車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2016年10月09日 イイね!
平成28年10月9日(日)に山形県山形市の「蔵王みはらしの丘ミュージアムパーク」で開催された「スーパーカー・ミーティング山形 2016」にお邪魔してきました。

今年で10回目を迎えるこのイベント、年々参加車両が増え続け、今年も100台を超えるスーパースポーツが全国各地から集いました。


また、スペシャルゲストとして、ランボルギーニ・ミウラやランチア・ストラトスなどの製作に携わられた、イタリアの名工:アリーゴ・ガリッツィオ氏、自動車評論家の西川淳氏と山崎元裕氏、はたまた世界的工業デザイナーの奥山清行氏までそうそうたる顔ぶれが勢ぞろいし、愛好家にとってたまらないイベントになりました。


朝方まで雨が降り続くなか、ミウラやカウンタック、F40やディノがやって来るのは奇跡です。

当日の参加予定台数は124台、うち欠席台数は10台弱、あいにくの空模様でも9割以上のスーパーカーが集いました。


正真正銘本物のウルフ・カウンタックです。幼少時代にタミヤの1/24スポーツカーシリーズNo.6 ランボルギーニカウンタックLP500Sでプラモデルに目覚めた自分としては、たまらないものがあります。


テスタロッサ系の2mに迫る幅の広さは、いま見ても強烈です。


黄色い348は、かつてイタリア本国で開催されたフェラーリ・チャレンジに参戦したヒストリーを持つ、本物の348チャレンジです。往年のクラブ・イエローマジックは私の青春です。


赤い348は、希少な348GTコンペティツィオーネです。かつてクラブ・イエローマジックのショールームに展示されていた世界限定13台の「348GTコンペティツィオーネ・コルサ」を目の当たりにし、度肝を抜かれたことを思い出します。


まさか山形でLFAが拝めるとは夢にも思いませんでした。しかも希少な「ニュルブルクリンク・パッケージ」です。

ニュルのオールドコースの周回タイム記録(7分14秒64)もさることながら、トヨタ自動車の開発ドライバーの頂点に立つ「トップガン」こと、故 成瀬弘氏の遺作として、LFAは日本の自動車史に残るスーパースポーツだと思います。


2017年モデルのR35GT-Rもいました。

新たにモディファイされた空力パーツ、そして特別塗装色アルティメイトシャイニーオレンジ(4CM)が輝いています。このモデルが35Rの最終型になるのでしょうか。


996GT3とGT2、ビアリッツホワイトとアークティックシルバー、2台のコンペティションモデルの並びです。2台ともロールケージが組み込まれたクラブスポーツです。

先日地元のポルシェ専門店にお邪魔して、バイヤーズガイドをレクチャーしていただきました。

数年前から続く、海外への空冷911(主に930・964・993)の流出はひと段落したようですが、かつてのように手ごろな価格で空冷ポルシェを購入出来る時代はもうやってこないのではないか、というのが、MIZWA(ミツワ自動車)OBの見解でした。



997GT3を目の当たりにすると、レーシングドライバーの故シーン・エドワーズ氏の神がかりな速さを連想します。

空冷から水冷になっても、レーシングポルシェの魅力は色あせません。


スーパーカー・ミーティング山形は今年で10周年を迎えます。「みちのく(道の奥)」と称される田舎の山形で、このような世界的にも有数のイベントが開催されることは嬉しい限りです。

同ミーティングの今後のますますの繁栄・発展を祈念するとともに、そのうち私もスーパースポーツを駆って参加出来るよう精進したいと思います。


会場でお会いした皆様、スタッフの皆様、大変お疲れ様でした。
Posted at 2016/10/10 13:17:15 | コメント(9) | トラックバック(0) | 日記
2016年07月30日 イイね!

「さらばあぶない刑事」の村川透監督にお会いしてきました。


村川監督といえば、「あぶない刑事」シリーズはもちろん、「西部警察」や「大都会」シリーズ、セントラル・アーツの隠れた名作「あきれた刑事」、はたまた「はみだし刑事情熱系」や「はぐれ刑事純情派」シリーズまで、日本の刑事ドラマやアクションドラマを代表する名監督です。

村川監督は山形県村山市のご出身で、同じ山形在住の自分としては大変誇らしく思っていました。

今回縁あって村川監督の後援会 「Murayama村川組」 様のご厚意により、ファン感謝イベントに参加させていただけることになりました。



村川監督のご実家を改築し、モダンなシアタールーム&アートギャラリーとして活用される「Act saal M.(アクトザール エム)」で、7月30日(土)と31日(日)に開催された「アクトザール満喫デー」には、山形県内はもとより、全国各地から熱烈な村川透ファンが集い、相当盛り上がりました。



自分はこういうイベントは初参加で、かなり緊張して臨みましたが、アットホームなスタッフの方々のおかげで、終始和気あいあいとした雰囲気で楽しませていただきました。何より、村川監督ご自身が気さくで物腰柔らかく、初対面の自分に対しても大変親切にしていただきました。

間もなく80歳を迎える村川監督ですが、年齢をまったく感じさせないその情熱にはただただ敬服するばかりです。



シアタールームには「さらばあぶない刑事」のポスターや、撮影の様子を収めたスナップ写真がずらり並びます。あぶ刑事フリークにとってこれはかなりたまらないものがあります。



監督や名優もさることながら、94‐19が素敵すぎます。



当日は村川透監督と仙元誠三氏(さらばあぶない刑事/撮影)、柏原寛司氏(さらばあぶない刑事/脚本)を交えて、トークショーも開催されました。

「さらばあぶない刑事」の意外な裏話を知り、思わずうなりました。



当日持参した「さらばあぶない刑事」のパンフレットやシナリオに、村川監督より直筆サインをいただきました。加えて、港304もといY31グランツ号の取扱説明書にも直筆サインを頂戴しました。



「gloria」文字と村川監督の直筆サインの絶妙なバランスに、思わず目頭が熱くなりました。

往年の日産車には、「ジャックニクラス・バージョン」や「ポールニューマン・バージョン」など、ジェントルマンの名前を冠した車両グレードが存在しますが、わが家のY31グロリアV20ツインカムターボグランツーリスモSVも、本日から「村川透・バージョン」と呼称したいと思います。



幼少時代に見たあぶない刑事の劇中車に感化され、30年経ってもその魔力(魅力)から抜け出せない自分ですが、その仕掛け人といっても過言でない村川監督とお会いしてお話しするという夢が叶い、喜びもひとしおです。

村川透監督は、私のカーライフに多大なる影響を与えた偉大な人物です。私の青春そのものです。

このような夢のような機会を与えてくださった「Murayama村川組」の皆様に心より感謝いたします。
今後も村川透監督および同後援会のますますの繁栄・発展を祈念しております。
Posted at 2016/07/30 22:17:26 | コメント(8) | トラックバック(0) | 日記
2016年06月05日 イイね!
2016年6月5日(日)に山形県寒河江市で開催された「ノスタルジックカー・ミーティング 2016 in さがえ」にお邪魔してきました。当日は晴天に恵まれ、120台を超える展示車両と、多くの見学者で賑わいました。


↓ 今年の目玉企画はいすゞ車特集とのことで、街の遊撃手からボンネットバスまで、いすゞ車が目白押しです。思わずジェミニでパリの街中を片輪走行したい衝動に駆られました。


↓ 上質に仕立てられた12クラウンのバンパーが眩しいです。ルーチェは13B-RE搭載車です。


↓ 事務局のご厚意で、魅惑のAE86群の隣にレトロ原付を並べさせていただきました。


↓ みちのく旧車會の方々には早朝から大変お世話になりました。帰路でサバンナRX-3の排ガスの香りを堪能させていただき、心身ともに昇天しました。


↓ モデルのお姉さんを交えての愛車撮影です。

ホンダスカイの新車カタログには、若かりし大竹しのぶがイメージモデルとして登場します。原付とお姉さんのコラボレーションは、フェラーリにおけるピニンファリーナのようなものだと思いました。


↓ フェラーリ&ランボルギーニを知り尽くした重鎮も、昭和の原付にニヤニヤが止まらないようです。


↓ 「北米スープラの深リム見てクレシーダ」というフレーズは、後世に残る名言だと思いました。


↓ まさか今月号のル・ボラン誌の特集に掲載されたLP5000QVとコラボ出来るとは、夢にも思いませんでした。


当日の詳細は、後日フォトギャラリーに掲載したいと思います。会場でお会いした皆様、大変ありがとうございました。
Posted at 2016/06/07 19:47:36 | コメント(8) | トラックバック(0) | 日記
2016年04月29日 イイね!
平成28年4月29日に山形県中山町で開催された旧車イベント 「2016 オールドカーフェスティバル in ゆらら」にお邪魔してきました。

イベント当日の朝まで雨が降り続き、当初参加を断念しようと考えていましたが、奇跡的に天候が回復し、テンションMAXで会場入りしました。


会場には春を待ちわびていた県内外の旧車愛好家が多数集い、河川敷の公園は賑わいました。


AE86オーナーズクラブの皆様には大変お世話になりました。帰り道に、アネックスチューンの5バルブ4A-Gとドライサンプの3S-GEの咆哮を拝ませていただき、心底しびれました。


マルちゃんクラブの皆様、集合時間に遅刻してすいませんでした。st205tt 様、貴重な逸品をお譲りいただきありがとうございました。


外装をVIP仕様に換装された、純正5速MTのY31グロリアに遭遇しました。


BBSにローダウンはもとより、純正ロングバイザーにLONZAのリアテール、Y31シーマ純正リアスポイラー、そしてゴールドのストライプが素敵です。


ハチマルヒーロー誌に掲載された大御所にもお会いすることが出来ました。U11オーナーズクラブの主宰にお会い出来なかったことが悔やまれます。


昔ハイゼット55ワイドを所有していた自分としてはたまらないものがあります。合わせホイールが素敵すぎます。


まさかのキャリイワイドには悶絶しました。外装・機関ともにレストア済で、2ストローク3気筒エンジンの硬派なエンジンサウンドと排ガスの甘い香りに思わず昇天しそうになりました。個人的に今回のイベントのベストです。


会場で遭遇した軽トラック群があまりにも素晴らしく、わが家の農道ポルシェのレストア作業にも士気が高まります。


会場では多くのみんカラ仲間の方々とお会い出来て、短いながらも有意義な時間を過ごさせていただきました。


今年で9回目を迎えた「オールドカーフェスティバルinゆらら」は、東北の春を告げる旧車イベントとしてひろく周知されつつあります。地元山形でこのようなイベントが開催されることは、クルマ好きとしてありがたく、そして誇らしく思います。

イベント前日、土砂降りのなかで会場設営されるスタッフの方々を目の当たりにし、心を打たれました。スタッフの皆様の涙ぐましい努力のおかげで同イベントが成り立っていることを私たちは忘れてはならないと思います。

これからも同イベントが末永く開催されることを願わずにいられません。


会場でお会いした皆様、そして事務局スタッフの皆様、大変ありがとうございました。
Posted at 2016/04/29 18:57:17 | コメント(12) | トラックバック(0) | 日記
2016年04月23日 イイね!
愛車の下回りの汚れが気になったので、ジャッキアップしてタイアを外してシャーシ回りを掃除し、ワックスを掛けて仕上げることにしました。



前回の掃除から6年経過し13,000㎞ほど走行しているので、下回りも足回りもだいぶ汚れていました。

中性洗剤とスポンジ等を用いて地道に洗浄を繰り返します。何度か洗浄を繰り返し、ようやく見るに耐えうるコンディションになりました。

洗浄が終わったら水分をふき取り、ある程度乾燥させて、ワックス掛けです。ボデー外装用の固形ワックスをサスペンションアームやダンパー・スプリング等に塗布して拭き上げます。



ついでに劣化していたゴム&樹脂製の部品を、純正の新品部品に交換しました。

↓ブレーキブリーダーキャップ 品番:41129‐##### 2016年4月現在の定価 119円/個(税込)



ブレーキブリーダーキャップは、Y31用の純正品で検索すると、ブレーキリペアキットASSY(フロント:AY600-##### リア:AY620-#####)でしか供給されず、前後セットで15,000円以上するようです。

さすがに消耗品のゴムキャップ4個のためにに10,000円以上を出す度胸はありませんでしたので、日産純正の他車種用のブリーダーキャップを流用しました。

装着してから300㎞ほど走行しましたが、走行中の脱落・破損・不具合はありません。



↓リアサスペンションのスプリングのチューブ 品番:55031‐##### 2016年4月現在の定価 562円/個(税込)



リアサスのスプリング下端に巻いてある樹脂製チューブが劣化してボロボロだったので、新品に交換しました。



純正部品の価格が年々上昇するなか、この部品は2011年頃から価格は変わらないようです。もともと付いていたチューブは黒色でしたが、補修部品は茶色でした。

↓右が新品、左が27年間車両に付いていた部品です。



いずれの部品も、交換前後で乗り味の変化はまったく皆無です。完全な自己満足の世界ですが、マニア的には満足です。



私が崇拝するY31マイスターの 初代 様は、ご自身が主宰されるホームページで、「(Y31の維持は)毎日、毎日の積み重ねが大事だが、時間と労力がかかるので一日では達成できない。継続して手をかけていれば長い間乗ることができる。」とおっしゃっています。まったくそのとおりだと思います。わが意を得た気分です。 POP SHIMAZAKI 先生もきっと同じことをおっしゃるに違いありません。

Y31グランツを所有してまだ7年ほどの自分ですが、これからも派手さや流行に左右されることなく、無理なくマイペースで質実剛健なY31ライフを送っていきたいと思います。
Posted at 2016/04/23 01:27:17 | コメント(6) | トラックバック(0) | 日記
プロフィール
「そそるプラモ予約しました」
何シテル?   11/28 20:00
古き良き時代の自動車を後世に引く継ぐべく、日々精進しています。
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ファン
97 人のファンがいます
愛車一覧
日産 グロリア 日産 グロリア
平成2年式 日産Y31グロリアハードトップ グランツーリスモSV  平成21年4月に専門 ...
ホンダ スカイ ホンダ スカイ
ハチマル原付
スバル サンバートラック スバル サンバートラック
昭和60年式 スバル営農サンバートラック 4WD標準ルーフ三方開 型式:M-KT2 車 ...
日産 レパード 日産 レパード
平成13年に購入し、平成21年まで所有していたレパードです。 平成2年式 GF31 レ ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.