• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

【 けろたん 】のブログ一覧

2017年10月12日 イイね!

憧れの地へ「立山黒部アルペンルート」 後編

憧れの地へ「立山黒部アルペンルート」 後編










前回の続きです。

赤い印の「室堂」まで行ったところまで書きました。




これからトロリーバスでトンネルを走り、標高2316m「大観峰」まで移動します。

乗車時間は10分です。




バスの一番前に乗れました。
すごく狭いトンネルで、両サイドの側溝には激しく水が流れていて、脱輪したら怖いなーなんて考えていました。
そんな事はないと思いますけどね(笑)





中間地点で2車線になり、向こうから来たバス3台と、こちらの3台がすれ違いました。
 ↑ 黄色い看板には「立山直下」と書いてあります。
ちなみに立山の高さは3015mで、およそ500m上が山頂ですね。


 

 
「大観峰」標高2316mに着きました。
見晴らしが良くて、景色がとてもいいです。

ダムが溜めた湖、「黒部湖」が見えます。




これから、あの青いロープウェイに乗って、ダムの1つ手前の「黒部平」へ行きます。




立山ロープウェイに乗り込みました。
7分間の空中散歩です。
このロープウェイは柱が無いことで有名です。
理由は積雪が多く、雪崩があるため。




下から来た客車とすれ違います。
こちらの客車は平成24年に新しくなったばかり。
窓も大きくて80人を一気に運べます。

紅葉の時期は最高の景色なんですって。

その4Kプロモーション動画は コチラ





標高1828mの「黒部平」に着きました。
観光をする間もなく次の乗り物へ。
ここから再びケーブルカーに乗って、よいよ憧れの地「黒部ダム」へ向かいます。

乗車時間は5分。




ピンボケすいません。
やっとダムの文字が見えてきました(^^;
ここ抜ければダムです。





黒部湖です。
心配してた、お天気はもちました。




ブラタモリの説明では東京ドーム160杯分、2億リットル分の水が貯水されているそう。
デカい!



ダムの真ん中まで歩いてきました。




どひゃ~~。
下を覗くと、轟音と水しぶきがすごい!
風も強くて、目が開けてられない(><;




運動不足の体にムチ打って登りました!
ここまで来たなら行かねばならぬ!






テレビや雑誌で見る景色♪
感動しました。
本当に来て良かった~。

この日本一有名な「黒部ダム」は昭和31年に着工し、24時間休むことなく1000万人の作業員さんが7年かけて造りました。




その工事は過酷で有名ですね。
工事期間中に転落やトロッコ・トラックなどによる労働災害で亡くなった方は171名。
慰霊碑で、思わずぐっとくるものがありました。
ご冥福をお祈りします。




大変さが分る映像として映画「黒部の太陽」がありますね。
私は香取慎吾くんが主演したテレビドラマ「黒部の太陽」は見ました。

映画やドラマで描かれる山場は、やはり「破砕帯」です。

資材を運ぶためのトンネル5.4キロを掘ることになるんですが、「破砕帯」と呼ばれる軟弱な地層から水温4度の雪解け水が噴き出し、わずか80mを掘るのに7ヶ月かかったんですよね。




終点「扇沢」が近づいてきました。
長い旅もそろそろ終わりです。

トロリーバスでの移動は16分。




青いライトの区間が破砕帯。
今でも、しみ出す水でトンネルはびっしょりです。





トンネルを抜けて外に出てきました。

トロリーバスは来年で引退だそうですね。
ピカピカに整備されてるのにもったいない。




朝6時から始まった旅も終わりです。

ここまで連れてきてくれた新潟交通さんや、ガイドさんに感謝。
機会があったらまた来てみたいです。





最後にお土産いろいろです。
ダムカードはどうしても欲しかったので、いろんな方のブロブを参考にしました。
カードをもらうには、トロリーバスの乗車券が必要らしく、扇沢の売店で乗車券を見せるともらえるようです。
つまり、ダムを見ないともらえない?ということなのかな。





シャレのきいたサイダー、あり難く頂きたいと思います。




長々とお付き合い、ありがとうございました!!



大迫力のプロモーション動画 夏・秋・冬バージョンは コチラ
Posted at 2017/10/12 17:59:52 | コメント(2) | トラックバック(0) | フリートーク | 日記
2017年10月07日 イイね!

憧れの地へ「感動の立山黒部アルペンルート」前編

憧れの地へ「感動の立山黒部アルペンルート」前編














こんにちは。

始めに今回のブログは長編です(爆)
簡単に済ませたい方は文章はすっ飛ばして写真だけ見て「イイね!」してもらえば幸いです(^^

昔から、どうしても行ってみたい場所として「黒部ダム」がありました。
今回、その夢が叶いまして本当に幸せな1日を過ごせました。

旅は新潟交通の「くれよん」で申し込みました。
6月に申し込んだのですが金額が高いためなのか、なかなか定員数にならず、7、8月と中止が続きまして、やっと9月に行けることとなりました。




朝、6時に出発したバスは10時過ぎ立山に向かう最後の休憩場所「立山あるぺん村」に無事に到着。
ここは駐車場も広くてコンビにもあります。
標高が上がると自動販売機の価格も上がりますので、飲み物はここで買いましょう。


バスの運転さんは2人体制で、ガイドさんも何度も立山に来たことがある経験豊富な方がついてくれました。
あり難い(^^

ガイドさんの話しでは山頂の天候は変わりやすく、ここが晴れていてもこの先はわからないそうで少し不安になっちゃいました。
当日は全国的に秋晴れだったんですけどね・・・(^^;





「立山あるぺん村」から30分ほど山を上がると「立山駅」です。

標高は475m。




湧き水があったので飲んでみました。
とんでもなく冷たくてびっくりしました。




さて、ここでバスとお別れです。
バスは、先回りして長野県側「扇沢駅」でツアー参加者を待つことになっています。

憧れのダムまでは5個の乗り物で移動します。
先はまだまだ遠いです。




立山駅構内ではこれから向かう場所のライブ映像が見れます。
昼食を食べることになっている「室堂」はめちゃイイ天気。
でも気温10度って・・・(^^;




ダムもいい天気です。
虹も見えてますね。
このライブ映像はHPでも見る事ができます。

駅は売店もあり、防寒着や雨カッパ、登山用品が充実してました。




最初の乗り物「立山ケーブルカー」に乗りました。
次の目的地「美女平」へ標高差およそ500mを7分かけて登ります。
定員は120人。
なかなかの急斜面。


そして「美女平」標高977mに着きましたが、何も見る時間もなくすぐに次の乗り物「立山高原バス」に乗り込みました。
ガイドさんの話によると、こんなにトントン拍子に乗れるのはラッキーだとか。
GW、夏休み、紅葉の観光シーズンは1時間待ちが当たり前らしい。


次の目的地は「室堂」。
標高差1500mを50分かけて移動します。




この高原バスはとってもキレイなバスで、窓も大きいハイブリットバス6MT。
環境に優しいですね。

そして時々、オススメスポットで止まってくれます。




こちらの滝は「称名滝」。
高さ350m。
落差日本一で4段になってるそう。
ここからは3段目と4段目しか見えなかったです。




バスはぐんぐん山を登り、遠くまで見渡せるようになって来ました。



雲は多いですが晴れています。



弥陀ヶ原ホテルでバスは止まり、お客さんを乗せました。
ここでの標高は1930m。
バス停は数箇所あり、乗るには予約が必要みたいです。
詳しくは立山高原バスHPで。




終点「室堂」にある赤い屋根の「ホテル立山」が見えて来ました。
すでに木が育つことができない「森林限界」という高さまで登ってきました。

なんか日本じゃないみたいです。



「室堂」に着きました。
標高2450m。
気温10度。
めちゃくちゃ寒いです。

で・す・が、すごく雲が近い!
空気がうまい!
空の青が美しい~。




「みくりが池」まで歩いてみました。
雪がまだありました。

奥の建物は温泉施設で入浴できます。
ちょっと行ってみたかったのですが、集合時間に間に合わなそうだったのでやめておきました。
いや~、空気が薄いせいか、少し坂を登ると息がゼーゼー。

苦しくなったら休むをくり返しました。
ふと、足元を見ると可愛い花が咲いています。





植物にとっては短い春から夏なんでしょうね。



違う所に目を向けると、そこはもう秋の気配。
葉が黄色く紅葉してました。

紅葉の見頃は9月末。
テレビでニュースになっているのを見ました。





ここ室堂でも湧き水を発見しました。
飲みましたがキンキンに冷たい!

ペットボトルや水筒に入れてる登山者がいました。
私も持って帰りたかったなー。



さあ、昼食も食べまして次の乗り物「立山トンネルトロリーバス」で、「大観峰」へ向かいます。


前編はここまでとなります。

偶然ですが、今夜19:30のブラタモリは「#86 黒部ダム」です。
よろしければご覧下さい。


オススメ!大迫力の大自然満載動画:立山黒部アルペンルートの春・夏プローモーション動画が コチラ


Posted at 2017/10/07 15:04:13 | コメント(1) | トラックバック(0) | フリートーク | 日記
2017年09月11日 イイね!

群馬県「老神温泉」の旅

群馬県「老神温泉」の旅














こんにちは!

すっかり秋ですね。
もう来年のカレンダーが販売されているのを見て
え?もうそんな時期なん?(゚∀゚;)
ほんと、1年って早いです。


さて今回、私達は遅い夏休みをとりまして「老神温泉(おいがみ)」へ行ってきました。


旅館は「仙郷」さん
プランは「お肉好き必見・上州牛堪能ダブルプラン♪」
肉バカの私達にはぴったりでございます(笑)




しゃぶしゃぶと・・・



ステーキです。

他にも、鮎の塩焼きや、天ぷら
とうもろこしの炊き飯、などなど。

うまうま連発で、お腹いっぱいになりました!

温泉は、夕食中に清掃が入るそうで、その時間以外は入浴し放題!

夕食前、後で男女風呂入れ替えとなりますので、食べる前と寝る前に入るのがオススメです。






翌日はプロが選ぶ観光施設100選に選ばれたと言う、こちらに行ってみました。

入館料は大人1080円




まず入ると、テディベアなどのぬいぐるみがたくさん。
なかには古くて貴重なものもあるようです。



奥に進んで行くと、懐かしい昭和レトロの世界。
ちょっと私が知らない昭和30年から・・・



子供の頃に夢中になった、ゲームソフトを見つけ当時を思い出しました。
女の私ですら、学校から帰ると宿題もせずに夕飯ギリギリまでゲームをしたもんです(笑)



電車や車・バイク雑誌がたくさん展示されてます。
他にも、古い映画のポスターやレコードもたくさんありました。




さらに進んで行くと、昔の車がずらり。



こちらではレストアも数台手掛けていて、こちらのボロボロなキャロルが・・・



ぴっかぴかに蘇りました。




車マンガファンには嬉しいコーナーがありました。
私は読んだ事がないのですが、渋川市に実在した「藤野豆腐店」という店があったたそうで
閉店後に解体され、ここに来たそうです。
まさにマンガの世界!



この階には古い車が展示されています。
ハコスカ、コロナやブルーバードなどなど。

解説を読んでみると面白いです。



たとえば、1963年の経済指数ではビール大瓶115円・入浴料大人23円とか。
もちろんくるまがここに来ることになった経緯なども詳しく説明されています。



最上階の来ました。
往年のスポーツカーがたくさん。

2000GTやケンメリ、フェアレディZ240ZGなどなど。

この辺りでまだ、博物館の半分(笑)

この先日本人形とかプロレス、ワイン、F40、リス園・・・・・

「おもちゃと人形 自動車博物館」はこまかく紹介しきれないほどの展示物でとにかく、いっぱいなんです。


館長さんの横田さんは何者なんでしょうか?


ま、とにかくどんな世代でも楽しめる博物館です。

お土産コーナーも充実しているので、お買い物も楽しいですよ。




Posted at 2017/09/11 18:02:05 | コメント(5) | トラックバック(0) | フリートーク | 日記
2017年07月19日 イイね!

クラゲドリーム館へ行って来ました~♪

クラゲドリーム館へ行って来ました~♪













ごぶさたしております!


生存確認も兼ねてブログを書いております(^^
車共々、運転手も元気にしておりま~す。


さて今、日本一人気とも言える水族館になった山形県鶴岡市にあります、「加茂水族館」(愛称クラゲドリーム館)へ行って来ました。




海沿いの国道7号をひたすら真っ直ぐ進むと、見えてくるこの建物が目印。
駐車場では警備員さんが誘導してくれるので安心です。

車で停められる所は3ヶ所ありますが、遅く着くほど遠くなりますので早めに行くのが一番のようです。

入館料は1000円と、水族館としては安い料金です。

入るとすぐクラゲかと想像してたら、全然ちがった~(^^;
淡水魚コーナーでした。



おなじみのメダカから、大きな川魚までいろいろいました。



海水魚コーナーもありました。

庄内浜の近海から深海にいる生物が、約140種類。
たくさん展示されています。






そしてよいよ、クラゲコーナー。




さすがクラゲで有名な水族館。
2012年には展示数でギネスに認定されたとか。

天地関係なく、ふわふわといろんな方向に泳いでます。




ネオンが綺麗なクラゲはいつまでも見ていられます。

こちらでは研究室もあって、くらげの不思議な生態が分る解説コーナーやエサやりが体験できるショータイムもあります。
予定時間をチェックして参加してみましょう。

「すみだ水族館」のクラゲコーナーも研究室があって人気です。
まったく人が動かず、進めないんですよね~(笑)




ラストは大きな水槽。

冬季期間には美しいライトアップがあります。




紹介した水槽は、加茂水族館のほんの一部です。
他にもアシカショーや、海亀などなど1日いられる水族館です。

帰宅後、TBS「マツコの知らない世界」でも紹介されたので、ますます混雑すること間違いなし!

この夏、行ってみたはいかがでしょうか(^^)/



Posted at 2017/07/19 17:49:52 | コメント(3) | トラックバック(0) | フリートーク | 日記
2017年04月08日 イイね!

半年振りに帰ってきたアイツ

半年振りに帰ってきたアイツ













こんばんは!


いきなりで・す・が!
先週の問題。
次期、通勤用の相棒とは?!でした。

ヒントはこの写真・・・





答えは・・・



アウディA3でした~。



最近の車はすごいですねぇ~。
エアコンの温度が助手席側と、運転席側で調整できたり。
ボタンもいっぱい付いてて覚えきれない。
しばらく、助手席側で観察ですわ・・・(^^;




さて、4ヶ月半という長い間964をメンテナンスのためショップへ預けておりましたが、終了したということで、新幹線でお迎えに行って来ました。





それがたまたま乗ることになった新幹線が、新潟ー越後湯沢を往復している「現美新幹線」に乗車することになりまして、とてもラッキーでした。
ニュースでは知ってましたが、贅沢な新幹線ですね。
座席はめっちゃ少ないうえに、通常料金でこんなカッコいい車輌に乗れるなんて。
つい、いろいろ見て回ったのでほとんど座ってませんでした。





んで、964ですが今回何をやったかというと・・・
一番はエキマニを交換しました。

2年くらい前から、クラックがひどくて溶接しつつ引っ張ってきました。



その他、ショックのオーバーホールやセルモーター交換。
メーターパネル修理などなど。

かれこれ相当修理してきたので、直したいと思う所も少なくなって来ました。


今年は無事故・ノートラブルで楽しい1年になるといいなーと思います。


Posted at 2017/04/08 20:26:09 | コメント(3) | トラックバック(0) | 964の事 | 日記

プロフィール

「憧れの地へ「立山黒部アルペンルート」 後編 http://cvw.jp/b/641869/40566776/
何シテル?   10/12 17:59
日記ベタな旦那に代わって、妻が書いております。 文章を書くのは苦手です。 おかしい所があったら見なかった事にして下さい。 車は、好きです。 ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/10 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

リンク・クリップ

アニョキング戦記 総集編1【ケイマン編】 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/04/12 11:45:18
【小ネタ集】RA・BRZ tS・AQUA・麻宮騎亜先生 などなど【モロモロ】 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/08/13 15:56:34

お友達

お気軽にお誘い下さいね~♪



43 人のお友達がいます
りんご7りんご7 * ANYOKiNG 【DRiViSiON】ANYOKiNG 【DRiViSiON】 *みんカラ公認
paripipoparipipo ぴんぽるぴんぽる
AIBO360AIBO360 しろっぷ_718しろっぷ_718

ファン

23 人のファンがいます

愛車一覧

ポルシェ 911 (クーペ) ポルシェ 911 (クーペ)
憧れの964ターボを手に入れました~(旦那) 2010年エンジンO/H時に点火、燃料制 ...
ポルシェ 911 (クーペ) ポルシェ 911 (クーペ)
1987年式ターボで、ほぼオリジナルかな。 色は本当は青だったようです。 事故はあり ...
ホンダ N-ONE ホンダ N-ONE
ブログ担当 妻の愛車

過去のブログ

ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.