• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

じゃっきーwakaのブログ一覧

2017年07月19日 イイね!

ポルシェ911のフォトストーリー案を

ポルシェ911のフォトストーリー案をタイトル
日曜日のライダー
週末のライダー
SUNNY SUNDAY RIDER

 ………………………………………………

 もうすぐ、あのカエル顔がやってくる。

 天気のいい日曜日の早朝、決まって走ってくる古い型式のポルシェ911。

 もう十何年もの間、あのカエル顔はこの峠道へとやってきている。

 あたしが小学生の頃からだから、ホントもう十何年!

 え、あたし?
 そんなポルシェを遠目で眺めておっきくなったあたしは、今は自分のバイク、SRX-4で、彼が現れたのを見計らって、その姿を追いかけてるってところかな?

 追いかけてると、ポルシェの彼は気づくのか、同調してくれるようにペースを合わせて走ってくれる。

 でも、2輪(バイク)と4輪(クルマ)、一緒に走れば普通はリズムが合わないじゃない?

 それなのに、何ていうか、
 まるで、夏の日の逃げ水に駆け寄るような。
 まるで、不器用なソーシャルダンスを踊っているような。

 もどかしげな間合いを保ちながら。

 一緒に走ってくれる。


 嬉しいんだなぁ、これが!


 少しずつ、ポルシェとのリズムを合わせていけばいい。
 焦らなくてもいい。それでいいんだ。

 ……………。
 う〜んっと、楽しくなってきたぁ!!


 さぁ、今日こそは山頂のパーキングで、ポルシェの彼に話しかけてみよう。

 「晴れた日曜日の朝は、最高ですよね!」

 って。

 きっと彼は応えてくれると思うんだ。


 晴れた日曜日を走り続けてる、あのポルシェの彼なら。


 fin


 追伸1
 このフォトストーリーを作るのにあたり、ひろぽん∞☆さんのブログから写真等をお借りしました。
 Special Thanks!

 追伸2
 クルマの数だけストーリーが作れそうです(笑)。

 追伸3
 という訳で、相変わらず女性の撮影モデルさんを探してます。どうかよろしくお願いします。
Posted at 2017/07/19 22:53:22 | コメント(6) | トラックバック(0) | フォトストーリー(案) | 日記
2016年10月11日 イイね!

フォトストーリー案 "Repaired"

フォトストーリー案 "Repaired" 「はい、この時計。直ったから。」

 久しぶりにお店に顔を出してくれた彼はそう言って私のオメガ スピードマスターを返してくれた。

 ………………………………………………
 彼は私の店によく焼菓子を買いに来てくれる常連さん。

 コーヒーを飲みに来てくれたり、焼菓子を買ってくれたり。そしてその時はいつも旧いフェアレディZで来てくれて。

 ………………………………………………
 いつの間にか親しくなった私は、彼から時計に詳しいということを聞いて、つい、お願い事をしてしまった。

 「父からもらった古い腕時計があるんです。でも、もう動かない、そんな時計。オメガのスピードマスターってご存知ですか?」

 「うん。」

 「直せますか。」

 「う〜ん、どうだろう…。一度見せてよ。」

 後日、そのスピードマスターを預けることになった。

 直るとは、あまり思わなかった。もしかしたら、私自身あのカタチがあるだけでもよかったかもしれない。

 でも、なぜだか。
 今でも旧いクルマに乗ってる彼をみていて。
 もう一度この腕時計を動かしたい、そんな気がして。

 ………………………………………………
 「修理代はおいくらかかりましたか?代金はちゃんとお支払いさせてください。」

 「う〜ん、趣味で直したようなものだからね(笑)。じゃあ、コーヒーチケット1冊分で。」

 「でも、人に聞いたら修理代はもっとかかると…。」

 「だから、機械モノを直すのは私の趣味だから(笑)。じゃあ、今日のコーヒーは自慢の焼き菓子をいくつかくださいな。」

 コーヒーと焼き菓子で、お店にゆったりした時間が流れる。

 「あ、そうだ。大事にされてたようだよ、そのスピマス。オーバーホール…、いや、修理した跡があったから。大切にするとイイよ。」


 父はそんな几帳面な性格に見えなかった。
 でも、この時計をくれた時、何だか少し嬉しそうな顔をしてたっけ。程なく時計の針は動かなくなってしまったんだけどー。

 「そうですね、大切にします。」
 あなたのフェアレディZのように、これから大事に使っていきます。


 fin


 追伸1
 オメガのスピードマスターやブライトリングのクロノグラフとか、腕時計とクルマを絡めたお話いくつか作れます。

 写真は、イメージということで私の手持ちの時計です。相変わらず私は買えないのですけどね(苦笑)。

 追伸2
 これは、プロット(案)ではなく、そのまま撮影会してホームページにアップしたいですね!

 あれ?クロノグラフにクルマに撮影場所と、女性モデル。あぁ!自分で「撮影会」のハードルを上げてしまった(苦笑)。
Posted at 2016/10/11 19:18:28 | コメント(5) | トラックバック(0) | フォトストーリー(案) | 日記
2016年08月17日 イイね!

旧いスポーツカーをイメージしたフォトストーリー案を

 「自分の楽しい時間を過ごしてる」
 と、思っていた。
 仕事も趣味の旅行とかも。

 「自分の好きなモノを持っている」
 と、思っていた。
 お気に入りの家具やアクセサリーとかも。

 なぁんにも不都合はなく、年相応のライフスタイルができていて、それなりに友だち同士とも遊びに行けて、ホンット楽しくて。

 ……………………。
 これって「楽しい」って、ことになるのかな?
 誰に問われるでもなく、最近そう思えてきた。

 「楽しいは楽しいでいいじゃん!アンタの人生なんだから(笑)!」

 こんな話をすると、友だちはそうやって笑い飛ばすのだけれど。

 ………………………………
 「好きなことは、あるかい?」

 仕事からの帰宅途中の夜のコンビニ。カウンター席で100円ドリップコーヒーを飲んでた時、面識のないオヤジに声をかけられた。
 いつもはガン無視するところだけど。ついその男の顔をまじまじと見てしまった。

 ちょっと煤けたジャケットを着て、無精ヒゲを生やした、その男。
 不躾な男だなぁ、と思った。

 でも、その男自身もそう思ったのだろう。すぐに真顔になって髪の毛をガシガシ掻きながら
 「いや、すまない。つい声が出てしまって」

 と、バツの悪そうな表情をして、急ぎ足でコンビニを出て行ってしまった。

 なんだかなぁ…。
 好きなことはやってるつもりなんですけど…。
 でも、何か私の「心の引っかかり」を突かれた、そんな気がして。

 ………………………………
 窓越しに、その男のクルマが駐車場から出て行くのが見えた。不似合いなスポーツカーに乗ってるな、と思った。

 ……………………。
 不似合い?
 そんなモノは他人の私が決めることじゃあない。

 私の好きなモノは?楽しいことは?
 あれ?
 私自身が「決めてない」のでは?

 ………………………………
 少し考え過ぎかな。

 今の生活で、何か困っているわけではない。
 今の生き方に、何か不満があるわけでもない。

 だけども…。


 何か、もどかしさがあるのは本当のところで。
 それをあの男に見透かされた様な気がしただけで。

 別に構わない。あの「変な声かけ」をしてきた男とは、もう会うことはないんだから。

 ………………………………
 コンビニから出てしばらく歩いて。
 その男のクルマがハザードを出して、路肩に停まっているのを見つけた。

 何か故障でもしたのかな?
 でも、声をかけずに通り過ぎようと思っている。
 ………………………………。

 fin
 というか、to be continue.
 というか。

 ………………………………

 追伸
 さてさて、いよいよとりとめのないショートストーリーになってきました(苦笑)。
 ヤマなし、オチなし、意味なし。の「ヤオイ」ですね。

 最近はショートストーリーのお話もたくさん作ってます。
 さぁ、あとは女性モデルさん探しですね(笑)。
 あぁ、でも肝心のスポーツカー探しも頑張らねば(笑)。
Posted at 2016/08/17 23:29:48 | コメント(3) | トラックバック(0) | フォトストーリー(案) | 日記
2016年08月15日 イイね!

フェアレディZの2by2をイメージしたフォトストーリー案を

 「いいの?叔母さん。こんなところで…」
 「ウン、大丈夫。時間には遅れるけど、約束は守る人だから」

 姪っ子の運転するマーチに乗せられて着いたところは、お昼前の「道の駅」。
 ほどほど人がいて。ほどほど寂れていて。

 「ホンットにあの『オジさん』、ちゃんと来る?」
 あの人、よっぽど信用がないんだなぁっと、くすりと笑ってしまった。

 「大丈夫だって。ほら、あなたはデートでしょ?早く戻らないと!」

 マーチから小さく詰めた自分の荷物を取り出して、心配症の彼女を見送る私。


 ………………………………
 それから3時間以上経った、夕暮れ時。

 ……………………。
 やっぱり時間を守らない男ねぇ。

 ふぅっと、ため息をついたその時、懐かしい音をさせたクルマが駐車場へと入ってきた。
 黒と銀のマンハッタンカラーの280ZXだ。

 私の近くまでそのクルマを寄せて、アイツが窓から顔を出してこう言った。

 「ヘイ、彼女ォ!ヒ〜マだったら結婚しない?」

 ……………………。
 呆れた。
 「『結婚、し直さない?』て、言うところじゃないの?」

 私は自分の荷物をさっさとリアシート放り込んで、助手席に乗り込んだ。
 「へェ、相変わらずシャレやノリがわかんないんだなぁ!」
 「あらぁ、そっちも相変わらず時間を守れてないズボラなまんまじゃない」

 ……………………。
 しばらく睨みあったけど…。
 どちらからともなく、笑いが吹き出してしまった。

 「さぁて、どっか寄り道していくかい?」
 「い〜よ、別にぃ」
 「でも、このまま狭い『オレ達んち』に荷物を置きにいくってのも…」
 「あら、私の荷物はZのリアシートに納まるくらい小さいよ」
 「まぁまぁ(苦笑)、適当に寄り道を」

 そう言いながら、さぁて一体、どこに寄り道をするのやら(笑)。

 ………………………………
 私たちの新しい結婚生活が始まっていくだけ。
 お互い、許せないことやイヤなことがたくさんあったけど、新しい2人の生活が始まる。ただ、それだけなのよね。


 見通しのよい直線。
 私は彼に言った。
 「ほんの少し、アクセルを踏んでくれる!?」
 「イイのかい?」
 「うん、今だけなら!!」

 新しい2人の生き方の、景気づけ。

 そんな感じが、今はするからー。


 fin

 
 追伸
 挿し絵は…、入れられそうなら後で入れてみますね(苦笑)。

 追伸2
 えっ〜と、挿し絵が入れられそうにありません。ご容赦を。
Posted at 2016/08/15 23:50:37 | コメント(0) | トラックバック(0) | フォトストーリー(案) | 日記
2016年08月11日 イイね!

Later 300ZX、Z32をイメージしたフォトストーリー案を

Later 300ZX、Z32をイメージしたフォトストーリー案を タイトル"Keep"

 「ちゃんと、とっといてくれたんだ」
 「まぁ、約束だから」

 ………………………………………………
 特にクルマに興味があったわけではなかった。
 でも、就職のことも考えて「AT限定免許」くらいは取っておこうかな?と考えていた高校生の頃。

 アタシはいつも通る通学路の途中で、「そのクルマ」を見つけた。
 クルマ屋さんか、何かなのかな?でも、今まで「それ」があることに全然気がつかなかった。

 「おもしろいカオをしたクルマだなぁ」
 というのが第一印象。
 それから毎日の通学の時に、そのクルマを見ることが日課になっていった。

 秋が深まり、しばらくしてー。
 期末テスト期間のある日の午後に。

 やっとそのクルマのオーナーらしい人を見つけたアタシは思い切って声をかけた。

 「このクルマ、売ってください」

 突然、声をかけられて。その人も驚いた様子だったけど。

 その人は、ほんの少し困った顔をして、
 「これはボクのクルマなんです」

 ………………………………………………
 でも、そのクルマはそれからもずっと動かずにその場所にいて。

 雨の降る日も。
 凍てつく寒い夜も。

 それ以来、何度かそのオーナーと話してみたけど、なぜかどうしても話がかみ合わなくって。

 ………………………………………………
 就職先が決まって地元を離れる時、そのクルマのフロントガラスにそっと手紙を差し込んでおいた。

 「このクルマを手放す決心がついたら、必ずアタシに連絡ください」

 ………………………………………………
 就職して最初の夏休みにそのクルマのオーナーは連絡をくれた。

 屋外に置かれたままのそのクルマは、少し色褪せてしまっていたけれど。アタシの瞳には、以前より魅力を増して映っていた。

 鍵を受け取る時、
 「アナタが生まれる前のクルマだよ。手間もお金もかかるよ」
と、オーナーが言った。

 「うん、でもそれも楽しみにしてこのクルマに乗っていきます」

 そのオーナーはー。
 きっといろんな思いがあったのだろうけれど、このクルマを手放す決心をして。

 免許を取ったアタシはー。
 どんなに色褪せても、このクルマを最初のアタシのクルマとして付き合っていく決心ができていて。

 ………………………………………………
 必要な書類を受け取り、クルマに乗り込んだ時ー。

 バックミラーに少し困った顔をしたー。
 寂しい顔をした「元オーナー」の表情が見えた気がした。でも、何かが吹っ切れた安堵感のあるような、そんな感じにも見えたりもして。

 ………………………………………………
 さぁ、「新しいオーナー」はアタシだ。
 いろいろコワれるところもあるクルマのようだけど、この笑ってるような、おもしろいカオが気に入ったんだ。

 いつでも笑っていられるそのカオが。

 アタシなりにこのクルマとじっくりと付き合っていく。ずっと前から決めてた、アタシの心です。


 fin


 追伸
 随分と間を空けてしまってます。とんと、ホームページを作る機会を逸してますが、相変わらず女性モデルさんをまだ探してます。
 9月に大須でのライブでギター弾き語りの女性を紹介してもらえそうなのですが…。

 我こそはと思われる方は、ぜひメッセージなどでご連絡を(笑)!
Posted at 2016/08/11 00:15:40 | コメント(2) | トラックバック(0) | フォトストーリー(案) | 日記

プロフィール

「自分で見つけないといけないんだわぁ。
自分が進みたい道へ行くための方法ってヤツは。

好きに生きるんじゃなく、好きなことをして生きていく。
確かに似ているようで、ちょっと違いますね。
受け売りの言葉になってないだろうか。
うまく伝わるかな、子どもに。」
何シテル?   12/11 21:18
現在、L28ブロックにRB30E(RB20E)のクロスフローヘッド(OHC)を組み合わせたエンジンを搭載しようと奮闘中です。 「build a cross fl...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/12 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

リチウムイオンバッテリーの”儀式” とは Warrior 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/12/09 23:15:28
Air Repair iQの今のタイヤの状況・・・(~_~;) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/11/20 23:47:56
フロントガラスの霜を一瞬で取る方法とは  プロテクタ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/11/19 08:53:27

お友達

「RB30E(RB20E)クロスフローヘッドを載せたL型エンジン」の製作計画に向けて、コストダウンを図るため、また一緒に「古くて新しいL型チューン」を築き上げるために、賛同者を募っています。

ご興味のある方は、お気軽にお声をかけてください。
121 人のお友達がいます
kazuhixkazuhix * むねたけむねたけ *
オレパンダ@うきオレパンダ@うき * ワイズファクトリー&エターナルワイズファクトリー&エターナル *みんカラ公認
C-CLINICC-CLINIC *みんカラ公認 太田哲也ドライビングレッスン事務局太田哲也ドライビングレッスン事務局 *

ファン

158 人のファンがいます

愛車一覧

日産 フェアレディZ 日産 フェアレディZ
 昭和47年式の240ZGに、  ・フレームの差替え及び内部にアングル追加。  ・サイド ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.