車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2016年12月04日 イイね!
サッポロテイネ(スキー場)その2今日はテイネに行きました。

前の晩(ルスツで疲れきってるのに)、レースイとテイネどっちにしようかな~



んーっ


起きてから決めよぉ~ Σ( ̄□ ̄;)マタカヨォー


朝 起きたら足腰バキバキ (x_x;)イテテテ
昨日滑り過ぎ




サボりたい。だけど気が変わったときに出遅れないように、渋々準備

 (゚Д゚)ハァ? ナンジャソレ?


で、準備してるうちに「いこかな」って気持ちが湧いてきた
ナニゴトも形から (^▽^)/
ということでテイネへ。


途中つるつる路面、でもDELICAはへっちゃら!

駐車場に雪💛

でも・・・

男子大回転や


女子大回転は

雪 無いしー (-_-メ)


去年来たときはガスって見えませんでしたが、
テイネは やっぱり 景色だね~


こんな大都会に向かって滑るのって


世界的にも

テイネと藻岩とフッズぐらい?


テイネが違うのは、1000mの高さから!
もしナイターやってたら 夜景きれいだろなー



ゲレンデは東向きの斜面
だから、朝日があたって朝から湿り雪

ところどころ
 茶色かったり
 ササが出てたり
 板を掴まれたり
注意注意 ($・・)/~~~


昨日足腰使い切ったから、抑えめに緩斜面中心


この高度感



落ち込み感




なぁんて景色見ながら滑ってたら

最後にコブですかぁ?

逃げ道なし(lll゚Д゚)ヒイィィィ!!



なんだかんだ結局27本、約36km(1.2*25+3*2) 0コケ
ペアリフトだけど高速!だから距離が稼げるネ

足腰に加えて、今日新たに背筋が・・・
履く板によって、痛くなる場所が変わる・・・ (´・ω`・)エッ?


スキーってイイネ
テイネっテイ~ネ
(゚∀゚)アヒャ
Posted at 2016/12/05 07:07:58 | コメント(2) | トラックバック(0) | スキー | スポーツ
2016年12月03日 イイね!
ルスツリゾートスキー場その2まだ一部のコースしかオープンしていないルスツに行ってきました。

この時期はまだフルオープンしていないため、各スキー場とも割安な初滑り料金です。
加森観光のスキー場はハイシーズンのリフト代がなかなか高価なので、この時期に行っておきたいなぁと思い、前日にどこに行くか検討。候補はサホロ、テイネ、ルスツ、レースイ。


山麓28cmかぁ

準備したり風呂入りながら2時間くらいレースイとルスツで迷いました。
出した結論は・・・



起きてから決めよーっ (ー_ー)!!



6時前に起床 ネムネム (>_<)

どーしよっかなぁー

大好きなスティームボートBコースが滑れるから、
ルスツに決定 (^o^)/

となれば、一目散に

中山峠

青い空~


Wふぢ (^O^)/

電線ぢゃまくっせー


ホテルでバスに乗りかえて15分 
(まだ途中が滑れないから)
こういう面倒を承知で、その分、混まないだろうと読んで・・・


補助席までいーっぱい \(^o^)/




うぉぉー




文句 ありませ~ん ( ^)o(^ )/

スティームボートA 2,200m 標高差444m



スティームボートB 2,100m 標高差444m




ウエスト

3月にここで技術選 (゜゜)



2時には日陰に



1日中陽に当たってるのに融けない なんで? (・_・)





あさイチからリフト最終まで遊び切り!
  ヾ(@⌒ー⌒@)ノ



2.2km×3本+2.1km×23本=54.9km! 足腰パンパン 疲れたぁ・・・はぁはぁ (;´д`)
でもルスツ最高! (^O^)/



※SKI TRACKSはまだ正確に捉えてくれません
Posted at 2016/12/03 23:06:38 | コメント(4) | トラックバック(0) | スキー | スポーツ
2016年11月27日 イイね!
北海道ローカルスキー場24 スノークルーズオーンズ大きなスキー場に行くことが多くなってしまったせいか、ローカルスキー場レポート、久しぶりです。
小樽市にあるスノークルーズオーンズに行ってきました。昔は「春香スキー場」という名前でした。調べてみると、なにげに50年以上の歴史があるスキー場のようですね。

平成になったばかりの頃(その時すでに「オーンズ」でした)に一度だけナイターで滑ったことがありますが、それ以来2度目です。

「ONZE」とはフランス語で「11」だそうで、夜11時まで営業する、人工降雪機を駆使して11月11日にオープンする、ということが由来のようです。
小樽には由緒正しい?天狗山や、温泉のあるオシャレな朝里など個性強めのスキー場があるので、その中で埋没しないためには、明確でインパクトのあるコンセプトが必要、ということなんでしょうね。


ということで朝に購入した1日券は夜11時まで! (^^;

ブログを書いてる今からでも、スキー場に向かえばまだひと滑りできる!
20才前後なら、めいっぱい使い切ろうと頑張ったかも(笑)


最近は11月11日にはオープンできていないようですが、それでも札幌近郊の市街地に近いスキー場では最も早く営業開始となります。

今月上旬に一度ドカッと降りましたが、その後雨が降ったりして、どこのスキー場もまだ雪が少ないです。

オーンズも人工雪で1コースのみ。
意外と斜度があります。大回りできるコース幅はありますが、初心者には厳しいんじゃないでしょうか。

よく見るスノーマシンではなく、建物の中にあるプラント?で作った雪をパイプで圧送して飛ばしています。

プスプス言ってて、なんか面白い。

ほかのコースはこんな感じ。

まだ無理ですね。

眺めは文句なしです。

大海原に鮮やかな虹、よく見ればダブル

遠くに海が見えるスキー場は結構ありますが、眼前にこんなに海が広がるスキー場って、あまり記憶がありません。

札幌方向の市街地も少し見えます。

ナイターなら夜景が見えるでしょう。

虹の後、雨が降ってきました。
ちょうど疲れてきた頃だったのであがりました。

駐車場はどろどろです。


気温が上がったせいで、シャバシャバの人工雪、途中から雨降り、ブーツがしっくり来なくて足が痛いなど、いろんなコンディションが良くなかったので、今日はもひとつ楽しめませんでした(スキー場のせいじゃありません)。

人工雪のため硫酸アンモニウムを撒いていて、スキーを洗うためのホースやブラシがありました。そのままだとスキーに良くないようなので、帰りにかるく水洗浄しました。

本州でたくさんのスキー場を経営しているマックアースグループということで、人工雪や遅くまでのナイターなど、本州資本らしい運営方法ですね。
今シーズン、ここは何度か来る機会がありそうなので、天然雪のフル営業状態で滑ってから感想をまとめたいと思います。

大昔にナイター滑った時のホルダー




SKI TRACKS どうもうまく使えません。アプリというよりハード(GPS受信)の問題?

0.4km×27本=10.8km ・・・意外と距離が伸びませんでした。
1コケ

シーズン早々2日連続、疲れましたが、腿の裏が多少張ってる程度で筋肉痛はそれほどありません。あっ、発症は明後日くらいかな (^^;
Posted at 2016/11/27 20:21:20 | コメント(1) | トラックバック(0) | スキー | スポーツ
2016年11月26日 イイね!
星野リゾートトマムスキー場その2 ~2016/17シーズン初滑り目論見より1週間遅れましたが、ようやく初滑りしてきました。

本日より営業開始のトマムスキー場です。

冷え具合はまぁまぁですが、雪が少ない!

ブッシュとか出てるかも と思いつつも、オープンするなら向かわずにはいられません。

途中の風景を見ていても、雪景色にはなってますが積雪量が足りないですね。



それでも気温が低く、軽く降り積もっている区間がありました。
11月にもかかわらずリヤゲートは少しスノーフェイスパウダー

駐車場には雪💛

人工雪で初心者向けの1コースだけは整備してあり、そこだけの限定オープンでした。

滑走に使えるのはニポチェアリフト1本

グリーンシーズンも動かしているこのリフト沿いには鳥の巣箱がたくさんあります。でもこの時期、鳥は見当たりませんでした。


人工雪で整備してないコースは

ササが出てます。
ドカッと降った箱根に負けてるな・・・


ゴンドラは一応動いているのですが・・・

雲海テラスへ登るだけで、滑走できません。なので乗りませんでした。
トマム4回目なのに一度もゴンドラに乗れてない😢


滑れるのはハローニポコース1本

8~9割はスノーボードさんでした。トマムはボーダーさんに人気あるんでしょうかね?


初滑りの足慣らしにはちょうど良さそうです。
今日は初日なので、無理せず、少し考えながらゆっくり緩斜面を堪能することにします。


最初の1~2本は、ぶ厚いソックスを履いてきたせいでブーツが窮屈で痛い。また久しぶりのためか脚の筋肉が動かずどうなることかと思いましたが、ガマンして滑っていたら少し慣れてきました。


自分の滑り方は外スキーへの荷重割合が高く、内スキーが使えていないと思っています。
緩斜面を考えながら滑る今日のテーマとして

 ・内外スキーの前後差を大きくしない(極端に外向しないように)
 ・内足の外エッジ(小指)をきちんと接地させ、外7割-内3割くらいの荷重バランス
 ・内外スキーの間隔をスキー1本分で一定に保つ

といったことを意識しながらゆっくり目に滑ってみました。


ゲレンデにはブッシュなども無く滑走面を傷める心配が無さそうなので、午後から新しい板も試してみました。

オフピステモデルのラインナップが充実しているこのメーカらしくない「プレシジョンカービング」シリーズ3兄弟の末弟モデルです。
2年落ちですが、この年だけ突然変異で白ベースのカラーリング、なんだかレディスモデルのような色使い。翌年黒ベースに戻ったのはよほど不評だったのか・・・

持っても履いても軽いです。
メタル入りの板を基準に考えるとフレックスはペナペナ。そして「スピードロッカー」なので、ターン中のトップが若干浮き気味。キャンバーに慣れてるせいかトップ10cmほどが無駄に長い感じがします。

じゃぁダメなのかというと、柔らかいけどグリップしてる限りはラクに正確なターンができる感じで、なるほど「プレシジョンカービング」。意外とスリムなセンター72mmがシャープさを生むのか。
ただ今日は緩斜面で、大きな荷重がかかっていません。スピードが出た時にどこまでグリップしてくれるのか。そこそこ安定してグリップしてくれれば、ルスツのような中斜面を朝から晩までラクに滑り回ろうという時に使えそうです。



楽しみにしていたSKI TACKSは、アプリの更新が必要だかなんだかで、GPSがうまく受信できなくて、今回は使えませんでした。コンピュータはこういうのが困りますね。次回再チャレンジです。


初滑りながら、終了直前まで遊び切りました。

午前13本、午後17本 計30本×710m 滑走距離21.3kmほどでしょうか。
0コケ
それなりの本数滑りましたが、緩斜面だけなのでヘトヘトではないです。
Posted at 2016/11/26 22:19:00 | コメント(4) | トラックバック(0) | スキー | スポーツ
2016年11月24日 イイね!
いまだに秋景色を  ~夜もみじ紅葉を追いかけて

 ・・・という訳じゃないのですが



たまたま近くまで来たもので

 ・・・せっかくですから


























換算100mmの手持ち撮影、
ほとんどの写真で多かれ少なかれ手ブレ発生 (’_’)




すごい人でした



東京で雪が降ったぐらいですから

真っ白です。

試しに SKI TRACKS!

さすがの速さです。


初滑り行かんと何してんねやろ?
早く滑りてぇー!
Posted at 2016/11/25 12:07:36 | コメント(0) | トラックバック(0) | 写真 | 趣味
プロフィール
「テイネでカレー また? (-_-)」
何シテル?   12/04 11:49
まねしすはいです。よろしくお願いします。 最近は家族のための大人しいクルマに乗っています。
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
リンク・クリップ
◎きっちりYASHINON 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/10/28 01:11:50
ギンヤンマ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/08/19 21:30:43
バラ園 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/07/12 12:40:33
お友達
同じような車に興味のある方、クルマ以外でも共通の話題が持てそうな方でしたらぜひ宜しくお願いします。
なお、コメントやりとりのない、いきなりのお誘いは、いったん保留(お断り)させていただいております。
また、ご自身のブログを書かない、プロフィールのわからない方ともお友達になれません~
9 人のお友達がいます
jin@wishjin@wish * beaver@vivabeaver@viva *
otsu☆otsu☆ ネロリンネロリン
青い車乗りのたく青い車乗りのたく うでんうでん
ファン
22 人のファンがいます
愛車一覧
三菱 デリカD:5 三菱 デリカD:5
諸事情(?)により新車納車前からTEINのスプリングでローダウン、ローデストではないデリ ...
日産 セレナ 日産 セレナ
高級感は皆無ですが、空間づくりや便利さの追求は素晴らしい、平穏なファミリーミニバンの王道 ...
ルノー ルーテシア ルノー ルーテシア
 嫁ハンのクルマでした。クルマに詳しくない友達にヴィッツと間違われて憤慨しておりましたが ...
スバル インプレッサ アネシス スバル インプレッサ アネシス
C型と呼ばれる足回りが少し硬くなってからの仕様で、他の1.5リッターセダンよりかなりしっ ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.