車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2016年11月04日 イイね!
ロードバイク モテギエンデューロ参加文化の日にはモテギエンデューロ参加。
4時起床5時出発予定でしたが、三台の自転車の積載に少々手間取り、チビ達のキッズレースに受付時間に余裕無く到着。
駐車場も遠く中央エントランスからピットに抜ける長い階段で、見知らぬ方がチビの自転車下ろすの手伝って頂きました。大変助かりました。急いでたので御礼してなんとかスタートラインへ。
自分のレースの用意が有るので、後はカミサマに任せてレーススタート。
結構大きな落車が有ったらしく、レース後に保護者がメディカルルームに呼ばれてました。チビ達2人は落車に巻き込まれず無事三キロコース完走。順位は真ん中あたり。転けずに帰って来たのでヨシ。



自分のレースは9時スタートの4時間エンデューロ。ボトル1本、SOYJOY2本でピット寄らない予定。
レーススタート時は路面も解らなかったので、チューブラーの空気圧を若干下げて走行開始。路面は一部ウエットでしたが、コーナーは安全して曲がれる状態だったので一安心。
集団が落ち着く2周目までは安全第一走行。走行ラインが定まらない輩も多くコーナー途中で意味も無く動いてくると危ないので、周りと協調しながら声掛けして走行。スピードの乗るS字で結構大きな落車も有りました。びっくりしたのは、チームメイトが落車に巻き込まれたのか、落車場所の直ぐ先のコーナーのど真ん中で急停止する輩も。自分含めて何とか二重落車は避けれましたが、何であんな所で止まるのか、不思議。
安全マージンを多めに取って2周目以降はスピードの近い列車に協調しながら参加。
7時間ソロを走行しているチームメイトと2周程一緒に走りました、あのペースを維持して7時間は凄い。
7時間の先頭はマトリックスがコントロールしながら、インターバルが掛かり絶えずリストラ。凄まじいプロの走り。
途中では談笑しながら走る 新城選手 土井選手の後ろに付いて、ご挨拶。お二方とも声掛けて頂きました。
自分の走りは50キロで左足が吊り、100キロで太腿が吊る予定通りな展開。
100キロを2時間50分程で走れて調子良かったのですが、ボトルが空になり補給不足になってからはポタリング。
バックストレートの登りが兎に角しんどい。
最後は心拍数余裕でしたが、後半脚無く走れず。



何とか4時間を迎えて走行距離129キロ。若干目標に届きませんでしたが、天候に恵まれて良く走れました。

チームメイトには場所確保して貰ったり、受付手伝って貰ったり、本当に助けられました。隊長有り難う御座いました。


マビックのT-MAX



マビックのアウトバック

ニュートラル用ホィールのキシリウム

ジムカーナ場では雑誌イベントの様でBRZがスライドしながら走行。
短い距離を何度も走行してましたが、車両には厳しいコンディションだと思います。
ラリー仕様のインも登場。
横向いて走る車両にチビ達興奮。車でクルクル回ると楽しいよ。




レース後は早退させて貰って益子焼きへ。知らずに行ったのですが、陶器祭の初日で凄い人手とお店。





カミサマとチビ達もお気に入りを選んで楽しみました。陶器は見てるだけでも楽しいです。



イイ天気に恵まれて最高の1日でした。
しかし、自転車積載時にペダルがルーフに接触。少し傷になり、フロントガラスへの被弾と共に少し凹む。


もう少しで走行7万キロ。
無交換のリアブレーキパットがそろそろ寿命が近そうです。
Posted at 2016/11/04 11:30:47 | コメント(1) | トラックバック(0)
2016年10月29日 イイね!
さいたまクリテリュウム観戦10/29さいたまクリテリュウム観戦

さいたま新都心のスーパーアリーナを囲む様に、高低差を含む1周3キロのクリテリュウム
コース。
ツールドフランス3賞を含む、世界を闘うロードレーサーが手の届く距離で観戦。

レースは大きく3つ。
①パラサイクリングTT
 タンデムからハンドサイクル、トライクまで。
 観戦したことが無い車両も多く、走る姿に声援も大きい。
 特に応援したのは、日立建機所属の藤田選手。
 リオオリンピック銀メダリストであり、本年の世界選手権の覇者。
 
 応援してます。

②ポイントレース
 規定周回にポイントが与えられて、ポイント獲得数を競うレース
 規定周回毎に盛り上がります。
 ツールドフランス、敢闘賞の新城選手が優勝
 

③メインレースのクリテリュウム 3KM×30周=60KMで争われます。
競技時間1.5時間なので、平均時速約40KM クリテの直角コースで加減速が有る中で40KM/h
  走行。プロの走りを見てると何だか流している様に見えますが、コーナ立ち上がりでは鋭い加速。
  レース終盤まで集団をリードした、別府選手と新城選手
 


ツールドフランス覇者のフルーム選手

ツールドフランスのグリーンジャージ 世界戦の覇者 サガン選手


レースオーガナイズの車両



本場の悪魔オジサン(ハロウィンの仮装と間違われたとか)


少しはトレーニングログ
29日 クリテ観戦に行く前に荒川ロードバイク練習。
吉見公園往復。上流向きに物凄い向かい風。荒川ヒルクライム状態。
57.34 km距離
25.8 kph平均速度
648 Cカロリー
2:23:58時間
151 m上昇(ど平坦)
139 bpm平均心拍数
177 bpm最大心拍数
往路で脚パンパン。

30日 自転車に乗る時間が確保できず。RUNへ
10.02 km距離
4:49 分/km平均ペース
584 Cカロリー
48:19時間
168 bpm平均心拍数
188 bpm最大心拍数
Vo2MAX 52ml/kg/min

前半2キロはチビさん達の持久走練習のお付き合いだったので、
ペース的には4:30分/Kmが維持出来た。
腰痛酷く中々ペースが上げれない時期が続きましたが、やっと
10KM/45分を切るペースに戻れそう。正直嬉しい。

11月3日は10数年振りのモテギエンデューロ参加。
モトGPとは逆回りですが、ロードコースを4時間走り切ってこようと思います。
9月360KM 10月230KMと練習距離不足は否めませんが、楽しんで走りたいと思います。





Posted at 2016/10/31 01:07:50 | コメント(0) | トラックバック(0) | スポーツ
2016年10月17日 イイね!
絶好の好天でモトGPな週末でしたが、家族平和と自転車を選択して、福島へ。
土曜AMの東北道は車は多いも流れはスムーズ。オートバイの方々も沢山。

スキーのシーズン券購入のため、猪苗代リゾートスキー場へ。

磐梯山が綺麗に見えてます。

紅葉には少し早く、来週くらいが見頃のようです。
チビさん達を遊ばせに、昭和の森へ。



この様な細い道を進んで行きます。ここは激坂に続きます。



猪苗代湖も綺麗に見えます。


緑が気持ち良かったです。チビ達はトンボを追いかけたり、芝生で転がって遊んでました。

帰りには中ノ沢温泉の日乃出屋さんへ。
栗三昧で、栗むし羊羹と、栗くりを購入。
栗が沢山入っていて、甘さ控えめ。カミサマにも好評でした。
お蔭様で、日曜AMの自由時間をGet。


甘味に勝るアイテム無し。

日曜は、御霊櫃ヒルクライムへ。
決戦ホイール FF4R装着。

好天無風の絶好のヒルクラ日和。タイム更新を狙います。
前半平地ですが、35~30KM/hキープ。いつも通りですが、心拍の上がりが速い。160拍近辺。
登りに入り、急坂の要所は出来るだけ抑えて、シッティングで淡々と登坂。
斜度が緩くなって、シフトダウンして速度UPするも、粘れず。
最後は、アウターで登り心拍180近辺で限界。
終わってみるとタイムは42分23秒 Ave18.8KM/hと今迄と変わらず。良くも悪くもなってない。
無風でコンディションが良かったので、実質はタイム低下ですね。
頂上は凄くイイ眺めでした。こんなに快晴なのは珍しい。

11月3日には茂木エンデューロに出場するので、ローラでも練習せねば。

ヒルクラ後は、未来のポルシェ乗りに、先導して貰いスーパーな車達の集う場所へ。
512とアバルトと写真は僅かですが、ルノースピダーやナロー911Sなど、貴重な車たちが沢山でした。走らせなくても楽しい時間でした。

未来のポルシェ乗りさん有難う。いつかは、写真撮られる側になりたいね~。

モトGP観戦はお預けになりましたが、楽しい週末でした。




Posted at 2016/10/17 01:25:41 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2016年09月18日 イイね!
自転車クラブのツーリングで、南会津へ。
16日仕事を終えて、E90のルーフにRIS9を搭載して、22時過ぎに自宅出発。
26時に郡山に到着して、翌朝宿泊の準備をして、9時に集合場所を出発。
天栄~鳳坂峠~下郷~塔のへつり~田島へ
走行80KM 1,000UP

先ずは、鳳坂峠。中盤に12%の登りがあり、足を着きたくなる程。
昔のロングツーリングでは登れずに歩いた、本当に苦手な坂道。普段登坂しない脚には堪えました。

しかし、先発の78歳の方も足を着かずに登り切ったとの事。凄い方です。頭が下がります。

昼食は燻製ベーコンのハンバーガ。燻製とパンが良く合います。


塔のへつりを見学。

紅葉の頃に行ってみたい。

14時過ぎには目的地の田島に到着。
宿はこちら。


時間があったので、昔に泊まった、築100年の古民家へ。

残念ながら茅葺屋根はトタンで覆われてました。屋根を葺ける人を集めるのも大変なんだそうです。

夜はイタリアンへ。

肉メインで、珍しい日本酒や、当日販売開始の銘柄を頂きました。

肉の最後は、「夏熊」 処理が行き届いていて、それほど癖は無かったですが、苦手は人は駄目かも。鯨肉のような味合いです。シチューと熊汁でいただきました。


翌日は生憎の雨で、走行中止。
7台のロードバイクは伴走車(200レジアス)に積み込み、メンバーのMini Oneを運転して帰る事に。
20数年のトンネル工事を経て完成した、甲子道路を経由して、秘湯 大黒屋の温泉は最高でした。
温泉のあとは、福あんさんで、天盛りそば。蕎麦も美味しく頂きました。

2日目は残念ながら走行出来ませんでしたが、本当に楽しく走れました。

みんカラ的に、Mini Oneの簡単インプレ。
Mini Oneは147購入時にクーパーSを最後まで検討して、見積まで行った車。
久々に乗ってみると、短いホイールベースでキビキビ走ります。ゴーカートフィーリング。
ハンドルは重めで、足回りも固く、路面が荒れていると、ピッチングで絶えず揺すられます。
しかし、収束も速いので、さほど気にはなりませんが、パッセンジャーシートのでの評価は全く異なる可能性が高そうです。

エンジンはトルクが豊富で、低回転から走り易いですが、3,000rpmを超えると賑やかになり、
回転上昇も穏やか。アップダウンのコースを走りましたが、トルコンオートマはエンブレが効く設定で、トルクバンドを出来る限り有効に使う設定らしく、慣れるまでは、意図しない所でシフトアップ/シフトダウン。
乗って楽しいハンドリングですが、それに呼応しない、エンジンとトランスミッション。
2代目Miniはこのブラジル産クライスラーエンジンと決別して内製エンジンに切り替わったので、2代名以降に乗ってみたくなりました。

ロードバイク、イタリアン、日本酒、秘湯、蕎麦と福島を満喫した連休となりました。

Posted at 2016/09/19 00:52:32 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記
2016年08月28日 イイね!
SS1000 首都高ツーリング27日に日光方面にツーリングを予定していましたが、降雨の天気予報で中止。
26日は未だ天気が大丈夫そうだったので、仕事から帰宅して、0時前に埼玉出発。
久々の走行だったので、空位圧を若干落とし、首都高の段差も考慮してリアの減衰も最弱
にセット。

見沼から5号線~6号~C2~辰巳PA~C1経由で帰宅。
普段はナビに誘導されるまま走る首都高も、ナビも無いSS1000で走るのも問題無し。
路面がうねって、ブラインドも多いので、右車線を走り抜ける、個人タクシーを脇で見ながら、
マイペース走行。
休憩した北池袋PA。隣にはセンチュリーの個人タクシー。

工事渋滞も無く、ノンビリ走る分には首都高ツーリングも問題無し。
しかし、金曜深夜のタクシーのペースの速いこと。職場近くは、銀座界隈のタクシー待機場所でも
有るのですが、個人タクシーにクラウンアスリートが何故こんなに多いのか、解る気がしました。
辰巳に初めて行ったのですが、26時頃は誰も居なくて快適。と思有ったのですが、辰巳第二でした。
辰巳に第一、第二が有るのを初めて知りました。



辰巳で休憩して、C1に入ると、漆黒の993ターボや、ロータスヨーロッパと遭遇。
C1は白黒のペースカーも入り、ここでもマイペース走行。
しかし、SS1000のミラーは振動で何も見えません。白黒のペースカーは偶然発見。絶えず後方は注意してるのですが・・・

帰宅するまで約3時間。リズムを取りながら流す程度でしたが、思ってた以上に走りは易かった。
今迄は首都高は快適に走れないと思い、バイクで走りに行く感覚では有りませんでしたが、
時間の遣り繰りで、短時間でも楽しめる事が判りました。

渋滞無いので、油温も最高で105℃程度と昼間の灼熱を考えると、バイクのコンディションにも
負荷を掛けずに楽しめそうです。
短い時間でもSS1000と対話で来て良かった。
リアの減衰を最弱にしてみましたが、自分にとってネガは全くなし。自分の体もリセットして、ここをベースに色々と再調整を開始。
車と異なり、前後の乗車位置、上半身、下半身の連動など、一つのコーナーに挑む際に、様々な
パラメーターを持つバイクの難しさと、面白さ。
バイクはこのSSしか所有した事が有りませんが、この乗物が最高だと思います。
空冷のエンジンの緩さと懐の広さ、それと全く異なる、足回りの守備範囲の狭さ。
新型の水冷SSもデビューが近いらしい(モンスターの骨格にパニガーレの外装。スチールフレームを持つパニガーレ?)のですが、新型がどのような足回りなのか、興味深いです。

しかし、右コーナーの苦手意識は深まるばかり。左右で全く感覚が違う。これはもう少し乗り込んで
またまた考えてみたいと思います。

バイクに乗らない週末は早朝自転車で荒川サイクリングロードへ。

平坦で変わり映えしませんが、ホンダエアポート近辺で折り返し、走行50KM程度を走り、
帰宅後は、チビサン達とランニング。1年生のちびさん3キロをキロ 5:30位で走るようになったので、
頼もしくなりました。抜かれる日も近い。

久々に稼働したSS1000、乗れるだけでも楽しかった。

Posted at 2016/08/28 23:54:43 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記
プロフィール
「jogの途中、アライヘルメットで休憩。
旧アロンソヘルメット。」
何シテル?   11/19 18:42
147-LHD MT乗りでしたが、2011年4月からの転勤の地である倉敷で8年目 9万キロで147事故廃車のため、泣く泣く手放し、次期車両は駆けぬける歓び320...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
リンク・クリップ
997のPSMとPCCBについての実際のところ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/02/26 15:01:56
ディティール 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/08/04 23:00:41
BMWの弱点発見 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/07/27 23:42:02
ファン
22 人のファンがいます
愛車一覧
BMW 320i Mスポーツ BMW 320i Mスポーツ
E90 320Mスポ マニュアル車です。アイドリングストップ付きで見かけによらずエコ車。
ドゥカティ SS1000DS ドゥカティ SS1000DS
2003年式SS900を盗難で失い、5年掛けてリターン。2004年式SS1000 走行4 ...
アルファロメオ 147 アルファロメオ 147
昔はジムカーナーを楽しんでました。147でジムカーナーorサーキットの再デビューを画策中 ...
フォルクスワーゲン ゴルフワゴン フォルクスワーゲン ゴルフワゴン
通勤用に購入しました。2001年式にて走行7万キロ 内外装共に綺麗で購入金額は本体25万 ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.