• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

改1300のブログ一覧

2013年10月05日 イイね!

米の全袋検査

そう、福島では【米の袋】の放射線の検査をして、お米を出荷しています。

袋の外側が汚染されていなければ、袋の中身の米は何ベクレルでも関係なく出荷されます。

こうやって米の袋の外側の汚染を全部調べます。




米の汚染が発見されたら出荷出来ませんから米の線量など絶対計りません。

だから米の検査ではなく、米の【全袋検査】なのです。(爆爆爆




食品の線量を調べる時は↓こういう容器に入れて。


ゲルマニュウム検出器にセットして。



外部からの影響がないように遮蔽して時間をかけてチェックするのです。





一番上の写真のようにガイガーカウンターをチョロッとあてて、はい終了みたいなことでは食品の汚染度は全く計ることは出来ないのです。

これで汚染が出る方がおかしい。

食わすの前提の「計っているふり」ですから、こんな検査は全くの無意味です。


まぁ・・・

どの食品の検査もこんな感じです・・・・・


安心して食べる物ありません・・・・・・・・・・






Posted at 2013/10/05 07:57:55 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2013年09月30日 イイね!

ワイパー

最近の休みは仕事の疲れを取るために、いつも一日中家でゴロゴロしている改でございます。m(_ _)m

こんな生活を続けていたら、そのうち家からほっぽり出されることでしょう。(ーー;)





最近は雨が多くてワイパーに頼ることが多いですが、嫁からノアのワイパーがダメになったから交換してくれと言われました。

確か昨年の夏に新品にしたばかりのはずですが・・・



「たまにワイパーのゴムを濡れタオルで綺麗にしろって言ったよな!」

「そんなこと言われてない・・・。」




もう50なので物覚えが悪いのか、アルツなのか。(爆。





仕方ないので洗濯したばかりのタオルで雨の中三本のワイパーを綺麗に拭いてきました。



メッチャきちゃにゃいし・・・

これで拭き取るわきゃないだろうに・・・


何度動かしても五本ぐらいの拭き残しがあったのが、これで一発拭き取り。( ̄▽ ̄)

こんな簡単なことがなんで出来んのじゃ!!!




おやすみなさい。(( _ _ ))..zzzZZ



Posted at 2013/09/30 21:48:00 | コメント(2) | トラックバック(0) | ノア | クルマ
2013年09月09日 イイね!

オリンピックやってる場合か!

ストロンチウム流出、地下水通じ海へ

 福島第1原発の汚染水が海に流出している問題で、東京電力は2日、2011年5月以降に汚染水に含まれて流出した放射性物質のトリチウムの量が20兆~40兆ベクレルに上るとの試算を明らかにした。原子力規制委員会で開かれた汚染水対策を検討する作業部会に報告した。
 東電は、体内に蓄積しやすく健康影響が懸念される放射性ストロンチウムも流出総量を今後試算するとともに、原発周辺海域での魚介類への影響調査を始める。
(共同)






水と分離することも除染することも出来ないトリチウム

半減期は12.3年
20兆ベクレルが12.3年もかけて10兆ベクレルまでしか減りません

100年以上は危険がともないます




トリチウムは遺伝子を根本から破壊します

癌、突然変異、発達異常、生殖への異常 


イギリスの再処理施設の周りではトリチウムが漏れだし、白血病患者が増えました





日本の太平洋側の海は死んでいます



水に溶け込んで蒸発し

雨になってトリチウムは空から降ってきます

そうして海だけではなく

山も平野も汚染されます





トリチウムの水の中で育った魚たちや海藻

トリチウムの雨が降り注いだ野菜や果物


国の安全だという情報を信じて日本産の魚を全く気にしないで食べている人は沢山います。



漏れ出ているのはヨウ素、セシウム、プルトニウムだけではありません

福島第一原子力発電所からは何百という核種が今も漏れ出ているのです


汚染は福島だけにとどまりません

風に乗って日本中に

海に流れて世界中に漏れているのです






生きて行くために放射線におかされた食べ物から体を守っていかなければなりません。

特に妊婦さんやお子様の食事に使う食材の産地には気をつけなければ家族を守ることはできません。



参考資料

シリーズ:六ヶ所再処理のここが問題(6)
トリチウムはこれまで考えられていたよりも2倍危険
英国健康保護局の電離放射線諮問グループが報告書を公表
トリチウムの摂取による被曝線量は2倍になる
2008年1月26日 美浜の会

http://www.jca.apc.org/mihama/reprocess/rokkasho_series6.pdf





放射線の影響によって直ちには影響が無いというのは。

即死はしませんという意味です。


少しでも正常な子供を生みたかったり、育てたい場合は放射線に晒された食材はさけねばなりません。


震災以後うちでは「福島を食べて応援」のファーストフードや外食産業は避けています。

放射線をキチンと測定して出荷していると国民の多くの人が思っているようですが、その測定方法は正確なものではありません。

たとえば米の検査は30キロ入りの米袋の外側から測定器を当てて、不検出と報告しています。

これだと米では無くて米袋の放射線を計っているに過ぎず、米の本当の放射線を線量は計ることができません。

魚も抜き取り調査です。

魚から放射線が検出されたと報告が上がった時には、検体と一緒に水揚げされた魚介類は既に食卓に上がっています。



「そんなこと言ったら食べるものが無い。」


こうおっしゃる方がたくさんおりますが、そうです、その通り無いのです。


魚は外国産、野菜は北海道や九州・四国のものを選んでいます。


安易に大丈夫だという言葉を信じずに、事故をおこし、今も放射線を出し続けている原子力発電所から遠い産地のものを選ばなければ、自分も子供達の健康を守ってやることはできません。


福島県では全ての子供の検査が終わっていないのであくまでも暫定ですが、百万人に一人という統計の小児甲状腺癌の発生人数が、福島県内で悪性と診断された子供の人数が49人と報告されています。

統計に照らし合わせると福島県に4900万人住んでいる計算になります。

この他に150人ほどの小児甲状腺癌の予備軍がいます。


本当なら政府は緊急事態を宣言してもいいところを、原子力発電所の事故は収束していて、安全だから東京でオリンピックをやるといいます。


福島第一原子力発電所事故が起きてから半年ぐらいは、旧ソ連のように情報を隠蔽しないで福島県民を避難させるだろうと思っていました。

その思いは見事に裏切られ、福島県にはチェルノブイリで強制避難をさせているような高い放射線量の場所にも人が住んでいます。


身体に浴びる外部被曝の放射線よりも、食べて身体の内部に取り込む内部被曝のほうが数倍危険だと言われています。

安全という国からの情報は全くあてになりません。


自分や家族の安全は自分で守らなければなりません。

Posted at 2013/09/09 17:26:48 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記
2013年08月02日 イイね!

数十兆ベクレル流出か 福島第1汚染水


トリチウム数十兆ベクレル流出か 福島第1汚染水


 福島第1原発の汚染水が海に流出している問題で、東京電力は2日、2011年5月以降に汚染水に含まれて流出した放射性物質のトリチウムの量が20兆~40兆ベクレルに上るとの試算を明らかにした。原子力規制委員会で開かれた汚染水対策を検討する作業部会に報告した。
 東電は、体内に蓄積しやすく健康影響が懸念される放射性ストロンチウムも流出総量を今後試算するとともに、原発周辺海域での魚介類への影響調査を始める。
(共同)





水と分離することも除染することも出来ないトリチウム

半減期は12.3年

つまり100年以上は危険がともないます




トリチウムは遺伝子を根本から破壊します

癌、突然変異、発達異常、生殖への異常




人は水が無ければ生きて行けません・・・・・




ヨウ素、セシウム、プルトニウムだけではありません

福島第一原子力発電所からは何百という核種が今も漏れ出ているのです


汚染は福島だけにとどまりません

風に乗って日本中に

海に流れて世界中に漏れているのです



Posted at 2013/08/02 20:58:28 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2013年07月26日 イイね!

世界一のブラック企業

その名も東京電力

原発作業員の被曝量検査のやり方を修正したところ、100ミリシーベルトを超えた作業員の数が178人から1973人に増えたという報告が上がりました。

年間100ミリシーベルト以上の被曝は労災が認定されます。

普通の企業でこれだけの数の労災が発覚すれば、会社として成り立ちません。

ワタミが叩かれていましたが、ワタミどころの比ではないのです(人数で比べるベキものではありませんけどね)。


↓ネットの読売新聞の記事です。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130719-00000992-yom-soci

甲状腺被曝の福島第一作業員、報告の11倍に

読売新聞 7月20日(土)10時3分配信

 東京電力福島第一原発事故で、放射性ヨウ素による甲状腺被曝(ひばく)量が、臓器の局所被曝量を表す等価線量で100ミリ・シーベルトを超えた作業員は、推計で1973人に上ることが東電の調べでわかった。

 東電は、100ミリ・シーベルト超の作業員を「長期健康管理対象者」としており、年1回の甲状腺超音波検査を無料で受けてもらう。

 東電が昨年3月に世界保健機関(WHO)に報告したデータでは、甲状腺被曝量が100ミリ・シーベルト超の作業員は178人だったが、被曝量の評価方法を修正した結果、11倍に増えた。

以上引用



東京電力は一応原子力のプロです。記事の最後に「被曝量の評価方法を修正した結果、11倍に増えた」とありますが、最初がどんな評価だったのか、今回がどのような評価方法に変更したかもわかりません。11倍もの評価の差をどう説明するつもりなのでしょうか。

人の命がかかっていますから間違いでは済まされない問題です。

一番の問題は、放射性ヨウ素による甲状腺被曝量しか計っていないのに100ミリシーベルトを超えているということです。
甲状腺だけではなく、全身のセシウムやプルトニウムなどの他の核種の被曝量を計ったら一体どれだけの数字になるのか考えるだけで恐ろしい。

現在、福島第一原子力発電所の三号機からは湯気がたちのぼり、福島県内では線量が上がっているとの報告があります。
ヨウ素を検出しているという情報もあります。


東京電力はいつも後手後手で、大変な事態が起こってからややしばらくしてからでないと危険な情報は発表しません。

臨界が起きて地下でMOX燃料が核分裂していてもおかしくない状況です。


気をつけるにこしたことはありません。





非常に残念な情報があります。

↓こちらのブログでは元原発作業員の方が白血病になり多臓器不全と癌により亡くなっている報告があります。

http://ameblo.jp/junraelian/entry-11578729869.html



原子力がどれほど危険なことかを知らない若者を騙して、線量計も付けさせずに作業させた結果死亡させています。


こんな企業を許すことはできません。


他の原発を再稼動すれば必ず同じ結果がもたらされます。

私は原子力発電所ほど人間に害のあるものを他に知りません。

二度と動かしてはいけないものなのです。
Posted at 2013/07/26 16:30:31 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「先月同僚に子供が生まれたが呼吸不全で一ヶ月の入院。放射線を全く気にしない夫婦でどこの産地かも気にしないで食べていた。http://ja.wikipedia.org/wiki/チェルノブイリ原発事故の影響 関係なければいいが・・・」
何シテル?   10/27 14:07
アラフィフ
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/8 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

ファン

4 人のファンがいます

愛車一覧

日産 エルグランド 日産 エルグランド
気になった部分は手直ししたいと思います・・・・・
トヨタ ノア トヨタ ノア
セカンドカー

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.