• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

シゲチョフのブログ一覧

2017年12月17日 イイね!

お山にて


今日は自治会活動でお山の掃除。

沢に流れる水は、相変わらず綺麗ですが

紅葉の終わった葉っぱが積もったりしてるんで

落葉を掃除して水の流れを復活させます。

やっぱり水はキンキンに冷たかったっす。

alt



でも、こういう綺麗な水にしか住めない奴もいます。

今年も見つけましたよ、サンショウウオ。

alt

alt


そっと沢に返しておきました。

こういう生物がいつまでも住める環境

守っていきたいですね。



12月も半ば、水も冷たいはずです。

お山も早朝は凍結防止剤で真っ白。

ハスラーもスタッドレス装着です。

いつもならミシュランのX-ICEなんですが、

サイズが特殊なんで、ヨコハマのIG6を。

alt


長い冬の始まりですね。


ではまた。








Posted at 2017/12/17 16:06:21 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記
2017年12月09日 イイね!

クルマを買いに


ロードスターの12ヶ月点検に行ってきました。
普段、軽で通勤し、買い物も基本的に軽なんで
前回の6ヶ月点検から今回までの走行距離は、
半年で、たったの800kmでした。
で、凍結が不安な季節となりまして、
また長期格納になりそうです。

そんな使い勝手のいい軽なんですが、
ワタシの足でもあるミラジーノが絶不調。
外観はまだ綺麗で乗れそうに見えますが、
4年前に6万キロで購入、今年14万キロを迎え、
エンジン、足回り、ATミッションが・・・・
(正丸峠で ギョワワワ~ン なんつって)


で、暮れに車検を迎えることもあり、
思い切って買い替えますか、と。

ターゲットはスズキのハスラー。
特別仕様車の Jstyle Ⅱ、
特別色のフェニックスレッドにホワイトルーフ。
この色が災いして、なかなか見つかりません。
ネット検索でも全国で10台程度・・・

色々と探して、ようやく出会った1台を見に
10月の上旬に浜松まで行ってきました。

浜松と言えばスズキの本拠地。
本社近くの中古車展示場にはハスラーがズラ~っと。
それでも Jstyle Ⅱ は1台しかありません。



対応してくれたのが店長さんだったこともあり、
値引きも頑張ってくれたので即決。

10月下旬、納車も浜松まで受け取りに行きました。
ここでミラジーノに別れを告げ、一路関東へ。

平成29年式、走行2,400km、
FFのターボで走りも快調。
人気の白ナンバーを付けてみました。
1ヶ月程乗った燃費は、平均22km/L 。
ただエコタイヤのフィーリングが好みではなく
すかさず15→16へとインチアップ。
(純正アルミにはスタッドレスを入れました。)
ホワイトホイールで、ますますチョロQ感がアップ。





なかなか面白い軽ですね。
これでまたロードスターの出番が・・・・・


ではまた。






Posted at 2017/12/10 20:09:57 | コメント(4) | トラックバック(0) | 日記
2017年12月04日 イイね!

震災遺構を訪ねて



今回の東北旅行、本来の目的である震災遺構。
これまでその地を訪れるのを躊躇しておりました。

あれだけ多くのかたが命を落とされた場所、
いまだに行方不明のかたが大勢いらっしゃる場所、
見ておきたい、とは常々思っていたものの、
それより先に 「怖い」 という感情がありました。

被災地のかたには大変失礼な言い方なんですが、
若干、人より敏感な体質かも知れないワタシの場合、
震災遺構を訪ねるのには勇気が必要でした。

でも実際に目の当たりにした時は、怖いというより
その無残な姿に、ただただ息を呑むばかり。
圧倒されっぱなしで、言葉もありませんでした。


【 たろう観光ホテル 】

津波の到達した部分がハッキリ判ります。


周辺は工事が進んでいますが、この辺りは何もありません。


在りし日の姿、綺麗なホテルだったのに。



【 明戸防潮堤 】

綺麗な海岸線に寸断された防潮堤の残骸が。


コンクリートや鉄骨がグチャグチャになってました。



【 大槌町役場 】

時を刻まなくなった時計・・・


壁の変形具合が水圧の凄さを物語っています。
こんな水圧の中で、どうしろというのか。



【 奇跡の一本松 】

一度は枯れた一本松。
防腐処理されモニュメントとして立っています。
近くで見上げると立派な大木ですが、
今では巨大な防潮堤に守られています。



【 陸前高田ユースホステル 】

この建物が一本松への被害を軽減したとか。
崩れ方が尋常ではありませんが、
逆に、よくこれだけ残ったな、という気もします。



【 陸前高田市立気仙中学校 】

この中学校では被害者はなかったようですが
屋上に設置された津波到達地点の表示に
ただただ唖然とするばかり。
完全に水没した、ってことですからね。



【 南三陸防災対策庁舎 】

今は周辺の工事が進み
近付くこともままならない状況です。


保存が決まり塗装し直したとのことですが、
やっぱりグニャグニャに変形しています。



【 石巻市立大川小学校 】

多くの子供たちが犠牲になった小学校。
日没間際、最後に到着したこの場所では
さすがに耐えてきた感情が崩れてしまいました。






立派な慰霊碑、刻まれた子供たちの名前、
手を合わせる目線の先には、津波到達地点の表示。
色んな感情に押しつぶされそうになりました。



まる一日、震災遺構を巡ってきましたが、
見学者(観光客とは言いたくないですね)がいたのは
一本松だけで、他は誰一人いませんでした。
感心も薄れてきたのか、今更なのか・・・


一通り見学している間に感じたことは
震災遺構のみならず、この地域全体から
凄い圧迫感が押し寄せてくる、ということ。
新しい防潮堤や道路、住宅を見ても
常に感じる違和感のようなものは、
被災地を離れるまで続いていました。

それは復興が進む工事現場の傍らにも、
当時の爪痕が、あまりにも多く存在し、
それが頻繁に目に飛び込んでくるからでした。

何度も繰り返し映像で見た被災地の惨状、
その地に立った時に感じたのは
思いのほか復興は進んでいないな、
というものでした。
それは復興作業が遅いという意味ではなく、
そういう本当の現状を知らされていないからでしょう。


海が見えなくなりつつある被災地、
安全第一、景観第二、津波も見えないかも。
一見、綺麗に見える海岸付近ですが、
別の言い方をすれば、防潮堤以外、何もない、
綺麗に建て直された建物も多いのですが、
振り向けば雑草が道路脇まで生い茂っている。


6年半で立ち直ったものもあれば
6年半で朽ち果てたものもあるんです。
もう6年半ではなく、まだ6年半、
いや、年が明ければ、すぐ7年ですね。
あまりにも被害が大きすぎたんです。
まだまだ時間はかかると思います。
今日も懸命な復興作業が続いていることでしょう。


仮設住宅の軒先で日向ぼっこをしながら
談笑していたお婆さん達の笑顔が、
とっても楽しそうで印象的だった反面、
猛烈な喪失感を覚えた遺構訪問でした。

でもまた絶対に訪れます。
映像で見るのとは、まったく違う世界が
そこにはありました。
復興に携わる人、そこに暮らす人、
本当に頑張って欲しいと思います。
あの日から、ずっと頑張ってこられたとは
思うんですが、これからも・・・

ぜひ、一人でも多くの人に、
被災地の現状を 「体験」 して欲しいと思います。


ではまた。



※ 12/9 追記
あの日の惨劇を忘れないために
(Youtube から借用、不都合等ありましたら削除します)







Posted at 2017/12/06 19:55:16 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記
2017年12月02日 イイね!

東北へ


今年、春に転勤してから環境が激変し、
精神的プレッシャーが大きかったこともあり、
みんカラもさぼっておりました。
それでもようやく大きな山場を越え、
気持ちにも余裕ができ始めたので、
久しぶりに再開してみようか、と。

今年も遅めの夏休みを9月下旬にいただき、
念願の東北旅行に行ってきました。
日付が変わったころ家を出て、
台風一過の東北道をひたすら北上し盛岡まで。
初日に目指すのは龍泉洞。
650km、約8時間の道のりでしたが
今回はカミサンのN-wgn だったので
オートクルーズで楽々移動。

台風の影響で洞内も水量は多めで
天井からは水滴が雨のように・・・




その後、浄土ヶ浜を目指し、山間部をひた走り
遊覧船では飛んでくるウミネコに餌やり。
直接手からくわえていくのが面白かったので
調子に乗っていたら指を噛まれて流血。




この日は宮古で一泊し、2日目はちょっと北上。
リアス式海岸が見事な北山崎へ。
駐車場から長い階段を降りて岬まで(滝汗)。



2日目の行程は、今回の旅の目的でもある
震災遺構を訪ねて回りました。
その様子は次回ご報告します。

2泊目は松島で海を観ながら宴会。
明けて3日目は松島観光からスタートし
徐々に山間部へ足を延ばします。


五大堂



五大堂から観る松島湾


福浦島からの眺め


塩釜神社


仙台城跡 伊達政宗像



山寺


山寺の五大堂


かなり歩き回ってヘトヘトになりながら
3日目の宿、蔵王に向かいます。
蔵王は温泉が素晴らしかったですね。
露天風呂の寝湯では満天の星空を堪能。

4日目は更に登って、お釜まで。
強風、霧、冷気、それでも賑わう観光名所。


下山後は南下して福島へ。
お昼は喜多方ラーメン、定番ですかね。
オバチャン4人で頑張ってた 「あべ食堂」 さん。




美味しかったので、大盛りでもペロリ。
満腹のおなかをさすって向かうのは鶴ヶ城。
日没まで時間がなかったので早速天守閣へ。


天守閣から飯盛山を望む


そしてかねてから訪れたかった飯盛山、
白虎隊の地へ急ぎます。

十九士の墓


白虎隊士自刃の地



確かに遠くに鶴ヶ城が・・・
鶴ヶ城と飯盛山の間には目印となる白い棒があります。


今回、御朱印はお休みとのこと・・・(サンプル)


急ぎ足でしたが、白虎隊士の地を巡り、
胸が一杯になりました。
さざえ堂に寄り忘れたのが悔やまれます。

全行程、約 1,700km。
海鮮丼、牛タン、ずんだ餅・・・
東北には美味しいものがたくさん。

今回は様々な想いが残る旅行でした。
必ずもう一度、じっくり訪れてみたい、
そう思いながら、帰路につきました。


とりとめもなく綴った旅日記。
最後までお付き合いいただき
ありがとうございました。

今後もボチボチUPしますので
よろしくお願い致します。

次回は震災遺構について。


ではまた。










Posted at 2017/12/03 17:33:50 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2017年03月21日 イイね!

心のよりどころ




年度末を迎え、加えて人事異動も予想され、
心身共に疲れが溜まり、運気も下がり気味。
そんな時、やっぱり心のよりどころは神社・・・

圏央道も茨城方面まで開通したこともあり、
ちょっと行ってみよう、と。
所々対面通行の一車線でペースダウン、
料金も結構高くて驚きましたが、
まぁ、これで行動半径も広がったというもの。

さて、たまにしかUPしないブログ、
どうしても長くなりがちですいません・・・

先週の金曜、早朝に向かったのは「香取神宮」
人も少なく、清々しい参道です。



予想に反した黒基調の拝殿は、見事です。


無事、参拝も終わり、向かったのはヤマサ醤油。
ここの工場を見学します。


へぇ~、ほぉ~ と感心した後、醤油ソフトなるものを。
不思議なお味ですが美味、お土産に醤油をもらってご満悦。


醤油工場の見学で、醤油が恋しくなった我々は、
銚子港でお昼御飯。当然刺身と醤油で満腹です。


とは言うものの、体調が下降気味だったため、
この日はここまで。大洗で一泊し翌朝は鹿島へ。
 「鹿島神宮」、こちらは2度目ですが、やっぱり別格です。


この深い森の中を散策し、気も頂きました。
特にワタシが好きなのは 「奥宮」 です。
ずっと見ていても飽きない佇まい、引き込まれます。


東国三社に数えられる鹿島神宮と香取神宮は
互いに深い関係にある神社ですが、
三社残りの神社が「息栖神社」です。
参道から一の鳥居まで見渡せ、その先は利根川。
水で結ばれる三社、趣きがあります。
以前、鹿島神宮で御朱印を頂いてから、
この三社のために後ろ2ページを空けておきました。
これで三社揃い踏み、めでたし めでたし。



帰路で立ち寄った「牛久大仏」。
圏央道を通るたび、後頭部は拝見していましたが、
御尊顔を拝見するのは初めてでした。
遠くからでも見えるのに、なかなか近づかない、
こりゃぁ、確かに大きいですねぇ。


3.11 途中黙祷をしながらの東国三社巡り、
とても心地いいドライブでした。



そしてこの3連休最終日は近場でまったり。
近場とは言え、かなり気を頂けそうな場所、
秩父の「三峯神社」へお参りに。
三峰(峯)山とは 「妙法ヶ岳」「白岩山」「雲取山」の総称、
中でも雲取山は標高2,017mで、2,017年の今年、
注目されている山だそうです。


ここの拝殿、いつ見てもやっぱり荘厳ですねぇ。


冬季は手水舎は水が凍結して使えないことから、
自らをこれでお祓いして拝殿に向かいます。


色々な神様が祀られています。


しっかりと御神木にも抱きついてきました。


この派出所のようなものは、いつ使うんでしょう。


で、お昼は参道入り口の食堂で。
わらじかつ丼と鴨南蛮うどんを夫婦でシェア、
とても素朴な味で美味しいですが、量が少なめかな。


下山前に「中津川いもでんがく」も(食べ過ぎですかね・・・)


下山後は「秩父天空の集落 栃本」へ。
確かに、なかなかの眺めでした。


ポカポカ陽気に誘われて、秩父でまったり。
何とも心休まるプチドライブでした。

2週に渡って著名な神社を巡り、今はとても穏やか、
さて、これで年度末を乗り切れるかな。

ではまた。


【おまけ】

三峯神社で見かけた 「狼」 たち。











Posted at 2017/03/21 18:55:03 | コメント(6) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「とかく、ミラジーノは、あおられる・・・」
何シテル?   11/05 15:00
都会が苦手な私は、何車線もある直線よりも片側1車線の山道が好きだったりします。 奥多摩湖の大麦代駐車場には様々な車が集まります。観ているだけでも楽しいですがコ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/12 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

明日からGWですね♪ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/04/28 06:26:50
AutoExe エグゾーストマニホールド 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/06/26 07:51:44

ファン

18 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ ロードスター マツダ ロードスター
数々の車に乗ってきましたが、念願かなってのオープンカーです。カミサンに無理を言って購入し ...
スズキ ハスラー スズキ ハスラー
平成29年式、ハスラー J-style Ⅱ です。 FFのターボで走り良し、荷物も積めて ...
マツダ MPV マツダ MPV
ツライチローダウンと柿本マフラー、このミニバンは3500rpmから変身します(音だけ)。 ...
トヨタ チェイサー トヨタ チェイサー
2回ほどぶつけられ、お祓いまでしたのですが、3回目にぶつけられた時、手放す覚悟をしました ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.