• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

bianco500のブログ一覧

2015年10月12日 イイね!

ビーチェ号北の大地に立つ(その七)

ビーチェ号北の大地に立つ(その七)10月、11月はイベント目白押し。

皆さまいかがお過ごしでしょうか?

怒涛の日曜出勤でどこにも行けず・・・振替休日?何それ?、な感じのビアンコです。





さて、既に記憶の彼方に飛んで行った、北海道旅行・・・。

何とか思い出しながら、最後章へ。

これでラストです!


ビーチェ号北の大地に立つ

その七

結局燃費は?編




美瑛でお腹いっぱいになった後は、ひたすら小樽へ向けて走り続けます。

途中で「廃バス」に齧りついたり


↓こんなトコにこっそりあるんですねぇ



感じのイイ「金物屋」さんに吸い寄せられたり

↓こういう店構え、好きなんですよ



寄り道をしながら、とりあえず浜益を目指して国道451号線を走りました。

↓三ケタ、しかも400番台!


この道、ほとんどクルマが通らない・・・
居るのはキタキツネばかり・・・。
かなりの距離一人旅を楽しみました。


↓だーれも通らない・・・



海岸沿いに出ると、そこには「恋人の聖地」が・・・。

↓お一人様だし、関係ないし!


誰もいない聖地で、エンジンをクールダウン

↓ここも絶景ポイント、夕陽まで待てなかったのが残念



小樽に入ったら丁度夕刻だったので、早めの晩御飯を食べました。

やっぱり、回転寿司。

↓りっぱな店構え



ウニやら

↓ミョウバンが入ってないので美味しい



いくらやら

↓これも旨し



マグロやら

↓幸せすぎて、覚えてない・・・



お寿司を堪能して街に出かけたら、似たような方を発見!

ビートルだ!

↓綺麗に乗られてます


日が暮れるまで、運河の周りで写真撮影。
でも観光客(大陸の方)が多くて、なかなかよいスポットには恵まれず・・・。


↓こういう建物と相性いいですねぇ



↓また訪れたい場所です



↓夜景ってむつかしい



↓街燈だけでこれだけ明るい



撮影してるとすぐに乗船時間になりました。

↓今回の船は「はまなす」


乗船を待つ間、たくさんの方に声をかけられ・・・。
おかげで寂しくありませんでした!

この微妙に長い時間って、けっこう一人旅だとやることないんですよね・・・。

↓乗船待ち


帰りは小樽から舞鶴までの直行便。

この船は高速船なので、デッキに出ることができません。
つまらないので、ずっと寝てました(笑)


舞鶴についたのは夜遅く・・・
しかも雨。


↓濡れた桟橋をわたって


↓鉄板だから滑るんですよね


帰り道は、ずーと雨・・・。
最後の最後で、テンションだだ下がり・・・。

暗いし

寒いし

雨だし


↓もー何が何だか・・・


それでも、帰らなきゃならないのでアクセルを踏み続けます。



暗いし

寒いし

雨だし


そろそろ、運転するのが嫌になり始めたころに家につきました。






ふと、メーターを見たら・・・。











なんという偶然でしょう!!





家についたら






まさかのキリ番GET!



40000km!



(゚д゚)!


ウソみたいな、ホントの話。

下がっていたテンションが一気に戻りました(笑)

↓GET!



そして、燃費は・・・。

今回の走行距離

1580km

給油量

73.75L


燃費は

21.42km/L

高速道路を全開で走ったり、峠道をブンブン走ったにしては、なかなかの燃費でした。




これにて、北海道旅行記
ビーチェ号北の大地に立つ
は、完結!







楽しかった北海道旅行も終わり・・・

怒涛のお仕事人生に戻っていますが、次なる野望も進んでいます。






まさかの三台目??
( ゚Д゚)ヒョエー





明日はどっちだ???
Posted at 2015/10/12 01:02:01 | コメント(8) | トラックバック(0) | 旅物語 | 日記
2015年09月24日 イイね!

ビーチェ号北の大地に立つ(その六)

ビーチェ号北の大地に立つ(その六)
連休、終わっちゃいましたね・・・


皆さまいかがお過ごしでしょうか?


ビアンコ号のエアコン修理待ち匂いに悶絶中のビアンコです。



前回LandCafeでお腹一杯になったビーチェ号&ビアンコ。


美瑛といえばお隣は富良野・・・。

富良野と言えば、北の国から・・・











ではなく!







富良野と言えば・・・

「とあるモノ」の聖地












そう、働くマシン。


トラクタだ!


流線型のマシンもイイ!
数百馬力のマシンもイイ!


でも、黙々と働くマシンもカッコイイじゃない!


ということで


ビーチェ号北の大地に立つ
その六
聖地巡礼編


はじまり、はじまりー!




以下、趣味ワールドです。
ご了承ください(*^_^*)





美瑛を飛び出した後は、プラウで有名なスガノ農機株式会社が運営している「土の館」併設のトラクタ博物館へ行ってきました。

トラクタ博物館はA館とB館の二棟あります。

まずはA館へ。

↓ココの博物館大好きなんですよ・・・


館内に一歩足を踏み入れると、オイルと燃料の混ざった香りが・・・。

たくさんのトラクタが出迎えてくれます・・・。


↓悶絶モノですね・・・


何度か訪れていますが、今回気になったマシンは・・・。

1.ランツブルドックトラクタ
ドイツ ランツ社
D-2808 
1953年導入


左右非対称のデザインと、武骨な「煙突」がイイ!

↓当時としては大型の部類



2.マッセイファガソントラクタ
イギリス マッセイファガソン社
MF-25
1962年導入


安定感抜群のマッセイファガソンMF-25

以前のブログでも齧りついた会社ですね

↓コレね
第6回 軽井沢 FIAT PIC NIC に行ってきました(後編)


↓コンパクトな車体です


↓シンプルな計器類がイイ



3.フンボルトドイツトラクタ

今回の一推し!

ドイツ フンボルトドイツ社
D-40L
1959年導入


空冷エンジンの大型トラクタで、なんとも間の抜けた顔がイイ!

↓宇宙家族カールビンソンのお父さん・・・



バックミラーのつけ方も独創的!

↓他のどれにも似てないデザイン



タコ足もデザインされている!

↓微妙な曲線がイイ



メータ類は質実剛健・・・?
なんか、プレートがついてる・・・。


↓シンプル



なぜかF1グランプリ開催地、ニュルブルクリンク(もちろん昔のコース)14.17マイルのプレートが!!

もともとついていたのか、オーナーの茶目っ気か・・・。

メーカーがつけていたのなら、何故なんでしょうねぇ
( ゚д゚ )


↓Nurburgring 14.17Milesのプレート



4.フィアットトラクタ
イタリア フィアット社
211R
1965年導入

正規輸入34台のうちの1台

われらがFIAT!
やっぱりコンパクトトラクタでした(*^_^*)


↓鮮やかなオレンヂ色


ジェネレータが、旧チンクっぽい

↓細い排気管


メーターは旧チンクとおなじVEGLIA製!

↓ボルトのFIAT刻印も旧チンクと同じ


ステアリングは、後ろ引き
トラクタは後ろ引きがスタンダードっぽい


↓前引きだと障害物に干渉するからか・・・





続いて、B館


ここには、超弩級のトラクタが・・・。



5.蒸気トラクタ
カナダ ジョージホワイト社
1902年製

自重9トン!
MAX25馬力!
モチロン、石炭&木材が燃料

ありえない大きさです
後輪の直径は大人の背の高さくらい・・・。


↓そのまんまSLやん


ステアリングは・・・。
独創的なクサリ操舵!
( ゚Д゚)ヒョエー


↓というか、舵がきくのか??


ガンガン石炭をくべます・・・
SL機関車の操縦士と同じ練度が必要やんね。


↓動態保存らしいです


見上げるほど上に設置された、蒸気ピストン
これだけ大掛かりだけど、25馬力!


↓当時としては画期的なのかも


いやぁ、奥が深いですねぇ。

一日中いても飽きない場所です。
毎回新しい発見があって、とっても興味深いトコロですね。


これだけで、ご飯三杯はイケル・・・。





おまけ・・・

おなじみポルシェ社のトラクタ
ポルシェ329
1963年導入


↓デザイン最高!



国産イセキトラクタ
イセキTB-17
1965年導入


↓デザイン最高?


そっくりさん!
ライセンス製造なので・・・あたりまえか。
エンジンは川崎航空機製のヂィーゼルエンジンです!

こういう比較もできるから、貴重な場所ですねぇ。





さて、思わぬところで時間を費やしたビーチェ号&ビアンコ
帰りの船の時間が近づいているぞ!

次はどっちだ?

続く~!

Posted at 2015/09/24 23:44:27 | コメント(9) | トラックバック(0) | 旅物語 | 日記
2015年09月22日 イイね!

ビーチェ号北の大地に立つ(その伍)

ビーチェ号北の大地に立つ(その伍)


気がつけば9月ももう終わり・・・。


旅物語が未完のまま放置状態でした(゚Д゚)


皆さまいかがお過ごしでしょうか?


ビアンコ号のヒーターコア
がパンクして、冷却水をお漏らし中
のビアンコです。
(↑ん?お漏らししてるの誰だ?、日本語オカシイ)


前回、北の蠍使い「kawa蠍」さんにお会いできてテンションが上がったビーチェ号&ビアンコ。

翌日は丘の街「美瑛」をフラフラと観光することにしました。



では、

ビーチェ号北の大地に立つ
その伍
丘の街「美瑛」編

はじまり~


一晩中降り続いた雨も止んで、そそくさとテントを撤収。
丘に向かって爆走開始です。


↓テントは雨漏りセーフ!ビーチェ号は・・・(笑)


丘に向かう途中、綺麗なお花畑を発見!
ぜるぶの丘です。
ここは春から夏にかけて様々な花を植えて、楽しませてくれます。


↓ぜるぶの丘



観光客が大挙して訪れる前に、主要スポットを・・・
まずは、ケンとメリーの木
クルマ好きとしては押さえておきたい、ケンメリスカイラインのCMスポットですね。


↓ほら、ケンメリスカイラインが走ってき・・・てないや


そのあとは展望台へ
展望台からの眺めも素晴らしいですが、なにより
「キタアカリコロッケ」
が心に刺さりました(笑)


↓なかなかの景色


↓旨し!サクサク!


展望台下にはヒマワリが咲き誇っていました。

↓ヒマワリに埋もれるビーチェ号


次は、丘のうえにたくさんある撮影スポットを探して・・・。

↓丘の向こうに木が見える


↓赤い屋根がいい


↓色とりどりの畑


↓一面の緑


↓パッチワークの丘


↓果てしなく丘が続いてます


しばらく走っていると、マイルドセブンの丘につきました。
防風林ですね。

↓思ったより短いんですよね


↓丘の下から見上げるとこんな感じ


あちこち走っているとお腹が空いてきたので、いつもの「Land Cafe」へ。
ココはドイツ人と日本人のご夫婦が農場を営みながら、ご飯も提供されている場所です。
何度かキタアカリやかぼちゃを直接仕入れましたが、いつも粒と味が安定していたお店ですよ!


↓美瑛の丘の奥にあります


カフェはとっても可愛い佇まい

↓可愛いカフェ


お店の中も、落ち着いています。
アチコチにドイツのおもちゃや小物が置いてあるのもイイ!

↓明るい店内


お腹が減っていたので、ソーセージカレープレート?(メニュー名忘れた)を注文。
これがまた美味しい(*^_^*)

↓旨し!



お腹がふくれたら、次はアソコです・・・。

美瑛と言えば次は富良野
富良野と言えば・・・ねぇ(*^_^*)



明日はどっちだ??

続く~!



Posted at 2015/09/22 22:30:47 | コメント(8) | トラックバック(0) | 旅物語 | 日記
2015年09月09日 イイね!

ビーチェ号北の大地に立つ(その四)

ビーチェ号北の大地に立つ(その四)

雨風は小康状態、嵐の前の静けさです。

皆さまいかがお過ごしでしょうか?

とりあえず、家の周りで飛んでいきそうなものを片付けたビアンコです。


前回は、
趣味まっしぐら!
廃車&萌えの回だったので、今回は普通に旅日記を・・・。

日高のキャンプ場で、某雨男の呪いが絶好調になり雨音で目が覚めたビアンコとビーチェ号。

一瞬雨が止んだすきにテントを撤収、出発しました。

と、いうことで



ビーチェ号北の大地に立つ

その四
 
めぐりあい蠍



出発したものの、すぐに大雨・・・。

↓新品のフロントガラスがたのもしい


しかーし!
夏前の車検でフロントガラスを新品に替えたので、快適快適。
ガラコ効果でビュンビュン水滴が転がっていきます。


今日の目的は六花亭のサクサクパイ

賞味期間3時間
(゚д゚)!
のレアスイーツです。

長距離かつ、焼き上がり時間に合わせるため、道東自動車道を使うことに。
まずは、誰も走ってない国道237号を北上。


↓寒いわ、寂しいわ・・・


道東自動車道はちょっとハイペースで走ったので、十勝平原パーキングで一休み。
一車線しかないから、後続車が迫ってきたら「ゆずる」or「ペースUP」しかないので、精神的にもエンジン的にもつらい道です。


↓雨でもチンチンに熱い


運転手も、ホッとひといき。
北海道限定のコーヒー缶を手に入れました。


↓しかし、失敗してコールドを購入・・・ホットがあったのに・・・


気を取り直して、一路六花亭本店へ。
開店と同時に飛び込みました。


↓隣には「堺ナンバー」のスーパーカブがとまってました


賞味期限3時間のサクサクパイをゲット!

↓外はサクサク、なかはトロトロクリーム


外はサクサク、中のクリームも甘すぎず、なかなかの逸品。

六花亭の本店では、サクサクパイだけでなく買ったケーキをその場で食べることができます。(スタンドがあるんですよね)

コーヒーも無料サービスなので、ホントありがたい。


シッカリ堪能した後は、ランチ場所へGO!
今回は雨で出発が遅れたので、早め早めに行動。



途中、フォード北海道のディーラーを見つけたり


↓アメ車ってのは北海道にお似合いかも



もちろん、トラクターマニアとしては押さえておきたい、このディーラーもしっかり見つけて。

↓おかげで美味しい玉ねぎ&じゃがいもにありつけます



砂糖工場のでっかいタンクに感動したり・・・。

↓このタンクの中全部砂糖??な、わけないね(笑)



景色を楽しんでいたら、今日の難関「狩勝峠」に。

↓ここは2合目



登坂車線を遅すぎず、早すぎないスピードで走行。

ギア比が離れているから2速と3速の間に、2.5速がほしいくらい(笑)

失速しないように速度を調整しながら、なんとか登っていきます。

あと、標高が上がればキャブの調子も若干変わってくるので、そこら辺を気にしながらの山登りは、現代車では味わえない快感(←変態やん)

しばらくすると、狩勝峠の頂上にたどり着きました。

ここからは十勝平野の一部が一望できます。


↓地球が丸い!


↓曇ってますねぇ


↓晴れていれば・・・


しばらくエンジンを冷ましたら、一気に富良野まで駆け下ります。
ホントに駆け下りる道でした。
(゚д゚)!


富良野を通過し、お昼ご飯は美馬牛の「ラ・マルタ」さんへ。

美馬牛を訪れた時は、「ラ・マルタ」か「Gosh」に行くのですが昨年「Gosh」に行ったので今回は「ラ・マルタ」さんに。

↓名前の通り、丸太でできてる


↓ログハウスのお店


ここは、オープンサンドが有名なのですが、今回はあえてカレーをチョイス。

↓ソーセージカレー



ピリリとして美味しいカレーです。

かなりの量が出てくるので、必死になって食べていると、窓の外から勇ましい音が・・・。





バリバリバリー!

ブロローン!







そう、この方です!

北の蠍使い

kawa蠍さんが、わざわざ迎えにきてくださいました!

↓カッコいい(・∀・)イイ!!



姉妹ですね!

↓綺麗なデザイン


↓このホイールがっ・・・(・∀・)イイ!!



実は、北海道入りするにあたって、美味しいご飯処をお聞きしていたのですが、つい「kawa蠍さんのアバルトとツーショットさせてください!」とお願いしたら、快く来てくださいました。

お忙しい中、本当にありがとうございました。

しばらく、お話しした後、野営地の東神楽オートキャンプ場まで先導してくださることに・・・。

丘の中を、台のFIATが爆走します。


↓すごい加速力!



途中、哲学の木前で記念撮影。

↓ココ大好きなんですよね



とりあえず、野営地まで送っていただいたので、テントを設営。

↓今回は近くに人がいるー



夕刻、kawa蠍さんが現行アバルトで迎えに来てくださいました。
この方も二台持ちなんですよね・・・。

そして、旭川までラーメンを食べに行くことに!

おすすめの「ほうりゅう」さんで正油ラーメンをいただきました。


↓気さくなご主人でした!



↓ストレートな味



素朴な正油ラーメンにビックリ。
びわ湖や京都周辺はコッテリ系が多くて、「塩」や「正油」の美味しいところは少ないのですが、さすが旭川。

美味しい正油ラーメンに、久々に出会えました。


ラーメンの後は、旭川の街をドライブ・・・。

kawa蠍さんの移住話やアバルト二台持ちになったエピソードを伺うことができて、楽しい時間を過ごせました。


しかも、小さいときにボーイスカウトをしていたという共通項も発見!

似たような環境の方とお話しするのは、面白いですねぇ。


kawa蠍さん、ありがとうございました!
秋刀魚も絶品でした~!




さて、美味しいラーメンを食したビアンコとビーチェ号、相変わらず雨は降ったり、止んだり・・・。

明日はどっちだ??



続く~!

今回のルート

Posted at 2015/09/09 00:37:22 | コメント(12) | トラックバック(0) | 旅物語 | 日記
2015年09月06日 イイね!

ビーチェ号北の大地に立つ(その参)

ビーチェ号北の大地に立つ(その参)
雨が降ってますねぇ

皆さま、いかがお過ごしでしょうあ?

低気圧で頭痛が痛い?ビアンコです。


さて、北海道の旅も中盤、今回は道端で見つけたオモシロイ物を紹介!!

完全、趣味ワールドですのでご了承ください
(´∀`)

ということで、





ビーチェ号北の大地に立つ

その参
思わず立ち止まって撮影したもの編



-廃車-
キタ - .∵・(゚∀゚)・∵. - ッ!!

(1)バス
走行中に突如現れたバス。
中型バスですが、車種はわかりませんでした。


↓走りながらだったので、ブレてる



(2)バス
またまた
( ゚Д゚)ウヒョー


信号で止まって、何気なく横を見たらバスが!!
路線バスみたいですが、コレも車種がわからず・・・。


↓夏も冬もガンバって走ってたんでしょうね



(3)トラック
某所でモシャモシャとコロッケを食べていたら、こんな所にトラックが・・・。
(゚д゚)!


まさかの場所に、ポツンと置いてあったトラック。

日産のJUNIORシリーズ、どうやら1956年から1690年に発売されていたB40型。
かなり貴重なクルマなのに、こんな目立つところに・・・。


↓1500ccの小型トラック


↓状態はあまりよくありません


↓シンプルなダッシュボード



(4)乗用車
道に迷っていたら、見えてきた茶色の物体・・・。
廃車だ!
よしゃー!


コレは1955年から1957年まで生産された、ダットサン110型系のようですが、朽ち方が激しくて細かい型番までは特定できませんでした。

↓いい色してます


↓ここまで来るとレストアは厳しいかも


↓たくさん走ったんでしょうね



(5)バス
とある抜道にひっそりと置いてあったバス
通り過ぎてから、あわてて引き返しました(笑)


いすゞの通称「オバQ」と呼ばれるバス。
1963年から1973年まで生産されたBU/BHシリーズだと思いますが、詳しくは不明です。


朽ち方とカラーリングが最高な一台。

↓バンパーがなくなってますねぇ


↓ライトは東芝製


↓平成元年のステッカー


平成元年てことは・・・かなり長い間、北海道で走っていたようです。



-廃屋-

北海道には廃車だけではなく、たくさん廃屋があります!

(1)畑のお家
完全に屋根が落ちているお家、畑の中にポツンとありました。

↓味がある



(2)林のお家
林の中に完全に取り込まれているお家。
隠れ家みたいですね。


↓いい感じです



(3)会館?
地域の公民館?
新しい建物ができたのか、過疎で廃棄されたのか・・・。


↓まだまだ使えそうな雰囲気




-萌え~-

北の大地には、何でもあります・・・。

(1)顔ハメ看板
東神楽にある「森のゆ ホテル花神楽」の入口に、お約束の顔出し撮影スポットが・・・。

顔を出すと、美少女になって森のゆ花神楽のキャラクター「はな子ちゃん」と温泉に入れます。
ちなみに、はな子ちゃんはラッコではなくフクロウのようです・・・デザインは支配人さんとか・・・。


↓顔をだす勇気はありませんでした・・・



(2)恋人の聖地に居たアンデット系アイドル
なんで北海道発なのか?
地域限定と思いきや、アニメ放送されてたり、Androidアプリがあったり有名なのか??


なにより、恋人の聖地「厚田公園展望台」というリア充のための場所に、二次元のアイドルがいるのが、違和感ありあり。

↓日本中にあるらしいですね、聖地


↓しっかりコインを入れてました・・・


恋人の聖地に、おひとり様で訪れたビアンコとしては、二次元でもいいから連れて帰りたかった(爆)




さて、今回は道端で見つけたキニナル物特集でした。
北海道は、何回行っても新しい発見がありますね!







前回、日高のキャンプ場まできたビーチェ号、
明日はどっちだ??


続く~!
Posted at 2015/09/06 22:41:00 | コメント(7) | トラックバック(0) | 旅物語 | 日記

プロフィール

「@Ponji! さーん!大変ご無沙汰しております〜、サクラリー中止なのは残念ですねぇ。
サクラの時期はアチコチふらふらしてますから、何処かでお会いできるかも!」
何シテル?   03/31 15:47
新旧チンクとベスパで珍道中してます。 フラフラとアチコチ出没してますので、かまってくださいな。 ビアンコ号は、走る、曲がる、とまるのがオモシロイ車。 ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/11 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

お友達

チンク、チンク、ベスパと気付いたらイタ車漬けになってました・・・。
偏屈なオッサンですが、よろしくです。
165 人のお友達がいます
B500B500 * italiaspeeditaliaspeed *
JOE(Ver.F)JOE(Ver.F) * コスナー11コスナー11
ムルティプラの狼ムルティプラの狼 もじゃさんもじゃさん

ファン

48 人のファンがいます

愛車一覧

フィアット フィアット500 (ハッチバック) ベアトリーチェ(ビーチェ)号 (フィアット フィアット500 (ハッチバック))
チンクと珍道中やってます! 1973年生まれの、元気な子です。 工事現場のような騒音、 ...
フィアット アバルト・500 (ハッチバック) ビアンコ号 (フィアット アバルト・500 (ハッチバック))
ちっちゃいけどよく走る、チキチキマシーンです。 2009年式 正規輸入左ハンドル 一便目 ...
ピアジオ ベスパ 125 ET-3 プリマベラ フランチェスカ号 (ピアジオ ベスパ 125 ET-3 プリマベラ)
メタボに効く振動、手首を破壊するグリップチェンジ、止らないブレーキと三拍子そろったマシー ...
その他 カヤック ブルーサンダー号 (その他 カヤック)
愛車ならぬ愛艇。 カヤックのくせに、チンクより長い! ノードア、2シーター、最大出力2 ...

過去のブログ

2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2009年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.