• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

じゃっきーwakaのブログ一覧

2012年11月25日 イイね!

楠みちはる先生のコト その3 「湾岸ミッドナイトC1ランナー12巻」

楠みちはる先生のコト その3 「湾岸ミッドナイトC1ランナー12巻」 先日来の86/BRZのブレーキ感覚について調べようと、書籍を探しに書店を行脚しています(苦笑)。

 そこで見つけた「湾岸ミッドナイトC1ランナー12巻」
 何となく手が出せなかったんですよね。
 「これでもう『湾岸MIDNIGHT(湾岸ミッドナイト)』はおしまいか-。」と思うと。
 正直、私が20歳の頃から現在まで連載し続けたマンガです。それなりに思い入れもあります。

 遅ればせながら今回購入しました。ただ、まだ全部を読めていません。

 既にご購入の方はご存知かと思いますが、本文中に楠先生の「あとがき」なるものが書かれていて、それを読むといかに「週刊ヤングマガジン(ヤンマガ)」にある「今週号の巻末コラム(「楠みちはる先生のコト」「楠みちはる先生のコト その2」参照)」での楠先生の発言が、苦労に苦労を重ねた上での「軽口」であることを再認識し、その「強さ」にあてられてしまっている感じなのです。

 「バイク&クルマ漫画を描こうとした時、(中略)バイクやクルマはすべて自分で描こうと。」
 全部描いていたんですか!31年間!!週刊誌ペースで!!!

 私も何度か神保町の「週刊少年ジャンプ編集部(集英社)」にマンガを持ち込んだことのある人間です。
 クルマを短期間に集中して描くことは本当に難しいと思っています。

 後日、楠先生にプレゼントされた「完走記念」という記念品はきっと嬉しかったでしょうね。

 なにか久しぶりに「読み終えるのが惜しいマンガ」に出会えた気分なのです。


 追伸
 いきいきさんへ、
 「シャコタン☆ブギ」の単行本未収録話も載っていますよ。
 楠先生が「シャコタン☆ブギ」をまた描こうと思った理由も、感じ入りました。
 相変わらず「ジュンちゃんのハコスカ」の描写は天下一品です(笑)!

 追伸2
 「スピリッツ」連載時は多分「悪魔のZ」のボディカラーは「白」だったと記憶しています。
 いえ、ちょっとした「トリビアの泉」です(笑)。
Posted at 2012/12/04 00:07:01 | コメント(2) | トラックバック(0) | 書籍・雑誌 | 日記
2012年11月23日 イイね!

BRZへの試乗体験

BRZへの試乗体験 最近、私の周りでトヨタ86/スバルBRZに乗っている方をよくお見かけします。
 私より少し年上の方や60歳代の方など年代は様々なのですが、お話しを伺うと総じてこのクルマに満足している様子です。
 クルマのことを話し出すとオーナーさんの笑顔が見えてくるんですよね。
 そんなこともあり、私も最近86/BRZが街を走っていると自然に目をやるようになっていました。

 …………………………………………
 というわけで、モリコロパークでよき父親をしてきた後に(?)、セレナから240ZGに乗り換えて「名古屋スバル鳴海平手店」へBRZの試乗をお願いしてきました。

 ちなみに新車のスポーツカーの試乗をディーラーに申し込むことは初めてです。
 ランエボもインプレッサも友人のクルマを借りたことはあってもディーラーでの新車試乗会などには行ったことがありません。
 その時点でもうドキドキしている私です(苦笑)。

 旧車で、しかもラフな服装で伺った私に対しても、担当してくださった営業の方は親切、丁寧にBRZの説明をしてくださり恐縮してしまいました。
 まずBRZに座らせていただき、一通り装備の確認を(私は「VSC(VDC)=横滑り防止装置」のことも知らなかった人間です)。
 その後ショールームで装備、メカの疑問点をお聞きしてからいよいよ試乗体験です。

 助手席の担当者さんに、
 「スロープとかは斜めに降りたほうがいいですか?」
 「大丈夫です。そうそう下回りは擦りません。」

 などと、本当におっかなびっくりの始まりとなりました(苦笑)。

 まず乗り込んで、第一に考えたこと―。
 「ここでエンストしてはカッコが悪い!」

 もう、これが最大のプレッシャーでした(苦笑)。

 エンストは何とかせずに走り出せたのですが、、、、。

 今度はブレーキの感覚が240ZGと全く違い、これに戸惑います。
 BRZは踏み始めすぐに制動し、その後コントロールがしやすい。
 これに比べたら私の240ZGは制動するまでの遊びがありすぎます。

 以前、借りた友人の2代目インプレッサもこんな感じだったかな?と思い起こしてみたりして。

 エンジンは4,000回転まで、ギヤは1~3速しか使わなかったのですが、
 ・エンジンが低回転域からでも吹けてクルマが前に出ていく―。
 ・ギヤの入る感触が小気味よく、操作する心地よさがある―。
 ・フロント回りがしっかりしている感じがする―。

 きっと既に多くの方がこれらのことを感じていたり、どうしてそうなるかの理由をご存知のなのでしょうね。

 私はもう一つ、足回りについてもちょっと興味を持ったりして―。


 そんなことをいろいろ考えさせられる試乗をさせていただきました。
 「名古屋スバル鳴海平手店」の皆さんには心から感謝をしています。


 …………………………………………
 試乗を終えて、あらためて86/BRZのオーナーさんたちが微笑みながらクルマのことを語りたくなる気持ちを、私も少しわかったように感じました。
 これは乗って楽しいクルマです。


 そして、帰り道に240ZGを運転しながら考えたこと―。

 当たり前のことですが「スポーツカー」というジャンルでくくられていても、もう全然違うクルマです。
 経年劣化や改造車であることを差し引いても、機械の考え方、性能としての「時代の違い」を想像以上に感じた次第です。

 「完成度」として追いつくことはできませんが、あのブレーキの感覚は240ZGにも欲しいなぁと思ったりして。


 何にしても、私はもっと多くの時間を「私のスポーツカー」と走っていこうと思います。


 本日の走行距離は11kmでした。
Posted at 2012/11/25 01:20:17 | コメント(9) | トラックバック(0) | 他のクルマの試乗感想 | 日記
2012年11月23日 イイね!

子どもたちと「愛知ポップカルチャーフェスタinモリコロパーク~愛知ぽぷかる聖地化計画エピソード2~ ぽぷかる2」へ

子どもたちと「愛知ポップカルチャーフェスタinモリコロパーク~愛知ぽぷかる聖地化計画エピソード2~ ぽぷかる2」へ 我が家の朝は早いです―。

 さらに休日ともなると子どもたちの起きるのが早いったらありゃしない(苦笑)。
 朝6時起床でチャッチャと身支度を整え、「おはスタ」とかのテレビ番組を見始めるんですから。

 さて、私も8時に起床。妻はまだ寝ています。
 パンが焼かれていない様子でしたので「朝マック」に行き、9時過ぎにいったん帰宅。
 妻はまだまどろんでいる様子です。


 チャンス到来です!

 「子どもたちを遊びに連れて行くね」という名目の元、モリコロパークへ―。
 「愛知ポップカルチャーフェスタinモリコロパーク~愛知ぽぷかる聖地化計画エピソード2~ ぽぷかる2」に行ってきました。

 「子どもの面倒を見てるからね―。」
 何て言い訳の立つ言葉でしょう(笑)。

 という訳で会場についてみると、、、コスプレされている方がわんさかいますね。
 昔に比べて凝った衣装を身に着けた方が多くびっくりします。
 (昔は、学生服に下駄を履き、扇子を持って髪で片目を隠せば『R・田中一郎』の出来上がりってなものでした。いえ、本当に古ーい話です(苦笑)。)

 「彼女のカレラコーナー」では麻宮騎亜先生監修の『彼女のカレラ』仕様のポルシェ911(993)も展示されてよい感じです。
 写真は娘が撮った「轟麗菜」ののぼり旗です。


 しかしこの「ぽぷかる2」。
 「マンガ」「アニメ」をキーにして、グッズなどの即売会、歌、ダンス、コント、痛車、ラジコン等と、これだけのコンテンツが集まるイベントができることに驚きました。

 息子は初めて体験する「速いラジコンカー(ミニッツレーサー)」に興味を持った様子ですし、娘と私は落書きコーナー(?)でルパンを描いてみました。

 次回もあるなら、また子どもたちと遊びに行きたいですね。


 もちろん、出発時点で妻に寝ている隙があればですが(苦笑)。
関連情報URL : http://www.popcul-aichi.jp/
2012年11月14日 イイね!

「彼女のカレラコーナー」愛知ポップカルチャーフェスタinモリコロパーク~愛知ぽぷかる聖地化計画エピソード2~ ぽぷかる2

「彼女のカレラコーナー」愛知ポップカルチャーフェスタinモリコロパーク~愛知ぽぷかる聖地化計画エピソード2~ ぽぷかる2   なぜか職場にあったチラシです。
 なぜ私の目に付くところに置かれていたのかはさておき(苦笑)内容は、

 イベント名 愛知ポップカルチャーフェスタinモリコロパーク~愛知ぽぷかる聖地化計画 エピソード2~(ぽぷかる2)
 会場 愛・地球博記念公園・地球市民交流センターおよび体育館
 日時 平成24年11月23日(金・祝日)10時から18時(予定)
 入場料 無料
 出展・参加料 無料(コスプレ参加、同人出展などすべて無料)
 主催 愛知県/共催 中日新聞社 東海ラジオ放送/後援 文化庁
 企画制作 愛知ぽぷかる制作委員会(名古屋ショーケース(株)内)

 この内容だけを読むと、一見クルマ関連のイベントがあるとは思わなかったのですが裏面を見たら、
 「彼女のカレラコーナー」というものがあり、「彼女のカレラ」の作者、麻宮騎亜先生と声優の佐瀬弥咲さん(岬愛華役)のトークショーがある様子です。
 しかもサイン会や麻宮先生所有のポルシェ911の展示まであるとは。


 「彼女のカレラ」はよく読んでいたので、家族でちょっと出かけたい気がしています。

 でも、妻には反対されるんだろうなぁ(苦笑)。


 今回のブログは、ご興味のあられる方々への情報提供という形で掲載させていただきました。

 プロによるマンガ指導や痛車製作、巨大ダンボールガンダムの展示などもあるそうです。
 モリコロパークで開催ということもあり、ご家族連れでもきっと楽しめるモノと思われます。


 ただ、私はどーしても、「妻への説得」が必要なだけでして(苦笑)。
関連情報URL : http://www.popcul-aichi.jp/
2012年11月07日 イイね!

J-WOLF主催 第6回鈴鹿サーキット走行会

J-WOLF主催 第6回鈴鹿サーキット走行会 前日から、少し焦燥感に駆られてました。
 今から準備すれば走行会に参加できるのではないか、と。
 しかし、やはり「今」は難しい。
 それをわかっていての、もどかしさがありましたー。

 早朝5時30分起床。
 家族を起こさないようにして、そそくさと外出の準備。
 空気のシャンとした感じを受けながらJR春日井駅で積車にS30Zを載せたやっさんと合流し、8時00分に御在所S.A.にて今回の鈴鹿サーキット走行会を主催された小牧市にあるワンオフマフラー・カスタムマフラー製作専門店のJ-WOLF(Jウルフ)の方々、我々「RZD自動車部一同」と合流。

 その後、鈴鹿サーキットへ向かうのですが、いつもながら集合時間の1時間前には参加者ほぼ全員集まっています。

 さて、今日は走行会には参加せず、また240ZGも置いてきて、手ぶらの私です。
 その分、他の参加者の車を眺めると、
 フェラーリ、ランボルギーニ、BMWのE36とE46のM3にアルファロメオ155。
 930から996までのポルシェ911。
 国産車は180SXやR34GT-R、S2000をはじめ、ランエボⅦ~ⅧそしてやっさんのS30Zと、相変わらずJ-WOLFの走行会は参加車が多彩極まります(苦笑)。マクラーレンもいました!

 1番時計は911の2分20秒台。本当に上手い方ですね。

 走行会終了後には、昼食会で初めてお会いした方たちとも交流深めることができ、こういうところもJ-WOLF主催の走行会のいいところと思っています。


 春日井市に帰宅後は各々クルマを自宅に置いて「酔虎伝春日井駅前店」にて打ち上げを(笑)。
 10人以上集まるんだから大したもんです。
 バカ話も含めて(笑)いろいろ歓談し、参加した方たちとより深く知り合える機会を得ることができ、今回の走行会も楽く過ごすことができました。


 …………………………………………
 ただ、やはり走行会には自分のクルマで参加したいものです。
 そうできる様、ちょっといろいろ考えていきます。
 「走る」という環境を作り続けていくことも大切なマネジメントですものね。

 私にとっての鈴鹿サーキットは「見に行くところ」ではなく「走りに行くところ」であると、当然のことながら痛感したしだいです。


 追伸1
 「みんカラ」のブログを頼りに、当日いきなりお声を掛けさせていただいた993オーナーの方へ。それなのに気さくにお話してくださり、とても嬉しかったです。
 GT2ウィング素敵でした。またお会いできるときを楽しみにしています。

 追伸2
 ジャンケン大会の副賞で「アルファロメオ155V6TIマルティ二カラー」のイラストをいただきました。
 早速子ども達の部屋に飾らせていただきました。ありがとうございました。

 追伸3
 「RZD自動車部」はこれ以降11月後半から春先まで「RZDスキー・スノーボード部」に変ります(笑)。
 毎年恒例ですが生涯スポーツであるスキー・スノボーに興味のある方、ご一緒しませんか?
 スタッドレスタイヤなどのご相談は、春日井市西本町のタイヤ屋さん「CARSHOP SHAFT(カーショップシャフト)」の今村君が詳しいと思います(笑)。
Posted at 2012/11/08 05:24:51 | コメント(1) | トラックバック(0) | Circuit Driven | 日記

プロフィール

「紫陽花の季節に 一眼レフカメラ撮影写真を初アップ http://cvw.jp/b/657176/39999415/
何シテル?   06/26 21:28
現在、L28ブロックにRB30E(RB20E)のクロスフローヘッド(OHC)を組み合わせたエンジンを搭載しようと奮闘中です。 「build a cross fl...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2012/11 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

生憎の天気なので…(^_^;) 今日はタイレルを作ろう、その③です。m(__)m 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/06/26 22:06:44
サイト訪問数 19万ヒット♪ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/06/25 23:36:16
「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち」第二章 発進篇 観てきたw  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/06/25 20:49:08

お友達

「RB30E(RB20E)クロスフローヘッドを載せたL型エンジン」の製作計画に向けて、コストダウンを図るため、また一緒に「古くて新しいL型チューン」を築き上げるために、賛同者を募っています。

ご興味のある方は、お気軽にお声をかけてください。
122 人のお友達がいます
P.N.「32乗り」P.N.「32乗り」 * ねむしゃこねむしゃこ *
銀鬼7銀鬼7 * ワイズファクトリー&エターナルワイズファクトリー&エターナル *みんカラ公認
C-CLINICC-CLINIC *みんカラ公認 SHO@CA18DETSHO@CA18DET *

ファン

158 人のファンがいます

愛車一覧

日産 フェアレディZ 日産 フェアレディZ
 昭和47年式の240ZGに、  ・フレームの差替え及び内部にアングル追加。  ・サイド ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.