車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2016年10月16日
suspension basics -noise-
元は周波数で括られる一つの事柄なのに、
どこかの閾値で全然別な事柄に線引きしてしまう、脳って不思議ですよね。
ノイズは個別の波形じゃなくて音や感触のマスとして感じます。

ところで車のセッティングって、その先どうなってんの !? ってこと多くないですか?

ん゛ーと たとえば、フロントブレーキにパーツを入れたら、
リアにも手を入れないとブレーキバランスがね、 ニヤニヤ みたいな感じとかね。
確信あって言ってるなら、どうすんのか言ってみなさいよ ! って、ぅわー怖。w

確信はないけどツインスプリングの特性の屈曲点、
つまり切り替わりの話題が、気になっていた時に見つけた動画。

回ってますね。あとソリトン? 線間の粗密が行ったり来たりしてる。
これでもしや、と思ったのは1Gで密着するヘルパーを入れてもはっきり感触が変わる件。

はい、ここで謎科学の法則、"振動が加わったスプリングは、静止密着荷重では密着しない"
ちゃんとした物理の用語や説明は、あるとは思うんだけどわからない。
ということで、ko.no.ha的にはツインスプリングに屈曲点は --> 無い。

でもここで線間の粗密が行ったり来たりしてるのに注目してほしいんだけど、
ツインスプリングの接合面も移動していると思うんだよね。

そう感じるのは、操作に対して毎回同じ反応じゃないと、
人は幅を持って付き合うようになってアテにしなくなると思うのだけど、
コーナー進入時のフロントアウト側のバンプ量の再現性が悪化する。

だからそういう意味ではツインスプリングの屈曲点は感じ取れるということかも。

実は動画リンクなんてしないで、自車のフロントスプリングを撮ってみたくて
ビクターのアクションカム買ったりしたのに、ちっとも撮れてない。
あーしたい、こーしたいが全然できなかったブログお休み期間でした。

でも、お金と時間が足りなくて唯一良かったことは
変えたり撮ったりできなかった分、ドライバーを変数にしていろいろ出来たことかな。

ノイズ領域のセッティングでの生かし方は、
ハイパコとかRS☆Rとかの、チタンじみたスパイク領域の硬いスプリングは
そうじゃ無いスプリングのレートの2/3で使うのだけど、
全長長いスプリングでペタ車高で使っても、擦ったり打ったりしずらいこと。

スパイクに対して頭が高い、ってことはノイズ領域が厚くなる効果がある。
あと静止1Gから動的1Gに移行したら、ゆずゆずしたところが現れやすくなる。
って見て確かめたわけじゃないしなー。もうやだなー、ホントかなー。
でもペタ車高の長いハイパコは吸い付くような良さでしたよ。

グタグタ書いてきた三つの領域を理解したら、明日からサスセッティングはバッチリ。
だってみんなその三つしか実は気にしてないんだもん。大丈夫 !


多分・・・・・
ブログ一覧 | セッティング | 日記
Posted at 2016/10/16 23:54:44

イイね!0件



この記事へのコメント
コメントはありません。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 
プロフィール
「@Polo太 え、栄養ドリンク・・・」
何シテル?   11/05 18:07
全体的にだいたいフィクションです。 今更気付いたんですが、お友達づきあい、上手じゃないです。 失礼があるかもです。ゆるっと見逃してくださいね。
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ファン
11 人のファンがいます
愛車一覧
過去のブログ
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2009年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.