車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年04月11日 イイね!

話は遡ること2ヶ月前。
STAGEのブログでホッピーレーシングのメンバー募集を目にしてアプローチしたのが今回の話の始まり。

その時聞いた内容は、これまで間瀬耐久で戦ってきたメンバーでマツダファンエンデュランス(通称:マツ耐)に挑戦するというものでした。

ドライバーは当然既に揃っているわけで、私にドライバーとしての出番は無いかもしれない。
そう思いつつも、NDを購入して以降それまでとは違う遊び方を模索していたので、チームのサポートメンバーとして活動するのも良いかもと思い参加を決めました。

ところがエントリーするまでの間に話が盛り上がり、気付けば2台体制に!
そしてサポートメンバーのつもりだった私もドライバーにチェンジ!


というわけで、1度も走ったことのないスポーツランドSUGOで行われたマツ耐第1戦にぶっつけ本番で参加してきました(汗)


ちなみにレース車両はチームメンバーのオーナーカー。しかも重ステ(汗)
ノーマルクラスでの参加ということで、サスはノーマル形状のストリート脚。
高速サーキットでどんな動きをするのか未知数。

なんというか、初めてづくし過ぎて超ドキドキw

サーキットで車検で受けるのも初。なんかドキドキ。


続いてまともに走れるのか?は予選で練習走行させてもらいとりあえずクリア。

でもね、前日仕事でそこから寝ずに移動してきたもんだから、頭はぼんやり。
おまけに雨が降ってきて、ミスったらリカバリーできる気がしない状態だったのでほとんど完熟走行。
タイムも耐久走りでこのくらい出したいよね~と言っていたタイムのウン十秒落ちで自信喪失。

とりあえず寝不足状態を解消しないと危なそうだったので小一時間ほど仮眠。


そして決勝。雨は止んでコースはすっかりドライに。
ホッとしていたら何故かスタートドライバーに任命されるw

ローリングスタートだから前の車に付いていけば大丈夫と言われるも、実際やってみたらスタート直後に後ろの2台にサクッとぶち抜かれるw

前の車もどんどん離れていくし、そんなペースでガソリン保つの?こっちが遅すぎ?とちょっと不安になる。
(マツ耐は150分間無給油で走るのです)

その後は徐々にコースに慣れてきて、なんとか目標タイムに届くようになるも、他のチームのペースと比べると遅そうな感じ。

それでもガソリン使いすぎるよりは余ってる方が後の人は楽だよね、と自分に言い聞かせて淡々と周回を重ねて自分の持ち時間を消化。

最初こそドキドキでしたが、最後の方はかなり楽しくなってきて、ピットインの指示が出たときは内心もうちょっと走らせて~と言いたい気分でした。

そしてガソリンはやっぱり使わなすぎだったwもっとアクセル踏んでおくんだったなぁ。

その後、チームメンバーの頑張りにより最下位に近かった順位はみるみる上がり、中盤あたりまで追い上げてゴールとなりました!

マツ耐初参戦ながら無事完走し、まずまずの結果だったことに私自身はホッと一息。
でもこれまで間瀬耐久で活躍してきたチームとしてはもっと上へ!という雰囲気も。

今回の経験を活かして、次はもっと上の順位を目指したいですね。
えっ、次はオートポリスですか(;・∀・)


○おまけ:まかびー地獄の43.5時間耐久
起床(4/8 7:00頃)→出勤→新人歓迎会に出席→帰宅後準備して風呂入って出発→新潟県某所でサービスカーに便乗→この間でドライバーの話し相手と化し寝そびれる→スポーツランドSUGO到着→準備やら予選やら→小一時間仮眠→決勝やら片付けやら→スポーツランドSUGO出発→この間でドラ(略)→新潟県某所でサービスカー下車→無事帰宅(4/10 2:30頃)

ほんと、よくこれでレースできたもんだ(;´∀`)
Posted at 2017/04/12 00:19:11 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2017年03月30日 イイね!
3/26(日)に開催されたR-SPECシリーズカップ第1戦に参加してきました。

今回のエントリーリストを見るとロードスターが全体の7割。
後輪駆動クラスは完全にロードスタークラスだし、4駆・EXクラスもほぼロードスタークラスw

てか全20台(内1台欠席)と台数少ないので、車種問わずに(屮゚Д゚)屮カモーン

今回のコースはこちら。


走ってみた結果がこちら。



順位的には3位/5台中で、ど真ん中でした。

日光でも感じていた純正ブレーキパッドの効きの甘さ。
そのためかサイドは不発。(と自分の下手さを棚上げw)

流石にスポーツ走行で熱を入れすぎたかなぁ。
ブレーキパッドは近々変えようと思います。

タイヤは相変わらず純正(ADVAN Sport)のままですが、これを「エコタイヤ」と言う方がちょいちょいいるので一言。
あれ、エコロジー(低燃費タイヤ)でもエコノミー(廉価タイヤ)でも無いですよ。
ラベリング通ってるサイズでも転がり抵抗性能はC等級。
通販価格ではRE-71RやRS Sportよりも高い。どこがエコだw

運動性能もヨコハマタイヤのサイトを見る限りではフレバと同等かそれ以上っぽい。
というわけで、ハイグリップほどじゃないけど、頑張ればそれなりのタイムが出るタイヤなんじゃないかな?と勝手に思ってます。
別にグリップしないタイヤで頑張ってるわけじゃないよ~。


話は変わって、一部で「白組」と呼ばれている方達の内2人が今回ジムカーナに初挑戦。

この2人をちょこっとフォローさせてもらったりしましたが、改めてジムカーナって難しいんだなと思ったり。

慣れた人ならコースを覚えるのは普通にできちゃうけど、初心者にとってはそれすら一苦労。
その上でそのコースを間違えずに攻めろっていうんだからねぇ。

自分も初めて参加したジムカーナの大会(柿崎戦じゃないよ)ではコースを辿るのに必死で、攻めた気がほとんどしなかったことを思い出したり・・・

その苦労を少しでも軽くしてあげたいと思いつつも、経験者にとって当たり前の事を初心者に教える事が難しいことを痛感しました。

今の自分には「コースが頭に思い浮かぶようになるまで覚えましょう」以上のことは言えないなぁ(汗)
Posted at 2017/03/30 23:59:28 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2017年03月20日 イイね!
NDで日光を走るのは2回目だった先日のロド天0.5。
大きな変更点はサスだけでしたが、細かな変更点としてシート位置をちょっと後ろに下げてました。

これまではステアリング位置に合わせて結構前に出していました。
そのため膝周りが窮屈だったり、シフト位置が手前過ぎて2速→3速のシフトチェンジ時に一旦肘を引くような感じになったりとステアリング操作以外のところで我慢を強いるような形に。

そこで今回シート位置をこれまでより少し下げて乗ってみたわけです。

結果、ペダル操作やシフト操作がやりやすい姿勢に。
膝周りに余裕ができた分、ステアリングも下げられるようになり、トータルでいい感じに♪

ところが翌日、尻が筋肉痛にw
これまで窮屈な姿勢により自然と支えられていた腰回りが動きやすくなってしまい、それをフォローするために変な力が入っていたようです。

原因は私には若干緩いBRIDEのシートのホールド性能。
今更ながらオレンジ号で使っていたイーストベアのバケットが、奇跡的に私の体に合っていたことを思い知りました。

かと言って、今更BRIDEのシートから変える気にはならないので、こんなことをしてみました。

以前窮屈過ぎて外したチューニングパッドを腰回りに装着。
脇腹付近に着けたときほどの窮屈さはなく、腰回りのフィット感が改善。
これでもう尻の筋肉痛とはオサラバ!だといいなぁ。


もう1つ気づいたクーラント漏れの件。

こちらはエンジンルームを覗いてもよくわからんので、おとなしくディーラーに点検を依頼。

結果、ウォーターポンプ辺りから漏れてました。
どうせ交換するなら、もうちょっと距離伸びてからのが良かったなぁ(;´∀`)


他にもブレーキが~とかタイヤが~とかありますが、そちらはまだ残量があるので追々。
Posted at 2017/03/20 19:10:37 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年03月19日 イイね!
17日に行われたJoyFast主催のロドスタ天国0.5に参加してきました。


前日は仕事が終わってからタイヤを履き替え。
たまたま配達に来た宅配のオッチャンから不思議がられたりw
真っ暗な中タイヤ交換なんかやってたら、一歩間違えれば通報モノですよね(;´∀`)

当日の道中ではODDメーターが10,000kmに到達。

桁が増えると距離乗った感が出ますね。まだまだ少ないけど。

走行の方は、前回から変更したサス(NR-A純正→TEINのFLEX Z)が日光ではどんな具合なのか?タイムアップはするのか?と探りながら走ってみました。

先日購入したレーシングスーツを初着用しました。
ポケットが妙に前側に付いてて、ちょっと浅い事以外はいい感じ♪
タイヤは相変わらず純正のADVAN Sportなのでよく鳴きます。

結果は前回の44秒644から44秒177にアップ。
S1もたま~にですが10秒切れるように。

FLEX Zの方が車の動きは分かりやすくて私の好みですね。
欲を言えばこの仕様で44秒切りたかった。

ちなみにタラレバベストだとS1:9秒965+S2:19秒394+S3:14秒624=43秒983でギリギリ43秒台。
当日のベストラップにセクターベストが1つも入ってないあたり、結果が安定してない証拠ですね。

後は5ヒート目に珍記録。
セクターベストが1つも入ってない周回がベストラップだったのは多分これが初。

てかこのヒートでS1とS3で当日のベスト出してるのに、何故当日のベストラップ出せないのかと。
(´・ω・`)

そんな感じで無事終了。
と思った翌日・・・

なんか出てるんですけど~

まぁちょっと前からちょこちょこ出た痕跡はあったんですけどね。
なんか一気に進行したっぽい。

とりあえず点検してもらわんと~
Posted at 2017/03/19 18:30:31 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記
2017年03月12日 イイね!
先週今週と2週連続でR-SPEC柿崎に行ってきました。
まずは先週の話から。

○3/5(日)
クロウサギさんのお誘いでシリーズカップ第1戦の練習に。
冬眠明けな感じの方もちらほらで、久しぶりの挨拶から雑談に…

結果、11時頃まで誰も走り出さないw

重い腰を上げて昼休み前には走行開始。
練習と言いつつ、実際の所は車高調の減衰チェックをメインにやってました。

街乗りで出したセット(ほぼ最弱)からスタートして、メーカー基準値(真ん中よりちょっと下)、最強をAコースでチェック。
街乗りセッティングが一番乗りやすくてタイムも出たという予想外の結果にビックリ!
逆に最強はピョンピョン跳ねまくり&限界域がピーキーで扱いにくい。

KONIのロールする感じに体が慣れているためか、ある程度ロール感がある方が扱いやすい印象。
純正タイヤ+吊るしのバネなら、減衰は上げても真ん中までかなぁ。

そんなわけで、シリーズカップ第1戦のコースをとりあえず覚える程度に練習しつつ、減衰のセッティングを微調整。
街乗りセッティングから1段上げあたりで落ち着き、そこそこ満足してその日は終了。

のはずが、帰りの高速でなんかフワフワするのが気になり、その減衰セッティングはボツに。
あのフワフワ感じゃ多分間瀬まともに走れんw


○3/12(日)
今度はスナフキン長野さんが今年からシリーズカップ出たいから色々教えて~と言うのでシバキ指導に行ってきました。

まぁ私が教えられるのは申込書の書き方ぐらいですがw

とりあえず他のお客さんが来る前に完熟歩行したり、横に乗ってこんな感じで~とテキトーに教えてみたり。
多分本番で完走できるくらいにはなったと思われ。本番を乞うご期待!

私はというと、減衰変えて数本走って終了。

減衰セッティングは良さげなところが見つかったものの、サイドの効きが5日の時と比べて駄目。

おまけに日光で出た謎のブレーキ警告灯点灯が柿崎でも発生するように。
サーキットならサイド引かないから無視できたけど、ジムカーナだとサイドの戻し忘れと思ってしまうので気が散って仕方がない。

サイド調整しがてら、どこか怪しい所がないか見てみないと・・・
なんかしょうもない原因だったらいいなぁ~。
Posted at 2017/03/12 23:48:40 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
プロフィール
「@INDYpapa 出たいですけど、平日だからなかなか決められない(^_^;)」
何シテル?   04/15 17:52
まかびーです。 ロードスターでサーキットやジムカーナを楽しんでます。 R-SPEC柿崎に時々遊びに行ってますので、お会いしたらよろしくです。
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/4 >>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
リンク・クリップ
RS FACTORY STAGE 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2011/12/31 11:53:24
 
ARRIVE石井自動車 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2011/12/31 11:52:03
 
R-SPEC Kakizaki 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2011/12/31 11:50:13
 
お友達
車が好きな方(特に走るのが好きな方)よろしくお願いします。
37 人のお友達がいます
masmasmasmas * おっは~おっは~
TaNoonTaNoon えのら312えのら312
INDYpapaINDYpapa ねず銀ねず銀
ファン
13 人のファンがいます
愛車一覧
マツダ ロードスター マツダ ロードスター
NBオレンジ号同様、普段の移動手段も兼ねつつサーキットでのタイムアタックやジムカーナで活 ...
マツダ ロードスター マツダ ロードスター
185CUP仕様。 普段の通勤にも使っているので、エアコン、パワステ等々フル装備です。 ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.