• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

じゃっきーwakaのブログ一覧

2012年06月29日 イイね!

Re-L型クロスフローエンジン その6 インマニ・エキマニ等について

 当然のことながら「L型クロスフローヘッド」「L型クロスフローエンジン」用のインマニ・エキマニはありません。

 インマニは新規作製が必要です。
 燃料供給装置(例えばキャブレター)にこだわればなおのこと、先述の「エンジンの傾斜角」を考えて作らなければなりません。
 本当にうまく溶接できる人を見つけられるなら、RBのインマニのエンジン側のフランジとLのインマニのキャブ側のフランジを用意し、曲げたパイプで両フランジを繋ぎ溶接するというのが、まずは一番安くできる方法ではないかと思っています。

 エキマニは「RB20・RB25のNA用のもの」で「ポートと取り付けボルトの位置の適合するもの」が既製品にあるならば、安く用意できるかもしれません。
 しかし、これも「エンジンの傾斜角」しだいですので、それによっては取り付けに工夫がいるでしょう。
 もちろん「カウンターフローのL型フルチューン」のように、エキマニをワンオフで作るというのであれば、その製作費用はあまり変わらないと思われます。

 余談ですがもし、エキマニをワンオフで作る勢いがあるなら、せっかくのクロスフローヘッドです。
 キャブが上にない分、本格的に上までウネウネ取り回したタコ足を作ることができます(笑)。


 しかし、自分で書いていてあらためて思います。
 本当に「既製品の流用」が利かないエンジンだなぁ、と。
2012年06月28日 イイね!

Re-L型クロスフローエンジン その5 エンジンの傾斜角について

Re-L型クロスフローエンジン その5 エンジンの傾斜角について これから2~3回、「L型クロスフローヘッド」「L型クロスフローエンジン」の製作を検討されている方には、ネガティブになる要素のことを書かせてください。
 つまり製作にかかる「コスト」についてです。

 通常のL型エンジンの傾斜角(左右方向)は右12度。
 昔のクロスフローのレーシングエンジンであるLY28のそれは左12度(「LY280型 ENGINE TUNING-UP MANUAL」より)。 
 2011年10月号のOPTION2(オプション2)で取り上げられた240ZGの「L型クロスフローエンジン(CF-L)」は左8度「build a cross flow―」240ZG・RB20Eクロスフローヘッド製作記(6)より)。

 なぜL型エンジンを「クロスフロー」にする際に傾斜角が変えられているのか、理由はいくつかあると思いますが、たぶんインマニ側、主に燃料供給装置(キャブレター)とマスターバック等の干渉を考えてのことではないかと私は思っています。
 私も最初は「L型クロスフローエンジン」を「LY28」の模倣と考えていたところがあり「RBヘッドを使った『L型クロスフローエンジン』は左12度であるべき」と単純に考えていました。

 「カウンターフロー」であるL型エンジンを「クロスフロー」に仕立て直す際には、この傾斜角を十分に検討しておく必要があります。

 傾斜角を変えれば「コスト」がかかるからです。

 まずはエンジンマウントの加工品
 傾斜角が変わる以上、これは当然必要です。

 次にオイルパン
 傾斜角を変えるならそれに合わせたオイルパンを作らなければなりません。
 それを鉄板で溶接して作るか、鋳物で作るか―。
 現実的な方法はこのようなものですが、一品物で作ればその分コストがかかります。

 さらにトランスミッションの「ベルハウジング(オカマ)」も必要になってきます。
 エンジンの傾きが変われば、それに合わせてミッションの傾きも変えなければなりません。
 LY28用のベルハウジングを日産部品販売会社で探したことがありますが在庫はなしです。もしあってもかなりの金額です。
 一応、L型エンジンに取り付けられて、角度を左側に変えることができるベルハウジングは「FJ20エンジン用」「Z型エンジン用」があるそうですが、それを使用したとしてもミッションの傾斜角が何度になるかのデータは私にはありません。

 先述の「RBヘッド搭載に際しての最小限、必要な物」としてあげた
 ・タペットカバー
 ・フロントカバー(タイミングチェーン用)
 ・後端のシッポ(水穴、オイル穴対策)

 の他に、エンジンの傾斜角を変えるなら上記の、
 ・エンジンマウント
 ・オイルパン
 ・ベルハウジング

 も必要になってきます。

 だんだん「LY28のような『L型クロスフローエンジン』」がコストのかさむ加工品(のかたまり)であることが見えてきます。
 このままでは「やってみよう」という人は少ないと思います。

 もちろん加工品を少なくし、コストを下げる方法も見えてきたのですが、それは私が実践していかなければ説得力がないので。


 ちなみに、上記はL型エンジンとRB20型エンジンの「傾き」を表した図です(「build a cross flow―」から転記、小さくてすみません)。
 RBエンジンの傾斜角度も私にはわかりませんが、なるほど、クロスフローになれば傾きが変わっているようです。

 BMWは逆なんですけどねぇ…。左ハンドルがメインだからかな?
2012年06月21日 イイね!

Re-L型クロスフローエンジン その4 油粘土を使ってのメス型作り

Re-L型クロスフローエンジン その4 油粘土を使ってのメス型作り 週に2回、深夜に2~3時間ほどの作業をやっさんのガレージで行なっています。

 今日も追加の粘土2kgを持ってFRPタペットカバーのメス型作りです。
 しかし、さすがにこれだけの大物、初めて粘土で型取する作業はなかなか上手くいきません。
 クルマの前輪で圧縮をかけるアイデアはよかったのですが、蓋を開けてみると亀裂があったり、粘土の張り込みが足りなかったりと2度目の作業も失敗しました。

 やっさんからは「あと1~2回やれば上手くいくでしょう」と言われていますが、なかなかスムーズにコトは進みませんね(苦笑)。
 シリコン樹脂をメス型の材料に使えればもっと簡単にできるとのコトですが、それにかかる費用は私には高すぎます。

 やはり粘土で続けていくしかありません。
 確かにまだ上手くいってませんし「扉の前に立つ」どころか、そこまでの階段も上りきっていない状態です。
 ただ、周りの方々に言われているよう、あせらず、納得のいく作業を行なっていこうと思っています。

 追伸
 油粘土20kg分は、当たり前ですが幼児並みに重いです(苦笑)。
2012年06月16日 イイね!

Re-L型クロスフローエンジン その3 RBヘッドを使うということ

Re-L型クロスフローエンジン その3 RBヘッドを使うということ 今まで「L型クロスフローヘッド」「L型クロスフローエンジン」に「RBヘッド」を使う場合に計測した寸法、考えられる懸案をいくつか上げてみました。

 詳細は先述の「build a cross flow cylinder head like 'LY28'」の中の文面に書かれていますが、これから「作りたい」という方に大まかな一覧をお示しし、また検討のきっかけとなれば幸いです。


 なお、測定には不慣れなところもありますので多少の誤差はご容赦ください。
 RB30Eは私が、RB20Eは他の方が測定したものです。

 RB30E
 ・燃焼室のサークル径 85mm
 ・バルブサイズ IN:42mm/EX:35mm
 ・ポート径 IN:36mm/EX:34mm
 ・燃焼室容積 57.5cc

 RB20E
 ・燃焼室のサークル径 76mm
 ・バルブサイズ IN:38mm/EX:32mm
 ・ポート径 IN:32mm/EX:33mm
 ・燃焼室容積、40cc前後

 RB30E、RB20Eの共通点
 ・バルブ挟み角度は共に50度(これはLY28と同じです)。
 ・レバー比 約1.5。
 ・カムシャフトは7点支持。

 RBヘッド搭載に際しての最小限、必要な物と加工作業
 ・専用のタペットカバー、フロントカバー(タイミングチェーン用)、後端のシッポ(水穴、オイル穴対策のためのもの)。
 ・水穴、オイル穴が合わない箇所の加工。

 懸案事項
 ・RB30Eは燃焼室が大きい。→ヘッド自体の燃焼室を小さくすることが難しい。
 ・RB30Eはバルブリフト量が大きい。→ノーマルカムベースの加工ならまだしも、ブランクカムから作るとなると、流入空気量を稼げるせっかくの利点が欠点になる(=バルブを上に上げるか、ピストンにリセスを大きくとるか)。RB20Eのバルブリフト量については、私は測定していないのでわかりません。
 ・RB20Eはポート径が小さい。→拡大加工がどこまでできるか。

 大まかな内容は以上です。
 その他詳細、特にRB20Eを使用した場合の内容は、前述のwebsiateの「240ZG・RB20Eクロスフローヘッド製作記」の文面の中に書かれていますので、ご興味のある方はご参照ください。


 私はちょっと工夫を考えています。
2012年06月15日 イイね!

Re-L型クロスフローエンジン その2.5

 一応このブログカテゴリー「Re-L型クロスフローエンジン」では、FRPの作り方とかそういうのはあまり書かないようにしますね。
 基本的に部品ができる過程で私が驚いたことや、考えたこと、できた部品の感想などを中心に書いていきたいと思っています。

 きっと読んでくださっている方々もその方がいいですよね(笑)?

プロフィール

「2017ル・マン24時間レース アストンマーチンVSコルベット!!(ネタバレあり) http://cvw.jp/b/657176/39966147/
何シテル?   06/20 20:58
現在、L28ブロックにRB30E(RB20E)のクロスフローヘッド(OHC)を組み合わせたエンジンを搭載しようと奮闘中です。 「build a cross fl...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2012/6 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

リンク・クリップ

サイト訪問数 19万ヒット♪ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/06/25 23:36:16
「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち」第二章 発進篇 観てきたw  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/06/25 20:49:08
改造費8千万円!クレイジーすぎるポルシェ911GT3が販売中 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/06/20 21:28:22

お友達

「RB30E(RB20E)クロスフローヘッドを載せたL型エンジン」の製作計画に向けて、コストダウンを図るため、また一緒に「古くて新しいL型チューン」を築き上げるために、賛同者を募っています。

ご興味のある方は、お気軽にお声をかけてください。
122 人のお友達がいます
ワイズファクトリー&エターナルワイズファクトリー&エターナル *みんカラ公認 セキュリティーのプロテクタセキュリティーのプロテクタ *みんカラ公認
P.N.「32乗り」P.N.「32乗り」 * moto(&#39;91)moto('91) *
イソメイソメ * いきいきいきいき *

ファン

158 人のファンがいます

愛車一覧

日産 フェアレディZ 日産 フェアレディZ
 昭和47年式の240ZGに、  ・フレームの差替え及び内部にアングル追加。  ・サイド ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.