• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

てんれーのブログ一覧

2017年05月18日 イイね!

ラジエーター交換

ラジエーター交換こんばんは。
少々バタついてましたが先日やっと懸念だったラジエーター問題片づけました。





これまで使用していたKOYORADのTYPE-Z、FLEXの放熱塗装コラボのコア。
抜き取り時に少々傷になりましたが・・・
アッパー入口下部のコアチューブ周辺の痛みが酷くこの辺りから漏れていたようなのですが



どうにもこちら側からも漏れが発生していた模様。
漏れたクーラントの飛び方を考えると複数個所から特定条件の時に漏れていたのはほぼ間違いなさそうです。

使用期間6年ちょいとはいえ走行自体は2万キロちょいですのでもうちょっと長持ちして欲しいところですが傷んでしまったものは仕方ないので廃棄ですね。


今回の交換に際してはラジエーターファンとカップリングも新調しておきました。

カップリングの値段の上がりっぷりにちょっと引き気味ですが・・・ラジエーター廻りをもうあまり触りたくありませんので憂いは断っておきます。

ファンのほうは案の定というかあちこちヒビ入っていたりと歪みも発生している状態でしたし、カップリングもピカピカに、動きもスムーズになりますのでそこには満足。
ついでにファンベルトも交換してあります。


新しく使うラジエーターはこちら。


またしてもKOYORADのFLEXコラボ品ですね。
今回は現行のVER3となり、コアは廃版になったType-Zに代わりType-Fで、塗装色は赤を指定してみました。


FLEXで注文するときの注意として


こちらのタンク部の補助ドレンがついてませんので新規で導入する際には注意が必要です。
今回もやっぱり付属してないので前のラジエーターから移植。。

製品としては評価してますけど、こういう部分は本当にイマイチというか・・・
顧客満足度をつまらないことで下げてるのは勿体ないですね。
webページでの値段設定も情報がバラバラのままで知らない人が見れば不信感募らせるでしょうし、そういった配慮に対しては極めて鈍感というほかはありません。
きちんと販売側にやる気があるならば信用に直結するこの問題は最優先で対応されてしかるべきだとは思うのですが、ちょっと有名になって胡坐かいてるんじゃないの?とか思われても仕方ないのでは?とか思います。

こういう事書くと記事やらアカウントを消されそうな気もするのですが、webページ側の安い値段で釣っておいて、販売ページではしれっと高くなってるとか、それを指摘されてるのは判ってるはずなのに、長らくそのまま掲載している辺りにはどうかと思いますね。
愛用者はそれなりに多いのですからつまらないことで評判落とすようなことはしてほしくないものです。


まあ、不満点は色々とあるものの、放熱塗装の有用性はこれまでも実感しておりますので組み込みの準備を・・・

今回は周辺パーツと一緒に交換ですので引っ掻かないように保護しておいてから一旦まとめてインストール。

ラジエーター下部のサポートへ納めてからファンを仮止めして、保護外してシュラウド留めですね。

固定や補器類のベルトなどの設置が出来たらエア抜き穴2か所緩めて給水して、エア抜き作業です。


エア抜きが出来たら裏から見てみるの図。

赤い塗装がいい感じです。
給水やエア抜き時にクーラントが漏れたりしますので、後でお湯で流しておくと良いですね。

付属のステッカーはこちらに貼っておきました。
右側ですとER34では隠れてしまいますので。。えぇ。



放熱塗装色は標準で銀黒赤青の4色が選択できるはずですので好みに合わせられるのは良い点。
昔あった緑とかよかったんですけれどね。。

ラジエーター交換後のように全量交換した後は特にいきなり回すようなことをせずにしておかないとエアが残っていると悲惨なことになりますのでご注意を。
勿論後日LLCの量のチェックも忘れずに( `・ω・´)

交換後の様子は今の時期ですとまだ少々冷えすぎですけど、夏場には安心でしょう。
オイルクーラー入ってますので基本的に水温で苦労することはないんですけれどね。
それでも手は抜けない重要部分ですし、うっかりオーバーヒートでブロック歪めると非常に高騰しているRB25DETのO/H料金に目を回すことになりますのでご注意を。

Posted at 2017/05/18 23:49:14 | コメント(1) | トラックバック(0) | メンテ兼チューニング | クルマ
2017年05月12日 イイね!

クラセン位置のメモ用

クラセン位置のメモ用クラセン位置のメモ用です。
勿論個体差もあり、実測が原則なのですけれど・・・






意図的にコマずらしているとか、バルタイ振って都合で、、とか言う場合でなければ大体中央付近になるはず。
外すときは取り付けボルトの両脇と、カバーのセンター位置をマークしておくと便利です。

そういえばダイレクトイグニッション非対応のライトで測定すると5度だか10度だかズレるのでクセがわかれば代用できるとかなんとか??

あくまで緊急手段ってことです。
Posted at 2017/05/12 20:30:21 | コメント(0) | トラックバック(0) | セッティング記録 | クルマ
2017年05月07日 イイね!

電圧変化時のAFRズレの対処方法

電圧変化時のAFRズレの対処方法こんにちは。
カップリングやファンは届いているものの肝心のラジエーターがまだという事で今回も閑話休題。


あちこちと皆さんのブログお邪魔させてもらっていたら面白そうな事、と言ったら失礼ですが、特定の場面で起きる不具合をなんとか調整しようと原因探っている方がおりまして。

簡単にいうと何か電力的に負荷が増え、電圧がドロップした際にリーンになってエンストしてしまうというもの。

今不定期で掲載しているセッティング記録の中でも少し触れたことがありますが、改めて書いてみようかと思います。


今回は電動ファン作動時のようですが、例えばアテーサのリレー作動だったり、その他機器の作動時に瞬間的にオルタの出力下がってしまった場合などは割とよくある事例です。


表題用画像はPFCの電圧別無効噴射の画像。
これは私の車の場合ですが、この14V部分が基準の無効噴射時間となっており、インジェクター側設定でのオフセットはこの値に対しての値です。

なので原則こちらの14Vラインは変更しないのですが、走行中電圧は12~14.5v程度と車両状態により変わってきます。
PFCではそのとき、電圧別の無効噴射時間値を元に、2点間補正をしますので今回の場合は低電圧側の値をオフセットして電圧ドロップ時のAFRのズレを緩和させてみようという考えですね。


御覧の通りに電圧が上がるほど、反応は早くなり、電圧が下がるほど反応が遅くなりますのでAFRが薄くなってしまっているのであれば無効噴射時間を長くする方向へオフセットします。

画像の右側よく問題になりそうな部分の電圧域で、赤グラフが基礎データをもとに補正値を補完したもの。

緑グラフは0.050msほど加算したグラフです。
13v出力時でみると、0.714msから0.739msへ0.025msほど無効噴射時間がずれていることになります。

この機能を使うことでアイドル部分、通常時はAFR合うのに、電圧下がった時にズレるんだよねってケースに対処できるかと思います。


Posted at 2017/05/07 13:32:41 | コメント(0) | トラックバック(0) | セッティング記録 | クルマ
2017年05月04日 イイね!

最終仕様のリセッティングとセッティングの考え方について6

最終仕様のリセッティングとセッティングの考え方について6おはようございます。

GW只中ということでショップさんもお休みだし部品も揃わないしということで今のうちに少し記事を進めておきます。





とりあえず前回ざっくりとVQを作ったとこまで書いたと思いますがもう少しVQを煮詰めておきたいと思います。
実走上はそこだけ変更しても大きく変化を感じにくい部分でも、マップ上の誤差精度がよくなっていくとログも見やすくなりますし、アクセル変化などに対しても変なブレが出にくくなり、制御上おきたそのブレが重なっていくとギシシャクとした車の動きに繋がったりもしますのでこういった積み重ねが大事かと思います。


画像は前回の使いまわしに近いですが…

加速時ログの中にちょっと詰めておきたい部分がありましたので画像内にその範囲をとりあえずマーキングしておきました。

オレンジで塗りつぶした付近なのですが、少々濃くなりすぎて負荷の谷が出来てしまっています。
負荷値はこれまでも何度か書いてますが、トルクという言葉に置き換えてしまっても差し障りが無いと思いますので、そう置き換えると俄然と直さなきゃ!!って気分になってきたりしませんか??

さて、実際にログの解析を行う際は判断基準となるセンサー情報に基づきますので

LジェトロであればエアフロセンサーのVQマップ
Dジェトロであれば(圧力センサーの傾きとオフセット値が正しいとして)Tマップで調整していくことになります。

ここではLジェトロで話を進めますが、問題となる箇所のピーク値のエアフロ電圧が問題となるのではなく、ズレ始めるヵ所の電圧が問題となるのでそこはご注意を。

画像内のポインタはずれ始めたところから少し進んだとこで、丁度マップ20の3200mvに入ったとこで一気にズレが大きくなってます。

実際には19もずれていますが境界付近では20の影響を受けるためにこれが相殺されたら相乗で影響を受けたりするのです。
今回のケースですと19は僅かに濃く、20で濃すぎ21でもまた僅かに濃い感じです。
前回までの作業で22付近はほぼ合ってますのでその辺を加味して調整幅を考えます。

まず次ステップまでの現状の増分がどんな感じになっているか意識しつつ
まずは大きくずれている20の1700を2%程度、ここでは30~35程度。
19は1459から1455程度に
21は2点間補正うけると一気に修正入る方向ですので、2017から2015程度へ微調整して様子見する感じにします。
この辺りのニュアンスは文章でお伝えするのが難しいのですが、必要以上に影響を与える範囲を拡げないようにする為に特にずらしたくない近接の箇所はほんの微調整に留めておいて、一回修正してから再度チェックしたほうが経験上早くセッティングが決まりますし、いきなり危険方向へずれこんでしまうような危険を回避できます。


今回はこのデータを使用しての試走がまだできませんのでさぎょうはこれだけですが折角なので少しログ画面から読み取れる情報についてもう少し書いてみたいと思います。
そうそう、、今回の箇所は加速時に読まれる領域ですので補正込みで目標A/F付近を取れる形でも構いません。

VQの修正を進めていくと、段々とエアフロ電圧や負荷やA/Fのグラフが見やすくなってくると思います。
ブーストやスロットルに連動して空気量が増え、負荷値の推移も綺麗になっていくはずです。
タービン容量を超えない制御を行っている場合、ピークブーストをブーストコントローラーなどで行っていると思いますが、このとき設定ピークブースト到達付近では加減されたコントロールを受けて瞬間的に流量が下がったりするのです。
急激な流量の低下はA/Fのズレを呼び、更にそちらが大きくずれすぎて適正を超えてしまいますと、エンジンの吹け上がりに再度影響してしまい悪循環ループに入ってしまう事もあります。

代表的なものがサージングですが、タービン翼にまとわりついた空気が綺麗に剥離せず、翼周辺に空気の壁を作ってしまい引き込んでいる空気と、押し込んでいる空気の誤差がどんどんと大きくなってしまう状態になります。
タービンによるサージングの場合は一瞬アクセルを戻すなりすることで意図的に「空気の塊」を送り出し、再度充填開始するなどで緩和できる場合もありますが、エアフロ電圧のブレが大きくなると、サージング領域に入りやすくなってしまう事が経験上多いですからブースト立ち上がり領域のA/F設定はフィーリング的にも、性能的にもイメージする以上に重要なファクターだったりします。

そういったものをある程度排除できるデータになると、エアフロ電圧と負荷の推移からタービンの特性やバルブタイミングの特性なども読み取りやすくなり、その次のセッティングポイントと方向を考えやすくなっていくはずです。


氾濫する情報を先行して先取りしすぎるあまりに、自分の車両の状態と自分の認識が大きくずれてしまっている場面が多く見受けられる現状で、車両の方向性を見失っている人も沢山見かけますが、パーツを変える前にそのパーツの導入の必要性と、見合った制御の変更点はきちんと考えてから検討しないと、こんな筈じゃなかったのに…みたいなことになりますね。
別になんでもかんでもパーツを組み込めば偉いなんてことは無いですのでステージに応じた仕様をきちんと自分で決めて行かないと、商業戦略のカモネギになってしまいます。
Posted at 2017/05/04 05:52:44 | コメント(0) | トラックバック(0) | セッティング記録 | クルマ
2017年04月30日 イイね!

もふもふ度アップ

もふもふ度アップ雑記連投になってしまいましたが


誕生日から丸8か月が過ぎて9か月目に入ったウチの猫。

現在は5500g台ですので少し体重の増加が緩やかになってきています。
だいぶ暖かい日も増えて抜け毛の時期なのですけど思っていたよりは抜けない印象ですね。
(あくまで、想像よりはという意)

留守番させると寂しくてほとんど食事をしなかったりこの先が心配になったりしますが今は元気に育ってくれればそれだけでも十分ですね。

体重の増加は穏やかになったものの日々体が長くなるようでして・・・抱き上げるのが大変です。
相変わらずシャンプー好きなのですが、シャワーより湯舟に浸かりたいようですぐに湯舟に入ってしまいますので持ち上げるのが段々重労働に(笑)

ちなみに・・・乾かす時間も30分~40分ほど掛かったりしますのでこれから夏になると一層大変になる予感。



本来猫はそこまで頻繁にシャンプーする必要もないですけど毛が汚れるとすぐに絡んだりして気になるようで風呂場のドアをなんとか開けようとしてる場面が増えました。
それでも入れてもらえないと今度は顔洗っているときなどに洗面台の中へダイブしてきたり、単純に水遊びがしたいだけなのかもしれませんね。

よその子はどうなんでしょう。。??

Posted at 2017/04/30 09:15:53 | コメント(0) | トラックバック(0) | 雑記 | 日記

プロフィール

「ラジエーター交換 http://cvw.jp/b/633652/39792007/
何シテル?   05/18 23:49
ドライブからサーキットまでそつなくこなせるコンプリートカーのような車目指して作ってます。 作業は原則ショップさんにお任せですが最後の仕上げになるECUだけ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/8 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

R33のRB25 タペットカバーのポスト 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/04/06 21:05:29
BNR34後期標準車への吸気温度センサー追加手順 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/04/02 11:50:46
Defiのメーターの「0点調整方法」 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/04/02 02:34:27

お友達

増えすぎて巡回放置などあると申し訳ないので積極的にはお誘いしてませんが、何度か絡んでみて面白そうだったらポチっと誘ってみてください☆
ブログ活発につけてる方は特に歓迎ですよー。コメしに参ります(・∀・)
36 人のお友達がいます
けん☆団長けん☆団長 * brow_code107brow_code107
kazu_ER34kazu_ER34 にゃるーにゃるー
タジマ-K7タジマ-K7 まちゃあき34まちゃあき34

ファン

63 人のファンがいます

愛車一覧

日産 スカイライン 日産 スカイライン
H12年(2000年)式後期のGT-Tです。 ほとんどノーマルのAT車を購入してコツコ ...
スバル レヴォーグ スバル レヴォーグ
2017年1月28日に納車 「AWDが好きになれないCVT嫌い」の私が試乗もせずに買っ ...
マツダ MPV マツダ MPV
スカイラインの方では行けない場所も多々ありますので対極に位置する車、です。 前期のLY ...
その他 にゃんこ その他 にゃんこ
うちの大型特殊。(メインクーン) 完成まではまだ1,2年かかる模様。 メインクーンの割 ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2009年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.