• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

janjanjanのブログ一覧

2017年03月05日 イイね!

復活!!

復活!!諸般の事情で沈黙してましたが、
箱替えで復活!
TTRS、さすがクアトロ社が作った車。
エンジンは別物。オイル、水の循環冷却レイアウト、コンロッドはH型等々サーキット前提で組んである。パワーアップでも根を上げないでしょう。どうせなら、ドライサンプなら良かったと思う。
パワーアップには耐久性が重要なことを思い知らされたので、ベース車選びが要。

使えるパーツは再利用、とりあえず走れるとこまで持ってきました。
早く鈴鹿で試走したくてうずうずしてます。
Posted at 2017/03/05 15:15:56 | コメント(1) | トラックバック(0)
2016年10月07日 イイね!

新兵器取付完了 AMI Water/Methanol Injection Systems

新兵器取付完了 AMI Water/Methanol Injection Systems ようやく取り付け完了。今夜、引き取り。
近畿で有名な日本車チューニングショップで無理をお願いし、
作業をしていただきました。
US、日本車チューニングではナイトロと同じほどメジャーなアイテム。
さて、ドイツ車に効果はいかに、、、、
USサイトを徘徊しているとかなりの実績があるようで、チューニング時のマージンと
モアパワーで使われているよう。
私はエンジン保護とタレを防ぐ目的ですが、圧縮UPと吸気温度低下で10PSはUPするようです。

ブーストと連動して噴射量が増加、規定値より1PIS絞って初期設定。
ナイトロ、ブーストアップより安全だとわかっていてもエンジン持つのかと不安と期待が交錯。
それと、今までインチダウンの17インチを18インチ、265/35にスイッチ。
秋めいて涼しくなった鈴鹿を堪能してきます。

10月13日 SMSC鈴鹿でテスト走行です。時間あればお越しください。
西ピット走り放題の日です。



追伸、東海地方へ転勤です。
しばらく落ち着くまで大阪へ車を置いていくのでサーキットはしばらく封印。
東海地方の方、寂しい私と遊んでやってください。


Posted at 2016/10/07 21:51:14 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2016年09月01日 イイね!

新兵器?AMI Water/Methanol Injection Systems

新兵器?AMI Water/Methanol Injection Systemsサーキット走行会のシーズン前に新兵器?を投入。
タービン交換より安く安全にパワーアップとエンジン保護ができるようです。
USでメジャーなもので、日本でも岐ではNOSと同様に話題のパーツ

NOSより神経質な調整も必要ではなく安全性も高いし、
レースガスを使わなくてもオクタン価が上がり冷却効果で
EUCの点火タイミングはそのままで20PS程パワーが上がります。
鈴鹿でもうひと押しパワーがほしい立ち上がりで効果が楽しみです。
当面、ポン付けで試してみて、問題なければEUCもバージョンUPを検討。

現在、かの国から輸送中。
Posted at 2016/09/01 00:28:05 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2016年08月25日 イイね!

冷却を考察、導入。

冷却を考察、導入。先のブログで冷却の大切さを理解し仕様変更。


・青ライン フェンダー内へダクト ブレーキへ通風
 ダクトを仕込み、フロントフェンダー内、キャリパーとローターへ。
 *TTはフェンダー内がタイトでキャリパー際までもっていくとタイヤと干渉するので、
  インナーフェンダー前部位で止め。

・赤ライン アンダーパネル下からNACダクト ブレーキへ通風 
 純正アンダーパネルにNACダクトがあり、社外アンダーパネルでフラットボトムにするため、
 塞いでしまったものを機能するようにアンダーパネルを加工。
 *キャリパー際まで持っていけないので赤ラインとダブル冷却できるようにした。

・緑ライン エンジンとDSGオイルクーラー
 後ろのインナーフェンダーから排出。

・黄ライン リップスポイラー中央からインタークーラー、オイルパン、DSGへ
 インナーフェンダーから排出。

赤ラインと緑ラインで白ラインの隔壁設置、オイルとブレーキへ確実に通風。
黄ラインは2か所隔壁を設置、インタークーラー、オイルパン、DSGへ確実に通風。


スーパーGT車両の雑誌解析画像で見ていると冷却、ダウンホースとドラッグを
究極で考えられているんですね。とりあえず、参考にして近い形態で仕様変更をしましたが、
すでに夏が終わりかけで冷やしすぎでダクトをふさがないといけない時期がすぐにくる。
遅すぎる真夏対策でした。

課題はフェンダー内の正圧空気を排出する通路が必要で、
近いうちにボンネットダクトのエラから通路を確保する予定。




インナーフェンダー内通風路


純正アンダーパネルNACダクト通風路

Posted at 2016/08/25 20:47:29 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2016年08月24日 イイね!

ブレーキダクト

ブレーキダクトエンドレスのべーパーロックで納得いかず、原因究明。

社外アンダーパネル、オイルクーラーが原因でした。
純正アンダーパネルはNACダクトでフロントタイヤハウスへ通風し、
フロントアンダーグリルからインナーフェンダーダクトへ通風しているが、
社外アンダーパネルで通風路遮断、DSGとエンジンオイルクーラーでインナーフェンダーダクトを
遮断。ブレーキへの冷却風が全くない状態でダメダメ。
フロントアンダーグリルからダクト対応、アンダーパネルに穴あけNACダクトで対応。
(青く見えるのがオイルクーラーで左にダクト、その下にアンダーパネルにつながるダクト)

一般道では全く問題ないことが、サーキット走行では風の力は想像以上。
ダウンホース、抵抗、冷却、熱害などサーキットでしか知りえないこと。
ポルシェ、BMWやアウディなどの上級グレードは当たり前のように対策されていることで、
サーキット走行や高速走行を前提に速さだけでなくトラブルなく周回できるようになっている。
だてに上位グレードがエンジンだけでなくパッケージで高額になる意味が理解できた。

*ちなみにDSGにも純正ではNACダクトがあり、熱害対策されていた。
 オイルクーラーがあるので問題はないがフロント中央を空気取り入れにするため、
 フロントリップを仕様変更することを検討。
 
空気はうまく取り入れてうまく排出することが肝要でレースカーはそれを取り入れているんですね。
たったこれだけ、されどこれだけでブレーキ対策。奥が深い。


Posted at 2016/08/24 19:41:35 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「新兵器取付完了 AMI Water/Methanol Injection Systems http://cvw.jp/b/671329/38659966/
何シテル?   10/07 21:51
ドイツ車経歴 80CC→E280→ジェッタ→A4B5→A4B7 次は...TTSへ
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/8 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

Audi純正(アウディ) Daytime Running Lights (DRLs) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/01/22 15:06:13
PIVOT DUAL GAUGE PRO ブースト計 (DPB/DPB-M/DPB-E) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/01/22 14:51:17
純正セキュリティ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/10/02 08:40:28

お友達

近郊のAUDI乗りの方、ご一緒しましょう。
22 人のお友達がいます
tetsunosuketetsunosuke やまちゃんRS4やまちゃんRS4
&quot;masaaki.&quot;"masaaki." サンタ。サンタ。
higeohigeo カンベエカンベエ

ファン

8 人のファンがいます

愛車一覧

アウディ TT クーペ アウディ TT クーペ
サーキット 余計なこと考えず速さが基準。 いろいろやって360PS  バイ普通のTT。

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.