• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

nero_ghibliのブログ一覧

2014年09月21日 イイね!

ヘッドライトHID化(取付編)

続きです。
カプラーの漏電対策として、見つけたのはH11用のカプラーです。
HB4とH11の違いは内部での端子の向きでした。
HB4は内部で凸部が対向していてスキマが少ないですが、H11は凸部が外向きでスキマは広くなっています。


絶縁破壊電圧(放電開始=リーク)は電極間の距離に比例しますから、端子の距離が離れている方が有利(安全)です。
カプラーの樹脂材はおおよそ20kV/mmとなっています。
バラストの最大電圧は23kV(23,000V)ですのでHB4カプラーですと、許容値オーバーでリークする危険があります。
H11は約HB4に比較して約2倍の安全性があると言えます。

ということで、テストしたところ、リークは発生しませんでした。
しかーし、今度は別な問題が・・・熱です。
前回はバラストを外に置いてテスト「したのですが、今回はエンジンルーム内へ置いて点灯させたところ、凄く熱くなってます。
再起動のテストをすると、かなり冷やさないと再点灯は出来ませんでした。

取付場所は悩んだ末にエアクリーナーBOXの外側へ・・・




スキマが20mmぐらいしかないのですが、超薄型のおかげで収まりました。
とりあえず、これで様子見です。

ヘッドライトを元に戻して完成です。



次は夕方を待って、実機テストです。
最初は片方が点かず、壊れたかと思いましたが、カプラーをぐりぐりしたら、点きました。
ホッとしました・・・


かなり明るくなりました。



ハイビームと色の差はあまりないです(若干ハイビームが黄色い?)


が、ハイビームにしてもほとんど変化なし。若干照射範囲が広がるイメージです。
これなら、ハイビームは使わないなぁ・・・パッシングだけか?

光軸調整をして、しばらく走り回って眩惑していないか確認です。
対向車、先行車ともに特に迷惑がられている感じはなく、OKなようです。

小一時間点灯しっぱなしで、最後に一度消灯して、再起動を試しましたが、おおよそ1分で両方共再起動出来ました。
バラストの場所は問題なかったようです。

これで安心して遠出が可能になりました。シーズンに間に合ったかな?
Posted at 2014/09/21 21:35:39 | コメント(0) | トラックバック(0) | GHIBLI | 日記
2014年09月17日 イイね!

ヘッドライトHID化-3(配線加工編)

先日はバルブとキャップの代替え品を購入したところまででしたが、その続きです。

物は届きました。
で、このように加工しました。グロメットはバルブの付属品です。
穴はφ23ですが、予めφ20で下穴を開けてから三日月型の棒やすりでぐりぐりいr拡げました。
ちょうど、裏側にくぼみがあり、グロメットの鍔とピッタピタです。


ヘッドライト側ですが、外周のバリを削って、アルミテープを1周巻きました。
ハウジング外周が鋳物肌ではスキマが出来て密着しないので表面を平滑化するためです。


HIDバルブを取り付けた状態。代替品のキャップはピッタリです。


続いて、カプラーを組んで点灯確認です。


点灯はしましたが・・・問題?発覚。

初期起動時間は問題なし。うたい文句どおり、2秒ぐらいで安定。
が、数分点灯後の再起動時にバチっと言って沈黙。
どうもバルブとバラスト間のコネクターで放電(リーク)している模様。

再起動時温度が高くなっていて電極が放電しにくくなるため、
バラストは極端に電圧を高くするためリークはしやすくなるんだけど、、、
まぁ、1~2分冷ませば、起動するようにはなるが、信号待ちとかでは消せないと思われ・・・

コネクターは一応HB4タイプの2極で端子間距離の問題か?
スキマは2mmぐらいしかないが、タダのプラスチックの皮1枚で隔てているだけだ。

やはり1極を2本で繋ぐのが正解なのか?
嵩張るから嫌なんだが・・・
で、高圧対応の2極カプラーを探すことに・・・

あと、明るさは元のPhilipsのバルブよりは少し暗いかな?

まだ続きます。
Posted at 2014/09/18 00:07:43 | コメント(0) | トラックバック(0) | GHIBLI | 日記
2014年09月15日 イイね!

滝巡り

9/14(日)は3連休の中日、いい天気だったのでお出かけです。

あまり遠くないところで・・・と選んだのは、赤城山の裏側、吹割れの滝です。

9:30出発、北関東道を太田ICで降りてR122で北上します。
桐生市内でノロノロしていましたが、山を越えるとガラガラに空いていました。

R122をそのまま行くと日光へ着いてしまうので、途中で県道62号線に入ります。
唐突な分岐(150°ターン)の仕方をするので見落としてしまうかも知れません。
が、20kmほどコーナーの連続で交通量も少なく非常に面白いコースです。

穴場ですね。

南原温泉が見えてきたら、すぐに橋を渡って急勾配&細くなり、トンネルが・・・
ここですれ違うのは無理。と思ったら、薗原湖というダムの堤防の上を走ります。
ここを過ぎると、ほぼ終点。3kmほど走るとR120に合流します。

さて、吹割の滝に着きました。

まぁ東洋のナイアガラという異名は確かで、こんな形の滝は日本では他になさそうです。







ここでお昼にしても良かったのですが、少し落ち着いた店で・・・
というリクエストがあったので場所を移動します。
しばらく走ると良さげな店がありました。

水芭蕉という蕎麦と岩魚が自慢のお店でした。結構客も多くて安心できます。



ここで岩魚の塩焼きと蕎麦がセットになった定食をいただきました。
美味しかったです。

さて、これからどうするか?陽も高いことだし日光を経由して帰ることに・・・
このままR120を北上すれば中禅寺湖です。

途中で尾瀬大橋を発見。近場に観覧出来る場所を見つけて撮影会です。




なかなかの迫力です。

途中で美味しいトウモロコシを頂いたり、のんびりと中禅寺湖までやってきました。
湖尻には15時ぐらいに着きましたが、湖畔は渋滞していて華厳の滝まで1時間ぐらい掛りました。

せっかくだからと、華厳の滝も観照します。修学旅行以来なので、すっごい久しぶりです。

華厳滝、若干水の量が少な目だったかなぁ?
今は自然放水じゃなく、出水口でコントロールしているらしいです。
夜中は出水ゼロ近くになります。なんでも、浸食で滝が後退するのを遅らせているとか・・・


観爆台から覗き込める、白雲滝です。初めて名前を知りました。


他にも滝は沢山ありましたが、メインを見れたので今日は満足です。
さて、あとは日光街道を下って帰ります。

のんびりと走って、走行距離も250kmほどで、さほど疲れませんでした。

近くにもいい場所があることを発見出来たのは収穫でした。
Posted at 2014/09/15 19:41:03 | コメント(0) | トラックバック(0) | 147 | 日記
2014年09月11日 イイね!

ヘッドライトHID化-2(バルブ選択)


新品バルブを壊してしまい、新たにバルブ探しをすることに・・・

まず、Philipsのバルブ・キット・・・\15,000也、もう一回フルキットが買えますね。当然却下

検索しまくった結果ZiZiさんにたどり着きました。

なるほどぉ・・・ためになります。
で、ここで格安のWUKEを購入。
\2160/1セットって、ハロゲンよりも安いじゃないですか!
金属ベースなのも気に入りました。
みんからにもレビューが載っていて、まずまずな感じです。

ついでにバラストも覗いてみると・・・HYLUXTEKって、Philipsのバラストはこれですわ。
ここがOEMで造っていたんですねー。
元は2個で\8000ぐらいなんだ・・・ちゅうことはバルブは1本\3000ぐらいだったのか。ふーーん

つづいてのターゲットはキャップです。

まずはGhibliのライトユニットがHella製であることから、パーツ単体を狙ってみました。
BMWのE30,E32,E34辺りがHellaのプロジェクターを採用しています。
E30の物が形が近かったのですが、1個\2500、って当時の値段ね。
多分今じゃ倍ぐらいしてるんでは?ディーラーにオーダーして、どんだけ時間かかるかなぁ~?
ってことでパスです。

幸か不幸か、このライト・ユニットのキャップ部は真ん丸の筒形状です。
サイズを測るとφ60どんぴしゃ!
じゃぁ、ホームセンターで入手できそうなものってことで、、、

1)スプレー缶のキャップはどう?
 惜しかった、、φ57とφ61で中途半端。
 φ61を被せてみたけど、ちょっとユルユル。タダなんですけどね・・・

2)建材用の足場パイプに被せるキャップ。
 近場の店舗にはなかったが、探せばあるもんです。
 φ60、ありました。
 が、ちょいと材質に問題が・・・60℃以下って、無理だなぁ。

3)家具の足に被せるのはどう?
 これも実店舗では細いのしかなかったが、φ60のものをネットで見つけました。
 BE-0-602っていう型番のもの。
 深さも45mmとちょうど良さげ。材質もエラストマー(樹脂ゴム)で問題なし。
 ということでこれに決定しました。

その他HB4のカプラー・キットやグロメット単品、諸々お買い上げです。

続きは来週かな?

                                              To be continue

Posted at 2014/09/12 00:55:32 | コメント(0) | トラックバック(0) | GHIBLI | 日記
2014年09月10日 イイね!

ヘッドライトHID化-1(購入編)

今や当たり前のように普及したHIDですが、ウチのGhibliは未だにハロゲンのままでした。
昨年、ヘッドライトのクリーニングをしたときに青色のバルブに交換しましたが、ノーマルよりも却って暗くなった感じでした。


中華製の激安品はちょっと心配、かといって国産の有名どころは一桁違い。
そのうち・・・・と思っていたら早や1年が過ぎてしまいました。
最近になって、Philipsのキットが14,000円で出ていたのをAmazonで発見しました。
なんで安いの?偽物じゃあないの?と思いましたが、一応証拠写真が載っていたので、ポチリました。

届いてみると、パッケージは中国語の注意書きが・・・
取説も本物っぽいですが、やはり中国語表記でした。
Philipsとはいえ、ユニットやら、バルブの生産は中国企業のOEM製で、いわゆる産地直売品を特別なルートで直接仕入れているということでしょうか?
ちなみに正規輸入品は\50,000程度します。


まぁ、問題はちゃんと点くかどうかで早速点灯確認をしましたが点きました。
かなり明るいです。
とりあえず一安心です。

さて取り付けがどうなるか?まずはヘッドライトを外しました。


問題は・・・キャップです。
寸法はバルブ台座からキャップの底面(内側)までの距離です。



で、ハロゲンのH1バルブは端子の先端で16mmです。
これにリード線の端子が3mmほどプラスされるので、ほとんど余裕がありません。



ここで、普通ならキャップに穴を開けてHIDの付属グロメットを被せるんでしょうが、、、
その選択はしませんでした。
バルブは消耗品です。
出先で切れたときにその場でハロゲンに交換が可能に出来るようにしておきたいからです。
それにはオリジナルの配線は残しておかなければなりません。

写真で分かるように、Ghibliはバルブ配線がキャップを貫通してユニット内へ通っています。

1案)このままキャップ内でHIDのバルブ結線をすればオリジナルの配線が生かせる。

ということで、HIDバルブの裏側のでっぱりを削ってみましたが、ものの見事に失敗。
削り過ぎて、中の芯線が切れました。


あーあ、一度も実装せずに寿命を迎えてしまいました。
バルブは消耗品ですので・・・(笑)

ということで、この案はボツです。
                                            To be continue
Posted at 2014/09/10 22:33:09 | コメント(1) | トラックバック(0) | GHIBLI | 日記

プロフィール

「あぁ~、夏休み~! http://cvw.jp/b/640826/40266379/
何シテル?   08/18 21:36
Maserati Ghibli-Cupに乗っています。 正規輸入台数25台、そのうちneroは2台だそうです。 並行でもう一台入ってるのは確認出来ていますが...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2014/9 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    

リンク・クリップ

榛名山ツーリング 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/11/19 01:27:28

ファン

8 人のファンがいます

愛車一覧

マセラティ ギブリ マセラティ ギブリ
2003年にカーセンサーで発見。 Cupはレア物だし程度は極上でしたので即決でした。 そ ...
プジョー 206CC (カブリオレ) プジョー 206CC (カブリオレ)
プジョーに戻ってきました。青猫3号です。 限定車のMid Night Blue、、、勿論 ...
アルファロメオ 147 アルファロメオ 147
147を素の2.0TS_5Drから2.0Ti_3Drへグレードアップしました。 年式で2 ...
BMW 3シリーズ ハッチバック BMW 3シリーズ ハッチバック
2011式6R-POLO(走行8000km)から10年遡っての入れ替えです。 2000年 ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.