• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

CARUのブログ一覧

2013年03月10日 イイね!

そういえばアップしていなかったシトロエンDS3の操安まとめ

そういえばアップしていなかったシトロエンDS3の操安まとめ乗り味が気に入って買った割には、全く触れてなかったDS3のインプレッション。

まあ、プロのジャーナリストが書いたものが沢山あるのでわざわざ書く必要は無いですが、備忘録ということで。

<結論>

・日本のクルマは遅れていると感じさせる挙動の出し方

・公道の狭い道で限界を引き出そうと思うと、速度域が高すぎて危なすぎるタイヤのセット

・ターボラグが結局あるので、左足ブレーキを使う必要あり

・重量配分が前より、かつ重心が高めなので遠心力に預けるとアンダーステア傾向強し

・ミニクーパーSとは違って粘る足

・ブレーキを残して入っても外乱を逃がす懐の深いダンパーセット

・轍でダンピングしても前後にピッチングせずに垂直方向に動く挙動


<総括>

ホンダ車で見られる(慣れている)様な、ターンインでノーズダイブさせておいてから、バンプストッパーに当てた状態で外輪に荷重移動し、タイヤを潰して接地圧力を上げるという一連の操作は、あまりDS3との相性が良くなく戸惑った。

ノーズダイブさせて姿勢を作っても、フロント外輪にタイヤを潰していけるだけのフィーリングが得られなかった。それを基本姿勢として一連の流れを作っていたから、全てのタイミングがバラバラになってしまった。

かなリ深くブレーキしても、フロントダンパーにはまだ受け取れるだけのストロークのキャパがあるということになる。これは、轍の多い公道の不整路面では外乱の吸収という点で効果的である。

ダンピングの特徴が、インプレッサSTIに近いと思ったが、欧州的な考えの思想が強そうなスバルと欧州のクルマで似た部分があるのかもしれない。

お互い、クルマ文化としての芯にラリーのバックグラウンドがあるからなのだろうか。

結論として、ターンイン後は転舵のヨーのゲインがそこそこ大きい(ホイールベースが短いから?)ハンドリングなので、多少アンダーが出てしまいそうな状況でも辻褄が合わせやすく、とても懐の深いクルマに仕上がっていると思う。

4輪全てを使って曲がろうとするような、そんな感じです。

ただ、公道走行するにはタイヤがオーバースペックなのでオンザレールではあるけれども、本当の意味でこのクルマの挙動を知るには雨の日などの低ミュー路で乗ってみるか、速度域が非常に高い場所で(サーキットとか)どうなるか見ないと何とも言えないですね。

また何か気が付いたらそのうち書こうと思います。
Posted at 2013/03/10 01:11:03 | コメント(1) | トラックバック(0) | クルマ
2013年03月10日 イイね!

こんないい天気には。。。    そうだ、ドライブへ行こう!

こんないい天気には。。。    そうだ、ドライブへ行こう!天気がいいと気分も明るくなりますね!

かなり久しぶりに、目的もなくドライブへ。

湖岸沿いに何やら面白そうなカフェを見つけましたが、他のお客さんとライダー達で満席状態。

あきらめて、湖岸の曲がりくねった道を満喫して帰りました。
次のいい天気の日は、そこを目的に行ってみようかな。

クソ忙しい年度末に、少しのんびりした時間を見つけることができました。
おしまい。
Posted at 2013/03/10 00:17:19 | コメント(0) | トラックバック(0) | ドライブ | 日記
2013年03月03日 イイね!

トミカでも遊べるのかな?

トミカでも遊べるのかな?先日、DS3のサービスキャンペーンを受けてきました。
異常が無いのに警告灯が出るので、プログラムを書き換えるとのこと。


ほんまかいな。。。


さておき、ディーラーさんでこんなものを見つけました!

シトロエンなのがツボですが、トミカと変らんきもするし。

息子が欲しがったら考えよう。
Posted at 2013/03/03 01:27:55 | コメント(0) | トラックバック(0) | 趣味
2012年08月26日 イイね!

12ヶ月点検、異常無し

12ヶ月点検、異常無し延びに延びた、12ヶ月点検。

どこにも異常はありませんでした。

本当に?!

何故か、センターコンソールのディスプレイ表示が変わっていた。。。

ついでにミニカーを購入。
ローブとオジエ、それぞれをゲットしました。
Posted at 2012/08/27 00:37:21 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ
2012年04月08日 イイね!

2011 試乗インプレ総集編(カングー/フリードHEV/フィットシャトルHEV/アクセラ/アテンザ/スイフト/マーチ)

2011年に試乗したクルマを一気にインプレッション
あくまで思った事を書いただけなので、クルマに思う感想は人それぞれ。
読んで気分を害した人はごめんなさい。

○太ったカンガルー?
 ルノーカングー(4AT)

商用車ベース(?)の割り切りの使い易さと、サスペンションの味付けの良さからミニバンとは思えない楽しいハンドリング。

とは言え巨体を動かすにはあまりにも非力な1600ccエンジンと、変速制御もイマイチな4ATは実用性と趣味性が混沌としている。

それでもMTが選択出来るミニバンが日本にある事は喜ばしい事だと思う。本当、大きくならなくて良かったのに。



○実は丁度良くない
 ホンダフリードHEV

それなりの加速感、高い実用性、コンパクトな車体。

これでハンドリングが良いと買いなのだが、いかんせんフワフワして軟らかいだけの出来の悪いベッドで寝ているようだ。

これでは腰と三半規管が参ってしまう。酔いやすい私にとって助手席は拷問に近い。
後部座席の独立シートもいまいち使いにくい。

サイズは丁度いいのに、それ以外は丁度良くない。



○カローラに学ぶ販売哲学
 ホンダフィットシャトルHEV

先に出た普通のFitHEVよりも出来が良い。何が良いってクルマの質が明らかに1ランク上にシフトした。

フィットシャトルはエアウェイブみたいに別名にせずに、トヨタのカローラみたいにFit兄弟の形で売り出す事にしたのは有名な話。

荷室空間を確保したクルマが良いけどフリードみたいなミニバンはNGな人には良いパッケージかもね。

商用車に会社で使うなら考えるかな。HEVの加速間も排気量があるおかげでFitよりは良い。
ただ、それだけ。

クルマ好きを納得させるジャンルのクルマでは無いから、良くまとまったクルマという感想しか出てこない。

まさに、本田流のカローラだね!



○背伸びは”ほどほど”が良い
 マツダアクセラ(2000cc)

これは、ごめんガッカリしてしまった。

硬いだけでまとまりの無い足回りはボディ剛性と重さのバランスが悪く、シートもしっくり来なかったせいもあり、見た目の質感が高い(外装・内装とも)だけにギャップが大きくて残念だった。

2000ccの加速も、進む事は進むのだけれどトルクが薄い!燃料をケチっているのが明らかに分かる。

トルクが薄いとクルマの印象は明らかに悪くなるので、ガッカリの大きな要素でしょう。

昔のマツダのエンジンの印象は、パワーは無くても中間のトルクがしっかりついて来てたので、乗りやすくて良かったのにな~。

これだと、前の型のアクセラの方が完成度が高かった。
背伸びして、欲張った分だけ中身がついて来なかった。

まぁ、かけられるコストを目に見える部分に使った(カタログの燃費とか)結果の産物でしょうか。



○もう、日本人には売る気無いのか
 マツダアテンザツーリングワゴン

とても大きく立派になったアテンザ。
ツーリングワゴンでも車体の剛性は十分。

前にアクセラに乗ってただけに大人の質感があふれるクルマになってました。
加速感もトルクも車格に見合って合格点。

内装は、デザインはスッキリ素敵。肌に触れる部分がプラスチックだったりパーティングラインが見えるのは御愛嬌。

ホンダのアコードワゴンと比べても、乗り味は負けていないしレガシー程のの安定感は無いけど直進安定性自体は優れている。

黒い内装(スポーツグレードだった)も渋くて、よくあるまとめ方だけどピラーの圧迫感などはレガシーほどでは無い。

でも、やっぱりでかい。

日本の道で低めのセダン系ツーリングワゴンであのサイズは見切りが悪い。

アクセラの質感がよくなかっただけにアテンザはお勧めしたいが、それなりに大きなセダンに乗りなれてないとあのサイズは多少疲れると思う。

アクセラのサイズで、アテンザの作り込みがされたクルマがスカイアクティブとして出れば、文句無いのにな。



○実は一番地に足が着いたカーメーカー?
 スズキスイフト(CVT)

北海道でのレンタカーとして、1週間ほどじっくり乗る事ができました。

フルモデルチェンジしたスイフトは日本のコンパクトカーの中では一番カッコよくまとまっているのではないでしょうか。

内装は、黒を基調としたもので芸が無いと言えば無いけど、文句を言うべき部分は少ないし、センターコンソールのまとめ方も自然で好感が持てました。

少なくともヴィッツより全然イイ。

高速道路での直進安定性はコンパクトカーとしては十分なものでした。

上の速度域では確かにわだちでロールすると、収束するまでフラつきはするけれど、ヴィッツの腰砕け感やフィットの腰高感はありませんでした。

エンジンは上まで確実にスッキリと回ります。

トルク感は乏しいけれど、加速にパンチがあるので楽しいです。
ただ、味は薄味。

ワゴンRに乗った時のフィーリングに近いかな。
最近の日本車のコンパクトカーでは一番お勧め出来るクルマです。



○何処へ行く日産
 日産マーチ

何だろう。

技術的には見るべきポイントも多々あるし、例えばアイドリングストップもついてるし、タイで作ったグローバルカーだし、3気筒エンジンにも興味心身だったはずなのに、エモ―ショナルな部分が得られなかった。

特段感想ありません。って言って終わりたくなる感じは、何なんだろう。

例えば、普段クルマを設計していないエンジニアリング集団に、必要な性能とコスト目標を啓示して「じゃ、よろしく」と言って出来あがったクルマをベンチにかけて、必要な目標値が出ているから、OK、ありがとう。お疲れさん。てな感じで出来あがったクルマ。

本当に日産の社員はクルマ好きなの?クルマ特別好きでもないけど、クルマ作ってます。一応。
性能も出てるし文句ある?と言いたげな仕上げ方。

別に、どこのメーカーだって、実はそれほどクルマが好きでも無いけど社員として働いているとは思うのだけど、魂が無い製品は心に響かない。

道具としてのクルマと言えばそれまでだけど、ここまで無味なクルマもある意味で新鮮。

日産は一体何処へ向かうのか。

ソニーみたいにならないか勝手に心配してます。



<まとめ>

2011年は、私にとってとても忙しい年でした。
そのまま継続して2012年も1月に書きかけのブログをアップするのに4月になってしまうほどに。
それでもクルマが好きなので、ディーラーさんには申し訳ないが時間を作って試乗させて頂いてました。

最近の傾向として、どうも国産車には心魅かれるクルマが少なくなってしまった気がしてます。

どちらかと言えばブランドには拘りたく無いので、外車をありがたがる気も無いのですが、試乗して心踊る気分が減りました。特に国産車は。


86、BRZが気になるものの、それ以外は。。。

シャカリキになって飛ばす時代でもないし、スポーツカーしか楽しいクルマが無いわけではない事もカングーの試乗で分かりました。

2012年は、ワクワクさせるクルマにどれだけ出会う事が出来るのでしょうか。

楽しみです。
Posted at 2012/04/08 23:26:03 | コメント(1) | トラックバック(0) | 試乗記 | クルマ

プロフィール

クルマの好きは人それぞれ。 最近私が大事にしてるのは、クルマと自分の距離感。 近いと疲れる、遠いと飽きる。 クルマのリズムが体に染み込むと、色...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/9 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

お友達

ファン

2 人のファンがいます

愛車一覧

シトロエン DS3 シトロエン DS3
試乗したら、いきなり惚れてしまい1週間後にハンコを押しました。 外車に乗るのは当分先だ ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
写真はまだスレてない、あどけない頃です。 今では・・・
ホンダ インサイト ホンダ インサイト
ハイブリッド+アルミ・樹脂ボディ+空力ボディ 単純にキーワードとコンセプトに魅かれてしま ...
トヨタ カローラFX トヨタ カローラFX
カローラFXの存在は知らず、ただ4AGエンジンが搭載されてハッチバックという理由だけで購 ...

過去のブログ

2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2009年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.