• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

yuk6240のブログ一覧

2017年11月19日 イイね!

ビーマー、雪道テスト


つー訳で、エクストリームシリーズ。

ビーマーでエクストリーム出社、退社、買い物と使い倒してきました。
一応、参考になるかはわかりませんがレビューみたいなものでも書いてみようかなって。

・DSC
 このクルマには、当時の最新鋭だったスタビリティコントロール機能がついてます。ダイナミックスタビリティコントロール、略してDSC。こいつの効果を試せるシャーベット路面だったエクストリーム退社時に色々やってみたです。

-発進-
 登り坂はお察しください。滑ったらもう常にトラコン効きっぱなしです。それ以外はラフにアクセルを開けなければなんてことなく発進できる模様。
 DTCモード(ある程度のスリップは許容するモード)では、滑りこそすれ、なんとなくLSDが入ってるFR車みたいに進んでいきます。オープンデフなんですけどね、このクルマ。多分、滑ってる車輪にブレーキかける制御にでもなってるんでしょう。よくわからんけど。
 DSC完全OFFモード(ABSのみ作動)では、ただのFR車です。オートマってのがさらにタチが悪く、クラッチで駆動力をコントロールできない分、なかなかシビアです。頭空っぽにして滑らせたい時はこのモードでよさそう。クソも進まないけど。

-旋回-
 DSCが完全に制御モードになっていると、特に介入の違和感はありません。メーターにDSCが作動してるランプが点滅してる程度。あれ?って思ってるうちに挙動が収束しちゃうので、運転が上手くなったような気がします。あくまで、コントロールしてくれてるのはクルマ側、人間は何もできません。アクセル踏んだってスロットル開度をECUが再演算してしまうので、諦メロンって感じ。ステアリングはある程度言うこと聞きますが(ラック直結の油圧パワステなんだから当然だけど)、滑ってたらどーしよーもありません。
 DTCモードでは、やはりある程度のスリップ量は許容してくれます。カウンター当たり始めたら制御が入るような感じ。DSC完全ON状態では、スリップする前に制御が入るのに対し、DTCモードではドライバーの意思に基づいて制御を入れるような感触。滑りたいの?って聞いてくる感じかな。
 完全OFFだと、ここでもただのFR。横向きだろうが縦向きだろうが、好きなだけ滑ってくれます。重量配分とシャシ性能がいいため、そんなに取っ散らかることもないようですが、イザって時はこのモードは使わない方が安全やも。そうなる前にクルマの制御に任せた方が人間も楽です。

-減速-
 4輪独立制御のABSのようで、フルロック時にペダルがキックバックを伝えてくるような感じ。1輪程度のロックだと、勝手にブレーキ圧弱めて最大限の減速度を確保するようなプログラムのようです。
 減速に関しては、どのモードも同一で、ABS作動時にクルマが左右に振られた際に制御モードの違いが表れるようです。旋回の欄で書いた通り、そんな感じの制御です。

・総評
 普段はDTCモードで走った方がよさそう。DSCが全力介入してくると、信号スタートで滑った時に加速できないなんて事態になりかねません。登り坂なら尚更。今朝クルマ動かす時に、やっぱり我が家前でスタックしかけたので、DSCは信用なりません。少しくらい空転してくれないと、除雪されてない道路に突っ込んじゃった時に秒で埋まるはず。
 元FR乗りの威厳をかけて、とりあえず今シーズン頑張ってみます。会社の駐車場までの裏道が除雪クソなんで、何回か埋まりそうですけど。スコップとヘルパーを用意せねば。輸入車で埋まるなんてチョー恥ずかしいですし。
 なお、ドライバーはお家の前のエクストリーム雪かきで関節がブローしたため、本日の営業は終了しております。
 そんな感じで((((;゚Д゚))))ガクブルしてる俺氏でした。 では。
Posted at 2017/11/19 13:53:36 | コメント(0) | トラックバック(0) | E90 | 日記
2017年11月15日 イイね!

近況@’17_09~11


どうも。お久しぶりです。
近況サボってたのは、忙しかったわけでもありません。まぁ色々モチベスイッチがOFFになってまして。その辺は後述します。
では近況報告。

・Dちゃん、ブランニューカー

ノートのDちゃん、240万円の高級車に乗り換えました!
で、見せに来てくれました。ついでに乗せてくれました。

レヴォーグの1.6GT-Sかな?エンジンスペックはウチのビーマーと似たようなもんでして。つーか1600㏄でウチの2500㏄と同じスペックって現代のエンジンすげぇと思いつつ。
乗ってみると、170psそこそこってのが信じられないほど俊敏な加速。足回りもしっかりしており(3万kmくらいだしそりゃ当然か)、懐の深さを感じます。これはしっかり造りこみたいところ。

せっかくなんで、

こーしてくれないかなーって。

本人には一蹴されましたとさ。

・まっさん号、色々トラブル

9月末くらいにドアに穴開けてスピーカー付けてたまっさん素イフト、始めにA/Cコンプレッサーがロックして、クラッチが飛んで、修理から帰ってきたらトランスファーオイルが駄々漏れその修理から帰ってきてもトランスファーオイルが駄々漏れ、今度はRデフのサイドシールからもオイル漏れ。
と、修理の代車に乗ってる時間の方が長いんじゃないか疑惑のスパイラル。
今回はトランスファー交換で入院してるそうです。多分それでも直ってこないんじゃないかなって思ってますけど。指定工場なのにクラッチ交換の記録簿出してないしね。そのうちタレこんでおきます。
炎上してもアレなんで、とりあえずまだ店名は伏せますけど。

果たして素イフトが完調になる日は来るのか!?乞うご期待!

・SCLラストラン

別記事で書きましたが、白老、泣いても笑っても最後ってことで親父と行ってきました。
とりあえず、9年間の集大成としてステージアのラジアルレコードは叩き出して来れたので、とりあえず満足です。
1'13"0
ラジアルでこれよりも速いタイム出してたステージアがいらっしゃいましたら連絡ください。レコードホルダー♪って浮かれてる俺氏にビンタ入れておきます。
さて、来期は十勝かサホロですね。クラッチやらかしたみたいだから、そのうち北見の紫色さんちにクラッチ交換でお伺いできたらなーなんて思ってたり。

・シシャモツアー

毎年恒例のコレ。今年は弟者が札幌民なので、弟者も連れて。
道の駅で売ってたホッキもちょー美味かったです。誰かドライバーになってくれたら俺氏はビールを片手に。

・ビーマー

オイル交換。
本当は3000kmで交換したかったけど、色々あって700kmくらいオーバーしてからの交換。
TAKUMIオイルはちゃんとオイルで出てきました。結構高速弾道移動とかしてたので、もっとシャバシャバになって出てくるかなと思いきやそんなことなかったです。いいね、このオイル。

備忘録

やっぱりお前もオイル交換でウマかけしなきゃならんのかと。

・モチベスイッチOFF事件
これは単に俺氏の問題ですが。
もう白老っていう気軽に走りに行けるコースもなくなり、札幌の白老勢はサーキット行かなくなるんだろうなって思いつつ。そう考えると来期に向けてのやる気がなくなりました。
クラッチも怪しいしね。誰かステージア100万くらいで買ってくれないかなって思ってる昨今。
直そうかどうかの瀬戸際で揺れとるです。

そんな近況報告でした。
では。
Posted at 2017/11/15 22:50:52 | コメント(1) | トラックバック(0) | 雑記 | 日記
2017年10月17日 イイね!

SCL走行メモ。 2017_10_15_M.I.S


どうも。昨日ぶりです。
昨日はざっくりしたレポートでお茶を濁しましたが、今回は走行写真も交えて、タイム更新とかの時系列やその時の感触なんかも一緒に書き連ねておきます。要は俺氏の備忘録ってことで。

・1本目。
 朝のドラミでも路温低いから気を付けて走るようにと注意があったくらい。ナイロンの綿入りツナギを上から着込んでやっと丁度良いくらいの気温。
 車載カメラのスタンバイに手間取り、整列場所は大体真ん中。大先輩Hさんといざ勝負!なんて思ってたんですが、ちょっと離れすぎてて叶わず。スタート場所は見知らぬR35の後ろ。ランプ周りの意匠が違ったので、多分初期型ではなさそう、ってことはそこそこ戦闘力もある(ステージアなんて目じゃないくらいには)と思い、しばらく後ろで遊んでいただこうと。
 結果、数周走ったところでコーナーで追い付いてしまう始末。丁度親父が写真を撮ってました。

 直線はやっぱりR35、バカ速いんですが、どうもコーナーはこっちの方が速そう。コーナーで刺してみようかなーなんて思いつつくっついたり離れたり。しばらく続けてたら2ヘアの立ち上がりでチャンスを見つけ、一瞬前に出るも、鬼の加速ですぐにポジションチェンジ。走行枠が終わった後に親父から聞かされましたが、ドライバーさん、相当イラついてたみたいです。俺ならコーナーで詰められるなんて事態なら譲るけどね。お互いにその方が気持ちいいでしょう。というか、最低限のマナーでしょう。レースじゃあるまいし、ラップタイムで1秒も速いクルマの足止めしてたらそりゃヒンシュク買いますって。俺がロードスター乗ってた頃にそんなことやってたらホーン鳴らされた記憶もありますしね。
 ちなみに、1枠目は抑えて走って14秒台後半。クルマは可もなく不可もなく。タイヤがちょっと滑り気味かなって程度。感触を確かめるために1ヘアでパワースライドかけてみましたが、いつまでも止まらないなんて何時ぞやの再現にはならず。コントロールできる懐もまだ残ってた模様。
 なお、車載動画は車内で俺氏が吠えてたため、とりあえずお蔵入りです。見たい人は遊びに来てね。

・2本目
 1本目の反省を活かし、クリアラップを取るために前の方に並んでみるテスト。
 これが功を奏したため、ベストラップを0.1秒更新。この枠は比較的平和だったんですが、カメラステーが振動に負けて分解したため、車載が4周程度しか撮れてない罠。一瞬迷子になったカメラを探して、ナビシートを外そうかなって思ったところで発見。
 ベストを更新したので、3本目はスペアタイヤを降ろしてアタックしてみようかなと考えるも、ただでさえケツの軽いステージア、2本目でいいだけタイヤをイジメてしまったので、ひとまず様子見でそのまま。
 2本目に行った新しいチャレンジ、ABSを効かせてみるテストは大成功。1コーナーと1ヘアのブレーキをちょっと遅らせてコントロール方向に振ることに成功しました。タイヤがタレてくると1コーナー前50m看板付近のアウト側のギャップでコントロール不能になりかけてくる事が多々。それを逆手に取ってあえて不安定な状態に持ち込んで向きを変える練習もしてみたり。

 新発見:1コーナー立ち上がりから1ヘア進入までのセクションは3速ホールドでもなんとかなる。
   利点:シフトチェンジのタイムロスを減らすことができそう。
   欠点:4速ぶち込んだ方がトルクで引っ張っていける。

 懸案事項だったブレーキの容量不足ですが、800cがいい仕事をしてくれたみたいで、ABS効かせるくらい蹴っ飛ばしても余裕。そこまでやると逆にローターの方が心配になるレベル。3本目に活かせそう。

・3本目
 1時間程度の昼休みで頭の中を空っぽにして、もう一回組み立て直して再アタック。
 ただ、右フロントのタイヤがどーしよーもなく減っており、タイム更新は絶望的かなーと半ば諦めモードでスタンバイ。2本目で前を引いてくれた例のBRZ様の後ろについて、せっかくだし遊んでもらおうと折れかけた心にストップをかけ、走行開始。ミラー見たら、1本目で前を走ってたR35が真後ろ、これはホームストレートで刺されるかなーどうしようかなーとちょっとドキドキしながら走ってました。
 適度に終わったタイヤなので、とりあえず何も気にせずにテキトーにBRZ様に引っ張ってもらってしばらく走った後、せっかくだしとアタックをかけてみるテスト。この時点でR35は遥か彼方後方へ。どうやら空気を読んでくれたみたいです。ありがとうございました。

 ↑気持ちのいいサイコーのバトルシーン。BRZ様、この場を借りてですが、厚く御礼申し上げます。
 アタックを開始するも、やっぱり2本目よりもタイヤが喰わない。首を傾げながら走ってましたが、2周目くらいにとある事に気が付きまして。進入スピードが上がってました。ABSを効かせるまでブレーキを蹴っ飛ばすことを覚えたので、その分アクセル踏んでる時間が伸びたようです。1ヘアで写真撮ってた親父は走行枠が進むごとに1ヘア進入が不安定になるステージアにドキがムネムネしてたらしく、本当に大丈夫か?って聞かれましたとさww
 で、滑るタイヤになんとか言うことを聞いてもらって出したタイムが1'13"0。車載は昨日の記事をご参照ください。

 ここまででタイヤをいいだけイジメてしまったもんで、最後の7LapレースはDNSって形を取らせていただきました。身内レース一緒にやってた方なら分かると思いますが、どうやら俺氏他人のペースとリズムを乱す走りに長けてるらしく、ガチレースなんてやったらヤバいなと思ってたので、実は渡りに船。ちなみに、先のBRZ様とのバトルではそんなことやってません。あくまでタイムアタックの枠ですから、他人の邪魔はしないようにと思いまして。

 そんなこんなで、最後のSCLでまさかのベスト0.6秒更新、0.1秒くらいだったら誤差誤差とか言ってたでしょうけど、0.6秒はちゃんと速く走れたんだなって思ってます。ステージアにも頑張ってもらいましたし、来年の十勝に向けてモチベ高めることができるいい燃料を持って帰ってこれたかなって。
 そうそう、持って帰るで言えば、閉会式の抽選会で新米5㎏が当たりました。テキトーに参加してテキトーに走って、レースっていう一番の見せ場を欠場するというクソ野郎にそんなイイモノ当たるなんて、なかなかないんじゃないでしょうか。当たった俺氏が一番びっくりでした。

 で、今日。実は休み取ってて、というか、ヤラれてるのは目に見えてたのでリカバーするために休み取ったんですけど。お片付けするついでにタイヤとクルマを洗って、タイヤの状況確認。

 右が右フロント、左が左フロントです。左回りのコースだから、右側に極端に負荷がかかるってのはわかってましたが、こうも顕著かねと。とりあえず来シーズンも使いたいので、そのうち裏組してきます。なお、熱ダレしたままスライドさせてたリアタイヤは左右ともトレッド面にクラックが入ってましたとさ。

もう少しタイヤマネージメントも上手くならなきゃね。

 そんな感じの備忘録でした。では。
Posted at 2017/10/17 01:03:02 | コメント(0) | トラックバック(0) | C34 | 日記
2017年10月15日 イイね!

SCLラストラン、M.I.Sに行ってきた。


つーわけで、ソロ活、実践編です。
今回も、キャメラマンにヒマそーにしてた我が家のクソ親父を携えまして、行ってきましたSCL。

結果から言っちゃうと、顔本とか青い鳥でお伝えした通り、ベストを0.6秒更新しまして、1'13"0を叩き出してきました。代償は右フロントタイヤとクラッチってとこです。今度しっかり点検してみんとよー分からんですが、なんか嫌な予感がしてるです。

つーか、ステージアのラジアルレコードじゃね?
って師匠でもあり大先輩でもあるHさんとお話してたです。
「走ってもいないのに」(←ここ重要)クルマ壊れるとか、壊しそうってのは、その程度の信頼性しかないクルマと、その程度の技術ってことなんだなーって思うようになったこの頃、そう思わせてくれたのは下の車載で前を引いてくれたBRZ様のおかげです。十勝も走ってらっしゃる方のようで、コーナーでも直線でもいい感じでバトれる良いクルマと良いドライバー様でした。



ノーマルボディにノーマルエンジン、快適装備満載で73秒フラットまで持っていけたので、とりあえず今シーズンは満足です。惜しむらくはあとコンマ1秒、12秒台に乗っけて終われる方がよかったけど。
今回お会いできなかった皆様、今回ご一緒できた皆様、今年お付き合いいただいた皆様、合わせて来期は十勝でお会いしましょう。

お疲れ様でした!!
Posted at 2017/10/15 20:46:19 | コメント(0) | トラックバック(0) | C34 | 日記
2017年09月18日 イイね!

近況@’17_08~09

さて。絶賛台風の目の中、yukです。

つーわけで近況ダイジェスト、行ってみましょう。

・まっさん号、色々。

無事にスイフト、納車になりました。
そして、1週間しないうちに、エアコンコンプレッサーが焼き付きました。
クレーム扱いになったらしく、ついでにクラッチもやってもらったみたいです。
んでこの間、マフラー買ってウチに遊びに来ました。どうやら、本人は初めてのスポーツマフラーらしく、ドキがムネムネしたまま来たようですww
モノはトラストのヤツで、なかなかイイ音してます。NA4発のゴキゲンなサウンドって言えば伝わりますかね?そんな感じ。テールピースのみの交換だったので、作業自体は30分程度。素敵に腐ってた純正マフラーはまっさんが持って帰りました。
交換後の試運転を任されたわけなんですが、なかなかどーして、楽しいマシンでした。1.3Lのノーマルグレードなのに、期待以上のパフォーマンスを見せてもらうという、俺氏ビックリな良いマシン。純正足にノーマルタイヤなのに、破綻する気配が全くない、悪く言えばミスったらアウトって感じのちゃんとしたスポーツカーでした。
普通のお買い物グレードでコレなので、スイスポになるともっと楽しいってことでしょうし、スズキ、侮りがたしですね。サーキット持ち込んだらそこそこいい感じに結果を出しそうな力を秘めてますね。

・ビーマー、長距離テスト

行ってきました、島牧遠征。
今回は日帰りの強行軍だったため、飯テロ画像はありません。ご容赦ください。
ウニの一夜漬け貰ってきたけどね!
法定速度で往復してきましたが、写真の通りの燃費。2ケタいきゃいいべよって思ってたら、OBCの表示で12km/Lを達成する快挙。帰路も似たような燃費で、満タン法を用いた実燃費の計測値は燃費記録にあるように、12.8km/L。特筆すべきは、常時エアコン稼働状態、特にエコランを意識して走ったわけではないってとこです。ロードスターの記録では14.5km/L、こちらはエアコンもパワステも取っ払った快適性能皆無仕様なクルマでの結果でして。ディーゼルで効率がいいはずのエスティマさんでもエアコン稼働状態なら10km/L程度。ガチでカッ飛び仕様なステージアはもう察してください。記録出るならビーマー出してませんからwww
つーか、輸入車いいですね。元々日本じゃ考えられない速度で長距離弾道移動をすることを前提として作られてるクルマなので、日本の規制だと余裕ぶちかましたまま免許をなくすことができるなーって。静粛性もさることながら、エンジンパワーが大してないのにガンガン加速していく罠。速いっす。ステージアから入れ換えるならBMWのM240iにしようかなって思うくらいにはサイコーですね。

つーか入れ換えちゃおうかしら。ステージアそんなに大切にしてるわけでもないしなぁ…。

そんな感じの9月でした。10月のアレ、まだ参加表明お待ちしております。
ではでは。
Posted at 2017/09/18 15:10:57 | コメント(0) | トラックバック(0) | 雑記 | 日記

プロフィール

「ビーマー、雪道テスト http://cvw.jp/b/645041/40731932/
何シテル?   11/19 13:53
2014/04、諸事情により、ステージアオーナーとなりました。 なお、当ブログは読み手を選びます。 行間を読むことができない方、記事に書いている真意...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/11 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

リンク・クリップ

Autoshop UNDER TAKE 
カテゴリ:クルマ関係
2010/03/24 21:42:05
 
SCL 白老カーランド 
カテゴリ:クルマ関係
2010/02/20 00:37:22
 
INTERCEPTOR 
カテゴリ:クルマ関係
2010/02/20 00:36:02
 

ファン

24 人のファンがいます

愛車一覧

日産 ステージア 俊足の霊柩車 (日産 ステージア)
ニックネームの由来は、職場の何も知らないオバチャンのバカにした一言から。レア車だけど無知 ...
BMW 3シリーズ セダン ビーマー (BMW 3シリーズ セダン)
エスティマさんのバックアップに。 まだ納車はされてませんが、職場で買ったのをいい事に既に ...
マツダ ユーノスロードスター マツダ ユーノスロードスター
とある知り合いの方から譲り受けた逸品。 02シャシなのに軸にはベアリングが入っていたり ...
その他 自転車 その他 自転車
初めての愛車。初めて自分で組み換えたり改造したり。 色々学ばせてもらってます。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.