• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

はぎっち(o^∀^o)のブログ一覧

2017年08月15日 イイね!

スバルディーラーでの整備ミス

ここ何年かでディーラーでの整備ミスが多発しています。

私のWRXで3回目

ほとんどの場合が、ボルトの付け忘れ、クリップの付け忘れ、オイルフィルターキャップ付け忘れ。
(フォレスターSHの場合はタイミングベルト交換した際のボルト止め忘れ)

今回私が発見したのはエンジンのアンダーカバーボルト&コのじクリップの付け忘れです。

アンダーカバーはボルト3本と、白のコのじクリップ、黒のコのじクリップと6本のクリップ(真ん中を引き出す奴)で止まっておるのですが、

今回エンジンオイル交換する際に、妙にアンダーカバーがグラグラすると思ったら、ボルトが一か所無し

コのじクリップは2か所ともなしでした・・・

因みに前回アンダーカバーを外したのは、6ヵ月点検を受けたディーラーです。


スバルさんオイル交換は自動車整備の初歩ですよ・・・

普通に考えると初歩がまともにできないディーラーに整備をだすことはないので、次回からディーラーを変更する予定です。

私は週に約300キロほど高速に乗るのですが、走行中にアンダーカバーが外れたら・・・・

私か後続車が死亡する可能性がかなり高かったとおもいます。


今日は久しぶりに、冷や汗をかいたのと、スバルのディーラーは改めて信用できないと認識しました。


皆さんもディラーに作業を出した後は自身でのチェックを忘れずにした方が良いですよ。

とくに足回りやエンジン回りとかはね・・・
Posted at 2017/08/15 10:21:02 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2017年08月05日 イイね!

次期型 A45 AMG 海外版AUTO CAR 訳(長文注意)2

次期型 A45 AMG 海外版AUTO CAR 訳(長文注意)2









車高が低すぎるだろ・・・



RS3にしようかな(笑)

でも現行のRS3は納期が未定みたいです。 日本には入って来ているみたいですが、排ガス不正の影響か何かで日本での販売許可が下りないみたいです。
ドイツではA4がECUアップデートしたら排ガス引っかかって3か月販売停止みたい。

私が買う頃にはAudiが日本撤退してたりして・・・(笑)




最新版 海外版AUTO CAR 訳です

前回と同じく
グレッグ・ケーブル さん

2017年8月2日

2019年の道のりで、新しい全輪駆動の5ドアは少なくとも400bhpとそれ自身のユニークなシャシー開発を持っています。それは、それが私たちのギャラリーに描かれている開発車のような超低軌道モードやっているようだ。

下の画像に示すように、公衆に見える最初の次世代A45であるモデルは、その排水口と地面との間にわずか1インチしか座っていません。現在のクルマは、堅い調節可能な設定で有名なので、この開発車は、AMGが将来のモデルでトラック・デー・ドライビングのためにさらに体の平穏を望んでいることを示すことができます。





今日の4歳の376bhpの第1世代のA45は4.2秒で0-62mphの能力があるが、AMGはさらに直線的なパフォーマンスをさらに上げようと計画している。これは、最近アップグレードされたAudi RS3に加えて、BMWが検討しているM2 CSに加えて、メガハッチ競争の脅威を反映したものです。

A45のM133は2.0リットルのガソリンエンジンをターボチャージャーにして、4気筒エンジンの2番目の進化にAMG生産車エンジンの最高出力を与えるために全面的に改良されました。それはリットルあたり200bhp以上を持ち、前任者のリットル当たり189bhpを切り捨てます。

エンジンの変更により、新しいA45はRS3(394bhp)とM2(365bhpを出力)をアウトパッチできるようになります。今回のアップデートは、メルセデスがこれまでに作成した最も強力なシリーズ生産のハッチバックとして、新しいAMGモデルを確立する予定です。



M133ユニットへの変更の基礎は、メルセデスの新しいM260 4気筒エンジンに由来します。これは、現在のAクラスで使用されている古いM270モーターに由来しますが、新しいクランクケースとシリンダーヘッドを備えています。

当初は、再加工されたM133は、従来の排気ガス駆動のツインスクロールターボチャージャーを備えています。しかし、AMGは、48Vの電気システムを使用し、ハイブリッド型のセットアップで電動ターボチャージャーと電動モーターの両方を稼働させる新しいエンジンのより進化した変種も開発しています。

AMGはまた、新たなハッチバックモデルに余分な20ポンドフィートを与えることを望んでいる - 内部者がAutocarに言った動きは、それを少なくとも369ポンドフィートで提供し、0-62mphスプリントの4.0秒マークを割ることを可能にする。

A45のドライブラインの変更は、ギアボックスと多板クラッチの四輪駆動システムにまで及ぶ。両方とも、新しいモデルのより高いトルク負荷を処理するために大幅に再設計されています。

新しいAクラスラインナップをさらに進化させた開発に合わせて、AMGの新しいフラッグシップハッチバックモデルは、新しい9スピードDCT(デュアルクラッチトランスミッション)を採用するとともに、より速く反応する4輪駆動システム前輪と後輪のドライブスプリットに大きなばらつきがあります。さらに、限界に対応したハンドリングの繊細さを追求するためのトルクベクタリング機能も備えています。

新しいA45 は、コードネームのW177である新しいAクラスのラインナップの中で唯一のAMGモデルではありません。AMGは、フォルクスワーゲンゴルフRとフォードフォーカスRSのようなものに挑戦する動きで、今日のA45の後継車の下に位置する第2モデルラインの計画を確認した。

第2のパフォーマンスハッチバックモデルは、AMGの伝統的なモデル指定の1つを採用するように設定されています。A32 4MaticまたはA36 4Maticのいずれかの見通しについての話を聞くと、300bhp以上のM260エンジンを搭載しています。




「A45 4Maticの下に位置するAMGモデルがより軽量化されていることがわかりました」と、AMGのボス・トビアス・モーアス氏はAutocarに語った。「この戦略は、さまざまな「43」モデルが「63」モデルをサポートしているラインナップの上に見られるようなものになるだろう」

新しいA45は、2018年に予定されている第4世代Aクラスの開発に基づいています。このモデルは、今日のBクラス、CLAおよびCLAシューティングブレーキ、GLAの交換を含む、最大8つの新しいコンパクトカーの最初のものです。また、Aクラスサロン(および独自の400bhp A45バリアント)、GLB、および可能な新しい7座席バージョンのGLBがあります。

新しいAクラスは今日の車より10mm長くなり、剛性の大幅な向上をもたらすと主張されている新しい床面積とボディ構造を採用する。これは、新しいライバルをAudi A3とBMW 1シリーズに提供すると主張されています。



新しいA45はまた、大幅に広いフロントトラックを獲得し、バネ下質量を減らすために独自のホイールキャリアを受け取る予定です。それは標準的な18インチの車輪でロールするだろうが、19インチのリムがオプションになります。

最近の上海モーターショーのコンセプトAサルーンで明らかになったように、メルセデスのいわゆる「捕食者の顔」の採用により、A45のスタイリングはまったく新しい方向を向いています。AMGのAffalterbach本部の内部担当者は、お客様からのフィードバックにより、新しいモデルにもっと極端な見せ方を提供するよう促していると言います。

フロントには、新しいLEDグラフィックスを組み込み、フロントウイングに戻ってくる角度のあるヘッドライトだけでなく、大きな冷却ダクトと大きなスプリッタエレメントを備えた深いバンパーを縦に積み重ねたルーバーを収めた、すきまグリルが支配されています。さらに、新しいAMGモデルは、今日のモデルをよりスムーズに見せるために、大きく構成されていない側面を避けています。

この車高で出てきたら、雪道は絶望なので、購入できないなヾ(。>﹏<。)ノ

エアーで車高が上がる奴が付く可能性があればいいんだけどね
Posted at 2017/08/05 12:17:40 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年07月28日 イイね!

1年と半年でボディカバーはボロボロに・・・

1年と半年でボディカバーはボロボロに・・・








さすがに1年と半年でボディカバーはボロボロに(笑)



このボディカバーはS4用なのでカーボンウィングとフロントリップが大きすぎて、お尻がはみ出します
(; ・`д・´)




次回(すでに注文済み)はs4より少し大きいと思われる(お尻が)レヴォーグ用のやつを購入しました。
15500円で・・・



カーボンウィングの角のところは圧着部分が剥がれてきてます(笑)



撥水もほとんどなくなってしまった。

でも汚れ対策はバッチリです(*´罒`*)ニヒヒ
Posted at 2017/07/28 15:34:05 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2017年07月08日 イイね!

次期型 A45 AMG 海外版AUTO CAR 訳(長文注意)

次期型 A45 AMG 海外版AUTO CAR 訳(長文注意)










次期候補車の一台 A45ですが

日本のオートカーでは詳細がかなり省かれているので、


海外版をGoogle先生
に訳してもらいました(笑)


私としては次期型の駆動系が4Maticになるのか4Matic+になるかでAudiRS3とどちらを購入するか悩みどころです(笑)
最終的には試乗ですけどねヽ(*´∇`)ノ
AMGも次期型はかなり力を入れているみたいなのでとても気になる1台です



以下海外版AUTO CAR 訳


2017年6月29日 グレッグ・ケーブル

メルセデス - AMGは、A45 4Maticの新型第2世代モデルを使って、すでに目立つパフォーマンスとダイナミックな能力を向上させます。

会社の内部者による「プレデター」と呼ばれる新しい全輪駆動ハッチは、少なくとも400bhpとそれ自身のユニークなシャシー開発を有する。現在、2019年の打ち上げの準備が整っています。

今日の4歳の376bhpの第1世代のA45は4.2秒で0-62mphの能力がありますが、AMGはまだ芯を上げようと計画しています。それは最近アップグレードされたアウディRS3に加えてBMWによって考慮されているM2 CSを加えたメガハッチ競争の脅威を反映したものです。

A45のM133は、2.0気筒のガソリンエンジンをターボチャージャーにして、4気筒エンジンの2番目の進化にAMG生産車エンジンの最高出力を与えるように包括的に改造されました。それはリットル当たり200bhp以上を持ち、前任者のリットル当たり189bhpを切り捨てる。

エンジンが変更されると、新型A45はRS3とM2をアウトパッチすることができます。今回のアップデートは、メルセデスがこれまでに作成した最も強力なシリーズ生産のハッチバックとして、新しいAMGモデルを確立する予定です。

M133ユニットへの変更の基礎は、メルセデスの新しいM260四気筒エンジンに由来しています。これは、現在のAクラスで使用されている古いM270モーターに由来しますが、新しいクランクケースとシリンダーヘッドを備えています。

当初は、再加工されたM133は、従来の排気ガス駆動のツインスクロールターボチャージャーを備えています。しかし、AMGはまた、48Vの電気システムを使用し、ハイブリッド車のセットアップで電動ターボチャージャーと電動モーターの両方を稼働させる新しいエンジンのより進化した変種を開発しています。

AMGはまた、新たなハッチバックモデルに余分な20ポンドフィートを与えることを望んでいる - インサイダーがオートキャールに言った動きは、少なくとも369ポンドフィートを提供し、0-62mphスプリントの4.0秒のマークを割ることができる。



A45のドライブラインへの変更は、ギアボックスと多板クラッチ4輪駆動システムにまで及んでいます。両方とも、新しいモデルのより高いトルク負荷を処理するために大幅に再設計されています。

新しいAクラスのラインナップをさらに進化させた開発に合わせて、AMGの新しいフラッグシップハッチバックモデルは、新しい9スピードDCT(デュアルクラッチトランスミッション)と、より速い反応の4輪駆動システムフロントホイールとリアホイール間のドライブスプリットのバラツキが大きく、限界に対応したハンドリングの繊細さを追求するためのトルクベクタリング機能を備えています。

新しいA45は、コードネームのW177である新しいAクラスのラインナップの中で唯一のAMGモデルではありません。AMGは、フォルクスワーゲンゴルフRとフォードフォーカスRSのようなものに挑戦する動きで、今日のA45の後継車の下に位置する第2モデルラインの計画を確認した。

第2のパフォーマンスハッチバックモデルはAMGの伝統的なモデル指定の1つを採用するように設定されています。A32 4MaticまたはA36 4Maticのいずれかの見通しについて話していますが、300bhp以上のM260エンジンを搭載し、 。

「A45 4Maticの下位に位置する、より穏やかなAMGモデルの市場を特定した」と、AMGのボス・トビアス・モーアス氏はAutocarに語った。「この戦略は、さまざまな「43」モデルが「63」モデルをサポートしているラインナップの上に見られる戦略と似ているだろう」

新しいA45は、2018年に予定されている第4世代のAクラスの開発に基づいています。このモデルは、今日のBクラス、CLAおよびCLAシューティングブレーキの代替品を含む、 GLAと同様に また、Aクラスサロンとそれ自身の400bhp A45変種 - GLBとGLBの新しい7座席バージョンが可能になります。

新しいAクラスは今日の車より10mm長くなり、剛性の大幅な増加をもたらすと主張されている新しい床面積とボディ構造を採用する。これは、新しいアウディA3とBMW 1シリーズライバルに大幅に改善された改良を提供すると主張されている。

車の長さの増加は、ホイールベース内にほぼ完全に集中しており、内部のパッケージングが改善され、大きなドアの開口部が追加され、出入りが容易になりました。起動容量も今日のモデルの公称341リットルを超えて成長しました。

新しいAクラスを支えるのは、再開発されたMFA(モジュラーフロントアーキテクチャ)と、MacPherson-Strutフロントとマルチリンクリアサスペンションを備えたシャーシです。メルセデスのドライブセレクト機能をサポートしており、ドライバーは少なくとも4つの異なるモードを使用してステアリング、エンジンマッピング、ギアボックスソフトウェア、ダンピングの特性を変更することができます。

新しいA45は大幅に広いフロントトラックを獲得し、バネ下質量を減らすために独自のホイールキャリヤーを受け取る予定です。それは標準的な18インチの車輪でロールするだろうが、19インチのリムがオプションになります。

最近の上海モーターショーのコンセプトAサルーンで明らかにされたように、メルセデスのいわゆる「捕食者の顔」の採用により、A45のスタイリングはまったく新しい方向をとっています。AMGのAffalterbach本部の内部関係者は、お客様からのフィードバックにより、新しいモデルにもっと極端な姿勢を提供するよう促していると言います。

フロントには、垂直に積み重ねられた一連のルーバー、大型の冷却ダクトを備えた深いバンパー、優れたスプリッターエレメント、新しいLEDグラフィックスを組み込んだフロントヘッドウイングに戻る角度のあるヘッドライトが収納されています。さらに、新しいAMGモデルは、今日のモデルを大きく構成された外観にすることなく、より滑らかな外観を、ほとんど装飾されていない側面では避けています。

より広い室内には、より高級な素材、デジタル機器、新しいタッチベースのComand 5インフォテイメントシステムを備えた真新しいダッシュボードがあります。また、メルセデスのレベル2自律走行機能の一部として、タッチパッドコントロール、新しいスポーツシート、新しいドライバーアシストシステムを搭載した新しいステアリングホイールもあります。

新しいAクラスとその7つの小型車の兄弟の標準バージョンには、新しい4気筒ガソリンエンジンとディーゼルエンジンが搭載されています。これらはすべて、現在のユニットよりも経済性と排出性が優れています。

ラインナップを蹴ることは、新しいM282ガソリンエンジンになるでしょう。親会社であるダイムラーの提携パートナーであるルノーと共同開発し、1.4リッターの装備で提供され、次のAクラスに新たなエントリーレベルのポイントを提供します。このエンジンの1.2リットルバージョンも、メルセデスに使用されるのか、ルノーに独占的に使われるのかに疑問は残るものの、生産成熟まで設計されている。

その上には1.6リットルと2.0リットルの外観で開発されたM260ガソリンエンジンがあります。両方のバージョンは、次のAクラスでさまざまな曲で登場する予定です。その最も強力な形態では、M260は、48Vの電気システムと組み合わせて、電気的に補助された昇圧とステップオフを備えたマイルドなハイブリッドとして動作することができる、ベルト駆動の発電機を備えています。

dieselsはメルセデスの最新の2.0リッター4気筒エンジン「OM654」をベースにしており、同社のSindelfingen R&Dセンターのエンジニアリング筋によると、3つの調整状態に入っている。

プラグインハイブリッドバージョンも、フォルクスワーゲンゴルフGTEのライバルとして計画されています。メルセデスの新しい9スピードDCTギアボックスの前方セクションに収容された電動モーターと組み合わせて、M282 4気筒ガソリンエンジンの1.4リットルバージョンを実行することが期待されていますが、詳細は不十分です。EQ Powerブランドのドライブラインのひとつになります。

インサイダーはAutocarに、新しいプラグインAクラス用のリチウムバッテリーパックが最大31マイルの全電気範囲で十分なエネルギー密度を持つことを示唆している。

新しいAクラスは、今日の6スピードマニュアルと7スピードDCTギアボックスの改訂版を使用します。選択されたモデルはまた、運動エネルギー再生と共に惰行モードをサポートするオプションの9スピードDCTユニットを得る。標準的な前輪駆動と並んで、メルセデスは4Matic全輪駆動システムをハイエンドモデルで利用できるようにする。


以上



Posted at 2017/07/08 13:59:58 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年06月10日 イイね!

何か違うぞ WRX STIタイプRA

何か違うぞ WRX STIタイプRA









なんかニュルを走っていた奴よりかなりカッコ悪いんだが・・・

気のせい(。´・ω・)?








ニュルで走っていた奴























( ̄□ ̄;)!!

別物じゃねーか
Posted at 2017/06/10 21:25:36 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「[パーツ] #WRXSTI ウルトラプラッシュ マイクロファイバータオル 36枚入り http://minkara.carview.co.jp/userid/698550/car/2069927/8697581/parts.aspx
何シテル?   09/10 12:17
はじめまして! はぎっち(o^∀^o) といいます。 免許を取ってからず~とスバルです(*・∀・*)V スバル以外のディーラーに行った ...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/9 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

リンク・クリップ

岐阜の旅 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/05/10 12:48:37
引きこもりな一日 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2012/11/18 18:30:09

お友達

よかったらお友達になってください。
46 人のお友達がいます
ワイズファクトリー&エターナルワイズファクトリー&エターナル *みんカラ公認 HIDE-SPEC-CHIDE-SPEC-C *
トシやんトシやん * ぐんちゃぐんちゃ *
美夕。美夕。 * hajikun2002hajikun2002 *

ファン

23 人のファンがいます

愛車一覧

スバル WRX STI スバル WRX STI
この車でスバル車3台目(18年目)に突入予定です。 最初で最後のMTかな?
スバル フォレスター スバル フォレスター
SF5フォレスターに10年乗ってSH5に乗り換えました。 年20000キロペースを持続 ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.