車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年02月21日 イイね!



3月5日

瀬戸自動車走行会  in ALT


はい、毎度の告知です。w

俺が告知しても別に客も来ないけど・・・やめとくか?wwww

(^◇^)






3月5日は オートランド作手で瀬戸自動車さんの走行会です。

毎度ですが、この走行会はS2000率高しなんです~。






















なので、特にS2000乗りの方は初級者から上級者まで、

走りに会話に、おいしい時間を過ごせると思うのでどうですか?(^_-)-☆



今回、こんな告知をしておきながら、

自分は出席できたとしても午前だけ位なので、

もしf2とエロトークしたい方はご連絡ください、

頑張って午前だけでも出席したいと思っております。(ΦωΦ) 











俺は行けなかったとしても、

我等のロド号は トミーが走行してくれるはず。




皆様 存分に可愛がってください。

へっぽこタイヤを履いてる可能性もあるので、

その時は虐めてやってくださいまし。www






瀬戸クンとこのこの走行会は、初級者から上級者まで居るし、

それなのに、マナーが良い所がいんですよ!

なので、どのレベルの方でも楽しむ事が出来ると思います。(^-^)

初級者の方は 代表の瀬戸クンに、

走り方から、車のセッティング方向、チューニング、

なんでも聞いてみてください、

色んなデータも豊富だし、走りの腕もある人なので、

きっと、身に成る話をしてくれますよ。

ただ、忙しかったりするので、時間だけは少し待ってあげてくださいね。

f2は暇してるので、エロトークならいつでもどんとこいですwww



どんな走行会か解んないしなぁ~~・・・・・・・・

なんて考えてる方々は、

見学するだけでもいいかも知れませんよ?

同車種の方が居れば話しかけてみれば盛り上がるかも知れないし、

走行会のスタンスが気に入れば、次回!なんてのも大歓迎~ヽ(^o^)丿 

特に女性の参加者はf2的には大大大歓迎www


軽いクラス分け程度はあります、

初心者向けクラスや、S2000クラスなんてのも。


走り易いし、走行時間もたっぷりあるので、

上級者は、セット出しなどにも向いてると思いますし、

初級者には上級者や瀬戸クンなどにお願いして、

同乗走行なども出来るだろうから、上達の近道まくりです。




まだ空きも少しはあるだろうから、

走行お考えの方は 瀬戸自動車さんまでご連絡 どうぞ宜しくお願いします(*^^*) 

もし空きが無かったとしても、 

『 悪のf2パワー 』 でムリクリ入れ込みますから。w










     
3月   5日   日曜日




    瀬戸自動車走行会 in オートランド作手




    


         よろしくです~~~~~~(*^^*)     Junkie f 2

Posted at 2017/02/21 19:50:44 | コメント(3) | トラックバック(0) | クルマ
2017年02月12日 イイね!

この頃は 兄貴の件もあり、

「 今、俺がなんかあったら終わりだよな・・・ 」 

なんて、そんな深刻でもないけど(^◇^)、

走るのを少々控えていたわけですが、

今日は朝4時に目が覚めてしまったので、(ほぼ老人w)

8時位には散歩へ行ってみた。


道中おますにチョイ連絡してみると、

おま 「 湾は完全凍結で走れません。 」 


ってか、お前も走ってたのかよっ?wwww

おますも相当な好きもんだな。(*^^*) 



で、おますと合流して少々 走った後に モーニングをたべ、

おますの86の事話したり、

仕事系の話したり、近況報告しつつ楽しく話させてもらい早目のお開き。


この頃は雪だったり、仲間内の時間が合わなかったりで

中々一緒に楽しめなかったけど、

また 近場で皆で遊ぼう(^_-)-☆









10分で描いてみよう!  汚なっ(^◇^)










その後、 俺一人でいつもの山巡り。

いつもより少し軟らかめの減衰でロールを感じながら ロドで流す。

ブレーキングからステアを切り初める所で、

いつもより大きなロールを、体 と フェンダーに擦っている音で確信する、

Fのアウト側に載る荷重が大きく対向のリアタイヤが浮き気味になるんだけど、

破綻するほどのバランスでもない。

対して、立ち上がりにはリア外側が大きく沈み込み、

ロールオーバーのような動きが出て、

先読み的なアクションを少し必要とするのだけど、

軽い0付近までのカウンターで 大暴れはしないよう。

減衰を緩め、全体的に 大きな動きが 、 

 「 ダル 」 とも取れるが、

その動き初めから、フルストロークするまでの長い時間を

有意義に楽しめる。 

そこまで真剣に攻め込んでいる訳ではないので、

その長い時間の中を、


「 どう 料理してやろうかな? 」 と、 ある意味シェフ感覚。w


どうやらその程度の走りが 今日の俺には合ってるstyleらしい・・。


別に限界ギリギリ攻めるだけが楽しみでもないと、

この頃の俺は、チョイとおとなしいようだ。

あれか? 歳で もうそろそろ お開きなのか?

(^◇^) まだまだ 現役で走り続ける気マンマンですけどね。





時折凍った路面に出くわし、  「 うおっ!!! 」

って、ビビりながら山々を抜けていく。

溝もそろそろなくなってるZ2スターが 甲高い悲鳴で、

  
  「 オイオイ、 お前大丈夫なのかぁ~? 」 って、 俺に問いかけてくる・・・


俺は  

 
  「 まだまだ イケるってもんよ。 」 って アクセルとステアで応えてやる。


結構仲の良い関係のようだ。(^◇^)




午後からは仕事があるので、少し早めに帰宅して準備する。

ロドからトラックに乗り換え、走り出してみると、

乗ったそばからどうにもロドが懐かしい・・・


  どうやら、走りたんねぇ~ようだ。w



まだまだ 走る事が大好きだと確信できたことが、




       俺らしいな・・・・ と、 ニッコリ笑って 仕事、仕事。 







                       Junkie Junkie !!  


















Posted at 2017/02/12 19:20:08 | コメント(4) | トラックバック(0) | 日記 | 日記
2017年02月01日 イイね!

今日、兄貴が事故った現場の近くを走っていたら

たまたま通り過ぎようとした交差点の向こうの方にバイクが見える。

中央分離帯の真ん中と云うか、交差点内と云うか・・・・。






離れ小島の離島に助けを求めてそうなバイカーがっ!


f2 「 トラブルかな~? 

    ちょっと停まり難いとこだけど・・・・ 停まるか、もしかしたら・・・ 」



f2 「どうせなら綺麗な女性でっ!w 」



はい、案の定、60歳くらいのおっさんだし。 返せよ俺の淡い期待w





f2 「どうされたんですか? バイク好きなんで気になって・・・。」


ジジイ 「 交差点で転んでしまって、 そうしたらEGかからなくなっちゃったみたいで…」


f2 「ケガは大丈夫? 」 と、聞くと、破れたズボンをまくり上げると、


f2 「 あ~結構深い傷あるじゃないですか? 病院、どうします? 」


ジジイ 「 大丈夫だよ、 今、バイク屋さんでキャブの調整してきた帰りで、

      なのにEGかからなくなっちゃうなんて・・・・              」


f2 「  転んだ時にキャブやらシリンダー中やらでトラブっただけだと思うよ、 」


バイクを一周ぐるりと点検してみる (直す技術も何もないが!www)

f2 「レーバーやハンドル大丈夫だし、

   EGの方もカバーが傷がついただけでOILが漏れてる訳でもないし、

   マフラーも凹んだだけで排気漏れもないから、 

   ケガが大丈夫なら乗れるかな。                      」


って、 セル回そうとしたら 全然元気のないセル・・・。

ジジイ、相当やっきになってセル回したな(笑)

f2 「 ブースター探してこようかね? 」 

ジジイ 「 持っとるよ。 」

う~~ん流石年の功(^◇^)  実は工具もオイルも何でも持ってるんじゃね?www


ブースター繋ぎ、 セルオンで初爆が来ないから、 

かぶってるかと一瞬ビビったが、 「 バスっ 」 って初爆が来たから、

アクセル&チョーク調整で、    「 バぅウーーーーーーーーンっ!!! 」

 ジジイ 「あ、かかったね!!! 」  



と言われた瞬間、

? 「 どうなされたんですか? 」

振り向くと、消防の方。


消防 「何かあったんですか?・・・・・・・・・・・ 」


f2  「あ~ 事故とかじゃないよ、 このおっちゃんが交差点で転んじゃったらしくて、

    ついでに EGかかんなくなったみたいだから、手伝ってたんよ        」


って、俺が言った瞬間  消防の人の顔が やわらいだ。


事故だと思ってたんでしょうね~

俺がハネタ 加害者な。www


消防 「 そういう事ですか、 イヤ、 こんな状況をそのまま素通りする訳にもいかなくて、

      なら、失礼しますね。                                   」



   (゚Д゚)ノ コラ、せめて走り出すまで見といてやれや。wwwww



消防  「 ところで、 お兄さん大丈夫だった? 」


f2 「えっ!? なんで知ってんの?  」


消防 「 よく知ってるよ、 仲良くさせて貰ってる  」 


f2  「 あ~車の看板見て兄弟って解ったわけね、

     兄貴は ムリクリだけど、もうじき退院位まで良くなりましたよ、

     その節は お世話 かけました。                    」


消防  「 なら 良かった。 (^^)    失礼します。   」



そっかぁ~ 兄弟って解ってたんだな、

で、 この間兄貴がハネられて、今日は弟が ハネてるのかっ!!

って、最初はビックリしてたかもしんないナァ~ (^◇^)



ジジイのブースターしまってやって、 

「 ちょいスピード上げた時とかに車体がブレたり、振られたらちゃんと修理してもらってね

  とにかく 気をつけて帰ってくださいね~~~。                         」


と、声かければ、 


          「 ホントにありがとうね。 」  


 と、感謝のあったかい言葉。

まぁ、見返り欲しい訳じゃないけど、 嬉しいね。






ジジイ 、20何年間乗ってきて 初めて転んだと言ってたけど、

どうするんかな? バイクやめちゃうのかな? 

それとも、 まだまだ走るぞー ってジジイライダーすんのかな?

なるべくなら まだまだずっと乗り続け 楽しんでほしいもんだ。(^_-)-☆





帰り際に ジジイのタイヤ見て、

f2 「 あ~タイヤ、完全に終わっちゃってるね、ヒビが凄い、 」


ジジイ  「うむ・・・、解っとったんだけどな。。。  」


f2 「 転ばぬ先のタイヤですよwww  」     と、その場を後に。









 と、猛烈に仕事に追われてるのを思い出して ダッシュで仕事へ・・・・・・・



   

      ( ゚Д゚) しまったーーーーーーーっ!

      名刺渡してくれば良かったーーーーーーー! 

      職業とは別に、車もバイクのタイヤもある程度安く入るよ~って、

       ガッツリ、儲ける CHANCE だったーーーーーーーーーー! 




   まっ いいか。 ジジイ楽しそうに バイク語ってたから。(^◇^)







        

        案外、どこかのデカイ会社の社長だったりしたら・・・・・・・・・・・・


           就職 是非 お願いします。(*_ _)

 

 
       
    

      一日一善 出来たかな。

     その代わり お客さんに少し嫌味言われたけど。 (笑)


   
Posted at 2017/02/01 19:25:19 | コメント(4) | トラックバック(0) | 日記 | 日記
2017年01月25日 イイね!

前回事故についてのブログをあげたので、

今回も少し事故について。 


仲間内には何度も話したこの事故の展開。 



手書で適当に書いちゃってるのでゴメンナサイ。

こんな感じな・・・みたいな図です。



事故、 現場の検証時はこの様子。







この現場を見てK察の検証。

K察  A(車側)  G(原付)



k 「 Aさんが、横からきたGさんをよけきれず ぶつけてしまったんですね、 

   速度は 何キロ位でしたか?                           」


A 「 私は止まりましたよ・・・・   」 


K 「 そこで止まっていたわけではないですよね、 

   止まろうとしてた訳ですね。  はい、解りました。   」

A 「 いや、とまったんですけど・・・・・・・・・・   」


K察がメジャーなどで測定している。 

K 「 相手は原付で、大きなケガをしています、

    あなたが加害者ですので、 病院に行ってGさんの診断書を貰ってきて、

    帰りにK察に届けてくださいね。            」


A 「 は…あ・・・・。。。  」 




病院に診断書を取りに行くと、 医者に、

 「 今Gさんは危険な状態なんですよ!それどころじゃありませんっ!!! 」

と、Aさんは 3時間も4時間も待たされる。

そして病院側から言わせれば、 それだけのケガを負わせた加害者はアンタだ! 

という態度なんですね。


数時間待って やっと診断書を貰い 帰りにK察によって行くと、

K 「 はい、診断書預かりました。 あ、Aさん判子持って無いですかね? 

   あればついでにここに判を押してもらえば 手続きが済むんですけど。  」

A 「 判子は持って無いので後日 また来ます・・・・・・・ 」




な、流れの事故と事故処理。


でもAさん、 ここで気付くんです。

調書の時も意見を言うも曖昧にされ、 K察の言うがままに現場検証され、

診断書を持ってかされ、  


      ここで、判子押したら、何もかも認めた事に。




Aさんから、 悔しさに耐えられず 連絡きました。

ここから まっとうに 戦います。


  次の日から 必死に現場検証、 色んな証拠を探しました。 


そしていくつかの証拠と、なすがままにされた調書の書き直しを求めて

K察に向かいました。

決して自分たちに優位になるための嘘ではなく、真実を通すこと、

それは誓って言えます。

その状況で罪になるなら飲めるけど、 適当に処分されるなんてまっぴらです。

相手のケガが全治1か月をこえるような大きなもので、

こちらに非があるのなら 免停はほぼ免れない事は 勉強しなくとも解っています。

なので、こちらの言い分が通っての処分なら勿論受けなければいけない。


が、K察に行くと  「 もう書類が出来ているので それをなくすことはできない 」 

と言われましたが・・・・・・・


細かい事は言えませんが、  どうしてもK察を動かしたかったので、

色々としました。

その結果、 現場再検証してもらう事と、調書の書き直しは出来ないが、?????????????に。


細かい言葉のニュアンスは伏せさせてください。


そして、自分たちの 見解を 細かく伝えていきました。






まずは、原付が左側から結構なスピードで走って来るのを確認できました。




こちらは 「 一旦停止」 でもないけど、 (バイク側は一旦停止) (車側は停止線もなし)

止まった方が 安全だと車を停止しかけます。 


速度は 出ていても20キロ以下です。


が、時を同じくして 原付は 








「 車が停まる訳ないから後ろを通過すればいい 」 


と、一旦停止どころか、速度を落とすことなく 右に進路変更 。






車は 安全のため 一時停止。

止まるとは思っていなかった原付は行き場を失い、 フルブレーキ!




図がおかしいかも知れませんが、この時点では車は完全に停止しています、

右に進路を変更しながらのフルブレーキでの転倒で 

 原付は右側に倒れ、少しもスピードを落としてないので

そのまま滑って来た 原付と人間を はっきりと見ていられるくらいの時間がありました。






そして、右に倒れた事で、原付の運転手の顔面が、車の前方左側面に直撃、

原付はギリギリバンパーをかすめ斜め前方に飛んで行きました。


コレが この事故の真実です。


証拠の一つに 原付がブレーキをかけ倒れた位置に、

 アスファルトにスタンドで付いた引っかき傷がありました。

 原付の飛んでいく角度が車が動いて跳ねたのとは違う位置にあります。

 ぶつかった人間がぶつかったその場所に居るのは、
 その場で 自分から車にぶつかったので飛んでいない事、
 そして、顔面が骨折するほどの衝撃は
 車の前方側面に くっきりと残っている事。



これらすべて踏まえて K察の方に話し、書類を作ってもらうことになりました。




相手の家族とも立ち合いました。

向こうの親は、 

 「 事故は お互い様ですよね。 」 と、 平然とした顔をして言った。


こちら側 「 悪いのはあんたの息子に決まってるだろ、 こっちが何をしたって言うんだよ! 」


親 「 そっちも止まればいんじゃない、 こっちはあんなにケガしてるんだよ!
  
     ねぇ、 おまわりさんっ。   」

K 「 え・・・・・ 車側に停まらなければいけない義務はないんですが・・・・・・・  」


こちら 「 そっちは一時停止のある所を完全に無視して突っ込んできて、

      こっちは止まらなくてもいい所を止まってるんだよ!!!

      そのケガの酷さは 自分の息子がどんだけ無謀な運転したかの証拠なんだよ!! 」 


親  「 ・・・・・・・・・・・・・・  」




こんなもんじゃ無く、色々言ったことが有るんだけどそれも伏せときます。







ここまで やれる事やっておけばあとは どんな処分がくるか?だけ。


相手の酷いケガが相手側の過失となるか? こちら側に非があるのか?











後々 Aさんの所には 処罰は来ませんでした。


こちら側としては、当然だ! とも思っていたものの、少し安心しましたね。

交通法規的に間違いがない事を誠に語って、 そこで処分されてしまうなら、

「 いったいどうすりゃいんだよ・・・・・ 」 って、法規も何もないような気もしますしね。

ま、元々 自分に法規がどうのと云えるような人間ではないのですが・・・(;´Д`)メンナサイ。






今回のブログはK察が悪いとかそういう意味のブログではないんですよね、

調書を取る時に初めから しっかり真実を通さなかったこちら側にも問題はあると思います。

でも、K察のかたも少しは解って欲しい、 

事故をした直後であり、更に相手側が血だらけになってるのを見て動揺してて、

そんな状況で、 「  はい、そうです。はい、違います! 」

そんなドライな人間はそうは居ないですよ、

(俺なら平気で、 「 アイツが全部 悪いニャーっ!。(ΦωΦ) 」 言う言う。w)


色々忙しいでしょうが、 もう少しだけ、気を配って現場を見て

当事者たちに寄り添ってみてあげてほしいな。






病院では犯罪者扱いをうけ、

K察の方に 「 加害者、加害者 」 と呼ばれ。


解ります、 ケガを負ってる方が被害者、 その相手が 加害者 。

でも、 ケガが負わせた方が 加害者 なら解るんですよ、

ほぼ非が無いこのような 場合に 「 加害者 」 と呼ばれるのは 解らない。

相手が全て 加害者ってなってしまうのが なんともキツイじゃないですかねぇ?




そして、交通弱者の 原付 未成年。 


この場合の人身事故は、 原付側は 処罰を受けません、

厳密な 調書も取り調べ も要らないようなもんですよね?


まぁ、それを取り調べさすためには、こちらも人身の被害届出せば良いだけですよね?

「 バイクがぶつかってきて、ムチウチになりました。 」

それで診断書出せば 相手も取り調べしなければいけないし、 処罰もされますよね。

きっと、対 原付事故では 泣いてる人も多いと思いますから・・・・


交通弱者で未成年、守ってあげたい気も解るけど、 

でも、たまたま車に当たったから弱者であっただけで、

この原付が 「 人 」 「 自転車 」 にぶつかり ケガさせたら 

それは 大問題 なんですよね? 


あの時のように、 「 事故で記憶がありません、解りません 」 


では済まないですよね?



事故によっては ホントの 被害者はどっちなんでしょうか? 














かと、ずらずら 能書き垂れちゃったけど、

所詮 交通法規とか安全運転 に程遠い 俺です。

でも、事故は怖いので 気をつけるようにいたします(-_-)




みなさん事故しちゃった時は、まずは人命救助、

回りの交通状況に気をつける。

K察の方とは 落ち着いて しっかり 状況を説明する。

この辺りは 気をつけてくださいね。




まぁ、その後にまだ 保険屋との戦いが待ってるんですけどねwww 








                      交通安全 (´人`) 











 

   
Posted at 2017/01/26 00:06:29 | コメント(3) | 日記
2017年01月18日 イイね!


新年一発目のブログなのに・・・

てか、一発目だからイイのかな?




長い暗い話ですんませんけど。



去年の1月○日、俺にとってかなりキツイ出来事があった。

正直、立ち直れねぇ~や・・・って思ってたけど、

回りの方の優しさにホント救われた、 

電話してきてくれたり、会って話してくれたり、メールくれたり・・・・

あ~~、一人じゃないんだ・・・って。


で、同じく今年の1月○日・・・・ 

「 去年は大変だったな・・・ 」 

なんて思ってた朝9時ごろ、 兄の嫁から電話があった。




兄嫁 「 ○君が(兄の事) バイクで事故して救急車で運ばれてるの!
      
      今どんな状況か解らないんだけど、バイクが燃えて置いてあるらしいの 」



F 「 えーっ!!!!?事故っ!!!

   バイクが燃えてるっ!!??   

   単独なのっ? 相手がいるのっ!!??  」



兄嫁 「 解んない、 ただ救急隊の人が 今は息あるけど・・・・
  
      凄く  ひどいみたいなの・・・・・。                  

      あと、燃えたバイクを片付けないといけないらしいん」だけど・・・   

      ○ちゃん(俺) バイク片付けに言って貰える?         」



F  「 解った、場所教えて、すぐ片して病院に向かうよ  」 



って、現場にダッシュで言ったら・・・・・


ぶつかってぐちゃぐちゃになってるバイク・・・・・・・・・・・・

フロントのホイールは全部折れ、フォークは勿論曲がってて、

フレームも左右完全に折れてて、 タンクは飛んで、

カウルはフレームから全部もぎ取れてて形ひとつなく、

炎上したあとの焼け焦げたバイク・・・・・・・・・・・・・・・・


単独ではなく相手が居て、 相手の車を見た時に、








   「  兄貴・・・・・  死ん・・・・・・・・・・・・・・・・  」 







そう思わずにはいられないほどのぶつかり様・・・・・・

相手の車のフロントガラスにどでかい蜘蛛の巣状のあと、

K察に聞くと、その場所から更に何メートルか後方に投げ出され、

動けず、アスファルトに横たわる兄貴が居たという。




バイクの処理をしてすぐに 病院に向かった。

ツレのR25クン、手伝ってくれてありがと(ノД`)・゜・。 



行く道中、 ただひたすらに  「 死なないでくれ 」    って、祈ってた。

普段神様に良い事なんか何一つしてないのに、

こんな時は 神にすがるしかない・・・ それしかできなかったな。。。。




病院に着いて、 すぐ救急患者の場所に飛び込むと、

息をしている兄貴が居た。

兄貴の寝てる顔を見て 涙が止まんなくて・・・・ 

兄嫁や、兄の息子がいる前で 思いっきり泣きながら、


   「 兄貴、 生きてて良かった、本当に良かった・・・。 」  って。  




全身8カ所骨折、内複雑骨折2か所、筋の切断、筋の伸びきり、

 内臓、頭を強く打っており・・・・


「 これだけの事故で、 脊髄や腰、首に 損傷の無い事が奇跡的でしたね 

  血の数値も悪いし、 いつ急変してもおかしくありません・・・・・・・        」



って、容体はなんら安心できないものだったけど、

それでも  、その時  兄貴が生きてた事に感謝した・・・・・・・・




でも、 あれから2週間経った今、   結局 兄貴は・・・・・・・・





























  めっちゃ元気にしとる。wwwww


全身骨折だらけのくせに、  「 あまり痛くない。 」 

なんて言ってるから、病院中で 「 ねぇねぇ、あの患者さん知ってる? 」 

と、看護師さんの中でも噂になっとるしw

あれじゃね?頭打った衝撃で 昆虫とか、魚みたいに、

痛点なくなったんじゃねぇ~のかな?wwwwwwwwwww


まぁ、元気になってくれるにこしたことはないからな。



これからもう少ししたらリハビリなどしていくんだろうけど、

現在でも先生から 後遺症が出ます。と念を押されてる所もある。

仕事の事や、趣味の事、 不安もいっぱいだろうけど、

今はただ、 しっかり治していいく事だけ考えててもらいてぇ( ^^)








今回、もし俺と二人でツーリングに行ってたら、

2台一緒に事故っただろう展開の事故だった。

過失は9割以上向こうが悪い事故なんだけど、 

怪我したら損だし、それこそ死んだりしたら、過失なんたらなんて意味もない。


2輪と比べれば圧倒的に安全な4輪だけど、

それでも いつどうなるかわからないような走りもしてる訳だし・・・・・

おますと話した時に、 

「 また会った時に 事故のリスク減らす走りの話し合いしような。 」 

なんて、俺らしいようならしくないような事言っちゃった。


    走りは楽しい。

その楽しい走りを続けるために、考えないといけない事もたくさんある。


俺なんて馬鹿だから峠も走ってしまう。

最低限のルールを・・・・・ と云ってもそれが独りよがりのエゴだとも感じてる。

自分なりになるべく回りに迷惑かけないように、

と、悪の中に善を一握り。





死んでしまったら、何も感じなくなるから関係ないか? 

何もなくなってしまう感覚がコワいから死にたくないのか?

残された人は悲痛に襲われる。


もし、俺が峠で死んだら、 少なくとも影響を与えてしまう輩が

俺の回りに何人かいるはず。

俺が死んだがために回りが楽しく走れなくなってしまうかもしれない。



 ので、死ぬわけにはいかない、

 それは回りのヤツでも同じだから、回りの奴等も死んではいけない。(^◇^) 





兄貴がほぼ意識が無い時の生きるためのモチベーション

それは 兄にしたらバイクだろう。

後遺症で2度とバイクに乗れなくなると聞いたら、

兄貴の今からの時間が酷く重いものになるだろうな。

実際、今後バイクに乗れるかは今の所は解らないが、

本人には 乗り続けていきたいという 強い意志がある。


生死の境を彷徨った時、生きるためのモチベーションを持ち続けるのが大事かな?



みんな、 車好きか? 死ぬ程好きか?   


三途の川渡らず、車で走って帰って来いよ。 (^_-)-☆ 












 去年の1月○日、

車もやめようとしてた。 

回りに救われ、 車趣味続けてる。

俺も車趣味も 貧乏なりに 生かされた。(^◇^)  



  ありがとう。           











        
         みなさん、気をつけながら

             ガンガンに 車趣味 楽しもう!   


 

           

                                


                Junkie !!  f 2






 あ、おます、ヒロ君、 俺が車で死んだときは、 峠に碑を作れよ、

 「  走らずべからず  」 って、刻んどいてくれwww

















Posted at 2017/01/18 22:15:58 | コメント(6) | トラックバック(0) | 日記
プロフィール
「そういう時は薬飲んだ方がいいよ、バイアグラとか。(´_ゝ`)   ココロ身体、お大事に(^^)v」
何シテル?   02/28 11:12
峠Junkie。 三河方面のお山をグランプリしております。www
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/2 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
お友達
ちょい行き来してから、 ヨロシク~(^_-)-☆
47 人のお友達がいます
の。の。 hi bluehi blue
おますおます マサ(`_&#180;メ)マサ(`_´メ)
ぽんこつ@BP5ぽんこつ@BP5 とうふ@SF5Bとうふ@SF5B
ファン
27 人のファンがいます
愛車一覧
ホンダ S2000 ホンダ S2000
                鬼峠スペシャル(^_-)-☆
その他 その他 その他 その他
 ようこそ、 f2 Worldへ。www
マツダ ロードスター みんなのロド (マツダ ロードスター)
そこそこ楽しめるように そこそこの弄りかたで そこそこ走りますwww EG      ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.