• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2012年08月18日

ようこそデジタル暗室の世界へ!

写真をRAWで撮ってくる意味合いは大きい。そもそもRAWとは「生の~」という意味で、料理で言えばまだ何も調理されていない生鮮食材のようなもの。予めRAWで撮っておけば、後でこれを煮るなり焼くなり自由ということになる。なぜカメラ任せではなく自分で調理してやる必要があるのか…

当たり前の話だが、人間の目で見た景色と、レンズを通してカメラが認識した景色との間には少なからずギャップが生まれる。例えばそのうちの1つに「色」がある。人間とカメラ、同じものを目の前にしても互いに認識した色には誤差があって、これはどちらが正しく現実を認識したかは一概には言い切れない。なぜなら人間は無意識のうちに都合の良いように頭の中でホワイトバランスを調整して景色を見ているから。言い換えれば、ある意味、カメラは現実を正確に記録している一方、人間には人間が感じた色を正しい色として認識をするから、やはり人間が見た景色もまた正しいのだろう。いずれにしても、つまるところカメラ任せの設定ではほぼ現実とのミスマッチが出てくるというわけ。

そこでRAWの出番となる。あまりカメラをいじらない人に言わせれば、RAWからの現像作業を「画像修正」というかもしれない。ただ、今はこれを格好つけて「補正」と呼ぶことにしよう。補正作業が必要になる理由は、第一にはカメラが正しく認識した色(実際には色以外にもあるのだが)を、実際に人間が感じた色に近づけてやる必要があるから。

下の2枚の画像を見比べてほしい。





どちらも同じホワイトバランスを選択してはいるものの、上の写真はカメラが自動的にJPEGで保存した画像。つまりカメラ任せ。
そして下の写真はRAWから出したデータを補正した画像。言い換えるなら、自分が見た現場はこんな印象だったと思い出して、それに近づけるべく手直した画像。

たぶんどちらの写真も正解なんだろう。けど…青々と茂った草原、どちらがより「真夏の高原の朝」を表現する写真かと言われたら、、、どうでしょう??
まぁこれでは誘導尋問になってしまうのでw、たしかに、上の写真のほうが自然な色合いと感じる見方もあるでしょう。そこで…

補正作業が必要になる理由その2、それはあえて「現実」ではなく「イメージ」を表現するため。写真がいつも正しい景色でなければいけない理由もない。写真はとても自由なもの。例えば見た景色を伝えるために、実際より誇張して表現するのも1つの手段。よくものまねタレントがものまねをするとき、実際の人物の癖を大袈裟にやることで見る人を笑わせたりしてる。ものまねとしてはリアルさに欠けるのに、すごく似ているように感じる。どこまで大袈裟、もしくはもはや現実とは全くかけ離れてしまっていたとしても、それが芸になっていれば見る人を楽しませることができる。これ、補正においても同じこと。

プロカメラマンは「撮る」のがうまい。それが仕事だから。でもそれと同じように「補正」のプロでもある。撮った写真は後で如何様にも編集できるから、実はデジタルのこの時代、「撮る」という行為そのものは単なる写真のベースとなるデータを「採取」しているに過ぎなくて、そのあと家に帰って気が済むまで塗り絵をやっているようなものと考えるのだが…そう思うのは自分だけだろうか?wまぁ露出はともあれ被写界深度など補正が効かない部分もあるから、それこそテキトーに「採取」するわけにもいかないのは言うまでもないけどw

さぁ愛車撮影愛好家の皆さま、「撮る」のは奥が深くて楽しい悩み事の種ではあるけど、「補正」にこだわり始めたら、さらに悩みの世界が広く口を開けて待っていますよ(^^)


あ、このブログを読んで「何を今さら…」と思った方も多いはず!そう感じた方は華麗にスルーして下さいw
ブログ一覧 | 日記
Posted at 2012/08/18 21:17:37

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

ブログ人気記事

スワロストーンデコ(﹡ˆ﹀ˆ﹡)
ポメωリーさん

渋谷でロンドンバスの宝くじラッピン ...
marveric740さん

頭文字D 聖地巡礼 Extra
マツジンさん

角度調整フォグランプ!当選者発表!!
NANIYAさん

祝・みんカラ歴5年!
みゆき.uさん

二条城『アートアクアリウム』
SKY Jsonさん

この記事へのコメント

2012/08/18 22:27:23
こんばんは!

最近はこういう内容のものを見たりきたり読んだ事が多く、写真も何となく停滞気味でもう少し部今日する必要があるので非常に参考となります。

ま~いろいろな角度やこういう補正処理など奥が深く楽しく勉強していきたいです。
コメントへの返答
2012/08/19 05:39:41
最近書店でもレタッチに関する書籍が増えてきてますよね!内容を読むとけっこう緻密な作業を要するものが多いですが、簡単に補正するぐらいならそこまで複雑な手順はいらないと思います。
停滞気味のときこそ、普段やらないことに手を出してみると、またそこから新たな道が見つかる気がします(^^)ま、好きなことは何をやっても楽しいですよね♪勉強しようと思わなくても自然に頭で吸収してしまうのは不思議なものですw
2012/08/18 23:04:37
私もそう思います。
デジタルのいい所は、誰でも手軽に写真の補正が出来るところだと思います。
フィルムでは経験や勘に頼らないとできないことが、画面で確認しながら納得いくまで触れるのはデジタルの強みですね。
私的には補正することは恥ずかしいことではなく、しごく当たり前なことと思います。
慣れると補正を前提に構図を決めれるようになりますよね。
コメントへの返答
2012/08/19 05:51:35
私はフィルム未経験者ですが、たぶん…その場一発で決めないといけないフィルムのほうが現場での緊張感はあるでしょうね!
朝焼け時の色彩など、デジタルなら簡単に補正できることもフィルムではそうはいきませんから、二度と現れないまさにその瞬間の色彩を撮りきらないといけませんから(>_<)しかもそれが現像されてこないとうまく撮れたかは知れないw出来上がるまでもドキドキでしょう!ww
フィルムでは補正ができないので、フィルム派からすれば補正は邪道ということになるかもしれませんが、、、なにしろ時代は移り変わるものですからねw

補正の技術が高まってくると、現場ではそれを考慮に入れた撮影をするようになるんでしょうね〜!「こう撮っておけば、こう補正できるから、こんな写真に仕上がるだろう。じゃ〜こうやって撮っておこう」みたいな?w
2012/08/19 00:29:20
カメラによって画像補正もいろいろありますよね。
ノキアのカメラ携帯とかで撮ると青みのある写真になったりとか。
なにやら、瞳の色が日本人と違うのが要因で、こういうほうが向こうではいいとか?
コメントへの返答
2012/08/19 05:56:04
カメラごとに撮れる写真の風合いはみんな違いますからね!よくカメラ屋さんに行くと比較写真が並んでるぐらいですから!(たまに見分けのつかない写真もありますがw)
自分の持ってるカメラの癖を理解して、それをうまく活用することが、いわゆる「使いこなす」ってことなんでしょうね。まぁそういう意味では私はまだまだ多機能な自分のカメラ、使いこなせてませんorz
2012/08/19 19:28:22
勉強になりました。

いままでコンデジ専門でしたが、最近、中古品の
デジイチを入手して、あれやこれやと弄りまくっ
ています。
デジイチは、非常に難しく奥が深いですね。
コメントへの返答
2012/08/19 20:32:14
一眼は難しくて面白いですよね~!!
でも試行錯誤の結果、満足のいく写真が撮れたらますます面白くなってきますよ(^^)

また撮影的なこと、語ってみたいと思います♪
2012/08/19 23:25:08
「写真がいつも正しい景色でなければいけない理由もない」
全くその通りだと思います!

現実とは異なる表現ができるのもデジタル写真の魅力だと思います。

補正作業も奥が深いですよね~
露出やコントラスト、WBなど、いじくってはいつも悩んでます(笑)
コメントへの返答
2012/08/20 07:44:37
思えばカタログ写真こそ、現実離れした画像ですよねw重しを積載してるし、そもそも合成だし!w

やはり補正の肝はこの3点ですよね!あとはメーカーによって撮影モードの選択があったり、、、私はPENTAXユーザーなので、けっこう「銀残し」モードというのを使ったりしてます♪
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「梅雨の中休みを活かして伊豆スカ行くぞ!!」
何シテル?   07/14 13:43
ゆう♪@VOXYです。フォトがメインですがよろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/12 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

S660 試乗しましたぁ~ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/04/04 23:01:18
グランツーリスモ6 フォトモードのフレア対策 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/01/09 00:50:54
波打ちぎわにクルマをとめて... 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/07/18 00:00:16

ファン

113 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ ヴォクシー トヨタ ヴォクシー
初ミニバン生活スタート!!w
トヨタ オーリス トヨタ オーリス
2台目のオーリスです。RSにしました。
トヨタ オーリス トヨタ オーリス
1つ前に乗っていたオーリスです。 車検のタイミングで現在のオーリスに代替しました。
ホンダ インテグラ ホンダ インテグラ
究極の公道レーサーでした。たぶん後にも先にもこんな車は存在しないだろうな…

過去のブログ

2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる