車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年04月16日 イイね!
母校の高校野球観戦に行ってきました今日は春の高校野球岡山県大会の地区予選を観戦するため、笠岡市にあるどんぐり球場へ。

我が母校の倉敷南は昨年の秋の岡山県大会に出場しましたが、創志学園と対戦して初戦敗退。
今年の春の岡山県大会では昨年の岡山県大会のベスト8以上のチームは自動的に出場できます。それに加え、北部地区、西部地区、東部地区から地区予選をして計16チームが出場する構図で、県大会でベスト8以上に進出すれば夏の県大会のシード権を獲得できる仕組みです。

我が母校の倉敷南は西部地区に属し、倉敷鷲羽、水島工業、玉野商と公立校がひしめくブロックで2勝1敗の成績で県大会の代表進出戦まで勝ち進み、今日、県大会出場の最後の切符を賭けて笠岡工業と対戦しました。

倉敷南は写真にあるように、昨年からエースを務める岡投手が先発しました。昨秋より体つきも大きくなり、球威が増したストレートを軸に曲がりの鋭いスライダー、ブレーキの利いたカーブ等のコンビネーションで笠岡工業の打線を序盤は圧倒。打線も相手エースの立ち上がりを攻め、4回まで6点を奪って流れを掴みます。
しかし、笠岡工業も中盤からは投手陣が踏ん張り、しかも岡投手のストレートにタイミングが合うようになると、4回に1点、最終回には3連打を浴びせて2点を返して更にノーアウト1、2塁と岡投手を攻めます。

ここで、岡投手~山崎捕手のバッテリーが配球をストレート主体からカーブ、スライダーを軸に切り替えて0点に凌いで6対3と倉敷南が勝って岡山県大会出場を決めました。

今年は岡投手を筆頭にセンスのいい選手が多く、しかも一冬越えて体つきも大きくなり、スイングもしっかりして強豪チームとひけを取らないほど鍛え上げた感じです。ただ、攻撃面では強引な走塁でサインミスや盗塁アウトが見られ、粗っぽさも目立つ感じです。
投手陣もエースの岡投手が私の想像を越える成長ぶりで真っ直ぐの勢いもあった中、少し強引なピッチングで終盤に失点したりしたので、本来の変化球とのコンビネーションで打たせてとるピッチングが出来れば強豪チーム相手でも互角の勝負ができると期待しています!!
Posted at 2017/04/16 23:56:59 | コメント(0) | トラックバック(0)
2017年03月23日 イイね!
21世紀枠は必要か?タイトルからして、野球ファンからしたら、ナイーブなネタかなと思いましたが、今回は多治見高校の件があったので、投稿してみました。

そもそも、21世紀枠とは「一般選考枠」のほかに、秋季都道府県大会において参加校数が128校を上回る都道府県はベスト16、それ以外の県ではベスト8以上の学校の中から、恵まれない環境、他校や地域に良い影響を与えているなどの理由で認められた高校が3校選出される仕組みです(2007年までは2校選出、2013年第85回大会は記念大会として4校選出)。

この21世紀枠なんかで、沖縄県の宜野座高校は上位に進出する等、躍進した実績もありますが、なかなか一般選考枠で出た高校との実力差は否めないかなと思います。

今回、多治見高校が報徳学園と0対21の大差で負けた事で、ネットでも21世紀枠の在り方についてコメント等があったようです。
この試合は、多治見高校のエース・河地投手の立ち上がりを突いた報徳学園が初回に2点を奪い、3回にはファーストのエラーが絡み8点。この回の途中に河地投手をマウンドから引きずり下ろすと、21安打21得点の猛攻でした。
河地投手はサイドスローから130㎞前後のストレートとスライダー、カーブと言った変化球のコンビネーションで打ち取る技巧派右腕です。雑誌などでも、投手として筋がよくクレバーな印象がありました。
記事などを見たら、初回に2点を奪われた時、報徳学園の各バッターのスイングの鋭さに圧倒された感があったようです。こうなると、ピッチングが守りに入りやすくなるし、3回には味方のエラーが失点に繋がり気落ちした感じがありました。元々、三振を取るタイプではない河地投手にとっては苦しかったと思います。個人的には、意外とやれると踏んでいたのですが、甲子園の魔物は未だ健在と言ったところでしょうか(-_-;)。

そんな中、一生懸命に応援する多治見の応援団の健気さをテレビで見た時、21世紀枠の意義を見た気がしました。過去に出た21世紀枠の高校なんかも、町若しくは島を挙げての応援団が来て、一生懸命に声を枯らして応援していました。
おらが町、おらが島の高校が甲子園という夢舞台に出ることー案外、地域への影響は計り知れないもんなんだと。地域活性化というのは話が大き過ぎますが、スポーツの持つ魅力ってあるもんだと考えさせられたものです。 ちなみに多治見高校は、地域の小中学校に野球教室をやっていたとか、野球の普及という意味でも素晴らしい事だと感心します。

勝負事ではありますが、高校野球だからこそ、こういう粋なはからいがあるのも有りなんかなと改めて思う今日この頃です。
Posted at 2017/03/23 23:26:41 | コメント(1) | トラックバック(0)
2017年03月22日 イイね!
よくここまで勝てたと思う~WBC日本代表~野球のWBCも、あれよあれよと準決勝に進んだ日本代表。今回の対戦相手は、メジャーリーガーを擁したアメリカ代表。
しかし、菊地選手、松田選手(写真)のエラーが絡み、1対2と惜敗。

とは言え、大会前から怪我人や課題を抱えながら、小林捕手の成長を筆頭に選手たちが奮起して決勝ラウンドまで進んだ事が凄いこと。
でも、厳しい現実も突きつけられました。それは、打線がメジャーのピッチャーから1点しか取れなかったこと。日本人野手でメジャーで活躍できないというのがモロに出た感じでした。パワーを含めて、まだまだ日本とアメリカの差は数字以上にでかいと感じた試合でした。

それを差し引いても、日本代表は頑張ったと思います。だって、日の丸を背負った経験は、選手にとっては凄く大きな経験だし、悔しかったことや成功したことを含めて、今後のキャリアに生かして欲しいと思います。

本当にお疲れ様でした。

Posted at 2017/03/22 18:05:00 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年03月22日 イイね!
創志学園、完敗~センバツ高校野球~やはり勝負は甘くなかった…という感じです。

センバツ高校野球は大会3日目、地元の創志学園は福大大濠と対戦しました。

先発はエースの難波投手ではなく、左腕の秋山投手。小柄ながらカーブ、スライダーを低めに集める左腕で、昨秋はワンポイントとして勝負度胸で勝負する技巧派です。練習試合では難波投手より、状態が良かったと聞いていたので奇策を含めて起用したのでしょう。
しかし、福大大濠は秋山投手に対し、2回と3回に2点ずつ奪い、試合の主導権を握ると、3回から登板した難波投手からホームラン、そして8回には4四死球に乗じて1点を追加し、6対3と福大大濠がしっかり勝ちきった感じです。

創志も、何もできなかったかという訳ではなく、序盤からファールで粘り、福大大濠のエース・三浦投手の球数を費やすようにして100球を超えた6回に2点を返し、更に8回にはノーアウト満塁と三浦投手を攻めました。
だが、三浦投手は落ち着いて、6番の西林をスライダーで空振り三振にすると、7番の中山の打席で古賀捕手が好プレーを見せます。
中山の打球はセカンドフライでしたが、外野のフィールドでぐらつきながらの捕球姿勢。それを見た3塁ランナーの難波がタッチアップして3点目を奪います。この辺りは野球センスがあるなと感心しました。しかし、福大大濠の古賀捕手は2塁ランナーの小林が3塁へタッチアップしたのを見逃さず、セカンドからの返球をマウンドに近い位置まで受けて3塁へ好送球でアウトにして創志の反撃を絶ちきりました。

この場面、難波選手の意表を突いた思いきりのいいタッチアップに泡喰うところを、冷静沈着にフィールドに視野を広げていた古賀捕手のプレーはプロも一目置くだけの選手だと思います。
福大大濠のエース・三浦投手も素晴らしかったです。中盤は球数が嵩んで失点したものの、球速も9回に入っても140㎞台をマークし、スライダー、チェンジアップ、カーブを効果的に織り交ぜ、見事なピッチングでした。対する創志の難波投手は、8回に4四死球を出して失点するなど、昨秋から課題にしていたスタミナに不安を残しました。むしろ、野手としての方が上のレベルで勝負できるのかなという印象でした



やはり、スコア以上に福大大濠のチームとしての洗練度は半端なかったです(-_-;)。
Posted at 2017/03/22 17:53:06 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年03月10日 イイね!
対戦相手が決まりました~創志学園~本日、選抜高校野球の組み合わせ抽選会があり、地元の創志学園は、大会3日目の第1試合、福岡県の福大大濠と対戦する事になりました。

福大大濠は昨秋の九州王者で、三浦~古賀バッテリーを軸にしぶとい戦いを展開するチームです。
三浦投手は174㎝と上背はないですが、140㎞前後のストレートとスライダー、チェンジアップを効果的に織り交ぜるピッチャーです。スケール感に欠けるものの、バッターの観察眼もしっかりしていて、クレバーなピッチャーです。チームとしての洗練されていて、マトモに行くと部が悪い感じがします。
創志としたら、エース・4番の難波投手を軸にしっかり守りから入り、キャプテンで1番の山本選手が斬り込み隊長の役割ができれば勝機はあると思います。
何よりも創志は三季連続出場で甲子園という舞台を経験している選手がいるので、その辺りで優位に立てたら非常に面白いと思います。
Posted at 2017/03/10 22:31:28 | コメント(1) | トラックバック(0)
プロフィール
「よくここまで勝てたと思う~WBC日本代表~ http://cvw.jp/b/670871/39495774/
何シテル?   03/22 18:05
岡山の片田舎にひっそりと住む無粋者ですが、よろしくお願いします。 基本的にノーマル思考で資金もないのでカスタマイズとかは無縁ですが・・・皆さまのこだわりをウィ...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/5 >>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
リンク・クリップ
ハンドルカバー交換 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/10/12 21:27:56
北朝鮮、オバマ氏は「黒いサル」 米は憤慨「最低だ」 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/05/10 21:00:24
立川崖線の続き・・・ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/01/28 04:59:42
お友達
消極的なキャラなのですが、気軽にポチっと押してください。
75 人のお友達がいます
NGW~年間⑯個プレゼント初当選者!♪~NGW~年間⑯個プレゼント初当選者!♪~ * kyupi5kyupi5 *
YASUYASU * クマおやじクマおやじ *
taka@0011taka@0011 * ノーマルWISHおじさんノーマルWISHおじさん *
ファン
11 人のファンがいます
愛車一覧
トヨタ ウィッシュ トヨタ ウィッシュ
2008年6月28日に人生初の新車であるウィッシュを購入。如何なる場面でもフィットする器 ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.