• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

じゃっきーwakaのブログ一覧

2017年06月29日 イイね!

Z31にVG30DETTをエンジンスワップ! CARBOY1998年10月号プライベートチューニングレポートより

Z31にVG30DETTをエンジンスワップ! CARBOY1998年10月号プライベートチューニングレポートよりCARBOY1998年10月号
プライベートチューニングレポートより。

Japanese Hot Roder誕生! 逆ハンZ31にVG30DETTを合体だ
フェアレディZ 愛知県・P/N○ビチューン友の会会長

 構想1秒!
 作業1年!!


 この度、DATSUN Z31・300ZXに現行Z32のVG30DETTを載せることに成功しました。Z31もまだまだイケるということをレポートしたいと思います。
 以前はS30に3.1ℓのL型やRB25DETなどを載せて峠を走ってました。ところがけんしょう炎になってしまい、重ステに乗れなくなってしまったのです。そのため、パワステ&エアコン付きのZ31にしました。でも、ただの(?)Z31では芸がないので逆ハンの前期型ブリスターフェンダー仕様に決定。Z32エンジンに載せ替えることを前提にしているのは言うまでもありません。
 エンジンスワップ自体はこれで3度目のことになります。これまでに「S30Z+RB25DET」と「R31スカイライン+SR20DET」を経験しています。ハーネスごとそっくり移植し、ノーマルコンピュータでコントロールしてきました。
 さて、このZ31にVGを載せるに当たり、いくつかクリアしなければならないことがあります。それは、パワステ、エアコンを付ける、あくまでツインターボのまま、街中で普通に乗れる、峠を気持ち良くドリフトできるといったことです。これらがクリアできなければ、S30を売ってまで手に入れる意味がありません。しかし、パワステとエアコンにこだわったがために、結果的に1年という長い期間を要してしまったのですが……。
 まず、Z32ターボの事故車(エンジンの動くヤツ)を見付けなければなりません。しかし、意外とZ32ツインターボのMT車は少ないようで、結局AT車を購入しました。本当はMT車が欲しかったのですが、ないならしょうがない。でも、このために後々ミッション選択で悩むとは、まったく予期していませんでした。
 買ってきた事故車からエンジンやAT、CPU、ハーネスとセンサーなどを壊さないように取り外します。また、5万kmほど走っていたので、OHを兼ねてエンジンにも手を入れることにしました。メニューはというと、ピストン&コンロッドの軽量化と重量合わせ、燃焼室加工(グループAのGT-R同様)、ポート拡大&研磨、バルブ鏡面加工、ヘッド面研といったところです。
 更に、タービンをT3Gツインにしてインジェクターを追加、HKSのEVC、VPC、AICでコントロールします。これらに併せて、ピストンリングも新品に、ガスケットも1.2mmのメタルへと交換です。
 さて、ここからが問題のミッション編です。今回いちばん頭を悩ませてくれました。というのも、Z32のセルは普通のクルマと違いミッションの横に、しかも後ろ向きに付いているのです。タービンをかわすためにこうなっているのでしょう。従ってZ31のMTは使えません。しかもATを買ってきているのでMTを探さなければなりません。
 しかし、Z32のMTは解体屋さんにもない状態です。散々駆けずり回った挙げ句やっと見付けました、Z32のMT車!
 ところがMTだけ買う約束をしておいたにもかかわらず、何とクルマごと他の人に売ってしまったというじゃないですか!


 やむなくMTやファイナルの部品番号を調べ、見比べることにしました(表を参照してください)。すると、R33GTS-tとZ32のMTの型が似ていることを発見。たまたま、S30+RB25DETを製作したときの余り物(?)R33のMTが家にあったので、Z32の整備書と較べてみたところ、どう見ても同じように見えます。
 そこで、Z32MTのベルハウジング、ベアリング、ガスケットを日産で購入し、R33のギヤボックスをはめたところ、これがドンピシャリ。次はプロペラシャフトですが、Z31のボルグワーナーMTに合うペラシャフトがありません。R33、Z32ともにスプラインが違います(ちなみにFS5W71Cとも違う)。R33かZ32のペラシャフトを使うしか手がなさそう。


 結果的には私が選んだのは、Z32エンジン+R33MT&プロペラシャフト+R200デフという組み合わせでした。ただし、プロペラシャフトは2分割のフロント側だけを使用し、デフとの間にアダプターを入れてやる必要があります。このアダプターは、知り合いのYASHIROエンジニアリングの八城さんに製作をお願いしました。長さ165mmで両端をボルトでジョイントできるようにしてもらいました。
 デフは、私のZ31に付いていたR200のLSDなし、ファイナル3.5では峠での気持ち良さは得られないとの判断から、4.1か4.3の物がいいはず。組み合わせるMTはR33用で、このファイナルは4.1なので、それに合わせることにしました。この方がスピードメーターも狂わないでしょうし……。
 そこで、4.1のR200デフは、と色々調べたら……ありました。それはR31のRB20E。このデフはすぐに見付かり5000円で購入。組み合わせるLSDはストックしてあったZR-Ⅱ用をプレートのみニスモの強化に入れ替えて“バキバキSPL”として使うことにしました。
 しかし、このままでは付きません。LSDを組んだR200はドライブシャフトがノーマルと左右逆になるのです。ですから、シャフトのフランジ部のブーツをめくって左右を入れ替えてやらないと、ドライブシャフトとデフが合体しないのです。ここは注意が必要ですよ。
 小加工が必要なポイントはまだあります。先ほど少し触れたセルです。上記の組み合わせでいくと、フロアに思いっ切り当たってしまいます。そこで、当たる部分をハンマーでたたいて逃げを作らなくてはなりません。たたいた後はシャシーブラックを塗るのを忘れずに!私のクルマは左ハンなので助手席側をへこませましたが、右ハンだと運転席側になります。室内を見ると運転席の床が出っ張っていて少し変かも?

 狭いエンジンルームに
 悪戦苦闘の連続


 エンジン、MT、デフなどをすっかりと降ろしたところで、Z32のハーネスをDATSUNに移植します。あくまでもキレイに、要らない配線は捨てることにしました。ちなみに捨てたのは、ハイキャス、フルオートエアコン、AT用CPU、オートクルーズ、ABS、BOSEコンポ、ライトやワイパー類のボディ側の各配線です。また、このとき余る部分は切り詰め、足らないところは必要なだけ伸ばしてやると、ムダなくキレイに仕上がります。
 配線ができたらエンジンを仮にボディに載せてマウントを合わせると……見事に合いません。更にオイルパンはメンバーに当たっているし、エアコンはクロスメンバーと干渉しています。また、右側のタービンのアウトレットもフロアと接触しています。先が思いやられる……。
 ところで私は会社員(電気工事関係)ですので、平日の帰宅後と休日くらいしか作業ができません。その上、休日も遊びで忙しく、何だかんだで1年もかかってしまいました。まあ、普段の足&通勤用にR31スカイラインワゴンを持っていたので、「早く作らなければ」という焦りがなく、のんびり構えていたせいもありますが……。
 話を戻しましょう。まずオイルパンですが、試しにVG30ETの物を付けてみようとしましたが、残念ながらダメでした。仕方なく、VG30DETTの物を加工することにします。加工個所は図を見てください。オイルパンをカットするので、このままではオイル容量が不足してしまいます。これはオイルクーラーを2個追加して対処しました。
 エアコンと干渉するクロスメンバーは、当たらない所へ移動し溶接し直しました。フロアに当たってしまうアウトレットは、パイプを切断し、これも溶接してつなぎます。また、左側のアウトレットもステアリングシャフトに当たっていたので、削ってしまいました。


 当初の予定どおりパワステも付けたのですがZ31のポンプはVG30DETTには付きません。いろいろなポンプ……RB25、SR20、CA18と試してみましたがどれもダメ。結局Z32の物を加工しました。Z32用はハイキャス付きだったので、その部分をバラして取り払い、パワステの方だけ生かして使用します。
 クラッチは、中古で買ったOSツインを装着します。しかし、そのまま取り付けたのではクラッチが重くなるので、R32GT-R用のクラッチブースターをAssyで移植しておきました。この手はS30ZにOSトリプルなんて組み合わせにも使えますよ。ついでにクラッチレリーズシリンダーやゴム類も交換。これでボディとエンジンやMTがドッキングできます。
 しかし、まだ補機類のセットが待っています。ラジエターホースは形がまったく違うので、300ZR用に替えないと合いませんでした。更に、機械式ファンはスペースの都合上、ラジエターの前後に各一つずつ付けました。
 エアコンも付けなければこのクルマにした意味がなくなってしまいます。そこで、コンプレッサーとボディ側をつなぐホースは、色々なクルマから外した物を当ててみたりしました。が、結局は300ZR用の物を基本に、切った張ったでどうにか付けてしまいました。


 ここでいちばん困ったのがインタークーラーです。スペースからいって、どうやっても2個付けられそうにないのです。パイプだけでも計4本フロント側に出さなければいけないのですから。しかし、ここで一つの考えが浮かびました。“峠を走るのがメイン→スーパーレスポンス仕様→インタークーラーレス”、決まりました。ツインターボのツインスロットル……考えただけでもものすごいレスポンスマシンになりそうです。
 次なる問題はマフラー。メイン径を幾つにするか悩みましたが、峠を走るのでトルク重視の60φデュアルに決定。1個のタービンに1本のマフラーとしました。60φのパイプは買っておいたので、インテークパイプも60φで作ってあります。
 触媒は……大人ですから(?)、外見だけはきちんとして、中身を抜いて付けておきます。またエンジンの振動対策にジャバラもフランジも購入しました。サイレンサーは安いバイク用っぽい物をチョイス。1個8000円でした。
 作業の方は、クルマの下に潜って溶接していたので、かなりつらいものでした。しかも、最低地上高を確保するためにできるだけ回り込んだ形状とします。
 こうなってくると、エンジンをかけたくなる衝動を抑えることができなくなります。バッテリーもトランクに移設(エンジンルームに入らなくなった)。オイルと水を入れ、準備を進めます。リザーバータンクはノーマルが付かなかったので、バイク用(VFR400)を代用しました。燃料ポンプも、イグニッションONで作動するように加工。また、このときのためにと買っておいたオートメーターやブースト計、排気温度計なども仮にセットしておきます。
 いよいよ実行です。CPUを外しキーをひねります。無事セルは回りました。配線は間違っていませんでした。さすがスワップ3台目のプライベーター、としばし自己満足に浸ります。油圧が上がるまでセルを回し続け、上がったところでCPUをつなぎ、再度キーをひねります。
 ところが、初爆はあるものの、どうしてもエンジンはかかってくれません。点火時期を調整、プラグを確認、整備書とニラメッコ……、色々とやってみた結果、パワートランジスタの端子がさびていて、接触不良を起こしていたのが原因でした。ここを磨いてキーON!思い切りデカい音と共にエンジンがかかりました。
 私のやってきたことは間違ってなかった、と実感できる瞬間です。Zが車庫の肥やしにならずに済んだという安心感もありますね。
 仮に組んでいたパーツをきちんと付け直し、併せてボディの方も仕上げにかかります。軽量化のためボンネットをFRPに、リヤガラスはアクリルに変更。ロールケージも組みたかったのですが、“小僧”っぽくなってしまうので“大人”を演出したい私はあえて付けませんでした(実はこれまでロールケージを組んだクルマ3台を乗り継いでいるのですが……)。内装もすべて付けておきます。
 また、パワーアップに伴い、ブレーキも強化しました。フロントはR33のローターとキャリパーをおごってやります。足まわりも見直し、テクニカルな峠というステージに合わせ、リヤをビルシュタイン+8kg/mmのスプリングに交換。これまでと違い、速さより気持ち良く流せればOKというふうにクルマの作り方を変えました。年を取ったのでしょうか?
 と、そんな話はこのくらいにして、クルマの方は慣らしを終わらせ、いよいよ峠デビュー!ブーストを最低(0.7kg/㎠)にしても、2速で滑りっ放しでドリフトできます。かなりトルク型のエンジン特性です。強化したLSDのおかげもあるのでしょうが、横を向いても前に進んでいる気がします。
 しかし、加速が鈍いのが少し気になります。まあ、3.1ℓのS30Zに乗っていたせいもあるのでしょうが、160km/hくらい出ていた直線で、130km/hしか出ません。ファイナルを4.1でなく4.3にすれば良かったと、少し後悔しています。4.3のファイナルもストックがあるので、ヒマなときにでもと考えています。それでも、ノーマルのZ31とは比較にならないくらい速いことは体感できました。何せ同じ直線で90km/hくらいしか出ませんでしたから。
 また例の“インタークーラーレス”ですが、VPCでの制御でアイドリングもバッチリ、中間での息つきもなくスムーズに吹けています。水温も一定で1時間くらいの渋滞も問題ありません。ただ、オイルが漏れていたのはショックでした。とはいえ、FISCO往復でもレベルゲージでしか確認できない程度なので、このまま乗ることにしました。これもファイナルと併せて今後の課題としましょう。
 一見VG同士なので簡単にスワップできそうですが、予想以上に加工が必要でした。これならかえってRB26をZR-Ⅱの部品を使って載せた方が簡単ですね。
 CB歴10年の私としては、やっぱりCBの真髄はエンジンスワップ!と勝手に思っています。

 From CARBOY
 ★今月は巻頭特集に合わせてスワップネタです。それはいいとして、VGが搭載されてからのZというと、狭いエンジンルームの代表車種になるくらい作業性が悪い。で、どうせやるならハーネスごとも大正解。ただし他車種でこの手を使う場合、エアフロなどの電圧が違っていることもあるので、事前の確認を忘れずに!


Posted at 2017/06/29 20:35:08 | コメント(1) | トラックバック(0) | 書籍・雑誌 | 日記
2017年06月28日 イイね!

CARBOY1998年10月号のプライベートチューニングレポートをテキスト化

CARBOY1998年10月号のプライベートチューニングレポートをテキスト化 タイトルどおりです。CARBOY1998年10月号のプライベートチューニングレポートをテキスト化しています。

 この時の巻頭特集は「エンジンスワップ」。
 いろいろなクルマのエンジンスワップ記事が掲載されていました。

 それに合わせたように、読者投稿のプライベートチューニングレポートも、Z31型300ZXのVG30ETから、Z32のVG30DETTに載せ替えるというものが掲載されています。

 テキスト化の作業は、インターネット上での閲覧ができるようにと考えてのことです。
 関係各機関(大げさかもしれないけど大事なところ)の了承は得られました。

 元々、自分のウェブサイトでアップできるようにテキスト化しているわけですが、並行して、みんカラのブログにも同じ内容を掲載しようと思います。

 CARBOYの縦書きの文章からウェブサイトの横書きの文章への変更は思いの外、読みにくくなると思っているのです。

 あと、私のウェブサイトより、みんカラのブログの方がアクセス数が多いですしね(笑)。

 ブログに掲載して、「見やすいよ」、「読みにくいよ」、「段落ごとにスペースがあった方がよい」、「こうしたらいいんじゃない?」などのコメントをいただけたら幸いです。

 一旦アップしたブログも、ご意見を踏まえて後から修正をかけていきたいと思っています。

 テキスト完成まであと少しです。

 カミングスーンということで(笑)。
Posted at 2017/06/28 18:16:00 | コメント(2) | トラックバック(0) | 書籍・雑誌 | 日記
2017年01月16日 イイね!

なんだかんだでSHAFTに行ってきました

なんだかんだでSHAFTに行ってきました というわけで、240ZGではなくファミリーカーのセレナで春日井市のタイヤ屋さん「カーショップSHAFT」へ到着。

 年始の挨拶と、借りていた本「空母いぶき」を返却して「SS」を追加で借りてきたりして(笑)。

 時間があればプレステ3を活用したドライビングシュミレーター(?)をお借りしたかったのですが、あいにくこの日は出遅れました。

 模擬サーキット走行練習(?)は、次回またお願いしようと思っています。

 しっかし、寒いですよねぇ!!
Posted at 2017/01/20 17:30:51 | コメント(2) | トラックバック(0) | 書籍・雑誌 | 日記
2016年04月03日 イイね!

258円の買い取り価格を得て、108円のF1の雑誌を買う

258円の買い取り価格を得て、108円のF1の雑誌を買う 近所の新古書店が「本の買取金額20%アップキャンペーン」というのをやってまして。

 「頭文字(イニシャル)Dと湾岸MIDNIGHTのコラボ雑誌」とか「荒木飛呂彦の漫画術」とか早速売ってきました。
 うん、我ながら持ってる本がマニアック(笑)。

 査定してもらってる時間にクルマ雑誌のコーナーへ。

 いえね、もう基本クルマ雑誌とか買わないようにしてるんですが、自分自身のレギュレーション(?)として、108円なら買ってもいいかな、というのを置きまして。


 というわけで見つけてきたのが30年くらい前の英語のF1雑誌。6ドルって書かれてます。
 とりわけて美しい写真が掲載されてるわけでもないですが、クルマ関連のモノ。
 私の英語勉強の「教材」としては最適かな、と(笑)。

 しかし、プロストもセナもピケも、「ぷっつんマンセル」も、みんな若いなぁ、としみじみ。

 あぁ、「ぷっつんマンセル」というのは、整備専門学校時代の級友との会話で仲間内でつけたマンセル選手の愛称でして。

 F1ファンの友人曰く、
 「この前の鈴鹿、マンセルは自分のスポンサーの広告塔にぶつかってったぞ!」
 
 って、笑い話からなんですよ(笑)。


 いやはや、108円でそんな学生時代の頃を思い出せるなんて、お得です。


 あぁっと、英語力は相変わらず「翻訳」ではなく「解読」してるクチですよ、私は(苦笑)。
Posted at 2016/04/04 21:33:02 | コメント(1) | トラックバック(0) | 書籍・雑誌 | 日記
2015年06月11日 イイね!

小学校の教科書で「湾岸ミッドナイト」を引き合いに出してしまう

小学校の教科書で「湾岸ミッドナイト」を引き合いに出してしまう 小学校高学年にもなると、国語で漢文も習うんですね。私の頃はどうだったろう?
 娘の宿題で家族の前で音読をするというものがあります。

 「春暁」
 春眠 暁を 覚えず
 処処に 啼鳥を 聞く
 夜来 風雨の 声
 花 落つる こと 知る 多少

 「春のねむりのここちよさに、夜が明けたのも気がつかなかった。あちらこちらから、鳥の鳴き声が聞こえてくる。昨夜、風雨の音が聞こえていた。花は、いったい、どれくらい落ちたであろうか。」

 ふむ、これはよろしい。次は、

 「春夜」
 春宵 一刻 値 千金
 花に 清香 有り 月に 陰 有り
 歌管 楼台 声 細細
 鞦韆 院落 夜 沈沈

 「春の夜のひと時は、千金のねうちがある。かぐわしい花のかおりがただよい、月はおぼろにかすんでいる。歌や笛の音は、高殿にか細くひびき、ぶらんこのある中庭に、夜が静かにふけていく。」

 ………………………………………………
 『春宵一刻値千金』

 あー、これを聞いてしまうと、「湾岸ミッドナイト」、Z32が出てくるあたりの単行本を持ち出し、ブラックバードのセリフを娘に見せてしまう面倒くさい父親です(苦笑)。

 「春は花が咲き月もおぼろ。だが雨も多く霞も出る…。春宵一刻値千金(しゅんしょういっこくあたいせんきん)それはあまりにも少なく千金にも値する日々。」


 おぉ、楠みちはる先生の方がなんだか教科書よりわかりやすく説明しているぞ!

 (いや、教科書とマンガの表現方法を比べてちゃあいけないんですけどね(苦笑))

 もちろん、こんな話は娘には通じず…。
 また、「月がおぼろにかすんでる様」や「春の賑やかさ」を、実体験で「美しい」と感じてなければ、どちらにしてもやはり机上での言葉の羅列です。

 おいおい娘には、いろんな風景を見て感受性を高めていってほしいなぁ。


 うん、今は「湾岸ミッドナイト」を読まなくてもいいから(笑)。
Posted at 2015/06/11 17:52:02 | コメント(9) | トラックバック(0) | 書籍・雑誌 | 日記

プロフィール

「自分で見つけないといけないんだわぁ。
自分が進みたい道へ行くための方法ってヤツは。

好きに生きるんじゃなく、好きなことをして生きていく。
確かに似ているようで、ちょっと違いますね。
受け売りの言葉になってないだろうか。
うまく伝わるかな、子どもに。」
何シテル?   12/11 21:18
現在、L28ブロックにRB30E(RB20E)のクロスフローヘッド(OHC)を組み合わせたエンジンを搭載しようと奮闘中です。 「build a cross fl...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/12 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

リチウムイオンバッテリーの”儀式” とは Warrior 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/12/09 23:15:28
Air Repair iQの今のタイヤの状況・・・(~_~;) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/11/20 23:47:56
フロントガラスの霜を一瞬で取る方法とは  プロテクタ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/11/19 08:53:27

お友達

「RB30E(RB20E)クロスフローヘッドを載せたL型エンジン」の製作計画に向けて、コストダウンを図るため、また一緒に「古くて新しいL型チューン」を築き上げるために、賛同者を募っています。

ご興味のある方は、お気軽にお声をかけてください。
121 人のお友達がいます
kazuhixkazuhix * むねたけむねたけ *
オレパンダ@うきオレパンダ@うき * ワイズファクトリー&エターナルワイズファクトリー&エターナル *みんカラ公認
C-CLINICC-CLINIC *みんカラ公認 太田哲也ドライビングレッスン事務局太田哲也ドライビングレッスン事務局 *

ファン

158 人のファンがいます

愛車一覧

日産 フェアレディZ 日産 フェアレディZ
 昭和47年式の240ZGに、  ・フレームの差替え及び内部にアングル追加。  ・サイド ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.