• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

hatsu_priの愛車 [スバル R1]

リアスピーカー作成③

カテゴリ : オーディオビジュアル > カーオーディオ、ビジュアル > 自作・加工
目的チューニング・カスタム
作業DIY
難易度★★★
作業時間30分以内
作業日 : 2017年09月16日
1
2ヶ月前にリアスピーカーをトランク下に付け暫く使っていたが、聴き心地が良くない。リアのみを使った場合よりもフロントのみ方が良く、結局、純正フロントのみを使っていた。

その理由はスピーカーの位置で、フロントの方が定位が良い。後方からの音はスピーカー間の距離が小さく、高音の干渉が大きいため耳障りに聞こえる。

フロントのみで聴いていると、高音は特に問題がなくクリアに聴こえるが、低音が殆ど無く、あんこのない饅頭のような音に聴こえる。

Wave spectrum というソフトでフロントとリアを比較した。マイク位置は運転席のヘッドレスト。

リアは100Hz付近が大きく盛り上がっており、これはバスレフによって強調されている。フロントは1kHzが盛り上がっている。

フロントとリアを同時に鳴らすと、やはり、リアの高音が邪魔をしていると感じられる。
そこで、リア側の高音をローパスフィルターでカットすることを試した。
2
ローパスフィルターは、RC回路で行う。電子工作はしたことが無いが、ハンダは持っているので適当に作る。

抵抗 1.5Ω (1Ω製品を買ったが実測1.5Ωだった。)
コンデンサ 470μF
クロスオーバーは 226Hzとなる。

スピーカーユニット(P1000K)の効率は8Ωで、ただでさえフロントの4Ωに比べて悪い。そこに、1.5Ωの抵抗が追加されて効率が9.5Ωに下がってしまう。従ってできるだけ小さい抵抗と大きいコンデンサの組み合わせが良い。
3
ローパスフィルターを入れる前と後の比較。LPFを入れることで100Hz以上の音量が下がる。
理論的には1kHzで13dB、10kHzで33dB位下がるが、そこまでは下がっていない。理由は不明だが、耳で聞いて効果は明らかに分かる。
4
リアにLPFを入れた場合、純正ヘッドユニットのFADERをR5にするとバランスが取れる。図は元々のフロントのみの場合との比較。
リアを入れることで100~500Hzあたりが5dBほど強化されている。

暫くこの設定で聴いているが、高音はきちんと前から聴こえる一方で、中低音も強化されて聴こえ、随分良くなった。サブウーファーを入れると更に強化されるが、現状位が上品で良い。もう少しリアの中高音をカットできると更にクリアになるかもしれない。

色々やって思うことは、R1の元々のフロントスピーカーは案外悪くないということと、狭い室内では限度があるということだが、また試行錯誤したい。

イイね!0件




 

入札多数の人気商品!

 

関連整備ピックアップ

キーレス連動格納ミラー

難易度:

シフトノブ、お色直し

難易度:

TECHTOM FCM-2000 F2 修理完了~

難易度:

メンテナンス

難易度:

本日の作業

難易度:

ドアスタビライザー擬き

難易度:

関連リンク

この記事へのコメント

コメントはありません。

プロフィール

「[整備] #R1 リアスピーカー作成③ http://minkara.carview.co.jp/userid/689540/car/2402885/4429570/note.aspx
何シテル?   09/16 22:07
hatsu_priです。よろしくお願いします。 助言などありましたら、気軽にコメしてください!
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

お友達

愛車一覧

トヨタ プリウス トヨタ プリウス
プリウスの記録
スバル R1 スバル R1
2017/5 中古にて購入。 前オーナーは全く手を加えていない状態。ちょこっと手をいれる ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.