• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

かず・なかのブログ一覧

2016年09月04日 イイね!

エスプリのパワーウインドウモーター修理

超久しぶりのアップです。気になっていた所を修理しましたのでレポートします。

以前より調子の悪かった助手席のパワーウインドウが、最近は開いたり開かなかったり、開いても閉まらなかったりと使い物にならない状態に。そこで意を決してオーバーホールすることにしました。

まずはドアトリムを外します。
前後三か所のビスを取り、




ドアハンドル部分の3つのビスは緩めるだけにします。(本来はこの部分に四角く切った革が貼ってあります)7~8回ドライバーを回す感じでしょうか。(緩めすぎると裏のプレートが落ちてしまいます)


そしてドアハンドル本体を浮かせて上下2分割のドアハンドルベゼルを取り外します。




これでドアハンドル本体はそのままでドアトリムを手前に引っ張り、上にずらせば簡単に外れます。


ハーネスがつながっているので注意。


次はパワーウインドウモーターユニットの取り外し。
ブラケットを固定している3か所のナットを外します。上側の2つは見えてますが


下側の1つはご覧の通り鏡でしか見えない所に隠れてます。ただし、下側はブラケットがU字穴なのでナットを緩めるだけで外せます。


モーター本体に来ている赤と緑のハーネスを外しておきます。


ユニットが外せたら、あとはガラスチャンネルにはまっている部分をスライドさせればアームごとユニットが外れます。


外したユニット



ブラケットを外すとようやくモーター本体を固定しているボルトにアクセスできます。


ようやくモーターが外れました。


単体で通電してもまともに動きませんでしたので、やはり原因はモーター本体です。ついにモーター分解にチャレンジ!


さあ、分解と思ったら固定しているビスがヘキサゴンではなくトルクスでした。工具持ってないし~。ホームセンターで買ってきました。また工具が増えた…(^^;)


トルクス2本外すと、ケースごとコイルが取れます。


ウォームギアを外した状態でこの白い樹脂のギア(と金属プレートのクラッチ?)部分を手で回すと軽やかに動きましたので、原因はここではありません。


ばらした状態。この時点で断線しかかっていた箇所がちぎれてしまいました。もちろん後からコードは新しくしました。


このあとパーツを一つ一つクリーニング。カーボンブラシは限界近くまで減っていると思われますが、とりあえずこのまま使うしかありません。


グリスアップして組み直し通電してみると、少し回転するのですがすぐに金属が擦れあうような音がして止まってしまいます。何度もやって音の原因を探るとどうやらケースの端末付近から音がしているような…。


再度ばらしてケースをよく見てみると、底の部分の軸受け(?)は何やら爪でホールドされてアジャストできるような構造です。


一見錆びついて動かないように見えましたがドライバーで押すと動いて向きが変わりました。ひょっとしてこれがずれて干渉しているのでは?と推測し、爪を少し緩めてCRCを吹き付けて調整してみました。


もう一回組み直して通電してみると、何と!勢いよくスムーズに回転するではありませんか!やったー!!!(実は自分でも直せるかどうか半信半疑だったので…)


モーターは構造が単純なので、怪しいところを一つ一つ確認していけば、素人でも何とかなるもんですね。エスプリのパワーウインドウモーターはすでに欠品しているようなので直って良かった~(^0^)/

あとは逆の手順でドアに組み付けて、ウインドウがちゃんと上下するのが確認できましたので無事完成!めでたしめでたしです。作業後のビールの美味しかったこと!
Posted at 2016/09/04 18:52:56 | コメント(9) | トラックバック(0) | エスプリ | クルマ
2016年02月09日 イイね!

クラブエスプリオブジャパン新年会ツーリング

2月7日(日)にクラブエスプリオブジャパンの新年会ツーリングに行ってきました。

集合場所は大黒パーキング。




いつの間にか私の車はランボルギーニ軍団に囲まれてしまいました…(^^;)


カウンタックLP500。かっこいいなぁ。



パンテーラもいました。



大黒を出発して目的地の観音崎京急ホテルへ向かいます。
途中の横須賀パーキングで隊列を整えて



あっという間にホテルに到着。天気が良くて青空が綺麗。





昼食バイキングのあと、恒例の抽選会をして解散となりました。

お疲れ様でした!



Posted at 2016/02/09 18:53:33 | コメント(3) | トラックバック(0) | オフ会 | クルマ
2015年10月25日 イイね!

エンジンオイル&オイルフィルター交換

エンジンオイルとオイルフィルターの交換をしました。

最近はご覧の通り上抜きでやっています。5Lほど吸い取りました。


オイルは主治医のお勧めのこれです。


Posted at 2015/10/25 21:40:36 | コメント(1) | トラックバック(0) | エスプリ | クルマ
2015年10月12日 イイね!

クラブエスプリ磐梯吾妻ツーリング

10月11日、12日とクラブエスプリ&オーセンティックカーズ合同の一泊二日ツーリングに行ってきました。

磐梯吾妻スカイライン~磐梯吾妻レークライン~磐梯山ゴールドラインを走って、猪苗代湖畔のホテルに一泊するルートです。

初日は、朝のうちだけ雨という予報が見事にはずれてほぼ終日雨…。エスプリは13台集まりました。



東北道の福島西インターで降りて、磐梯吾妻スカイラインを登ったところの浄土平で昼食。ここにいる間だけかろうじて雨がやみました。こんな天気でも紅葉が綺麗!



吾妻小富士から駐車場の車を見下ろす。


浄土平からレークラインへ向かう途中も紅葉が綺麗でした。晴れていたらどんなにか素晴らしいでしょうか。


レークラインの中津川レストハウス駐車場にて。


悠誠さん号と紅葉。

このあとはゴールドライン経由でホテルに向かいました。ホテルでは宴会で大盛り上がりでした。

二日目はうってかわって快晴!



水滴が朝日に照らされて綺麗です。




FUKUさん号(一番奥)とFRSさん号(真ん中)は、すっかりキレイに拭き取りが済んでますが、タッキーさん号(手前)はまだびしょ濡れ…。


猪苗代湖を望むホテルを後に、渋滞をさけてまっすぐ帰り15時頃には帰宅しました。


参加された皆様お疲れ様でした。(^_^)
Posted at 2015/10/12 19:05:44 | コメント(3) | トラックバック(0) | エスプリ | クルマ
2015年08月22日 イイね!

ヘッドランプリトラモーターギア部品交換

最近左のリトラクタブルライトの上がり方が右に比べて一瞬遅れるようになり、そのうち1回だけ上がらない時がありました。(その後はまた上がるようになりましたが…)

ついに来たか~。エスプリ乗りなら誰でも経験する(ちょっと大げさ?)リトラモータのギアの中にある樹脂パーツの破損か!? すでに何人もの方がブログにアップされていますので、それらを参考にさせていただき修理をすることにしました。

ということで早速イギリスのSJスポーツカーズからオーバーホールキットとついでにギアも購入。



左のリトラモーター部分。ウォッシャータンクが邪魔ですがそれは簡単に外せます。



モーターは鉄板のプレートにボルト3本(赤矢印)で固定されているのでそれを外しますが、その前にボールジョイント(緑矢印)を外しておきます。


モーターからボールジョイントを外すとヘッドライト本体が下に落ちてしまうので、タオルを挟んでおきました。



アームをプレートの穴にくぐらせながらモーターを取り出します。


あとは涼しい部屋での作業。アームとフタを外せばギアが現れるのですが…、なんとフタを固定しているボルトがインチサイズ! 手持ちが無いので近所のアストロプロダクツに行って1/4インチサイズのコンビネーションレンチを買ってきました。(リトラモーター以外で使う所はあるのだろうか…)



フタがはずれました。が、まだギアは外せません。モーターシャフトのウォームギアの下に潜り込んでいる部分があるため、モーター本体を外さないといけないのです。モーター本体も1/4インチのボルト(赤矢印、2か所あり)で固定されているのでそれを外します。



やっとバラせました。ここで、粉々になった樹脂パーツ登場! 



と思ったら、

あれ?なんかちゃんと形になったままの黒いパーツが…。

どうなってるの?なぜリトラが上がらなかった?ちなみにこの黒いパーツ、素材が何かわかりませんが結構固くて軽いです。



私の鋭い観察眼は(ウソです)サイズの違いを見逃しませんでした。この黒いパーツとSJから手に入れた正規のパーツのサイズを測ってみると、僅かですが黒いパーツの方が直径が小さいです。これが原因?でもそれなら1回だけリトラが上がらないのも変だし…。でも、まあバラしてしまったので正規品に交換しましょう。



ちなみに、バラす時にいろんな小さい部品を紛失しないように注意が必要です。特にモーターシャフトの先端のボールベアリングを私は危なく失くすところでした。(^^;)



モーターを組み付けるには、バネで飛び出そうとするカーボンブラシを引っ込めておかないと、シャフトを入れることができません。シェットランドさんの秘技を参考にさせていただきました。銅線を縫い糸で引っ張ってセロテープでとめておくのです。



ギアやボールベアリング、ローラーに付属のグリスを塗ります。



ガスケットを忘れずに。これもキットに含まれています。



モーターを組み付けて糸を抜けばOK!


フタをする前にもガスケットを忘れずに。



そして完成!



あとは逆の手順で組み付けて終わりです。作動を確認し問題ありませんでした。写真にはないですが、ついでに右側も交換しました。右側はモーター本体を外さなくてもギアを交換できるので遥かに簡単です。

これで当分大丈夫かな~。(^_^)
Posted at 2015/08/22 21:50:19 | コメント(5) | トラックバック(0) | エスプリ | クルマ

プロフィール

「大丈夫。私の晴れ男パワーで明日はバッチリです!(^^)」
何シテル?   04/01 17:58
免許を取って以来のエスプリ好きです。 念願かなって1992年に4年落ちの並行輸入車を購入。 買うまでも、買ってからも、夢を(悪夢の時もあったりしますが…) ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/9 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

リンク・クリップ

GT-Rツーリングに参加してきました。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/05/23 22:03:04
ノーブランド PCD変換スペーサー Type J ヴァージンウルフ634 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/03/11 12:32:22
榛名湖から軽井沢経由高峰高原ツーリングは最高に気持ち良かった! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/04/27 19:44:29

ファン

16 人のファンがいます

愛車一覧

ロータス エスプリ ロータス エスプリ
1988年式ロータスエスプリHCです。 1992年に購入以来、外観ではホイールとミラーの ...
その他 その他 その他 その他
ブログ用画像

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.