• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

じゃっきーwakaのブログ一覧

2015年12月17日 イイね!

Engine Swap of 240ZG (L28エンジンの「載せ替えの連鎖」)

Engine Swap of 240ZG (L28エンジンの「載せ替えの連鎖」)Swap L28 Engine for L28 Engine of My 240ZG.

Dropped My L28 Engine is after a while Rebuild. And for "Yassn’s Z Car"

 ………………………………………………
 知人のところで240ZGのエンジンを「L28」から「L28」へと載せ替えました。

 ……………。
 う~ん、こう書いてしまうと何の作業してきたのやら、さっぱりわかりませんね(苦笑)。

 「240ZGに載っていたL28」から、キャブやマフラーなどはそのままに、「知人が組み直したL28」へと載せ替えました。

 そして240ZGから降ろされた「L28」は、もう少し高回転域まで回るように組み直して、今度はやっさんのS30Zに載せることになります。

 えぇ、今「足回り」を借りているあのやっさんのS30Zに載せるんです。

 そして、やっさんは今度、自分のS30Zから降ろすことになる「L28」を、自分自身の手でオーバーホールするそうです。

 う~ん、「まさにL28エンジンの載せ替えの連鎖」


 「クルマをシェアする(Car Share)」という言葉は聞いたことがありますが、エンジン、足回りなどの「部品をシェアする(Parts Share(?)」ってのは「基本的には」聞いたことがないような(苦笑)…。


 そういうことで、これから少しの間、ちょっと慣らしモードで走っていきます。と言っても「普段乗りでいい」とのこと。


 私自身の「慣らし(慣れ)」のようなモノをしていきたいと思っています。


 上記の写真は240ZGを買った20年以上昔からずうっと付き合いのあるサトちゃんのところにて。

 「やっと、エンジンにきたねぇ(笑)」

 いや、まったくそのとおりで(苦笑)。
Posted at 2015/12/27 12:13:38 | コメント(2) | トラックバック(0) | エンジン本体 | 日記
2015年05月22日 イイね!

フロントカバーとインマニのウェットブラスト作業

フロントカバーとインマニのウェットブラスト作業 というわけで、知人から紹介された「ウエットブラスト」の作業をしてくれるお店に行ってきました。といっても機械を時間単位でお借りするカタチで、実際に作業をするのは私になります。

 知人曰く、
 「フロントカバーだけなら10分作業だね」

 というところを、インマニも含めてその3~5倍の時間がかかってしまいました(苦笑)。

 何しろ初めてやる作業です。お店のご主人が作業のアドバイスをしてくれるのですが、私はどうしても不器用なんです…。
 荒めのメディア(研磨剤)から始まり、細めのメディア、ノズルの交換等、手順を踏まえて作業が行われることが興味深かったです。
 
 途中、S30Z乗りでバイクの塗装とかもプライベートで行うやっさんも見に来てくれて、汚れの見落としがないかと、チェックしてくれます(ついでに自分の作業もしようと、ミニバイクレース用のフレームを持ってきてたのですが…、機械の中に入らないですってば(苦笑))。

 というわけで出来上がったものが上記の写真。

 下記の作業前の写真とは輝きが全然違うでしょう?

 先日のブログ、洗浄前の清掃がいるというのは、
 「メディアを必要以上に汚さないために、お店への配慮が必要だよ」

 という意味だったわけです。

 完成したものはお店の方が丁寧に梱包してくれます。ありがたいお心遣いです。

 いやぁ、時間かかりすぎでしたけど頑張ったぞ、私(笑)!


 追伸
 調子に乗って、ついリンケージに付いてるメッキ部品も作業してしまったのですが…。
 ここの部品は普通のメッキより薄いそうで、やらない方が無難だそうです。
Posted at 2015/05/26 03:55:36 | コメント(3) | トラックバック(0) | エンジン本体 | 日記
2015年05月21日 イイね!

エンジン部品の洗浄前の清掃作業

エンジン部品の洗浄前の清掃作業 知人に預けてあるL28エンジン。エンジン本体のあらかたの洗浄が終わったところで連絡がありました。
 「フロントカバーとインマニをきれいにしておいで」

 行ってみると、エンジン内部が本当にきれいに洗浄されています。エンジン部品(機械)ってやっぱり美しいものだと思わされました。
 逆に私がブロックの外側でサビを落とし損ねたところが目立ちます。

 というわけで、自宅へ部品を引き取り、手持ちの洗浄剤などを駆使して洗えるだけ洗ってみました。

 ただ、これはさらにきれいにするための前段階の作業とのことでして。
 後日「ウェットブラスト」という作業を行うための前作業だそうです。

 何というか、知人は私に対してどんどんハードルを上げていきます。

 そんな作業したこともないのに、大丈夫かなぁ?(苦笑)。


 追伸
 余談ですが、米映画「タイタニック(1997年/ジェームズ・キャメロン監督)」で、最初に泣けるシーンはタイタニック号の蒸気エンジンの描写だという、機械愛(?)な人間なんです。私(苦笑)。
Posted at 2015/05/25 07:01:44 | コメント(5) | トラックバック(0) | エンジン本体 | 日記
2015年05月20日 イイね!

それでもエンジンは回る― 私のエンジンに対する知識と経験について

それでもエンジンは回る― 私のエンジンに対する知識と経験について 今、知人にL型エンジンを組んでもらうにあたり、私のエンジンに対するちょっとした思いをとどめておこうと。そして、あらためて私の「エンジン」に対する経験値や認識について述べておこうと思います。

 ………………………………………………
 初めてエンジンをオーバーホールしたのは25年以上前の自動車整備専門学校時代。
 4~5人の同級生と一緒にバラした三菱ミラージュの4気筒エンジンでした。
 このクルマがマニュアルトランスミッションで主変速機・複変速機と合わせて、4速×2の8速として使用でき、昔は少ない馬力ながらラリーなどで活躍してた車種と知ったのは後のこと。

 そのエンジンを複数の人間でバラすわけですが、当然作業がとっちらかって組み上げても部品が余ってしまい、皆「インナーポケット」ってバカを言いながら作業服のポケットの中に部品を隠してました。

 それでも完成後、エンジンが快調に回ることを不思議に思ったものです。

 ちなみにオーバーホール時にピストントップに打刻されていた「1」、「2」、「3」の数字の意味がわからず、適当に組んでしまったのですが、作業後にブロックのボア径の公差に合わせたピストンサイズを示した番号であることに気がつきました。

 それでもエンジンは回ります。
 もちろん、10万km走れる耐久性があるとは思いませんでしたが、こんな状態でも「エンジンが回る」ことに、驚かされました。


 次は整備士時代。
 910ブルーバードのZ18型エンジンのヘッドオーバーホールの仕事を任され、先輩がシリンダーヘッドの取り外してくれたものを、ひたすらタコ棒やらでバルブすり合わせ作業等をしてました。

 ですから私のエンジンオーバーホール経験は「1.5回」ということになります。

 ………………………………………………
 自動車運転免許証を取得して最初に買ったクルマはVWビートル1303S。このクルマは大好きでしたが特にエンジンを降ろすこともなく。

 240ZGを入手してからも、エンジンをオーバーホールする機会(経験)を作りませんでした。
 組み方を教えてくれる人は周りにもいたのですが、何かオーバーホールする前より状態を悪くしてしまいそうな気がして、手を出せなくなってしまったんですね。

 チューニング雑誌や書籍等である程度のエンジンの知識を得ていますが、オーバーホールの経験はないといっていいでしょう。

 そのような人間が今回、知人にL型エンジンを組んでもらうにあたり、ちょっとだけ、そして少しずつ「エンジンを組む作業」について書いていこうと思います。


 といっても、エンジン本体の作業の中身はほとんど語れないと。
 ただ、今の自分が動ける時間や場所で「エンジンに携われる感想」を語れたらと。
Posted at 2015/05/24 00:30:23 | コメント(7) | トラックバック(0) | エンジン本体 | 日記
2015年04月21日 イイね!

L型エンジン積んでどこまで?ちょっと知人のところまで

L型エンジン積んでどこまで?ちょっと知人のところまで   先日のブログでお話ししていた240ZG用のエンジン加工の話が大筋でまとまったので、この日はやっさんの助力も借りて、何とか知人の職場にエンジンを持って押しかけるという相変わらずの無茶振りな行動をしてきました(もちろん、ちゃんとアポを取りましたよ(苦笑))。 

 しかし今回はエンジンを持ち込むこと自体、スケジュール調整が難儀しましたね。4月の名古屋は雨が続き、なかなか知人のところにL型エンジン本体を持っていけなかったんですよ。

 そして、S30Z乗りのやっさんの休日は火曜日のみ。
 私も不定休なので、この日、この機会を逃すといつ知人のところにエンジンを持っていけるかわからず気を揉んでいたのですが、天気予報がうまいことに外れてくれて(?)、何とかL28をやっさんのトラックに載せて運び込むことができました!

 ………………………………………………
 と、ここまではよかったんですが、持ち込んだエンジンを一目見て、知人に言われてしまいましたね。

 「ブロック側だけでも、きれいにしてから持ってくればいいのに」

 ……………。
 あぁ、まさにそのとおりです。
 約20年間、納屋の中に置かれていたエンジンですもの。
 例えば小さなねじ穴とかに小さな蜘蛛や蜂が巣を作ってたりしていて、土とかが溜まっているわけですよ。
 その土を取ってからとか、できる限りブロックの錆び落としをしてから持ち込むのが礼というものだなと。

 ついつい、そういうところに頭が回りませんでした。
 整備前の清掃は気にするところだったのですが…。
 軒先をお借りして、やっさんと2人で今日できるところまで清掃したら錆びているブロック本体が青味がかり、本来の色が見えてきます。

 夕暮れ時、今日できるところまで清掃して、知人の職場を後にしました。

 帰り道、やっさんと夕食を一緒にしながら「しまったなぁ」と思った、それがこの日の私の反省点でした。

 ………………………………………………
 その後やはり私自身の仕事の都合などで知人のところに行けてないのですが、いろいろ動いてもらえているようです。

 私もエンジン加工を終えた後、ちゃんと240ZGと走り続けられるよう、いろんな意味でしっかりしないといけませんね。

 今回のエンジン加工の内容は中古部品を使ったL型3.1L仕様というところまでは聞いています。
 その先は、実はまだでして(苦笑)。

 でも、洗浄剤できれいになっていくヘッドの部品の写真などが送られてくると、やはりワクワクしてきますね!
Posted at 2015/05/02 07:37:33 | コメント(11) | トラックバック(0) | エンジン本体 | 日記

プロフィール

「2017ル・マン24時間レース アストンマーチンVSコルベット!!(ネタバレあり) http://cvw.jp/b/657176/39966147/
何シテル?   06/20 20:58
現在、L28ブロックにRB30E(RB20E)のクロスフローヘッド(OHC)を組み合わせたエンジンを搭載しようと奮闘中です。 「build a cross fl...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/6 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

サイト訪問数 19万ヒット♪ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/06/25 23:36:16
「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち」第二章 発進篇 観てきたw  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/06/25 20:49:08
改造費8千万円!クレイジーすぎるポルシェ911GT3が販売中 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/06/20 21:28:22

お友達

「RB30E(RB20E)クロスフローヘッドを載せたL型エンジン」の製作計画に向けて、コストダウンを図るため、また一緒に「古くて新しいL型チューン」を築き上げるために、賛同者を募っています。

ご興味のある方は、お気軽にお声をかけてください。
122 人のお友達がいます
ワイズファクトリー&エターナルワイズファクトリー&エターナル *みんカラ公認 セキュリティーのプロテクタセキュリティーのプロテクタ *みんカラ公認
P.N.「32乗り」P.N.「32乗り」 * moto(&#39;91)moto('91) *
イソメイソメ * いきいきいきいき *

ファン

158 人のファンがいます

愛車一覧

日産 フェアレディZ 日産 フェアレディZ
 昭和47年式の240ZGに、  ・フレームの差替え及び内部にアングル追加。  ・サイド ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.