• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

おだちんのブログ一覧

2011年09月30日 イイね!

それはそれは美しかったのですPart26(文化財って凄い!)

それはそれは美しかったのですPart26(文化財って凄い!)皆さんこんばんは。

9月ももう今日でおしまい。私にとってはあっという間の一月でしたが、皆様におかれましてはいかがでしたでしょうか?

さて今日は、我が郷土「佐世保」の凄いことを書きたいと思います。






実は、このたび


我が郷土「佐世保市」の「黒島」が、なんと





今月21日、









島ごと
文化財になっちゃいました!


黒島は、佐世保市街地(九州本土側)から西へ約12㎞の海上にあって、西海国立公園「九十九島」の一番外側に位置し、広さ約4.6k㎡と九十九島の中では最大の島です。


人口は約580人、主な産業は漁業と農業。
島には8つの集落があり、8割の人々がカトリック信者。
その島がまるごと全部「国の重要文化的景観」という文化財になったのです。

もともと島内にある「黒島天主堂」が国重要文化財(建造物)だったので、この島が歴史ある信仰の島であることは昔から有名な話ではあったのですが、人々が住む集落や田畑・海岸まで含めて全部が文化財指定されるということは、どれだけ凄いことか・・・

この島は「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」の構成資産候補にもなっており、佐世保市をはじめ県・国をあげて島を保全していこうという動きが高まっているのです。

全国で国宝と言われる文化財建造物は1082件、特別史跡と言われる場所が60カ所という中で、重要文化的景観は全国でも29カ所しかありません。

そのひとつに我が郷土「佐世保の黒島」が選ばれたことを、とても誇らしく思います。


その特徴的な景観を少しだけ紹介しますと




島の南西側の「蕨(わらべ)」集落の景色 

断崖の上に立つ住居は南側(海側)を防風林に守られ、その住居よりも上に畑地を開いています。

これは江戸時代にキリスト教弾圧を逃れて島に渡った人々が、断崖を上り、台地状になったところに居を構え、そこから上へ上へと少しずつ開墾していったことを物語る風景です。
こういう集落の形成をしていますので、家一軒一軒は密集することなく離れていて、海側から島を眺めても、建物や畑は全く見えません。




海から見た黒島
 




その防風林のアコウ

南側の集落の住居には、必ずといっていいほど南方系植物「アコウ」が植えられ、敷地の石垣を抱え込むように成長しています。
アコウは横に広がる性質があり、家の南側に植えるこいとによって、夏の強い陽射しや台風の猛烈な風雨を防ぐ役割があります。




防風林に囲まれた家屋  






根谷(ねや)集落の畑地
 
斜面地をそのまま耕し、自然地形に逆らわない農法が今も生きています。






そして島民の信仰が支えてきた「黒島天主堂」
 




 




 
おじちゃん、おばちゃんがほとんど
高齢化率50%超の過疎の島でもありますが、皆さん素朴な方々で、カメラを向けると真顔になるものの、あいさつするとニッコリ笑ってくださいます




さて、そのような黒島でありますが・・

その文化財選定を記念して
明日、佐世保市内で ↓のように
シンポジウムが行われます。

 

お時間があられる方はぜひご来場ください。

ささやかなプレゼントもあるそうです。

この黒島、私が愛してやまない島です。
古くは海賊の島と言い伝えられ、そして弾圧を逃れた潜伏キリシタンの島であり・・
なにげない風景のようですが、実際にいってみると




ざわわ ざわわ といつも風に揺れる草木の音が絶えない

そして滅多に人に会うことができない
皆さんひっそりと農作業をして、
夜の漁に向けて休んで・・・

ただそれだけで
本当になにげない・・・

でも、なにかふしぎな気持ちにさせる風景なんです。
それが「文化的景観」として保護されることに

この島が、いつまでも素朴にそして美しくあり続けることを祈ります。
Posted at 2011/09/30 21:10:33 | コメント(8) | トラックバック(0) | 美しモノ | 日記
2011年09月25日 イイね!

遠出したかった9月三連休( ´・ω・)y━。

皆さまこんばんわ。

9月に2回ある三連休の後半戦も残りあとわずかになってます。
お休みの方も、お仕事の方も、まぁシルバーウィークという言葉には少なからず行楽シーズンをご想像になられることと思いますが・・・





私、この三連休は、




ほぼ自宅防衛隊状態でありました!
(汗)


お仕事はしっかり3日間ともお休みをいただけたのですが、どうにも身体がダルくて、オフ会の情報もありつつも「どこに行こう」という気持ちが、とうとう最後まで湧かなかったのであります。

とはいえ、何もしなかったワケではなくって、この間のトンガラシに引き続き、ネギ植えてみたり、雑草引っこ抜いてみたり・・・


そして思いだしたようにやってるのが、画像整理。
三連休の前半にも、いろいろあったのに、忙しくってUPできなかった「みんカラ」情報などを整理していたのでありました。


まずはじめは、先週の日曜日に食した「まゆみ肉屋のおいちゃんの揚げサンド」





佐世保では超有名なB級グルメ



次は、みんトモさんとプチオフ(9月17日)

KAZUさん、ウージーさん、あつしさん、雨の中ありがとウサギ


そのときにKAZUさんからいただいたカウンタック

缶コーヒーのおまけとは思えぬクオリティ KAZUさんありがとうなぎ!





その次は、
スピーカー交換して失敗したの図(9月18日)
詳細はぜひ↑の写真をクリックしてね!


そして失意の中、見舞いに来てくれたokaharuさんとオーディオ弄り
なんでも、ワンセグを入れられたそうな・・・私も欲しいワンセグ




昨日の夜はたこやきパーティ♪


エイリアンの卵か?(笑)  エイリアンもとい たこ焼きマニアにはたまらない風景






う~ん・・・

思い返してみてもやっぱり
見事に連休らしくない内容ばかりだ・・・





しかぁし!



この三連休、唯一私が外出した行き先







それが

















あの「けいおん!」で有名な
九州桜が丘高等学校
(嘘爆)体育祭



愛娘(人間)の高校生活最後の体育祭です。





観に行きました。

見事に女の子がいっぱいですヽ(*´∀`)ノ




どうか、↓のフォトギャラをクリックしてやってください!

桜が丘高等学校体育祭 女子高生てんこ盛編



あ~ぁ
結局、な~んにもなかった
三連休でした。



でも・・





ま、平和が一番!  
ですよね?orz
Posted at 2011/09/25 16:22:39 | コメント(12) | トラックバック(0) | 日記
2011年09月21日 イイね!

もっと加速がほしかぁ おっさん

もっと加速がほしかぁ おっさん久しぶりに日本昔ばなしシリーズを(汗)

愛娘(車)の復活記念物語です(爆)
(なお、この物語のベースは、まんが日本昔ばなし「あんころもちこぞう」です。乞うご期待!)





むかぁし むかし、ハンバーガーで有名な「させぼ」という変な名前の村に、たいそうおかしなおっさんがおった。





そのおっさんは、いっつもトランクスパンツ一丁の姿で、庭先に出ては、ニヤニヤにやけて煙草を吸いながら、愛馬「レガシィ」を眺めては
 

「もっと加速が欲しかぁ」
とそればっかり言っておった。




そのおっさんには「ベラ」という「おっかぁ」がおった。

卑弥呼さまぁぁぁぁ!


おっかぁは、おっさんが愛馬の加速をねだるそのたびに、


「しかたなかなぁ ちょっとだけじゃぞ」

そういって、矢府奥神社へ行く駄賃を渡しておったぁ。


おっさんは、そのたびに旨そうなパーツを物色しては愛馬に食わせて「もっと加速良くなれよぉ」とニヤけておった。





そんなある日、愛馬があっけなく病に伏せってしまった。
 

素晴らしい末脚の切れ(ツインターボ)だった愛馬は、息も絶え絶えじゃった。


「もっと加速の欲しかぁ」
「おっかぁ、オラの愛馬が病気なんじゃあ、なんとか助けてやってくれよぉ」



おっさんは、おっかあに何度も何度も懇願したのじゃった。


でも、厳しい年貢の取り立てに耐えかね、おっかぁはもうまるで死んでしまったかのように、おっさんの言うことには反応せず何も言ってはくれなかった。おっさんの家には、もう矢府奥神社へお参りするお金もなくなっておったのじゃ。

 




「もっと加速が欲しかぁ」
 


「もっと加速が欲しかぁ」



おっさんは、泣きながら遠くは「みんカラ村」まで徘徊しながら、愛馬の病を治す方法を訪ね回ったが、最初のうちは皆、おっさんが不憫にみえて、なにか知恵はないものかと助言をしていたのじゃが、あまりにしつこく言い続けるため、とうとう、終いには「させぼ村」にひとつしかない「D」まで相手にせんようになった。









そんなある日、



みんカラ村を徘徊しているおっさんの前に、ふと同じ思いをしている
「クロイチ」様という殿様の一行が現れた。


クロイチ様も、おっさんと同じく、たいそう馬が好きで、
おっさんの「もっと加速がほしかぁ」という声を聴いて、ふと立ち止まり、

「ワシの愛馬は加速良くなったぞぉ!」


「末脚が悪くなったとき(セカンダリータービンが利かなくなったとき)は、まずは金玉の移植じゃぁ」
(金玉とはレガシィで最も敏感・繊細かつ泣きどころエアフロセンサーのこと)

「新しい金玉に換えるとビンビンになってイイゾ!」

 
「金玉じゃぁ」
「金玉じゃぁ」
 と言っておった。


あ・・・金玉って、本物はこんな形して、エアクリの先にあります。  
 






それを聞いたおっさん。



「金玉がイイって?」


「金玉なら、オラの馬は前におっかぁに頼んで一度新しいのに移植してもらったけど、この病も金玉が悪いんじゃろうかぁ」


おっさんは、村のお医者様「D」に急いで向かい、その殿様の話をして、他の馬から金玉を借りて愛馬にくっつけてみたが・・・



やっぱり愛馬は治らんかった。





やっぱダメかぁ・・ 

 
おっさんは、そう諦めかけておった。
 
そこでおっさんは、不治の病にかかった愛馬に、最後くらいは愛情を注いでやろうと、体中を徹底的に洗ってやった。



毛並みを揃えてやったり
 
ブリスでピカピカに磨きました。


鼻くそ掃除をしてやったり

エアクリを交換しました。








そして、先日移植してもダメだった金玉もやさしく撫でてやった。


そう、まるで高級ソ●プ嬢のようにやさしく・・・


すると・・








愛馬は、今までの病がちょっとだけ快方に向かった。









これはもしや・・・

そこで、おっさんは先ほどやさしく撫でてやった金玉を、今度は、


ぼったくりの●国エステ並みに激しく洗ってやると・・














今度は金玉は
見事に不能状態になってしまった。
(あぁ もうバイ●グラも効かん 涙)

そりゃそうじゃ、金玉は「ふっ」と息を吹きかけるだけで敏感に反応する繊細なトコロ。そんなゴシゴシされちゃあ、気も狂うってもんじゃ。



しかし
おっさんはそのとき悟ったのじゃ。


そう、愛馬はやっぱり敏感な感覚器官「金玉」が麻痺しておったんじゃ。
Dさんで仮に移植してもらった他の馬の金玉も、きっと同じ病に冒されておったんじゃ!


そこでおっさんは、ずっと無視しておったおっかあに向かって
 


「なぁおっかぁ・・
 馬の治療にオカネがかかるんじゃあ。」
 
「なあおっかあ、
 もう一度、もう一度だけオラにお駄賃をくれぇ」




すると、

 

ずっと天国でおっさんを見守っていた観音さまのごとく、おっかぁは黙ってお駄賃をくれたんじゃ。


おっさんは、そのお駄賃をもって急いで町医者(D)にお願いし、新しい金玉を用意してもらうことにした。



その結果・・・

















おぉぉぉぉ!


マ●王も不要!完全復活 みなぎるパワー


おっさんの愛馬は、
見事に死の淵から蘇ったのだったぁ。



おっさんは、愛馬の素晴らしい末脚の切れを堪能したとともに、お殿様(クロイチ様)の言いつけを守った褒美に「みんトモ」の称号まで賜り、

 




その後は、元気な愛馬に再び「もっと加速が欲しかぁ」と嘆くことなく、一生幸せにくらしたそうな・・・
 

でめたしでめたし

(お話の解説)
 このお話は、どんなに愚かな者でも、一途に生き続ければ、きっと幸せになれるということを、子どもたちに分かり易く諭すため平易に表した教訓物語です。


この話のベースとなった
オリジナルの「あんころもちこぞう」は↓をクリックしてね!



皆さま、我が愛娘(車)の不調を、長らくご心配くださりありがとうございました。
おかげをもちまして、原因がエアフロの不良と分かり、交換した途端に完治しました。
いろいろ遠回りもしましたが、愛娘(車)は元気にいたしております。
たくさんのお見舞いの言葉をいただき、誠にありがとうございました!
Posted at 2011/09/21 00:17:20 | コメント(32) | トラックバック(0) | 日本昔ばなし | 日記
2011年09月17日 イイね!

少し長い話ですが、真面目な話。

さて、世間では明日(もう今日)から三連休という方が多いと思いますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか?
残念ながら おだちんは、日月曜日と仕事でございまする(泣)
三連休の方におかれましては、どうか私の分までお楽しみくださいね(爆)
遠出をされる方は、どうか道中ご安全に♪

さて、少し長くなりますが
本日は私の失敗話を

それは自分の「常識」が外で通用するとは限らないということ

私ね、もう45歳なんです。
まぁ一応家庭もあって、ある程度社会的な立場ももって生きています。
で、45年生きてきたなかで、ある一定の知識と経験は蓄積してきましたし、「常識」とは「自分の行動は道理からはずれていないか?」と考えるときに用いるものであるし、またそれを考えて導き出た答えが「常識」である場合もあると思っていました。

ところがですね、このサイトに参加させていただいて気づいたことがあるんですよ。
それが「自分の常識が外で通用するとは限らない」「自分で常識と思っていたことが、意外と非常識だったりすることがある」ということ。
まあ、そのようなことは頭では理解していたつもりではありますが、このページで「実際に失敗したことで再認識した」といったところでしょうか。

私ね、このサイトで結構「毒を吐く」ことがあります。
このページを始めたとき、『たくさんの人の目に触れる可能性もある場ですから、「政治」「宗教」「思想」に関することは、できるだけ触れないように』と思っていたのですが。
「みんトモ」と言われる友達がだんだん増えるにつれ、なんとなくですが「ここでは、おだちんの『人となり』ってだいたい皆さん分ってるんじゃないかな?」と思うようになり、本音の部分、特に世の中への不満の部分を出すようにいつのまにかなってたんですね。

いやいや いろんなこと書きましたね。
①現政権(正確には政党ではなくその実対応)への不満
②マスコミへの不満
③反日感情への不満
④モラル・道徳への不満
⑤日本の伝統継承への不満   などなど

でね、ここからが本題。
私がこれらを書いたとき、誤認して失敗したのが「私が思っていることが大多数の意見だろう」と思いこんで書いたこと。
私がブログをUPするときの気持ちは「みんなが同じ気持ち」とは思わなかったけど「まぁ、私の意見に共感してくれる人の方が多いんじゃないかな?」という感じ。

で、そこで問題
私のブログを読んでくださる方にはいろんな方がいらっしゃる訳で、普段コメントを入れてくださる方々は、確かに私の考え方に「共感くださる」または「共感はしないけど言いたいことは分かる」という方々。
でも、このブログって、みんトモさん以外の方々も読んでくださっている訳で、その中にはそれこそいろんな思想・考えの方々がいらっしゃって、私の意見と真逆のお考えもある訳です。

ネットってとても大きな情報発信の場で、その情報元には様々な人種・宗教・思想の方々が集まります。
そして、SNSではそこに何かを発信した場合、多くはその発信情報に共感を覚えた方で結束していきます。逆にいえば、その発信情報に共感しない人は不快に思ってその情報を無視するか極端な場合は攻撃をし、決して「友達(ここでは みんトモ)」関係にはなってくれません。

つまり、私はこれまでこの場に様々な情報を出してきましたが、そこでその反応をみて「みんな共感してくれてる」と思っていてはいけない訳で、ましてやその皆さんの共感コメントをもって「それが世論で常識だ」と勘違いしてはならないのです。

それに気づいたのが最近の私のページのPVレポートを見て
普段あまり気にしないようにはしてるんですが、やっぱり「どのくらいの人が見てくれてるんだろう」とは気になります。
で、ある日を堺にして、このPVが激減していっちゃったんですね。
私の場合、普段はだいたい毎月1.5~2万PVくらい。一日平均すれば5、600PVくらいでしょうか。
それが、現在はUP当日でも500くらいでそれ以外の日は200くらいにまで落ち込んでいます。

この現象は、実は8月9日のブログ「この国の原爆考」に端を発しているように想像します。
このとき、私は「いろんな考えがある問題だけど自分の主張はしていきたい。それで干されても構わない」と、そういう気持ちでUPしました。
で、その結果がPVとなって表れたと思うのであります。

先ほど「ネットってとても大きな情報発信の場」と申し上げましたが、実際には私のブログを読んでくださるのは、ほんのごく一握りの方だけであり、とてもじゃないけど「私の意見を世に広めたい」とかいうことになるものではありません。(そこはちゃんと分ってますよ 笑)
でも、そのごくほんの一握りの「おだちんのページを覗いてくださった方」の中でさえ、いろんな考えの方々がいらっしゃるということを、再認識したのであります。

そうであれば、私がココでこれから注意しなければならないこと
それは
「読んでくださる方に諂って」という考えは特にありませんが、少なくとも「読む方々の気持ちを害することはしちゃいけない」ワケで、
それはごくごく当たり前のことでありながら、でも発信した先にいる方々の顔が見えないものだから、つい「自分のところにこんなに集まって共感してくださるのだから、私の意見は正論・常識的である」と誤認をしてはいけないのであります。
これはやはり注意せねばならんな・・・とつくづく思った私です。

当たり前のことではあるものの、その「常識」の範囲というものは、案外難しいものであることを再認識したところです。
う~ん、45歳にして、若い方々から学ぶことはまだまだたくさんあるのですね。

独り言のように長々と打ち込んでしまいましたが、最後までお読みくださった方におかれましては・・









感謝の極み
Posted at 2011/09/17 01:26:00 | コメント(25) | トラックバック(0) | 日記
2011年09月13日 イイね!

あぁ ちょっとだけ救われた(・ω・`)

最近、良いニュースってなかなかありませんね。
震災、原発、台風災害etc
なでしこジャパンの五輪出場決定は嬉しかったけど・・・


でもね・・・
決して良いニュースじゃないんだけど、少しだけ救われた記事がありましたのでご紹介します。

記者はなぜそんなに偉いのか 大臣辞任会見「ヤクザ質問」の一部始終(J-CASTニュース)
(↑をクリックしたらそのニュース記事に飛びます)


最近のマスコミ、記者の横暴って目に余りますよ。
マスコミを敵に回したら、ほぼ間違いなく「もう生きていけない」ってくらい叩かれる。
マスコミ自身の不祥事だと、ちょこっと番組冒頭にアナウンサーに謝らせるだけなのに。
今の報道って、言葉尻を捉えて、なにか失言があったら「鬼の首をとったように」叩きまくる。

確かに言ってはいけないことってあります。公人や企業の責任者ならなおのこと。

でもね、その言葉の端っこだけを捉えて、すべてを否定するようなことって、あまりに怖いです。
今の世の中、そのようなマスコミの風潮にのって、すべてがそんな感じになってます。

マスコミがそんなに偉いなら、マスコミ自身は絶対の間違いのない「正しい情報」だけをしっかり出してみてほしい。
マスコミがそんなに正義なら、マスコミ内部じゃなくて万人が認める正義を貫いてほしい。
マスコミが人を裁くようなことができるなら、マスコミ自身の過ちもしっかり裁いてほしい。

マスコミに、その局の主観なんていらない(特に報道ニュース)
マスコミに、世論を左右するような操作なんかいらない。

これは私の持論。
そして、この記事は、わたしの持論をしっかり代弁してくれたもの。
それがマスコミ自身から投げられたことに、私はちょっとだけ救われた感じ。



次はね・・・

もう、悲しくて情けなくて仕方なかったニュース??で救われたこと

増谷キートンが韓国で浅田真央のモノマネを披露し「大爆笑」=韓国(サーチナ
>(↑をクリックしたらそのニュース記事に飛びます)


この記事にある話、あまりに酷くないですか?
日本人が外国で、日本人の誇りを辱めて笑いをとった・・・
あまりにも情けない話。

でも、その芸人さん本人のHPに行ってみたら・・・

大炎上してた。
(↑をクリックするとそのHPに飛びます)

炎上させる行為には賛否両論あるけれど、
私と同じ気持ちで、「頑張っている浅田選手を辱めるなんて許せない」「人を辱める行為は芸じゃないし笑えない」という方が大多数。

瞬間湯沸かし器的な反応に怖さはあるけれど、「人として」ということを、たくさんの人がきちんと考え大事にしていることにとても救われました。




今の政治や若者に対して悲観的なことばかり吐いてるおだちんですが、
やっぱり日本って、他者を慮ることができる美しい国なんだって、すこし嬉しくなりました。


みんなで
がんばろう日本
 ですばい
Posted at 2011/09/13 22:32:35 | コメント(12) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「我がまちニュース(^_^)/ http://cvw.jp/b/682641/40729433/
何シテル?   11/18 21:49
おだちんです。よろしくお願いします。 平成13年式レガシィBH5D海苔です。 10万キロを超え「弄る」が「維持る」に変わってきています。 愛娘(車)と釣り...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2011/9 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

車の写真を撮るときに気をつけていること。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/10/07 19:48:23
純正 McIntosh オーディオの進化!(裏ワザ集♪) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/03/08 01:03:51
シフトノブ、ブーツの取り外し 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/02/28 00:18:43

お友達

最近レガシィネタが欠乏しておりますが、スバリストの皆様からご教示いただいてまりたいと存じます。
ただ、当方は相当に内気ゆえに滅多にお誘いをいたしません。ぜひ、お声掛けをいただければ幸いです。 
あ・・スバリスト以外の方も大歓迎です。
ヽ(´▽`)ノ♪
208 人のお友達がいます
あっき→♪あっき→♪ * レガッテムレガッテム *
ひろおやじひろおやじ * メガg将軍メガg将軍 *
HIRO@GE8HIRO@GE8 * neutoxinneutoxin *

ファン

68 人のファンがいます

愛車一覧

スバル レガシィツーリングワゴン どめら~ずⅢ (スバル レガシィツーリングワゴン)
平成13年6月に新車購入し、所帯持ちということもあって5年はおとなしくしていましたが、そ ...
ホンダ スーパーカブ 90 カスタム カブくん (ホンダ スーパーカブ 90 カスタム)
ながらく画像編集用の倉庫として使っていましたが、ついに通勤快足「スーパーカブ90カスタム ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.