• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

じゃっきーwakaのブログ一覧

2013年07月22日 イイね!

動け!ciao(チャオ)!!

動け!ciao(チャオ)!! 今日はオフ―、時刻は16時ちょっと前。

 前回のブログのとおり、現在、エンジン不動になっている妻の原付ciao(ピアジオ・チャオ=足漕ぎペダル付の本当の意味での「原動機付自転車」。モペットというそうです)の修理に取り掛かります。

 日中はちょこまか忙しかったため、やっとこの時間からの作業開始です。でも、このぐらいだと湿気も納まり、意外と作業しやすいんですよ(苦笑)。

 下の写真はその時のガレージ内の温度と湿度を示したものです(気温31℃、湿度56%)。
 これぐらいなら動きやすいです。また、原付の修理ぐらいでしたら、手狭ながら陽のあたらない我が家のガレージ内でもできますし。


 ………………………………………………
 ではまず、ciaoの故障に至ったところからその後に行なった作業を振り返ってみると、

 妻が買い物からの帰宅途中に突然エンストした。
 ・ガス欠ではない。
 ・サビなどでフューエルフィルターが詰まるなどの燃料系のトラブルではない。
 ・電気系かと思い、プラグを外しエンジンに当てながら点火を見ると火花が飛ばない。

 点火系の異常と判断してプラグを購入して、交換。
 ・しかし、やはり火花は飛ばない。
 ・イグニッションコイルが怪しい様子。

 新品のイグニッションコイルを購入して、交換。
 ・一旦は走り出すも、すぐにまたエンジンがかからなくなる。

 車体側のハーネス(配線)を確かめる。
 ・配線の被膜が日本製のものに比べて非常に軟らかい素材でできていて、また溶けて配線同士が癒着している箇所を発見する。

 ハーネスの不具合部分を切開して絶縁テープ等で修復。
 ・やはりかからない。
 ・プラグはかぶっている様子。

 その後日常の忙しさに流され、放置して約半年―、です。


 いや、本当に情けない。

 機械ってのは動かせば動かしたで磨耗等で故障していきますが、動かさなければまた固着などの不具合を起こすものです。

 という訳で、久しぶりにciaoの修理への再チャレンジとなりました。

 ………………………………………………
 では、作業を行なっていきます。

 放置している間に燃料漏れを起こしてた。
 ・あたりをつけて、キャブ付近のボルトを増し締め。
  →一応、現時点で燃料漏れは収まった様子。その際、茶こしのようなエアフィルターもパーツクリーナーで洗浄して、乾燥。

 キャブのアイドリングストップスクリューを調整。
 ・ここで「アレッ?」っと、ふと勘が働き、一度押しがけをしてみると―、

 エンジン始動ぉ!!

 オイオイ、なんで今一発でかかるんだ!っと、1人ciaoにツッコんでみる(笑)。

 しかし、何かおかしい―。
 ・アイドリング高し。スロットルレスポンス悪し。
  →キャブのアイドリングストップスクリューを調整。
 ・なおもアイドリング不調。
  →スロットルレスポンスの悪さはスロットルワイヤー自体の遊びと、ケーブルの中でワイヤーとの間に抵抗があることが原因と推測。
 ・スロットルワイヤーをいったん外し、シリコンオイルスプレーを適量塗布。
  →スロットルワイヤーの動きはよくなった。後はワイヤーをスロットルレバーに取付ければ修理完了!

 そそくさとワイヤーをスロットルレバーに取り付けます。
 ・そうそう、後は元どおりに取付ければ完成です。取り付ければ、、取り付ければ、、取り付け…。

 →取り付かん(苦笑)!!

 失敗したぁ!スロットルレバーの小さな穴にワイヤーが上手く入っていきません!

 時間はどんどん過ぎていき、辺りは暗くなってきます。
 心配した(実はこの作業に興味津々の(笑))娘が懐中電灯で照らして手伝ってくれるも、これではもう作業は無理です。


 20時過ぎ―。
 あきらめて作業終了―。
 まぁ、エンジンはかかったことですし、吉本新喜劇風に言いますと「今日はこのくらいにしといてやる!」でしょうか(苦笑)。


 この約4時間強の作業中、頭は集中しっ放しです。やはり作業に慣れてないんでしょうね。
 特に後半はスロットルワイヤーで手こずりましたので、体力が消耗しきる前に撤収しました。


 まぁ、何よりエンジンはかかりましたので良しとします。
 結局ciaoのエンジン不動の原因は点火系で、その時に修理できなかったのは私の経験不足だったためと思われます。

 続きはまた来週の休みの日にすることにします。
 いやはや疲れました(苦笑)。


 追伸
 クルマやバイクを修理する時に子どもが手伝ってくれることは、嬉しいものですね(笑)。

 追伸2
 久しぶりに油や埃にまみれた腕、風呂でしっかり洗い落とします。
 でも、やっぱり手先の指紋や爪の間には黒い汚れが残ってしまいますね。
 気を取り直して頭を洗います。
 するとどうでしょう、残っていた手の汚れが落ちているではないですか!これはいい!!

 …………。
 頭を石鹸で2回ほど洗い直しました(笑)。
2013年07月22日 イイね!

サトちゃんと深夜のファミレスにて、口プロレスを

サトちゃんと深夜のファミレスにて、口プロレスを 7月21日(日)22:00―。

 仕事からの帰路の途中、安城市横山町にある「Car Audio & Car Security Meister(カーオーディオ&カーセキュリティの専門店マイスター)」のサトちゃんに電話します。

 トゥルルル……トゥルルル……、ガチャ…。
 サト「グーテンターク(Guten Tag=「こんにちは」)!」
 waka「……。いや、スマン、ドイツ語でくるとは想定してなかったからシャレではかえせん(苦笑)。今夜何時くらいに仕事がハネる?久しぶりにファミレスで、口プロレスを…。」
 サト「んん、じゃあ、仕事が終わったら連絡するわ!」


 ………………………………………………
 日付が変わって、7月22日(月)0:30―。
 いつものガスト徳重店にて集合。

 向こうは仕事がハネて仕事場から。
 私はメールをもらって自宅から。
 ともに30分強なのに、ほぼ同時刻にこの場所に到着してます。
 サトちゃんが速すぎるすぎるのか、私が遅すぎるのか(笑)。

 あぁ、今日のサトちゃん、ハブボルトを5穴化した白の180SXで来ちゃってますねぇ。

 ガルフグレーのカラーに全塗装されたポルシェ911(930)も似合うけど、やっぱりこの男、AE86やシルビアの様な国産チューニングカーもよく似合います。

 ………………………………………………
 ファミレスで話した内容というのは、いつもブログに掲載している240ZGのフロント周りの改造の件です。
 ここの所、考え込むと袋小路に迷い込んでしまうもので。

 こういう時には友人、知人、仲間と、何気ない話をしていると考えがまとまり、得策を思いつくことが私にはよくあります。

 S30Zの車高調でいく場合やS14の足回り流用でいく場合など、さすがサトちゃん、昔とった杵柄(きねづか)です、肝になる寸法の取り方などを助言してくれます。

 ………………………………………………
 もちろん、話している内容は車高調の話だけではないんですよ。
 クルマをとおしたお互いの生活環境づくりとか、シャレのめした話からちょっとまじめな話まで。
 ドリンクバーだけで3時過ぎまで過ごしてしまいました。

 相変わらず彼から得る言葉は多いです。

 後は私の勢い、「やる気」の問題であるともあらためて自覚できました。
 ただ私の性質上、その「やる気」モードになると、物事に夢中になりすぎて止まらなくなる「過集中」に至る傾向があるため、それには陥らないようにしなければ、ですね(苦笑)。

 まずは車高調に手をつける前に、妻の原付「ciao(チャオ)」の修理をしてみようかな?
 故障して動かなくなってからもう半年以上経ってますから、リハビリがてらにやってみようと思います。

 しかし明日も仕事だというのに、深夜までの仕事の後、私の話に朝方まで付き合ってくれるサトちゃんにはホント感謝です。


 追伸
 でも今度、この前の公認のときに使ったポルシェの資料は返してね(笑)。
関連情報URL : http://www.meister930.jp/
2013年07月22日 イイね!

リバイブジャロピーからの暑中見舞い

リバイブジャロピーからの暑中見舞い 先日、旧車の部品を再生販売している「リバイブジャロピー」さんから左記の様な暑中見舞いをいただきました。
 何というかシャレが利いていて、思わず妻と笑ってしまいました!

 早速、お電話でお礼とブログへ掲載させていただきたい旨をお伝えさせていただいたところ、
 「毎回、ネタを考えるのが大変なんです…」
 とのお話を伺いました。

 そうでしょう、そうでしょうとも(苦笑)。
 でも、御社の販売部品で助かっている方たちは、きっと数多くおられることと思います。

 これからもお世話になります!

 追伸
 「広報車」はマルーンのスカイラインなんですね。的確な選択と思われます(笑)!
Posted at 2013/07/22 04:10:45 | コメント(5) | トラックバック(0) | 小ネタ・小話・笑い話 | 日記
2013年07月14日 イイね!

240ZGDAYS文庫 7月の図書の入れ替え ガンプラ中心ですが、ポルシェとN1レースの本もあります(笑)

240ZGDAYS文庫 7月の図書の入れ替え ガンプラ中心ですが、ポルシェとN1レースの本もあります(笑) 珍しく日曜日にもかかわらず、今日はオフです。
 毎度、春日井市西本町にあるタイヤ屋さん「CARSHOP SHAFT(カーショップシャフト)」に置かせてもらっている「240ZGDAYS文庫」の図書の入れ替えに行ってきました。

 このお店に訪れる方はご存知のとおり、事務所には社長の今村君の趣味である「起動戦士ガンダム(ガンプラ)」が飾ってあります。
 「超時空要塞マクロス」もいけるそうですが、そちらは私がついていけないので割愛します(苦笑)。

 という訳で、今回の置き本は「ガンプラ本」を中心に(?)置かせていただきました。

 「HOW TO BUILD GUNDAM 2(1982年/ホビージャパン刊)」
 往年のガンプラファン垂涎の本です。この頃はまだジオラマ作製が主体でしたね。
 ザクの動力パイプをハンダで巻いた経験のある方々には懐かしいものになると思います(笑)。


 「GUNDAM WARS PROJECT Z(1986年/モデルグラフィックス刊)」
 Zガンダムの特集なのに表紙は「Zプラス」です。内容はかなり暴走しています!
 当時のアイドル菊池桃子さんを「モモコ・キクチ中尉(17)」として妄想したり(?)、同じくおニャン子クラブの会員を「ティターンズ第08独立中隊第2小隊」という架空の設定で「戦歴」をページを割いて記述しています(笑)。

 暴走ついでに、デザインワークスを担当した永野護氏(「ファイブスター物語(ファイブ・スター・ストーリーズ、「FSS」)」の作者))も、作例でシャア(=クワトロ・バジーナ)専用機として「シュツルムディアス」を自ら作製しています。
 また、本の完成後の打ち上げでは、永野氏自ら瞬間芸シリーズ「フォウ・ムラサメ ホンコン・シティ編」を両手を広げて熱演しています。

 なんにしてノッてます!今回の置き本で一番内容が濃いかもしれません(笑)!


 「GUNDAM WARSⅡ MISSION ZZ(1987年/モデルグラフィックス刊)」
 またしてもガンダムZZの特集なのに表紙は「ZZ-ZWEI(全高40m、サイコガンダム級のモビルスーツ)」です…。どこまで暴走するのでしょうか(笑)。
 見どころはバキュームフォームで作られたガンダムチーム(ガンダムMarkⅡ、百式、Zガンダム、ガンダムZZ)ではないかと思っています。1/72スケールでフルスクラッチ作製する根気は目を見張ります。
 あとは完全変形する「1/144サイコガンダム」。本文中にもありますが「どれだけ仮組みしたんだ!」と驚嘆する作品です。


 …………。
 あー、え~っと。クルマの本ですよね。わかってます、わかってます(笑)。

 GOLD CARトップ「ツーリングカー天国 F1よりN1 Racing Version(1993年/交通タイムス社刊)」
 20年前のN1レースに関する本です。
 この当時のN1参加車両(R32日産スカイラインGT-R、S13シルビア、MR-2、BMW M3(E30型)、ランエボⅠ、GTO、ミラージュ、シビック、プレリュード、ユーノスロードスター、いすゞジェミニ、スズキカルタス等々の多彩なクルマたちのレース風景が掲載されています。プラモデルファンの方にも参考になるかも知れません。
 当時の日産アルティアFALKEN GT-Rの車体補強の様子も興味深いですよ!


 「THE 911 & PORSHE MAGAZINE No.5 TURBO MODELS(1995年/ナゴヤマガジン刊)」
 …………。これも暴走してますねぇ(笑)。
 編集部のパワーも相変わらず底をつきませんし、自動車評論家の福野礼一郎氏のポルシェターボについての「年表」まで作って、変更点を詳細に記載した批評もマニアックすぎます。
 そして「993ターボ」をして、「「959」を経て「965」を作ろうとしたものの頓挫したが、夢を温め続けて登場させたモデル」と評した記事も興味深いです。

 さらにお勧めの記事は「911乗り編集者が集うあれやこれやの井戸端会議的座談会」です。
 当時の「ポルマガ」日比野編集長をはじめ、「driver」「CAR GRAPHIC」「CAR and DRIVER」のポルシェオーナー編集者が「座談会」という名を借りた「口プロレス」を展開しています(笑)!
 為替レートが1ドル=80円、まだ空冷エンジンの911(993)が新車で買えて、アメリカでは6万ドル代で売られていた時代です。
 18年前の記事ということを差っ引いても読み応えありです!

 というわけで、今季はガンプラ本3冊、クルマ関連2冊の置き本になりました。

 作業の待ち時間のあるときにでも結構です。
 「CARSHOP SHAFT(カーショップシャフト)」にお立ち寄りの際にパラッと読んでいただければ幸いです。
関連情報URL : http://www.shaft-gt.com/
Posted at 2013/07/14 13:07:33 | コメント(3) | トラックバック(0) | 書籍・雑誌 | 日記
2013年07月08日 イイね!

アストロプロダクツ名古屋南店へ妻と買い物に

アストロプロダクツ名古屋南店へ妻と買い物に 基本、妻と私は趣味や嗜好が合いません。
 衣類や日用品などを買うときも、妻は「カワイイ」を基準に、私は「使い勝手」を基準に選ぶものですから、なかなか決まりません。

 今日はオフ―。

 午後から妻とアストロプロダクツ名古屋南店に行ってきました。
 妻はガーデンニングコーナーで剪定バサミを「買い」に。私は240ZGに使えそうなガレージジャッキを「眺め」に。

 珍しく夫婦で行く先の目的が一致しました(笑)。

 いやしかし、緑区にアストロプロダクツができたのは嬉しいですね!
 今までより楽にお店に立ち寄れます。

 ガレージジャッキは欲しいと思っているのですが、いざとなるといろいろ目移りしたり、Gノーズの前から入れられるものがイイかなっと考えたり、そうすると懐事情と合わなくなったりと、未だに買えてません(ここまで書いててふと思ったのですが、Gノーズの前から差し込める長さのガレージジャッキなんか買ったら、普段ガレージに置いとけませんね(苦笑))。


 買い物を終え、帰路は国道23号線から有松ICを経由してトヨタカローラ愛豊滝の水公園店の前を通りました。
 外にはカストロールカラーの試乗車(なのかな?)が展示されています。

 妻「あのクルマ、美味しそう!」
 私「美味しそう??ど、どういう意味?」
 妻「なんかイタリア料理の彩りっぽくない?」


 …………。

 カストロールカラーを見て「美味しそう」です。
 やはり趣味、嗜好は合いそうにありません(笑)。
Posted at 2013/07/09 07:54:38 | コメント(6) | トラックバック(0) | Driven | 日記

プロフィール

「最近は、RX-7(SA22C)のGr.Bラリー仕様の動画を観ています。よくもあそこまでクルマを自在に操れるものと思わされます。
運転を上手くなりたい。練習あるのみ。」
何シテル?   10/18 22:03
現在、L28ブロックにRB30E(RB20E)のクロスフローヘッド(OHC)を組み合わせたエンジンを搭載しようと奮闘中です。 「build a cross fl...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2013/7 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

リンク・クリップ

BMW M4CS 納車されました!  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/10/12 18:53:40
コストコでクイックジャッキ売ってるじゃないですか!! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/10/06 23:57:42
馬力とトルクと加速と最高速度 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/10/02 18:06:09

お友達

「RB30E(RB20E)クロスフローヘッドを載せたL型エンジン」の製作計画に向けて、コストダウンを図るため、また一緒に「古くて新しいL型チューン」を築き上げるために、賛同者を募っています。

ご興味のある方は、お気軽にお声をかけてください。
121 人のお友達がいます
いきいきいきいき * moto(&#39;91)moto('91) *
SHO@CA18DETSHO@CA18DET * 銀鬼7銀鬼7 *
ローリー。ローリー。 * セキュリティーのプロテクタセキュリティーのプロテクタ *みんカラ公認

ファン

158 人のファンがいます

愛車一覧

日産 フェアレディZ 日産 フェアレディZ
 昭和47年式の240ZGに、  ・フレームの差替え及び内部にアングル追加。  ・サイド ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.