車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2016年12月31日 イイね!

今年はツキにめぐまれず、なかなか走れなかった鈴鹿。

年末ギリギリで諸々の整備を含めた車検から車が上がってきた。

となれば行くしかないでしょう!

毎年、年末年始は混むんだけどやむをえない。

ピットを確保するために暗いうちから出発。

さすがに大晦日だけあっていつも渋滞する四日市もすんなり通過(^^)v

早すぎるかと思いながら7時半前には到着。

まだまだピットにも空きがあり、狙い通り確保(^_-)

準備も終わりのんびりしていると塾ちょーが到着。

今回アドバイスをいただけることになっていた。

注意事項を頭に置きながら1本目。

全然ダメ・・・

前回の走行から間が空いたのを差し引いてもリズムに乗れず全く踏めない。

車の不安定感や恐怖心が先に立ってしまう。

全然乗れないまま1本目が終了。

2本目をどうしようか。

このままでは後味が悪いし。

せっかくの鈴鹿、塾ちょーもいらしてることだしもう1本走ることにする。

次の走行まで時間が空いたので、ピット裏のレストランで早めの昼食に。

うどんを注文し、呼び出しブザーを受け取る。

すぐにブザーが鳴ったので受け取りに行き、ブザーを厨房の人に手渡すと・・・




バチッという音とともに衝撃が!

これが昔松田聖子が言ってた「ビビビときた♡」ってヤツか( ゚Д゚)

そうか、この兄さんが運命の人だったのか(#^^#)

自分でも対象が男性だとは気がつかなかった。

だから女性にモテなかったんだな・・・




なんてことはなく、単なる静電気の強烈なヤツ(笑)!

静電気のおかげか、2本目はかなりいい感じに戻った!

たら、ればを言ったらキリがないけど、コースが混雑していなければ、タイヤが新しければ

ベスト更新できたかも。

もっとも塾ちょーに言わせれば、まだまだ全然ぬるいドライビングだそうで(^^;)


Posted at 2017/01/01 23:48:00 | コメント(3) | トラックバック(0) | クルマ
2016年12月19日 イイね!

なかなか走れない鈴鹿、前回、前々回と生乾きの路面続き。

ようやくめぐってきたドライ走行のチャンス!

が、先週の木曜に突然、腰痛発症・・・

完治までいかずともドライビングできるくらいまでは復活(^^)v

身体だけは頑丈で良かった。

貧乏人、医者いらずとも言う?

世間は師走で忙しいから鈴鹿ももしかしたら空いているのでは?と淡い期待を抱いて

6時前に出発。

この時期にしてはさほど寒くないけど、6時頃はまだ真っ暗。





6時半頃になると明るくなってきた。

やはり冬なんだなあ。





前日にエンジンオイルを交換、とあるセンセイからアドバイスもいただき準備はOK。

あとは少しでもレベルアップした走行ができるか。

相変わらずの四日市渋滞を抜けながら本日の課題を2~3考える。

何も考えずに行くとあっという間に終わっちゃうんで。

鈴鹿に到着するとそこそこの台数で空きピット無し。

空いてるかも、なんてのは甘い考えだったようで(^^;)

1台止めのピットを探し声をかけさせていただいたところ、青インプの方が快く

応じていただけたので後ろにお邪魔させていただく。

さあ走行準備と思い、右フロントホイルを見ると内側に液体!





ウソぉ! またドラシャブーツか?

よく見るとグリスっぽくない。

頭を突っ込んでブーツを見ても破れてない。

道路上の水たまりか何かを踏んだのかな、なんて都合のいいように考えてみたけど、

どうにも腑に落ちない。

何度か見ているうちにどうやらブレーキフルードじゃないかという結論に。

確認したいけど、キャリパーがしっかり見える位置まで頭が入らない(笑)し、

照明が暗くてよく見えない。

可能な範囲でキャリパーを見るとやはり濡れている!

そんなに漏れてないし1ヒートぐらいなら大丈夫だろうと脳天気ぶりを発揮し準備し続ける中、

ふと1コーナーでペダルが奥に行ったら・・・と頭によぎった途端、やっぱりヤベエ( ゚Д゚)

さすがに致命的なことになりかねないんで撤収することに。

せっかく鈴鹿まできたのになんてこったい・・・

鈴鹿に関してはホント、今年はツイてない。

今年は走るな! 大人しくしてろ!ってことなのかな?

ゴミ箱のペットボトルを拝借(#^.^#)、ホイルに水をかける。





ちょうどブリーフィングが終了した頃だったんで、何人かに何やってるの?という目で見られる(笑)

水洗いしたらそそくさと退散。

帰りはブレーキの警告灯が点かないか気にしながら、ブレーキをあまり踏まないよう慎重に運転。

鈴鹿の神様は年内に走るチャンスくれるのかな?
Posted at 2016/12/19 16:49:44 | コメント(5) | トラックバック(0) | クルマ
2016年11月15日 イイね!

今さらジロー感はありますが、先月15日(11月)に行った鈴鹿について少々。

前回に続いて今回も雨上がり。





救いなのは前回よりも早く雨が上がったこと。

冬が深まるにつれ、どんどん日の出が遅くなってきてる。

6時台ではまだ薄暗い。

おまけに寒いし。




鈴鹿に着いてみると、やはり路面は生乾きで黒い部分が残ってる。

雨上がりということに加えて当日はCCBHの2枠しかなかったせいか、

走行台数が少なめだった(^^)v

走り始めるとやはり生乾きの路面が気になる。

ビビリながらもペースを徐々に上げる。

ブレーキのジャダーもステアを真っすぐにしてる分には気にならないレベルで収まってる。

車の動きも落ち着いてるし、それなら踏んでいけるだろ!となるはずだけど、ビビリが邪魔をする(笑)

それでも前回よりはタイムがいいし、徐々にタイムアップしてきたことに気をよくしてシャカリキに走る!

油温もさほど高くないのもあってろくにクールも取らず走り続けてると、ダンロップやスプーンの立

ち上がりでほんの一瞬エンジンがついてこず、失火したか?と思う時があった。

何せご老体なのでそんなことは珍しくないわいとあまり気にせず走り続け、終盤のスプーン。

立ち上がりでアクセルを開けるも、またもやエンジン不在。





音が消えてるのが分かりますかね?

これはおかしい!とアクセルを戻し、メーターをのぞき込むと・・・



うそぉ!? ガスがねぇ~! 燃料計の針がE近くに下がってる!

驚いたと同時にエンジンブローしなくて良かったと冷や汗。

タイミングよく?ちょうどその周でチェッカー。

クールダウンしながら横Gのかからないところで改めて燃料計を見ると、やはり半分を切ってる。

今まで1ヒートもたなかったことなんてなかったのに。

ほぼ、まるまる1ヒート踏みっぱなしだったことも大きいだろうけど、燃費も落ちたのかも。
Posted at 2016/12/04 03:12:00 | コメント(2) | トラックバック(0) | クルマ
2016年10月26日 イイね!

「久しぶりの」というより、ウサギどころか「やっと亀」の方が正解かも。

ドラシャのブーツ破れやらイグニッションコイルのトラブルやらを乗り越え、ようやく来たタイミング。

が、前日は雨。

鈴鹿を走れるならウェットでも何でもいいや!と思いつつ、予報では当日晴れ(^^)b

鈴鹿は水はけがいいから大丈夫なんではと甘い期待をしつつ鈴鹿に向かう。

週の真ん中だしウェットなら空いているかもしれない。

道中の路面はさすがにウェット。

到着してもやはりウェット(笑)

それより、ピットの半分くらいがGAZOO RACINGの占有とやらで少なくなっている上に

満員御礼!

やむなく野天作業



それにしても好天過ぎて暑いぐらい。

コースインすると路面はハーフウェットぐらいか。

ウォーミングアップでグリップを探ってみるとけっこう滑りそう。

と思っていたら、早々にデグ1~2間で86がクラッシュしてた!

オイオイ、ウォーミングアップぐらい慎重にいこうぜ。

イン巻きスピンしたらしく、右側のガードレールにリアからイッたようだ。

けっこうなダメージ・・・

やっぱ鈴鹿は怖ぇ。

この影響でいきなり赤旗、10数分待機。

改めてスタート。

路面はまだ乾いてないし、タイヤもほどよく古い(笑)ので慎重に。

ブレーキを踏むと以前からあったブレーキのジャダーが今日も絶好調(^^;)





ハンドルが取られるほど。

そうこうしていると台数が多く、何台か追いつく。

ジャダーが気になるしタイヤのグリップもあやしいもんだから、もたもたして抜きあぐねていると

直管?かと思われる爆音86にかわされた。

ライトウェイトらしく、S字~逆バンあたりはスイスイと走っていく。

ちょこざいな!

こうなりゃ手っ取り早くパワー勝負、裏ストレートでアクセルオン!





は、速いじゃないの!

ぬ、抜けね~(#^^#)

「AE」の86でっせ(笑)

ブレーキの方は熱が入ってきたら、ハンドルをまっすぐにしている分には何とかなるレベルになってきた。

直線でブレーキングを終わらせればいいし、そういうもんだと分かっていればどうにか対処できる。

徐々にドライバーのサビが落ち、路面も乾いてきたこともあってタイムアップし始めたところで終了。

これでブレーキの問題がなければ手放しで楽しいんだけどな。

ローターを交換すればいいんだろうけど、フトコロも寂しいのでしばらくはガマンだな(^^;)
Posted at 2016/10/31 02:53:39 | コメント(3) | トラックバック(0) | クルマ
2016年10月15日 イイね!

諸々のメンテが終わり、我が愛車の膿も出きっただろうからいいかげん走らないとイカン。

天気も良さそうなんで本日決行。

思い付きで行くのはいつもの西浦。

朝イチ目指して出発すると、寒いじゃないの!



道路脇の温度計では12℃!

そりゃ寒いわけだ。

つい先日まで30℃超えだったのに。

朝イチ枠のけっこうギリに着いたので慌てて準備していると、右前のマッドガードのネジが1本

緩んでいた。

これが後の伏線だったのかも。

4本ともエアが少なかったので補充している際、右前のホイルの内側がかすかに湿っているのに気が付いた。

何かの汚れだろうとあまり気にせず準備を進める。

そう言えば逆走はどうなった?

走行前にコースを見ると、現行の最終コーナーに向かって簡易の看板が立っている。

100m



50m



ヘアピンのところには電光掲示板



現行のピットロード入口には信号



これはもう始まっているのか!とスタッフに聞いたら年末か年始頃とのこと。

残念(^_^;)

もっとも今回は自分と車の様子見だから通常で良かったけど。

走行が始まってみるとやはりドライバーが錆びてる(T_T)

操作がチグハグでパチっと決まらない。

定期的に走ってないとダメなんだなと思い知らされる。

操作が決まらないのはドラだけでなく車側にも原因があって、ブレーキにジャダーが出る。

気持ちいいドライビングには人車一体でなくては。

とりあえずドラのサビを落とそうとシコシコ走ってると、タイヤがタレたらしくリアがズルズルに。

タレる以前にタイヤも古いしねぇ(笑)

ジャダーの方はブレーキの当りが付いた(ローターを削った?)みたいでかなり減ったからヨシとする。

そんな状況なんで、タイムとしては決して速くないながらもここ最近では一番マシ(#^.^#)

少々モヤモヤしながら(笑)撤収作業してると、右フロントホイルの内側の汚れがひどくなってるような。

先日交換したばかりとはいえ、これはもしやとのぞき込むと・・・



マジか( ゚Д゚)!

またブーツ破れ!

前回はドラシャ内側、今回は外側。

鈴鹿でなくて良かったと言えなくもないけど、それにしてもこうまで続くかねぇ。

負の連鎖は終わってなかったようで。
Posted at 2016/10/16 01:39:18 | コメント(1) | トラックバック(0) | クルマ
プロフィール
「明けましておめでとうございます!やはりいらしてたんですね!一瞬、お見かけした気がしましたので。」
何シテル?   01/02 17:27
車好きが高じてサーキット走行にハマった頑固者ドライバーです。
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/1 >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
ファン
2 人のファンがいます
愛車一覧
日産 スカイライン GT-R BNR32 日産 スカイライン GT-R BNR32
平成元年という初期型中の初期型。 購入時は6万kmだったが、今や40万km目前!(27年 ...
ドゥカティ 996 ドゥカティ 996
赤い彗星と呼ばれたい!けど… 呼ばれないだろうなf(^^;) せいぜい郵便カブぐらい ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.