• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ショーと6のブログ一覧

2017年07月18日 イイね!

連休は娘とキャンプ



3連休は久し振りに休めると長女から連絡あったので
じゃあキャンプしようと決めたのが金曜日。

湖畔のキャンプ場にしたかったけど、流石にめぼしいとこは満杯で
結局、朝霧高原にある「ふもとっぱらキャンプ場」に。
初めての場所なので、テントとタープをどれにするか決めかね
土曜日朝、取り敢えず、テント2種類、タープ4種類積んで
渋滞の中央道をひた走って着いたのが14時頃。



ここは、長渕剛が10万人ライブをやったキャンプ場らしく
兎に角広く、ずっと、ずっと、ずーっと草っ原。
富士山の麓に広がる原っぱだから「ふもとっぱら」と言う。



スペースは充分にあるので、今回は
「Eureka! Parawing」とユニフレームの「REVOルーム4プラス」を使用。
このテントだとコットが2つ入るし、立って着替えが出来る。
タープは横が広いので、日陰が充分にとれる。と言う事で決定したが
モンベルの「ビッグタープHX」でも良かったかも。

或いは、蛾やその他の羽虫がそこそこ飛び込んで来くるので
蚊帳のあるスノーピークの「カヤード」か。
でも、「カヤード」は左右のポール高は210mmなので
240mmか260mm必要な「REVOルーム4プラス」はムリだから
そうなると手持ちじゃモンベルのムーンライトテントになるし、で
今回はやっぱり「Eureka! Parawing」。

ただ、これは耐水圧3,000mmとスペックにはあるが、高い分結構結露する。
生地の厚さが75Dと薄いので収納はコンパクト。
UVカット95%となっているのは良いが、遮光性は高く無さそう。
値段が値段なので、余り欲張りは言えない…



最近はロースタイルでやってる人が多いけど
私らはずっとハイスタイルは変わらず。この方が色々やる時に楽。
それに、今回の場所は原っぱなので、ロースタイルだと伸びた草が邪魔。。

娘がソーメン食べたいと言うので初日はソーメン。
後は近所の道の駅で買ったもの色々。
やっぱり、スーパーで何処でもあるもの買うより
地元の食材を買った方が断然美味!

赤ワインは、友人から貰ったブルゴーニュのムニャムニャ…
ピノ・ノワール種はやっぱりいいねえ。



なるべく人混みの少ない所を探してずっと奥の隅っこに設営しましたが
後から来た(40メール位離れた)お隣さんが業界さんらしく
クラブ系音楽をずっと流しててうるさかったし
更に、その後来たその隣(80メール位離れた)のグループがパーリーピーポーで
男も女もノリノリでうるさい。

22時過ぎてもそんな調子だから、スタッフが注意しに来たけど
若干トーンは落ちても夜半過ぎまで続く。。

雨も降ったりで、早々に寝ました。

翌日は、観光と温泉と買い物。
白糸の滝、富士山本宮浅間大社等々




ランチは富士宮市内にある「麺屋ブルーズ」というラーメン屋で白そばと黄そばを注文。
メンは地元で有名な「叶屋」の細麺。
白そばのスープは鶏ガラベースに塩、醤油、いしるで端麗な味付け。
乗ってるのはトマト、しその葉、針生姜、チャーシュー、長ネギ
トマトの酸味がいいアクセントになっていて美味しかったです。
これで750円はまあまあの値段。ただ、欠食人には物足りない量かも。



温泉はキャンプ場と富士宮市街の中間にある「風の湯」へ。
17時から入ると600円になるので、
周辺のキャンパーがどっと押し寄せ、もの凄く混雑。
早々に出て来たが、もっと早く来て900円払いユックリした方が良かったかも。。

テントに帰ると、うるさかった2グループは撤収してて
やっと静寂の戻った夜を過ごせました。

満天の星空が綺麗で、月明かりに佇む富士山のシルエットが美しかった。
私は写真は撮れず、娘が長時間露光で撮影。
(三脚など持ってきてないのでちょっとブレてる)




焚き火は、長年使い込んでるユニフレームの初代「いろり」。買ってからもう18年くらい?
だいぶガタが来てるけどまだまだ使えます。



3日目、ここのチェックアウト時間は14時だけど、渋滞にはまりたくないので
12時にはチェックアウトして帰路へ。



富士山は、3日間とも写真のような感じ。

時々風も吹くので暑さは気にならず
夜は涼しくぐっすりと寝られました。

やっぱり連泊はいいなあ

帰ってからは足がかゆくてかゆくて
草っ原なので虫がいっぱい
キンチョール虫除けスプレーも効果無し
Posted at 2017/07/18 12:51:46 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年07月11日 イイね!

ウォータージャグに蛇口取り付けた

20年近く前に買ったColmanのウォータージャグ
「PolyLite2」に蛇口を付けました。
この蛇口も中華製ですが、全く問題無し。



「PolyLite2」は子供達が小さかった頃のキャンプで使ってたけど
最近は、クルマが小さいので、なるべくコンパクトにしようと
折りたためるウォータータンクを使ってて、全く出番無かったんですが
ルーフキャリア付けてからは積載許容量に余裕出て来たので
多少かさばるものでも良いかなと思ってるところ。

ウォータージャグってのは、吸水口が使い辛いので蛇口付ける人も多く
私もやってみるべ、と
Homestiaと言うところの口径16mm蛇口を1,399円で購入。
取り付け簡単でピッタしフィット!今のところ密封性も問題無さそうだし
ハンドル部分も干渉せず使いやすくなりました。


Posted at 2017/07/11 11:52:52 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年07月10日 イイね!

CIAO FIAT! 10th BIRTHDAY 2017



暑い日曜日、市川市の一番星ヴィレッジまで行って来ました。
家から高速使って1時間弱の距離。
次女が暇だと言うので二人で。

キャンプ場の一番星ヴィレッジは気になってた所ですが
冬はやってないし、ちょっと値段高めだし、
昨年のフィアットイベントは、気づいたら受付終わってて不参加だったので、
ここは今回が初めて。



それにしても暑かったなあ。。

取り敢えず、キャンプ道具持って来て、様子見てどのタープにするか考えようと。
で、結局、最近amazonで買った四角いタープ(3,299円!)を張りました。
Unigear(ユニジア)という中国のアウトドアメーカーのタープで
裏面に紫外線から守るシルバーコーディングが施されており
真夏の暑さ、UVカットで、こんな日にぴったりのタープです。

中華製って事で、安いが品質不安だなあってのもあるけど
これは素晴らしいコストパフォーマンスを発揮。
タープ下では結構快適に過ごせましたねえ。

耐水圧はなんと3000mm以上!と書いてあるので
雨の日はテントの上にかけて撤収などラクチンかも。



暑くてタープから出たくない!
てことで、メインステージ見に行くのもしんどく
遠くから
ハイキングウォーキングのぼろぼろの司会っぷりや
運動会的玉入れ、
パパイヤ鈴木のダンス教室、等々
見つつ聞きつつ、美味しくお弁当もいただきつつ
豆挽いてカフェオレ作って飲んだり
子供達の歓声と大人達の奇声のバンジージャンプ眺めつつ
自分はムリムリと。




My Fiatコンテストに投票行ったついでに
カレー教室で作ったイタリア風カレーをタダでいただき
唯一使ったお金は500円のトマトジュースのみ。





ぐだぐだになって15時過ぎに帰路へ。

暑かったけど、楽しい一日でした。
来年もまた参加しよっと。

出来れば、隅っこでいいので前日からキャンプさせてくれたらな…

でも、自費ではキャンプ場として使わないかも。
昔、畑だったであろう畝の名残があり、フラットになりきってないので
テントで寝るときコットが必要だろうし、
広すぎてユーティリティが遠く不便。
Posted at 2017/07/10 16:14:49 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2017年06月27日 イイね!

アップし損なっていたGWのクルマ旅

アップし損なっていたGWのクルマ旅夏も間近なのに、アップし損なっていたGWの事などをメモ。

子供達はそれぞれ用事があり、どうしよっかなぁと。。
ま、一人だけど、青森行こう!
と言う事で出発したのが5月3日の20時。

行程は地図の通り。



京葉道路から成田方面へ、そして常磐道へ入り、ひたすら北上。
途中、3μSvと言う非常に高い放射線量の地域も走り抜け、
本州最北端の「大間崎」に着いたのが4日11時頃。




良い天気で、北海道が一望。弁天島の先に函館が。



寺山修司記念館へも行きたかったが、恐山で時間くってしまい、
そのまま青森市内へ宿探しに向かう。

どこのホテルも満杯で、コンビニで宿検索していたら、
1箇所キャンセルが出たと表示あり、早速電話で予約。
18時頃着いてロビーに行くと、
タッチの差で楽天からの予約が早かったと言われ断わられるはめに。
予約受け付けたのにィ。。とグチって
ホテル前に停めたクルマの中で途方に暮れていたが
その間にもバイカーが空き部屋探しに来て、断られて帰って行く。

キャンプ道具を積んで来たんだしって事でキャンプ場探したら、
なんと30分の所に市営のキャンプ場を発見!
電話したら19時迄ならフロントが開いてるのでOKと言う返事。

コンビニで食料とビールやワイン買って青森市営「モヤヒルズ」というキャンプ場へ。
オートキャンプサイトは大人1人で4,500円(高ーい!)ま、仕方無いけど。
全てAC電源付って、流石東北のキャンプ場だなあ。

暗くなってたので全貌が掴めなかったけど、綺麗に整備され過ぎてる感が
街灯が沢山あるおかげで簡単にテント設営出来たけどキャンプしてる感じが薄い。
近くには10名位の若者グループと家族キャンパーが数組。



翌朝、よく見ると、裏山がスキー場になっていました。
かなり広い施設です。

キャンプ場を9時前には出発し、三内丸山遺跡へ。
入場無料でいいところでした。ガイドさんもいるし。
高床式穀物蔵もあり、縄文時代に青森でも米が流通していた事にびっくり。



その後は、東北道を下り猪苗代湖の民宿へ。
ここも途中ネット検索して予約。
2食付で5,400円!部屋や食事はそれなりだけど小さな温泉もあるし。
おばちゃんが1人で頑張っていて、叔父さんが力仕事をお手伝いしている宿。
こんな所でも中国人家族客(日本に住んでる感じ)が多かったなあ。



翌6日は、磐梯山ゴールドラインを走り、五色沼をハイキングして大内宿へ向い
その後下道を走って帰路へ。



家に着いたのは、夜の8時頃。
今回も良く走りました。



走行距離:1,906.4km
平均燃費:19.2km/L
Posted at 2017/06/27 18:11:34 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年06月26日 イイね!

キャンプ用斧のなんちゃってカバー作成

モモタロウで、キャンプで薪などを割る斧を買ったのですが、カバーが付いてなかったのでパパッ作成。



ホームセンターに「池坊鋏ケース」だけってのが安く売ってたので購入。
ボタンフックの位置を変え、この中に、柱や壁・アングルやH鋼の保護や緩衝材に使用する「L型ゴム」をカットして入れました。斧の刃を挟んでマジックバンドで結束。



暫くこれで充分じゃろ。
Posted at 2017/06/26 19:51:08 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「連休は娘とキャンプ http://cvw.jp/b/661098/40109935/
何シテル?   07/18 12:51
LOVECARS!-No.165 2009年12月26日 1.2POPボサノバホワイトが納車されました。 親父はトヨタ一筋。しかもコロナとクラウン...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/8 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

ストップランプ交換 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/04/02 11:54:47
ヘッドライト黄ばみ、傷除去 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/03/04 01:24:15
K&Nエアクリーナーのクリーニング 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/03/04 01:10:19

お友達

クルマの事は全くの素人。右も左もわかりません。
キャンプは子供が小さかった十数年前によくやってました。
最近また開始しましたが、道具が古くて更新中。
という事で、クルマの事(整備の仕方など)教えていただきたいし
キャンプ好きな方と情報交換したいなと思ってます。
17 人のお友達がいます
italiaspeeditaliaspeed * MLpoloMLpolo *
ALPIN★JETALPIN★JET * kiku‐kiku‐ *
すら@すら@ zoffzoff

ファン

14 人のファンがいます

愛車一覧

フィアット フィアット500 (ハッチバック) フィアット フィアット500 (ハッチバック)
8年目に突入。殆ど問題もなく走り続けて、総走行距離は約87,500km(2017年2月) ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2009年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.