• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

じゃっきーwakaのブログ一覧

2017年06月20日 イイね!

2017ル・マン24時間レース アストンマーチンVSコルベット!!(ネタバレあり)

 ル・マンのTV地上波放送がなくっても、YouTubeでライブ配信されているものを視聴できるとは、世の中、進歩しているものです。

 車両カテゴリーに詳しくないけど取りあえず。
 LMP1クラスはポルシェとトヨタが1台ずつしか残らなかった。

 LMP2クラスはジャッキー・チェン氏のチームがあわや総合優勝かと思えるところまで戦えてた(風水を重んじたカラーリングが印象的でした)。

 でもって再度言うけど、ル・マンの車両カテゴリーに詳しくないんだけれど。

 ………………………………………………
 ラスト1時間のアストンマーチンVSコルベットの戦い振りはどうよ!

 23時間走り続けて、5車身と差が開かず。
 隙あらばブレーキのタイミングやラインを外して、攻めるアストンマーチンとコルベット。

 同じV8エンジン型式同士の戦い。
 ユニオンジャックVS星条旗。

 どっちが勝っても面白いレースだったと言えるだろうか。

 ライブ配信で観てる限り、そんな「過去形」の話なんか、それこそ後回しよ!!

 よくぞ走る、アストンマーチン。
 よくぞ走る、コルベット。


 最後敗れたコルベットが、左フロントに損傷を抱えながら満身創痍で24時間のチェッカーフラッグを受ける姿を観て。

 戦い抜いた「ただ走るために生まれた機械の塊」を観て、心揺さぶられるものがありました。

 ………………………………………………
 ル・マン24時間レースは最高!!
 24時間という時間の流れの中のレギュレーションという体ですが。


 23時間経っても、競りに競り合うレースは最高!!
 本当に誰が観てもわかるような、競り合うクルマ同士のバトルを観たかったのです。

 来年も楽しみにしているよ!


 追伸
 「動画配信」ということは、リアルタイムでチャットで感想を述べることができる機能があるということでして。これも面白かったです。

 ただ、とてもチャットに参加はできません(笑)。
Posted at 2017/06/20 20:58:11 | コメント(4) | トラックバック(0) | コラム | 日記
2016年10月30日 イイね!

紫陽花の季節に

紫陽花の季節に 今日はオフー。

 といっても、240ZGで遠出をするでもなく、近所のガソリンスタンドでハイオク3,000円分給油してから、国道302号線を含めて、軽く地域をひとまわり。

 写真は近場の紫陽花を撮らせてもらいました。

 すっかりしおれていますが、カタチはまだしっかりしていると感じるのは私だけでしょうか?

 きれいな紫陽花の季節には間に合いませんでしたが、まだカタチの残っているうちに、写真を撮れてよかったと、そう思うのです。

 次は240ZGと一緒に映る様に写真を撮らなければ(笑)。
Posted at 2016/10/30 10:56:28 | コメント(1) | トラックバック(0) | コラム | 日記
2016年10月23日 イイね!

同じ条件の下でも

同じ条件の下でも 同じ1972年式のS30Zに乗るやっさんと私とで、明確な思考の差を感じることがあります。

 部品がない?お金がない!時間がない!?その他諸々。

 この条件の下で私は、
 「やっぱり、やめとくわ」

 やっさんは、
 「いいでしょ、やってみましょうよ」

 ………………………………………………
 同じ条件下でも、ネガティヴ(消極的)な考え方が先に出る私に対して、やっさんは、ポジティブ(積極的)な言葉で、そう声をかけてくれます。

 それがきっかけで、行動に移せる機会を得ることができたりして。

 ………………………………………………
 まだ、クラッチ交換などの作業に手をつけられてるわけではないですし、他の改善作業も進められてないのですが。
 そして、期待する走行会に行けるようになったわけではないですが。

 「なるほどいいですね、今やれることを、やってみましょう」

 今日の私にやれること。燃料ホースを変えるための寸法どりです。ミニサーキットでも燃料を吹かないように、ね。

 そして今日できなかったこと、足りぬところは、また次の機会に繋げて、とー。
Posted at 2016/10/24 06:41:40 | コメント(1) | トラックバック(0) | コラム | 日記
2016年09月09日 イイね!

「可能性がある」という「妄想」を抱かぬように

「可能性がある」という「妄想」を抱かぬように クルマに乗らずにいた2ヶ月間、時々ネットオークションなどで自動車部品を検索してました。

 「インターネットの「情報」は広く、深いなぁ」
 と、あらためて「高度情報化社会」という言葉の意味を感じます。
 調べてみると、40年以上も昔の240Zのそのバージョンアップされた部品は、国内外で今でも多種多様に作られ、販売されているようです。

 それらを眺めて考えていたことは、
 「このミッションを入手できたら、240クロスミッションの代わりになるかも」
 「このタコ足は中古だけど程度がよさそうかな」
 などなど。

 ……………。
 全く、愚の骨頂です。
 例えばキャブレターのリンケージ部分など、細かな部品が安価だったとしても、それにこだわって買い揃えていけば即座に大金になってしまいます。

 こうして「物欲」に飲み込まれてしまっては、クルマに使える資金の乏しい私です。
 「クルマを上手く走らせたい」
 という、1番の純な目的に近づくことができなくなり、容易に足元をすくわれることになります。

 「本気で(いろいろと)絞っていかないと、走り出せないよ」

 ………………………………………………
 例えば、私は今でも「他者と比べて速くクルマを走らせたい」という気持ちに駆られることがあります。

 しかし、その思いは蓄えておいて。もちろん、その気持ちにいけるのか、そういう「環境づくり」ができるかも、私自身の課題であって。

 今は、自分自身がさらに自分のクルマの運転が上手くなるように。
 運転もクルマの調整もできるだけやれるように。

 それを最優先の目的として。相変わらず240ZGと付き合っていきます。

 ………………………………………………
 あらためて、今の私の240ZGは、
 所有して20年以上経った中で1番扱いづらく。
 そして1番よく乗っています。

 「さらによい部品を揃えたら、もっとよくなる」

 それは事実かもしれませんが、
 そういう「可能性がある」という「妄想」をしているよりも。
 もっと具体的なことを考え、行動できる「力」を持つことの方が、私にとって、大切なことと思うのです。

 そして、今持っている自分の「力」が足りないと思うのなら、それを補う努力や工夫をすることを考えた方が、よほど建設的だな、と。

 私自身の性質として、ネガティヴな思考にいきやすく、また考え方によく「ブレ」がでる特性があると思っています。

 今、このようなことをブログに書いてるのは…、何ででしょうね(苦笑)?

 さて、では今やれることを。バッテリーの電圧チェックをしてきますね(笑)。


 追記
 元から搭載していた古いドライバッテリーが現在12.4Vで、3日前まで燃料ポンプは作動し、セルは3回めまでは勢いよく回ったのですが、その後、残念ながらエンジンの始動までには至らず、現在充電中。

 新しく譲ってもらった古いドライバッテリー(何か表現がおかしいですね(苦笑))が12.6Vで、これに今、積み替えたら1発始動できました。

 私の240ZGは助手席後部にバッテリーを移設していて、バッテリーケーブルも配線は太くしてありますが、やはりその分だけ長いです(配線加工に往復10m弱使用しています)。

 この「0.2V」の差が大きいのかなぁ…。
Posted at 2016/09/09 07:57:51 | コメント(4) | トラックバック(0) | コラム | 日記
2015年06月11日 イイね!

ル・マン― 2015年の「GT-R LM NISMO」と1997年の「R390 GT1」と

ル・マン― 2015年の「GT-R LM NISMO」と1997年の「R390 GT1」と 今週、いよいよ今年のル・マン24時間レースが開幕しましたね。

 事前の公式テストで前輪駆動の「NISSAN GT-R LM NISMO」は全体で27位。下位クラスのLMP2のマシンにも4台先行されているようで。

 でも、このニュース配信を見て、
 「いいぞ、それでいい。」
 と1人納得していた私でした。

 ………………………………………………
 1997年のル・マン、日産は力を入れてました。
 1995年、1996年の「NISSAN NISMO GT-R LM」から一変して「NISSAN R390 GT1」の投入です。
 鉄板ボディの市販車然としたものからドライカーボンを多用した純レーシングカーへ。
 シャシーはTWR(トム・ウォーキンショー・レーシング)が作ったものと言われ、当時のモータースポーツ関連雑誌では「(日産は)メーカーとしてどうよ?」とも言われていましたが、エンジンはグループC時代に活躍した「VRH35Z」のリストリクター装着版の「VRH35L」です。

 スゴイことにこのクルマ、予備予選で1位になるくらいだったんです。

 「よ~し、今年のル・マンは日産はイケるぞ!」

 と、思ってたのですが直後にレギュレーション違反を指摘され、その改修に追われた「R390」はル・マン本選でミッショントラブルを起こし、リタイアとなってしまいました。

 その「レギュレーション違反」というのは、まぁ解釈の違いのようなモノでして。

 ………………………………………………
 1997年のル・マンは参加車両がまだ「GTカー」扱いだったんですね。「GTカー(グランツーリスモ=長距離ドライブに適う目的のクルマ)」である以上、「トランクルームスペース」が必要とあったそうなんです。
 なるほど、トランクルームね。納得するといえば納得する。

 もちろん「R390」にもありましたよ、トランクルーム。ただ、そこは無数の穴が開けられ、また形状も工夫されて、空気をうまく流してトランスミッションの冷却ができるようにしてあったんです。

 そこを主催者側から指摘されまして。

 「トランクルームがあること」と「トランクルームとして使用できること」とは違うと―。

 これが痛かったんですね。
 案の定、穴を塞がれたトランクルームに仕立て直した「R390」は、本選でギアボックスにトラブルを起こし、リタイアすることになってしまいました。

 ………………………………………………
 さて、これはズルい考えなんですけどね。
 もし、予備予選で「R390」がポールポジションを取らなかったら―。
 もしかしたら、ここのレギュレーション違反の指摘を受けなかったのでは、と思ってしまうんですよ。

 欧米のレースではよくそんな駆け引きが行われたりしますから。

 1995年のR33GT-R改の「NISSAN NISMO GT-R LM」でフラットボトムの解釈の食い違いを指摘された様な感じなものです。

 ………………………………………………
 1997年のル・マン、日産は力を入れてました。力を入れすぎていたのかもしれません。

 本選前の順位、1997年の1位と2015年の27位。これには「戦術」が含まれているのか。


 現地時間13日の15時スタートの本選がどうなるか楽しみです。
Posted at 2015/06/12 19:56:15 | コメント(5) | トラックバック(0) | コラム | 日記

プロフィール

「紫陽花の季節に 一眼レフカメラ撮影写真を初アップ http://cvw.jp/b/657176/39999415/
何シテル?   06/26 21:28
現在、L28ブロックにRB30E(RB20E)のクロスフローヘッド(OHC)を組み合わせたエンジンを搭載しようと奮闘中です。 「build a cross fl...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/6 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

生憎の天気なので…(^_^;) 今日はタイレルを作ろう、その③です。m(__)m 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/06/26 22:06:44
サイト訪問数 19万ヒット♪ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/06/25 23:36:16
「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち」第二章 発進篇 観てきたw  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/06/25 20:49:08

お友達

「RB30E(RB20E)クロスフローヘッドを載せたL型エンジン」の製作計画に向けて、コストダウンを図るため、また一緒に「古くて新しいL型チューン」を築き上げるために、賛同者を募っています。

ご興味のある方は、お気軽にお声をかけてください。
122 人のお友達がいます
P.N.「32乗り」P.N.「32乗り」 * ねむしゃこねむしゃこ *
銀鬼7銀鬼7 * ワイズファクトリー&エターナルワイズファクトリー&エターナル *みんカラ公認
C-CLINICC-CLINIC *みんカラ公認 SHO@CA18DETSHO@CA18DET *

ファン

158 人のファンがいます

愛車一覧

日産 フェアレディZ 日産 フェアレディZ
 昭和47年式の240ZGに、  ・フレームの差替え及び内部にアングル追加。  ・サイド ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.