドウ上部20%なら問題は無いようですから両面で固定しちゃって大丈夫でしょう。
絶対こんな普通の吸盤じゃ夏場とか落ちてきますね。

サブウーハーも全然進んでないです。
明日は腰を据えて作業できるかな?
Posted at 2016/11/22 16:39:28 | コメント(0) | 147 | クルマ
2016年11月18日 イイね!
サブウーハー取り付けたいんですが時間が取れません。
日曜もバッ直の下見だけで終わりました。
助手席側のウィンドウ下のカバーを開けて…奥の方に入口がありました。
ネットで見るとここらは何かに使われるようですが、1.6MTの為なのか何も配線が通っていません。
小さい方のゴム栓の方からウォッシャーの配管が車内に入ってるだけ…。
セレじゃないから配線が少ないのかな?
あるいは例のBOSE製のアンプとかの配線かな?
どっちもうちの147には無いからねぇ…。


デカイ方のゴム栓は素手で簡単に外せます。

外すと内装材の裏が見えますのでこことゴム栓に取り敢えず穴を開けてみます。

ここから配線回し用の針金を突っ込むと車内に入っていきますが出口がない…。
この裏側にあるグローブボックスを外さないと引き出せないようです。
これにて時間切れ…。
ゴム栓とカバーは復旧し作業は次回へ…。

まあ入り口の確認が出来ただけ成果は有りました。
ちょっと見たけどグローブボックス外すの結構面倒そうです。

今回はこれだけ…。

そうそう退役したPriori2を活かそうと取り敢えず灰皿の所にレーダー探知機のモニターとして設置します。
RadarPhoneA1って奴ですが、この専用アプリはバックグラウンドで作動しないとか音が小さいとか正直致命的に使い勝手が悪いんですが(なぜメーカーは放置する?)地図を表示しなければオフラインでも使えるのが魅力です。
音声は音声をボリューム以上に上げるブーストアプリを入れたら若干音割れはしますが何とか聴こえるレベルになりました。
試してみるもんですね。

後は例のTaskerを使ってACC連動で自動でレーダーアプリを立ち上げてオフでシャットダウンするように自動制御してます。
本来はアプリをTaskerで強制終了させるにはRoot化が必要となりますが、面倒くさいので「greenify」というTaskerのプラグインとして使えるアプリを併用してます。
これを使うとRoot化無しで立ち上がってるアプリの強制終了が可能となります。
初めて使ったけどTaskerと組わせるとなかなか便利なアプリです。
キーオンで勝手にアプリが立ち上がり、キーオフでアプリが終了されます。

またスマホ側は開発者オプションでUSBから給電時は画面をスリープしないって設定にして、画面設定でスリープ時間を15秒に設定。
これで車側のACCがオン時には常時点灯でオフになるとスリープに入ります。
この制御はTaskerの設定も簡単で結構便利です。

これだけじゃ勿体無いんで同じくオフラインでも使えるドラレコアプリを使おうかと検討中です。
ドラレコアプリはバックグラウンドで動くんで裏で作動させればいいでしょうし。
ドラレコに使うにはスマホの設置場所を考えないとならんのでなかなか難しい所なんですよね。
Posted at 2016/11/18 17:03:43 | コメント(0) | 147 | クルマ
プロフィール
「うーん通信料大食いそうな気配」
何シテル?   12/01 23:29
フィアットとは20年以上の腐れ縁です。 (正確にはフィアット系) すでに生活の一部になってます。 が…なぜかフランス車に乗り換えになりました。 相変...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
リンク・クリップ
バックカメラと取付位置の変更 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/05/01 16:52:30
お友達
フランス車、イタリア車にお乗りの方もそうでない方も、お気軽にお願いします。
守備範囲は広いです。(笑)

206を降りて再びイタリア車へ…。
イタ車歴は長いですが蛇ぢるしは初体験…。
30 人のお友達がいます
italiaspeeditaliaspeed * エーモン / エーモン工業株式会社エーモン / エーモン工業株式会社みんカラ公認
たいらままさんたいらままさん ファクトリーお猿ファクトリーお猿
koi-dkoi-d harinashi(はりなし)harinashi(はりなし)
ファン
13 人のファンがいます
愛車一覧
アルファロメオ 147 アルファロメオ 147
ヤフオクで手にいれた1.6の147 やっぱり前期型はカッコいいです。 アルファは初めてで ...
ランチア イプシロン ランチア イプシロン
ムルの前の愛車です。 ビアンキからの買い替えでした。 自分にとって初の新車です。 16V ...
アウトビアンキ その他 アウトビアンキ その他
結婚の為(?)実用的な車へ買い替えです。(笑) 最初ノーマルの赤でしたが、徐々に変態車へ ...
ルノー その他 ルノー その他
仕事用に購入した車でしたがあまり使わず売却しました。 一年程度しか所有していません。 絶 ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.