• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2011年08月03日

信長の足跡を訪ねて①

信長の足跡を訪ねて①

  夏休みをいただき、セレナで家族旅行に。



1日目まず行ったのは愛知県はここ、

そう、桶狭間。

そしてこの公園は「桶狭間の戦い」の行われた中心地にあり、

また信長に討たれた今川義元最後の地でもあります。


「桶狭間の戦い」といえばあまりにも有名ですので多くは書きませんが、一介の領主であった信長が天下統一に向けて時代の幕を開けた日本史上でも特筆すべき戦いですね。

この銅像は最近になって建てられたもののようです。


少しアップで信長公。


同じく義元公。


公園内には他に「駿公墓碣」の墓碑や


馬繋ぎの杜松(ねず)の木


そして今川義元の討ち取った後の首を洗い清めたといわれている「首洗いの泉」跡などがありました。


最後にセレナと信長公のツーショット?

                                    Aピラーの上に信長さまが

そしてここは公園の近くにある今川軍の本陣を置いたといわれている
「おけはざま山」

丘の中腹、住宅地の中にありました。




そうなんです。
今回の旅行の目的のひとつには、息子の夏休みの研究のために、と信長の足跡を辿るという目的もあるのでした。



次に向かったのは信長の天下取りの出発点であった城「清州城」


見える天守閣は平成元年に再建されたものではあるが、


当時清州城に信長が入城したのは弘治元年(1555年)。


その5年後に清須城から桶狭間へと出陣



そして「天下布武」へと駒を進めていく。



信長亡きあとでも有名な「清州会議」とかで歴史の舞台にたびたび登場する城のひとつですね。




中はやはり近代的な造りになっていました。

                        階段も登りやすーい!

そして資料館にも




長篠の合戦かな?



天守最上階からの眺め

清州の街や、

新幹線も見えます。



さてこちらは隣接する「清洲公園」に建つ織田信長公の銅像


桶狭間出陣時、26歳の時の雄姿を模した像らしいです。

りりしいですね!

後ろ姿



公園から清州城址に向かうときには川にかかる鉄道の橋の下をくぐります。

すぐ上をすごい勢いで新幹線(写真には写ってません)が通り過ぎました。

鉄道好きにはたまらないアングルかも知れませんね。

川側から見た復元天守



こちらは同じく隣接地にある「清洲古城跡」


跡地には信長公を祀ってある社がありました。






途中で女性陣と別れ、
(女性陣は名古屋市内へ買い物へと消えて行きました)

次に向かったのは信長が生まれたとされている「勝幡城」の城跡。


信長生誕の地は「那古野城」という説もあるようですが、信長の祖父である織田信定の築城した城であり、信長の父である信秀が那古野城を奪うまで居城していたという事から勝幡城説を信じる事にします。

しかしながら、城という面影は無く、住宅地に「勝幡城址」と 言う石碑しか残っていませんでした。


近くの橋に城の復元図があったので撮って来ました。


立派な天守はありませんが、大きな堀があるのが分かりますね。

計算によると、信長は10歳までこの地にいた事になります。


次に向かったのは国宝「犬山城」


彦根城に行った時も思いましたが、天守に行くまでが大変です。

昔の人の足腰の強さが思い知らされます。

途中、何か所か神社があったんですが、その中のひとつにこんな味のある宣伝文句が、

なぜか面白く感じ、撮ってみました。


天守が見えました~!


さすがに現存天守の中でも一番古い天守ということもあり、歴史を感じる建物でした。





中も復原された城などとは違って、急な階段、城らしくて良いですねー!


天守最上階からの眺めも絶景!


こちらは木曽川が一望。

この辺が別名「白帝城」と呼ばれる由縁か?本当の所は良く分かりません。

最上階の廻縁は狭い上に手すりが低いので落ちないように注意しましょうね!

帰り道、気になったもの。
すごい急な角度の太鼓橋。

通行止めになってました。そりゃ危険ですわな~。



その後、名古屋の栄で女子達と合流し、


以前の旅行でも行った「山ちゃん」へ。


山ちゃんといったら手羽先ですね~!


相変わらず絶品ですね~!


Beerも進みます。


少し高価なこちらも試してみました。

うーん、私には普通のが合ってるかも。

こちらも以前食べて美味しかった、鳥皮餃子?だったか。

良かった、残ってて。   こちらも好きです。


ホテルに行くと、黄色いフェラーリが停まってました。

TABさんも黄色いクルマ乗ってますが

こちらはホイールや内装まで全てイエロー

こっちはロールスロイス?


以前停まった時はランボルギーニだったし、このホテルではすごいクルマを見せてくれます。


今日は史跡をたくさん見て回ったから、戦国時代の夢でも見れるかな~



2日目へ続く・・・
ブログ一覧 | 史跡 | 旅行/地域
Posted at 2011/08/07 17:53:20

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

この記事へのコメント

2011/08/09 18:46:39
愛知に住んでいながら、行ったことのないとこがたくさん出てきて勉強になりました。清洲城とかも実際には行ったことないしなぁ。世界史をとってたからかもしれないけど、日本史はあんまり詳しくないんですよね~。
コメントへの返答
2011/08/10 06:37:53
私もそんなに詳しくはないんですよ(笑)
好きなだけで・・・

息子の研究のためと称して私が一番楽しんでいたかもです。

尾張、三河は、信長、秀吉、家康はじめ、いろんな武将が関わっているので、いたるところに史跡があって、面白いです。
うらやましい。
2011/08/09 21:55:13
こんばんは^^

甲子園遠征のときに、新幹線で名古屋を過ぎて見えるお城が
なんの城なのか、ずっと気になっていて、やっと愛知出身の
後輩に聞いて清洲城だと知ることが出来ました。
たしかに見ててやけに新しいなぁ、とは思ってましたが(笑

しかし、黄色のF355は内装も黄色ですか?
絶句、、、(笑
いあ~、すごいなぁ

太鼓橋は鎌倉の鶴岡八幡宮にもあって昔は渡れたんですよ。
つれあいがどんくさくて渡れなくてねぇ、、、(爆
今でははやり立ち入り禁止になってしまってますが、、、
コメントへの返答
2011/08/10 06:53:23
どーもです^^

確かに新幹線がたくさん通ってました。
今度遠征したときに新幹線からの清州城をリクエストします(笑)

清州城では現在大河ドラマ「江」のドラマ館も併設されていましたから、好きな人は楽しめますよ。

珍しいクルマを見ると写真撮りたくなりますね(笑)
このフェラーリはF355っていうんですね。
本当に内装まで黄色一色でした。

犬山の太鼓橋も以前は通れたのですかね?あれはあれで、渡ってみたい衝動にかられました。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

新車購入を期に登録させていただきました。 クルマいぢりは得意で無い不器用オヤジですが、よろしくお願いします。 ブログもクルマに関係無い内容が多いです。 良...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/8 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

お友達

ファン

14 人のファンがいます

愛車一覧

スズキ エブリイ スズキ エブリイ
16年乗ったジムニーとの別れは辛かったのですが、たび重なる修理と、エコカー補助金にも後押 ...
ホンダ ワルキューレ ホンダ ワルキューレ
ワルキューレ ホンダの絶版車、水平対向6気筒・1520ccのエンジンとめずらしいレイア ...
ヤマハ TT250R ヤマハ TT250R
チョイ乗りや通勤など、活躍しています。 トレールは長距離や高速は苦手ですが、軽いし小回り ...
スズキ ストリートマジックII110 ストマジ (スズキ ストリートマジックII110)
2ストで希少車、衝動買いしてしまいました。

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.