• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

どこでもカントクのブログ一覧

2017年07月22日 イイね!

真田幸村見参!

真田幸村見参!












小学校の修学旅行で『長秀』に乗って以来、自称“鯱バスフェチ”な私ですが・・・(^Д^)










今日は、広島の高校生の修学旅行のプログラムで、「流しそうめん体験」を選択した生徒達の指導をしました。




昨日、竹の切り出しや道具の準備をしながら、会場となるお寺の住職と、「どうやって来るんだろうね、広島からずっとバスで来るのかな?」などと話をする中、私の予想は「新幹線で名古屋まで来てそこから“鯱バス”だな」などという希望的観測を含めた予想をしていました。







予定到着時刻が来て現れたバスは・・・(あわてて撮ったので、写真の頭と尻尾切れた)









このすっきりと垢抜けたグラフィックは、紛れもなく“鯱バス”

しかも、地元信州に馴染みの深い、『幸村』!(興奮しすぎてピント合ってない)










流しそうめん自体は、竹樋作りから竹の器、竹箸に至るまでみんな楽しそうに作り、ワアワアとはしゃぎながら漫喫をしていたようです。(そうめんをすくい取るのに夢中になり、途中で樋を倒すハプニングもあり)








暑い一日でしたが、『幸村』に会えて、なんかちょっと得した気分です。(^Д^)
Posted at 2017/07/22 23:14:56 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日々の出来事 | 日記
2017年07月21日 イイね!

ムルみーつけた(^_^)v

ムルみーつけた(^_^)v











19日に、所用で上京しました。





三郷方面に向かうのに都心の渋滞をかわすため、圏央道を経由して三芳パーキングエリアで休息。

ブルーのムルを見つけちゃいました。






当然のことながら隣に駐めさせて頂きます。(^Д^)









ホイールが違うと随分印象が変わりますね。






Posted at 2017/07/22 00:05:38 | コメント(1) | トラックバック(0) | ディーゼルムルのページ | 日記
2017年07月13日 イイね!

“隠し球”整備中

“隠し球”整備中











只今、“隠し球1号”鋭意整備中です。






フランス製縦置きのエンジンの4×4は、バンパー周りを外せばエンジンルームへのアクセスがしやすく、ラジエターを外すことで真正面からタイミングベルトの交換が可能です。

タイミングベルトそのものは、まだ交換して間もない様子でしたが、ウォーターポンプやプーリーは同時交換されていなかったようで、ベアリングがごりごりです。



オイルパン周りへの激しいオイルリークは、クランクシールが原因だった様子で、これも一緒に交換です。







ふにゃふにゃで腰の無くなったラジエターホース類も、破裂してヤバいことになる前に交換しておきましょう。







この車両も、「良くこんなので車検通したな」って言うくらいデタラメな整備の天こ盛りですが、今回の整備でリセット状態になるので管理が楽になります。

齢27歳になる“隠し球1号”ですが、関連パーツの在庫と同世代他車との互換性を熟知しているショップがあって助かりました。

ショップのオーナーさん、“隠し球1号”は、大好きな車両のようで一安心。

ありがたいことです。
Posted at 2017/07/13 22:59:13 | コメント(0) | トラックバック(0) | 我が家の車事情 | 日記
2017年07月11日 イイね!

総重量750kg

総重量750kg











今日も、イタリア車でイタリア車を引っ張ります。(^0^)









薪運びの時期には上陸が間に合わなかった、novatecnoのカーゴトレーラーですが、この季節大活躍しております。

このカーゴトレーラーは、総重量750kgの、その名もズバリCARGO750と言うモデルで、牽引免許無しで運行できる最大のカーゴトレーラーです。

着脱可能な上下二段のアオリと、強力なダンパーに支えられたトップカバーが特徴で、慣性ブレーキとトーションビームのサスが付いています。











車体幅は167cmで、小型車枠に収まります。この大きさになると、親車とトレーラーのちょっとの曲がりでもミラーに映るので、バックや車庫入れの動きがとても楽になります。(軽登録サイズだと、ミラーに映った時には既に修正が間に合いません)













この時期に薪運び?

いいえ違います。

中には大排気量と中間排気量の2本の刈り払い機と、これも排気量の異なるチェンソー2本。エンジンブロアーやレーキなど、除伐作業や草刈りの道具、燃料その他が詰まっています。

これだけの容量があると、使いそうな道具は何でも適当に放り込め、トップカバーを閉めておけば突然の雨にも盗難にも安心でとても重宝します。











イタリア車のお約束で、このホイールもPCD98ですが、センターキャップが無くてハブキャップが丸見えだったので、カングー用のセンターキャップをちょっと無理矢理取りつけておきました。(^Д^)
Posted at 2017/07/12 00:17:59 | コメント(0) | トラックバック(0) | ヒッパレー | 日記
2017年06月30日 イイね!

“MICHELIN PREmIER A/S” ファーストインプレッションと出張整備

“MICHELIN PREmIER A/S” ファーストインプレッションと出張整備












“PREmIER A/S”も数百キロの走行を重ね、タイヤ表面の離型剤もそろそろ綺麗に落ちたことでしょう。

最初の数キロの走行で感じた、転がり抵抗の少なさと半ば相反するしなやかさは、石畳の上の走行ではっきりと自覚することも出来ました。

以前、好印象であった、これも北米タイヤの“Pilot Primacy MXV4”と、期待通り似たような性格のようです。

“Pilot Primacy MXV4”と、タイヤパターンを比べてみようと思い、ストックの写真の中から探し出したのが下の写真です。




サイピングなど、最新の工夫が施されていることなどによりそれなりに異なりますが、全体のパターンが持つ印象は良く似たものです。(釘を拾った時の写真というのがトホホではありますが・・・)










激しい雨の後、路面の轍や窪みに深い水たまりの残っている条件で走行をしてみました。

水たまりに入ると、水膜を剪断している様子が、適度な抵抗感と共に手に取るようにフィードバックしてきます。

以前にも書いたかも知れませんが、「水たまりを何事も無かったように通り過ぎる」タイヤは、水膜を剪断できていないと言うことですから、ウエットグリップを期待できないタイヤだと思います。

適度な抵抗の中に、水膜を剪断するイメージとトレッドパターンの中を水が排出されていく様子が感じ取れるタイヤこそ、ウェットグリップの高いタイヤだと信じます。







このタイヤは、独特のサイピングのためでしょうか? 水たまりの中を抜ける時に独特の音が発生します。

例えて言うなら、普通なら水たまりを抜ける時に「シャーッ」ていう感じの音が発生しますが、このタイヤの場合「カーッ」とか「コーッ」と言う様ななんだかクリスピーな音が発生します。

音量は他と変わらない程度ですが、今までに聞いたことのない音に耳を澄ませてしまいます。

気になる音と言うよりも、ちょっと心地よい響きの音質です。(面白くて水たまりに積極的に入ってしまいました)

近いうちに安全で且つ様々な水深のところを見つけ、ハードブレーキングをしてウエット路面でのグリップの限界を確認してみたいと思います。






で、雨の中向かった先はおなじみの某所。

前回はDSのヘッドライト周りの整備でしたが、今回はこのクルマです。








「ヘッドライトの照射範囲が狭くて、すぐ近くの真ん中辺りしか明るくない」と言う相談を受けての点検です。

オーナーが変わるうち、どの時点かでヘッドライトがHID化されていた物を、ハロゲンバルブに戻してみた物の上手く行っていないようです。

上記の相談に対し、私は現車を見もしないで適当に「レンズと反射板とバルブの位置関係が合ってないんじゃないの?」なんて答えていましたが、現車を見てビックリ!

本来ならH4Eの円つばのバルブが入るべき所に、無理矢理切り欠きを作って3本爪のH4バルブが入れてありました。
これでは当然のことながら、つばの径も違うためにセンターも固定できていない上に反射板に対しての前後位置も正しい位置には固定されません。




こんなこともあろうかと、私のお宝箱を持参したので、その中からごそごそとH4Eのイエローバルブを引っ張り出し・・・






残念なことに凹面レンズのライトユニットだったので、イエローキャップ付のバルブはレンズに底付きしてしまい使用不可でした。

仕方が無いのでキャップだけ取り外し、斬り欠かれて歪んだ開口部に挿入して、バルブの位置関係だけは正常な状態に戻しました。








実は、取り外した3本爪のH4バルブには、後付けのポジションランプがクリップで留められておりまして・・・

円つばのH4Eバルブには当然付かないので取り外すことにします。

ヘッドライトの中にポジション球を入れてみたい気持ちはわかりますが、ウインカーと一体のスモールランプとダブって点灯させるのは法令違反になっちゃいます。

さっさと外してしまいたかったのですが、これがまた変なところから配線を分岐しており、その上に普通のビニールテープのぐるぐる巻き!

そう、皆さんのご想像どうりもうべとべとのネチョネチョ! まともにテープを剥がすことも出来ません。

さらに配線はコルゲートチューブの中に・・・






はいっ、パチンとニッパーで切らせて頂きました。(^Д^)

端面の絶縁はしっかりとやりましたよ。










で、一通り組み上げていざ点灯確認。

はいっ。

ハイローの切り替えも問題なく照射範囲も・・・         え゛っ?





この凹面ヘッドライト、キャトル用じゃないから固定方法がデタラメ。

下部を固定するピンがないために、無理矢理取りつけると随分とお辞儀しちゃいます。

照射角の調整ネジで、屁の突っ張りほどは上を向く様に調整しましたが根本解決は出来ず。





「前よりは随分良くなった」とのお言葉を頂戴いたしましたが、ちょっと不安なくらい直前しか照らしていません。

法令の40m先なんて、どう見ても照らし出しているとは思えません。

もう少しなんとか工夫はしたいのですが、ヘッドライトの反射板下部に車体側の取り付け位置に合うような何か適当なピンを接着するか、適当な下駄を履かせて下側をせり出させるか・・・

その他にも見ちゃ行けないものが沢山目に入ってしまいましたが、こんなデタラメで車検を通した工場、こんなことをしているとお縄になっちゃいますよ!

キャトルがかわいそう。

Posted at 2017/06/30 22:51:52 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日々の出来事 | 日記

プロフィール

「真田幸村見参! http://cvw.jp/b/674478/40130344/
何シテル?   07/22 23:14
どこでもカントクです。 どれもまっとうな実用車だと思って乗っていますが、 なぜか変な車ばっかりと思われています。 どうぞよろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/7 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

リンク・クリップ

ボケ防止 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/09/04 19:57:04
W113 Pagoda Roof SL is another ultimate choice! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/07/08 20:49:53

お友達

ファン

38 人のファンがいます

愛車一覧

ルノー セニック ルノー セニック
セニックRX4の2台目です。 色も仕様も同じ、車体番号も数台しか違わない車両です。 登 ...
フィアット ムルティプラ フィアット ムルティプラ
ムルティプラのディーゼルターボ車です。 大人3名乗車と、チャイルドシート3脚が不自由なく ...
シトロエン DS シトロエン DS
某ヒルクライムでは『日本最速のDS』と言うことになっております。(笑)
シトロエン 2CV シトロエン 2CV
2CVには28万キロほど乗りました。 背景に2年ほど前まで所有していた車が・・・

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.