• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

にゃご o(^・x・^)oのブログ一覧

2017年06月10日 イイね!

ジムニーシエラと過ごすのんびりキャンプと

ジムニーシエラと過ごすのんびりキャンプと
いよいよ梅雨入りとなった信州、冴えない天気が続く合い間にシエラを駆りまして妻とキャンプに出掛けてきました。



つつじがちょうど見頃だった内山牧場キャンプ場は特徴的な形が良いアクセントになる荒船山と「橙」「緑」「青空」のコントラストが旅情を掻き立ててくれます。





今回はじゃじゃ馬娘三人衆がいらっしゃらないので、何となくシエラで来てしまいましたがソロならいざ知らず、二人分の荷物を積載すると車内がギュウギュウw
とは言え、荷物も必要最低限にこじんまりとしたキャンプもこれはこれでいい感じ。

コンパクトなジムニーもむしろ?画になりますし、キャンプシーンに佇むクロカン四駆は林道や悪路で相まみえる格好良さとはまた違った格好良さがありますね♪
















何もしない」という最高に贅沢な時間を過ごしながら、気が向いた時だけカメラ遊びも少々・・・







キャンプ場を離れて「名も無き草原」へ
妙義の奇岩群が太古のロマンを問答無用に感じさせてくれますが、此処は切り方次第では「心象風景」と言いますか・・・
大好きな超広角映えする解放感が非常に気持ち良い風景です。











穏やかに流れる時間に身を任せながら、妻とこれからの人生について色々と語り合っていたら(←重いなw)随分と時間が経っていた様で、薄暮独特な色味が支配した一瞬の情景に口ポカーン状態でカメラに収められなかった事が悔やまれますがそれはまた次のお楽しみ。







標高は1200㍍程ですが、夜になると空気も一層澄んで星座は勿論、天の川も綺麗に見る事が出来たりと天体観測が好きな妻は終始鼻息が荒かったのは此処だけの話ではありますが、ともあれ仰ぎ見ると一面に広がる満天の星空と優しく照らす月明かりの下で過ごす夜は精神的にもとてもリフレッシュ出来ましたし、忙しない日常からほんの少しだけ抜け出す事が出来たひと時でもありました。↓↓小さい画面ですと星が見えないと思いますのでクリックして頂けると救われます


シグマ 70-300mm F4-5.6 APO DG MACRO (ソニー用)
シグマ12-24mm F4.5-5.6 EX DG ASPHERICAL (コニカミノルタ用)
TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 (Model272E) (ソニー用)
シグマ15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE (コニカミノルタ用)
Posted at 2017/06/10 20:46:11 | コメント(8) | 生活 《2017年》 | 日記
2017年06月01日 イイね!

ジムニーシエラと楽しむ林道ドライブ~長野県・林道湯沢線と~

ジムニーシエラと楽しむ林道ドライブ~長野県・林道湯沢線と~
唐突にアレですが、以前は落石を「避ける・退かす」だったのが最近では「踏む・乗り越える(勿論程度によります)」事がクセになってきたにゃごです、こんばんは。


記事を書いてふと思ったのですが、「降りて写真撮るなら石退かせよ」って感じですね(笑

さて、今回は妻と次女とで小串鉱山跡地(廃)もとい、毛無峠~万座温泉にリフレッシュも兼ねてドライブに行ってきました♪ 


まだまだ雪が残る毛無峠





半年振りに拝む哀愁と郷愁の塊、鉄の巨人たちもご健在です。




ドライブ当日は天気が良く下界は30℃という真夏日でしたが、こちらは20℃前後と猛烈な風は涼しい・・を軽く通り越して「超寒かった」です^^;




この日は(も)遺構散策を楽しまれる方々、登山を楽しまれる方々、ラジコンを楽しまれる方々、鉱石採集をされる方(他人事)など皆さん其々が思い思いに楽しんでいらっしゃいました♪





それでは海抜1800メートルの高山温泉郷である万座温泉へ向かいましょう。
と、言いながら少しだけ道草とお決まりの廃道散策も(ぉぃ-




次女、幼稚園でおたふく風邪を頂戴しまして顔パンパンマンですが、荒涼とした地に吹き抜ける気持ち良い風を受けながら、元気にオカリナを吹いていました。



道草も程々に万座温泉にて傷んだ身体が心なしか回復しそうな高濃度の硫黄泉を存分に満喫(*´ο`*)=3











それでは、お待ちかねの「林道湯沢線」へ




標高約1000㍍付近から1800㍍までの高低差や全長約16㎞のほぼダート林道は個人的にではありますが、長野県の上の方の地域では一番好きな林道です。



欄干が低すぎて身の危険を感じる「閻魔橋」

この橋を越えると路面状態が地獄とまでは行かないものの、酷くなっていく様がこれまたポイント高いです



クロカン四駆ならではの楽しみ(走り)方と言いますか・・・どうやら深い轍をジワジワ乗り越える感じも最近ツボみたいです。

私の性癖は置いておきまして、何となくこちらの「湯沢線」は倒木箇所も多々あったり路面的にもアレなので、暫く整備通行止めとかになりそうな気がします。。。






高度を上げながら抉れた悪路をノンビリと進みます。
前述しましたが道中にはたっぷりと残雪ポイントもあり、ジムニー冥利に尽きるアトラクションも然り、6月も間近だと言うのにふきのとうが咲き乱れる風景はさながら「春」な装いでもありました。









と、そんなこんなでオカリナを吹き鳴らしながら約16㌔の山岳林道をピストンしてしまう位に魅力的であり、また目まぐるしく変わる景色(路面含む)の中をシエラと駆け抜けた初夏ドライブの一コマでした。





シグマ 70-300mm F4-5.6 APO DG MACRO (ソニー用)
シグマ12-24mm F4.5-5.6 EX DG ASPHERICAL (コニカミノルタ用)
シグマ50mm F1.4 EX DG HSM (ソニー用)
Posted at 2017/06/01 21:10:15 | コメント(3) | 林道ドライブ | 日記
2017年05月26日 イイね!

CX-5と楽しむ鉱石とグラベル好きなにゃご家のドライブ旅行

CX-5と楽しむ鉱石とグラベル好きなにゃご家のドライブ旅行5月の半ばだと言うのに真夏を思わせる、うだるような暑さだったとある休日。
鉱石加工を生業とされている方からお誘いを賜り、山梨県の石和温泉に家族と行って来ました~。と言っても大半が道草ばかりでしたが^^;




先ずは長野・山梨県境の「平沢峠


何気に初めて訪れたのですが、「峠道」らしく多少なり走り応えのある道を勝手に想像していた分?普通の道で拍子抜けしましたが・・・それはともあれ、此処は眺望が良く残雪を纏った八ヶ岳も綺麗に拝めます。



さて、そんな「平沢峠」からほど近くにある「林道 横尾山線」へ向かいましょう。

昨年みん友様と駆け抜けたこちらの林道、総延長は約20㎞。2/3は通行止め??
「撮る」よりも「走る」事を楽しむ道だったので、カメラを構えるチャンスは少なかったですが、全線フラットダートで砂煙を巻き上げて快走できる林道です。


そういえばファルケンのA/Tタイヤをちゃんと味わう機会が無かったので、ここぞとばかりにグラベル中毒を紛らわせる中の人然り、以前履いていたM/Tタイヤと比べると存外具合も良く、ゴム剛性も高いので個人的には好きなフィーリング(*'-')b












さて、お昼に家を出たので随分と時間が押してしまいましたが本日のお宿であります、山梨県は石和温泉「銘石の宿かげつ」に何とか到着です。


石好きにはテンションが上る事請け合いな鉱石(巨大)がそこかしこに飾られてあったりと・・・川上村の鉱石マニアの聖地のボロ宿(褒め言葉です)とはおよそ違った世界ですし、何よりも私の様な小市民には敷居が高すぎるお宿と言う事もありまして^^;
コネクションを全力で使わせて頂き、存分に満喫させて頂きました!

「主に卓球を」マテ







~・~・~・~・~・~・~・~





翌日も真夏日な気温でしたが、天気も良く絶好の林道日和でしたので帰路の途中にある林道を目指しました♪


長野・山梨県境の「信州峠」から接続している「林道 松平線
標高1400㍍付近を貫く約6kmのダート路で、↑↑前述した横尾山線とも近いので併せて走ると程よい塩梅。


距離はやや短いですが、こちらも全線フラットダートで美しい弧を描くヘアピンカーブもならでは。



麓の気温こそ高かったものの、現地の気温は快適で窓全開が非常に心地よく、砂埃を文字通りに味わいつつ(||´Д`)o=3=3=3ゲフゲフ・・・
何にも無い林道脇で遊ぶ娘達。



↑↑ぁ、一応フォローさせて頂きますが右画像で三女が食べているのは「その辺の草」ではなく「茎わかめ」です(←どうでもいい情報すみません)






そんな「林道 松平線」の広場からは見る角度・光の当たり方によってはモザイクを入れるべきか否かを迷わせる形状が特徴的な瑞牆山を望めたりと、下ネタ要素もある(←無いよw)非常に整備された走り易い林道でした。






林道をピストンした後、最終目的地の上記でも出ました長野県は川上村の「湯沼鉱泉旅館」へ鉱石採集に。

早速、水晶洞の見学料と入山料を支払いいざ。


敷地内の楽しいアドベンチャーフィールド(廃)とリアル坑口はいつ来ても心が躍ります。


展示されている凄まじい量の鉱石群に圧倒されつつ、鉱山跡地へ。
嘗ての名残の選鉱所や坑口といった遺構などはもっと険しい道を進むとある様ですが、ともあれ「廃」な雰囲気とある種、独特な匂いは中毒性が高いのです。

↑いかにも私がよく行きそうな(好きそうな)場所っぽい風景。

操業を止めた採石場・鉱山らしい何処にでもある風景ではありますが、土中に埋まっている「岩石」の一部は石英だったりと・・・石ころ好きなにゃご家の住人達にとってはまさに聖地でした。 ぃゃ~楽しいw


ハァハァし過ぎて、取り留めなくなってしまったのでこの辺りで閉じさせて頂きますが、タイトル通りにグラベルから鉱石採集と、どんだけ「石ころ」好きなんだよ?とツッコまれそうな程に趣向性たっぷりのドライブ旅行でした。

シグマ 70-300mm F4-5.6 APO DG MACRO (ソニー用)
シグマ12-24mm F4.5-5.6 EX DG ASPHERICAL (コニカミノルタ用)
Distagon T* 24mm F2 ZA SSM SAL24F20Z
シグマ50mm F1.4 EX DG HSM (ソニー用)
Posted at 2017/05/26 20:16:43 | コメント(4) | 生活 《2017年》 | 日記
2017年05月19日 イイね!

新緑の林道ドライブと古の峠道と

新緑の林道ドライブと古の峠道と林道ドライブのシーズン到来となった5月の半ば、長野県は松本市の保福寺峠周辺の林道ドライブに出掛けました。





独特なオーラ漂う保福寺峠一帯には古代~中世頃の幹線道路である「東山道(とうさんどう)」が誰にも見向きもされず、また半ば自然に還りつつある古道として散見する事ができます。(一応保存されています)
今回は目的と時間も限られていたので、散策はできませんでしたが機会があればその一端に触れてみたいなぁと思います。





話が逸れましたがジャブ的に先ず向かいましたのが、以前CX-5で訪れた事がある「保福寺林道」へ赴きました。




全体的にシットリとした雰囲気でジムニーならではの変な走り方やM/Tタイヤの恩恵を体感できるマッディな支線が何本かある林道で距離こそ短いものの、支線も合わせると良い塩梅でした。鉱石・地質検分要素は一切無い(ぉぃ)



マッディとは言えスリップダメージを受ける毒沼など存在致しませんが、湿潤な林道脇には特徴的な形状の毒草ムラサキケマンが綺麗に咲いておりました。









そして、勢いそのままに「林道蝶ヶ原線」へ向かいます。
何度かCX-5で保福寺峠側の入口を通過する度に気になっていた林道で毎回チェーンが掛けられていた記憶しか無かったのですが、今回は大丈夫でした。


そんな「林道 蝶ヶ原線」は舗装・未舗装を繰り返しつつ標高1300㍍~1600㍍付近を縦走するのですが・・・
道の大半が崖っぷちで高度感を存分に満喫できる為、高所恐怖症スキルを持つ私には違う意味で危ない道でもあります(ました)。






道中には前述した「東山道」との関連記述も。
私の性癖が残念なのは承知ですが、こういった路の歴史を知って更に深堀していくと面白い発見もあったりと、何より先人の方々が大変な苦労をして切り開いた「路」をこうして現代まで維持されている方々に対して畏敬の念を感じずにはいられませんし、またその路を安全に走る事が出来る事は感慨深く・・・要約しますとジムニー様様と言う事です(マテ









極まれに通る三才山トンネルの遥か上を通過するのもポイント高く、勿論林道脇から谷間を抜ける国道254号線を眼下に望む事ができたりと、道幅が少しタイトな印象ではありましたが眺望が素晴らしい林道でした♪
が、景色を見ている余裕があまり無かったのは言うまでもありません^^;








私しか得をしませんが一応これで昨年からひっそりと計画していた松本市⇔麻績村付近までの林道、「高遠線」⇔「KMG線」⇔「蝶ヶ原線」⇔「保福寺」⇔「四阿屋線」と・・・これで総ダート距離30㎞以上の林道群を通院の寄り道がてら走破できそうです(←寄り道し過ぎだろw

と、短時間ではありましたが無事に林道ドライブを終えて家路に向かう道中に久々に修那羅(しょなら)峠の石仏群を拝みに行ってみました♪


有象無象・多種多様な石仏群が静かに佇み、ある種のサンクチュアリを感じそうな場所ではありますがどちらかと言えばシュールスポッツに近いナニかを感じてしまいます(コラ


これだけの石仏をどうやって集めたのか??と言う事が非常に気になってしまう程の圧倒的物量を誇る「修那羅の石仏群」

自分好みの石仏を探してみるのも面白いスポッツです(´∀`∩




何度か脱線しまくりではありましたが新緑の鮮やかさに彩られた古の峠道を駆け抜けたとある日の撮影ドライブでした。



お別れは珍しくモノクロな1カットで

シグマ50mm F1.4 EX DG HSM (ソニー用)
シグマ 70-300mm F4-5.6 APO DG MACRO (ソニー用)
シグマ12-24mm F4.5-5.6 EX DG ASPHERICAL (コニカミノルタ用)
Posted at 2017/05/19 20:17:19 | コメント(3) | 林道ドライブ | 日記
2017年05月06日 イイね!

「SKY ACTIV crosscountry」~天空の池の集い~

「SKY ACTIV crosscountry」~天空の池の集い~GW真っ只中のとある日、CX-5のクラブ「SKY ACTIV crosscountry」の皆さん(通称:けもの道フレンズ)と天空の池に集いました。







諸事情で集合時間よりもかなり早く到着してしまったので、天体観測を楽しみながら朝を迎えます。
外気温2℃、外にいると身悶えしてしまう寒さに私の軟弱な心は容易に折れてしまいましたが、それはともあれ標高2000㍍に届く高地には(道中にも)雪が残っておりました。池も凍っています^^;











綺麗な雲海に浮かぶ朱色の中央アルプス
何とも幻想的な色合いと情景です。






時間も頃合いとなりまして、全国各地から悪路を物ともしないCX-5さん達が集まってきます。。。









私を除く猛者な方々が勢揃い。
道が道ではあるのですが、「CX-5」の中では超稀なカスタムが施された皆さんの愛機・・・良い意味ですっごい漢仕様な泥臭さが漂っています♪


GWという忙しい合い間をぬって彼の地に駆けつけて下さった事に恐縮しきりですし、何よりもこうしてクラブメンバーさんが全員集合した事に大袈裟かもですが感動すら感じてしまいます。しかも全員色違い(笑


「皆いい顔してます」(´∀`∩





そうでした、それと当日はにゃご家の住人達も参加しておりました。
↓相変わらずに安定感のある?遠足気分でノンビリとした佇まいですね(ぇ



そして天空の池に来たら絶対に外せない雪遊び(ぉぃ
傾斜の具合も程よく、アルプスを拝みながら滑るソリは最高らしいですよ?(長女談)


結局、次女と三女はず~~っと遊んでおりましたが、何処にあんな体力があるのか不思議でなりませんでした。




この日は訪れる方が全く居ない閑散としたCX-5まみれな天空の池。
前述してしまいましたが、短時間ではあったものの遠方からご足労下さいまして本当にお疲れ様でした。
また素敵な景色を拝みながらダートを走る楽しみを満喫できればと思います。この場をお借りしまして、当日は本当にありがとうございました~
(*'-')ゞ

枚数は少ないですが、カメラ遊びの様子はフォトアルバムへ。





お別れは雄大なアルプスと小さな少女の1カットで

シグマ 70-300mm F4-5.6 APO DG MACRO (ソニー用)
シグマ12-24mm F4.5-5.6 EX DG ASPHERICAL (コニカミノルタ用)
シグマ15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE (コニカミノルタ用)
Posted at 2017/05/06 17:47:18 | コメント(10) | プチオフやオフ会 | 日記

プロフィール

「@ホーナー 名高いメーカーさんの工具は一生使えそうですし、「使う意欲」も湧きますね!」
何シテル?   06/21 20:42
辺鄙なページに訪問ありがとうございます。 写真を撮るのが好きで、その為のドライブがもっと好きです。カメラも技術も大した事はないですが楽しく適当に色々撮影し...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/6 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

アピオTSジムニーのトリセツ[vol.5]サスペンションとチューニング前編 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/05/26 23:33:15
 
オイル交換後のリセット&燃料噴射量調整と足回りの微調整(忘備録) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/02/04 19:24:29
MONSTER SPORTのイベントに参加! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/05/06 11:04:19

お友達

お友達のお誘いは嬉しいのですが、「お友達の人数やイイね・PVを増やすのが目的です」という方はご遠慮させて頂きたく思います。

誠に勝手ながらお友達になって以降・・・お互いの更新に対してお互いに交流やリアクションが「一切」無い場合はお友達欄から消えますが気にしないで下さい。
33 人のお友達がいます
トラック32トラック32 * 泉*
塩分取りすぎZen(汗)塩分取りすぎZen(汗) * YASUBEEYASUBEE *
たけおじさんたけおじさん * ホーナーホーナー

ファン

200 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ CX-5 マツダ CX-5
スカイアクティブクロスカントリーを存分に満喫させて頂いております。 SUVの走破性を活か ...
スズキ ジムニーシエラ スズキ ジムニーシエラ
ジムニーの影にひっそりと隠れるシエラ。 「不人気車」故の宿命か近所の中古車販売店でいつも ...
スズキ スイフトスポーツ にゃご粋 (スズキ スイフトスポーツ)
身体上の都合により泣く泣くATになりましたが、それでもゲート式シフトレバーなのでシフトチ ...
スズキ アルトラパン スズキ アルトラパン
娘の通学、通院用に購入。妻と娘がラップシール貼ってくれたおかげ?でなんともダッサイ車にな ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.