• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ひでポンポコリンの愛車 [ホンダ アコード ユーロR]

アンサーバック取付け

カテゴリ : 電装系 > 電装パーツ > 取付・交換
目的チューニング・カスタム
作業DIY
難易度
作業時間12時間以内
作業日 : 2010年04月06日
1
まずは、お約束ですが、参考にされ取り付けなさる場合は、あくまで自己責任でお願いしますね。
(いかなるケガや不具合が生じても一切責任は取れませんので・・・あしからず)

今回取付けしたのは「八木澤氏のアンサーバックシステム」です。

まずは、念のためバッテリーのマイナス端子を外してから作業を始めて下さいね。
最初にメーターパネルを外します。
メーター上の3ヶ所のネジとフォグのスイッチが並んでるトコの3つのうちの真ん中のメクラ蓋を、外すとその奥にネジが見えます。
ここで注意しなければいけないのは、必ずマグネット(磁石)つきのドライバーを使用しないと、100%ネジが中に落っこちてしまいます。
2
ネジを外したら、今度はメーターパネルの撤去です。
わたしは、エーモンの「パネルはがし」で取り外しいたしました。
今回、この「パネルはがし」が大活躍、キズも付かず取り外しにも大助かりといいことづくめでした。(必需品ですっ!)
メーターパネルには、ハザードとフォグの配線が繋がっていますので、これも外します。
3
パネルを外すと、ハザードスイッチに繋がっているカプラーがでてきますので、ここにアンサーバックの「リレー」の白色線2本を接続します。
緑と黄色に一本、緑と青色に一本、それぞれ接続します。(白色はどちらがどちらでも良いみたいです)
わたしは、エレクトロタップ(必ず赤色)を使用しました。
(青色のエレクトロタップは太い線用なので、接触不良を起こします)
もちろんギボシ端子でもOKですよ(以下同様)
4
次に電源ですが、わたしはオーディオ(純正)から採りました。
オーディオとエアコンコントローラーは4本のネジで止まっているだけですので、簡単に外せると思います。外すと裏に4つのカプラーが見えます。
今回電源を採るのは、オーディオ裏側に付いている水色のカプラーからです。
常時電源ということですので、キーが差し込んでいない状態で電源が来ている箇所を検電テスターで探します。ボディーの(塗装されていない)金属部分に検電テスターのクリップを挟み、カプラーの一つ一つにテスターの先を差し込んで光れば、そこが常時電源ってことです。
写真のこの位置です。
ここにアンサーバックの「リレー」から出ている赤色線をエレクトロタップで接続します。

今度は、「リレー」から出ている黄色線の先端の皮膜を少し剥がし、むき出しになった線をシガーライターの周りの金属部分に接触させます。
(この状態の直前にバッテリーを接続しておきます)
すると、方向指示器のランプが2つとも点灯(点滅ではありません)します。
ここまでできると、一応「リレー」の接続はOKです。
(後で本体側の黄色線と接続します)

再度、バッテリー端子を外します。


5
今度は助手席のドア側にあるヒューズパネルを外し、その周りの大きなプラスチックカバーも外します。
(これは手前に引っ張ると簡単に外れます)
すると、ヒューズの上に(4つの)カプラーが出てきます。
今回接続するのは、一番上のカプラーのみです。
これがなかなか外れません。(写真に激戦の跡が伺えます(汗)
あきらめて、この状態のままエレクトロタップで接続しました(笑)
接続する線は他の線と比べやや太くて、独特の模様?の線です。(トラ模様とでも申しましょうか?横線色だけでなく縦線色も入っています)
緑地に赤横線に縦赤線へアンサーバック本体の青線を、白地に赤横線に縦赤線へアンサーバック本体の緑線をそれぞれ接続します。


6
いよいよ終盤戦です。
「アンサーバック本体」から出ている黄線と、先ほど取り付けた「リレー」から出ている黄線とを接続します。(つまり、黄線同士を接続ってことですね)
「アンサーバック本体」の赤線を常時電源へ。(わたしは先程のオーディオからとりました)
今度は「アンサーバック本体」のオレンジ線を助手席ヒューズBOXの下の方ににあるネジに仮止めし、バッテリーを再度接続。
すべてのドアをきちんと閉め、リモコンキーを操作します。
接続が正常なら、この時点でアンサーバックが働きます(感動の一瞬!?)

OKなら、またまたバッテリーを外し、オレンジ線も外します。
次はシフト周りのカーボン調パネルの取り外しです。
「パネルはがし」で取り外していきます。
上側が微妙に食い込んでいるような形状ですので、無理をせずワタシはシフト周りから外していきました。
灰皿を外すとネジが2つありますので、これも外します。
次にセンターコンソール(物入れ)を外します。
シートを一番前までずらすと、コンソール横下方にネジが見えます。
(左右2ヵ所計4本ありますが、一番後ろ側の2本のみ外だけでOKです。てか前側2本はシートと干渉して外せません・・・)
それと、シフトアッセンブリーの直後にもネジがありますので、これも外します。
するとコンソールボックスを持ち上げれます。
7
ここで、サイドブレーキに一本細い線が繋がっていますので、ここに先程の「アンサーバック本体」のオレンジ線を延長して持ってきます。
(カーペットの隙間から線を入れると簡単に通せます)
このサイドブレーキに繋がっている線とオレンジ線を繋ぎます。
(サイドを引いている時のみアンサーバックが働くようにする為です)
繋ぎ終えたら、またまたバッテリー接続です(最終確認です)
再度テストしてみます。
OKならこれでメデタク完成です。

後は、パネル等を元通りに戻します。
本体は助手席ヒューズボックスの大きなプラスチックパネルの裏側(車両側のスラントした部分)に両面テープにて固定しました。(写真がなくてゴメンナサイ。この時点でもうかなり疲れていたんで、撮る余裕がありませんでした)
余った線はタイラップにて纏め、足元に落ちてこないよう処理しました。

8
今回気付いた点、必要なものをまとめてみました。
ネジを外す箇所がいろいろとあるので、後で取り付け場所がわからなくなったりしないよう、ワタシは外したらすぐに元にあった箇所に仮止めして紛失・取り付け間違いを起こさないようにしました。
検電テスターとパネルはがしは必需品です。
後々いろいろ使えますので、持っていても良いと思いますよ。
延長線も必要でした。
それと、赤色エレクトロタップですね。
カシメたときカチッという音がしない場合は(返しの部分がキチッと噛み合っていない)取り付けが甘いので、接触不良になる可能性が高いので注意が必要です。
工具はドライバーとペンチ、バッテリー端子を外すためのレンチぐらいです。
あと、コードを纏めるためのタイラップがあればすっきりとキレイに仕上がります。
(見えない部分ですので気にしない方は必要ないかも?)
本体を固定する両面テープも必要ですね。

イイね!0件




 

入札多数の人気商品!

 

関連整備ピックアップ

テールランプ交換

難易度:

ドライブレコーダー変更

難易度:

なんだこれはたまげたなぁ

難易度:

ホーン交換

難易度:

エンジンオイル交換。

難易度:

オイル交換

難易度:

関連リンク

この記事へのコメント

2010/04/09 23:18:52
お疲れ様でした(^▽^)

私は大体の作業はやってきましたが・・・この手の電装系が大の苦手です(汗)
やれば出来ると思うのですが、何やら大変そうなので。

いずれは私もアンサーコールバックの取り付けにチャレンジしてみます☆
コメントへの返答
2010/04/10 21:39:06
いや~、ホント疲れちゃいました。てか、歳とメタボな体型が一番の原因だと思われます爆)

内装外されるぽすさんならカンタンだと思いますよ~。
エレクトロタップならお手軽ですよ。

ぜひチャレンジしてみてくださいっ!p(´∇`)q ファイトォ~♪
2010/04/10 22:41:29
はじめまして。

私もしばらく前に同じものを入手しているのですが、
天気やら気温のせいにしてまだ取付していません。

この記事参考にして近々取付チャレンジしてみたいと思います。
コメントへの返答
2010/04/11 18:59:05
はじめまして♪

そうだったんですか!?

ぜひガンバって取り付けしてください。
もしわからないことがあれば、いつでもメッセくださればOKですよ~。
年寄りなんで忘れちまってるかも?ですが・・・(笑)

プロフィール

はじめまして。 おやじながらに、MT車乗ってます。 ワンダーシビックSiからHONDA党員、25年以上やってます。 やはり、VTECのエンジンサウ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

お友達

老若男女、お気軽にどーぞ。
※常識的なお誘い方で、お願いしますね~。
17 人のお友達がいます
激走R激走R * macha♪macha♪
HiRAMHiRAM ミッチーミッチー
たく@GP5&RB1たく@GP5&RB1 ぽすぽす

ファン

3 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ ステップワゴン ホンダ ステップワゴン
本当はインテRを買うつもりでしたが、3ヶ月の車なし生活(納車が3ヶ月待ち)と、結婚という ...
ホンダ シビック ホンダ シビック
衝撃的な出会い。 素晴らしくいい車でした。 今でも乗りたく思うような車です。 ZCのトル ...
ホンダ インテグラ ホンダ インテグラ
HONDA初のVTECエンジン搭載の車です。 脚はグニョグニョ、エンジンは下のトルクは全 ...
ホンダ アコード ユーロR ホンダ アコード ユーロR
インテグラでのVTECサウンド。 MTを操る楽しさがず~っと忘れられずに、やっとの思いで ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.