• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ezRinger【めー】のブログ一覧

2017年09月24日 イイね!

音質向上計画 for KARA(第114回)長過ぎる前置き

音質向上計画 for KARA(第114回)長過ぎる前置き7月後半から8月アタマにかけての怒涛の韓流イベント『夏の陣』

その疲れも完全に回復しないままに、昨日から『秋の陣』が始まりました(爆)



このLABOUM(ラ・ブーム)というグループですが、デビュー苦節3年目でようやくニッポンでの単独公演を昨日果たしました。

母国では、いわゆる『セカンドグループ』というかそういう程度の位置づけで、それなりに人気はあるものの、毎回新譜を出してもザンネンながら1位にはなれない・・・まぁそんなカンジですw。
ですので、当然ニッポンではデビューしてませんし(この先もキビシーでしょう)、当ブログをご拝読いただいておられる皆様におかれましては、ワタクシがこうしてここで紹介しなければ、一生知ることの無いグループでございますwww。

ワタクシがこのグループを推す理由はいくつかありますが、

まずは、最近のヨジャグル(女性アイドルグループ)には珍しく、全員そんなに美形というワケではないもののwww、『被ってない』というか、けっこう全員特徴あるお顔で、見分けが付き易い(←コレ重要)
のと、楽曲がひたすら明るくポジティブ路線、しかし、流行りモノとは距離をおいている独自路線というのが大きいです。



カンジンの楽曲について、音質向上計画的に少しマニアックに説明すると、まあ、あくまで個人的感覚ですが、

1.録音の明瞭感が強い(ウチのクルマに合ってるw)
2.ボーカルやインストルメントの前後の定位感が(奥行き感)がある(ウチのクルマに合ってる・・・前後のステージ感、不得意分野なのでww)
3.ヨジャグル音源の命とも言うべきボーカルの音質がなんともいえないサワヤカかつ定位感が明確(ウチのクルマに合ってるwww)

要するに、『ウチのクルマに合ってる(爆)』

まあ、次回のアングラでSoundChoiceのオススメにする予定なので、詳細はいつもの『韓流アイドルご紹介シリーズ』配布資料にてどうぞ。



ということで、今回相変わらずの夢の国を2度も彷徨うこととなったワケですが(昼夜2公演参戦)、昨日は少々未来の運まで使い果たしてしまったかのうような『大事件(良い意味)』がありました。それは後述するとして。。。


まず軽くジャブの幸運



赤坂BLITZ現着が思いのほか早過ぎて、これまでの最高記録のグッズ列前から5番目に並ぶという快挙でしたがw、




右下のコンプリートセットは当然ゲットとして、それに含まれていないガチャガチャ方式のブロマイド。2枚入り500円を5つ買いました(計10枚)。
全8種類なので、とーぜんコンプはあり得ないと思いつつ、どうせ被るなら推しメンのリーダー『ユジョン』がいいなぁ(下の画像上段左から2番目)、などと思っていたところ、なんとキセキのコンプリート達成。




ありえねー、このワタクシに限って( ̄▽ ̄;)!!。

これまでも、例えばいつぞやのKARAのファンミーティングで、同様なガチャ方式でメンバーの名前入りのサイリウム棒、7本連続でギュリを引きwww、8本目でよーやく推しのスンヨンが出たという顛末。他にも似たようなガチャグッズのこのような不幸はこれまでも枚挙にいとまがございませんw。

この思わぬ幸運に、「きっと借金返済が訪れる」。。。公演直前にハラが超特急にでもなって、本番が観られなかったりして、、、などと、いらぬ心配がアタマをよぎり、念のため昼飯を抜きました(爆)



カンジンの公演内容は、それはそれはもう筆舌に尽くし難いスバラシーものでしたが、関心の無い貴兄には、そのカンドーを伝えるにはそれこそ筆舌に尽くし難いため、断腸の思いで割愛いたしますw。



とある曲の30秒間だけ撮影OKタイムがありました。
まあ、『撮影禁止』とうたわれていたものの、昔のKARAとか少女時代など超ビッグネームとは全く違ってチェックはゆるゆるですwww。

1回目の公演も無事終了し、どうやらハラも大丈夫そうとのことで、お隣のBizタワー地下で親子丼を食し、2回目の公演が順調に進んでいる最中、今日帰りに交通事故死(クルマで来た)して人生終わっても決しておかしくは無い、そう言い切れるとんでもない超幸運が我が身に襲いかかりました。

昼夜共に、チケのモギッた方の半券で抽選を行い、メンバー自身それぞれが厳選した私物をプレゼントされるという企画コーナーがあったのですが、、、、なんと夜の部でソレに













当たっちゃいましたぁ щ(゚ロ゚щ) オーマイガーッ!!



LABOUMのメンバは6名、大体1公演500人前後の入りだったので、2公演で12/1,000の確率。おおーっ、こりゃなかなかの倍率。

抽選箱からメンバがひとりづつ順に1枚引いて、当たったヒトはその娘の私物が貰えるのですが、メンバーは半券の番号の数字を日本語で間違えそうになりながらたどたどしく言うので、余計にはらはらどきどきという好企画・・・・・
番号を呼ばれた瞬間、向こう10年分のアドレナリンが噴出し、目と耳と鼻とアソコから少し漏れましたw。
で、当たったヒトは、ステージに呼ばれて、直接ご本人からプレゼントを手渡されるのです。

この歳になって、マサカのスポットライトを全身に浴び・・・・・(誤爆)



ザンネンながら、ワタクシの半券を引いてくれたのは推しメンのユジョン(左)ではなく、マンネ(末っ子)のユルヒ(右)でしたが、




実は、おととい、ニッポンでも大人気の韓流バンドFTISLANDのメンバのなんとかって野郎とユルヒの熱愛報道が韓流歌謡界を激震させ(多分激震は言い過ぎw)、当日中に野郎側の事務所があっさり認めちゃったもんだから、さあ大変、、、、という事件が勃発。

今回の公演用に立ちあがってた公式Twitterでも、メンバひとりひとりのあいさつ映像になぜかユルヒだけ掲載されてなく、事前にネットでもざわついていたのが事実ですが、そこへきて前日の大事件。

物販列に並んでる最中も、周りの人々と『なんか、ひとりダケ来なかったりしてね』なんて不安を口にしてたものですから、何事も無かったかのようにステージに現れたときには、そりゃもう嬉しかったですね。



発育過剰www





これまで8割はユジョンを見つめてたので、気つかなかったが、良く見るとえらいカワユすwww。




練習生時代の画像。広瀬すずに似てるんじゃね?(と、韓流の世界では割と常識www)


で、カンジンの『私物ってナニを貰ったの?』ってハナシですが、本人が写ってる3枚のチェキ写真でした。

他のメンバが、マジで普段愛用してるTシャツとかキャップとかスカートとかカーディガンとかが多かったので、なんだか微妙ではありましたがw、まぁポラロイド写真なので、世界に二つと無いお宝なのは紛れも無い事実。



かなーりぴんぼけで、てきとーに撮ったのがありありですが、モザイクにしてるのにはワケが。

ステージで、抽選の前にそれぞれのプレゼントを事前に紹介したのですが、ユルヒは『この写真は貰ったヒトだけが見られるんです』といって、客席の『見せてぇ~』のリクエストを蹴りましたw。
(見せたところで、せいぜい最前列のお客が見えるか見えないかくらいだと思われるが)

なので、せっかくのユルヒの発言に敬意を表してワタクシもモザイク処理とさせていただきました(バカカナァ~)


という、ワケで、昨日から
『推しメン、チェーーーーンジ(爆)』
ユジョン、スマソ(涙)






ニッポンのラテ(LABOUMファンの愛称)の中心的と思われるグループが公演前に配布してたスローガン※1です。いままで各公演で貰ったシロートが制作して配布してるものの中でも珠玉のデキでした。

上が昼公演用、下が夜公演用、それぞれコトバが違います。裏面にはちゃんと、どこのタイミングでどう出すかなど細かい指示が丁寧に記載されてますw(当然メンバにはサプライズ)

昼用: 親愛なるラブーム、ファイティン!
夜用: ニッポンのラテに光をくれてありがとう

こう書いてあります。

500人程度の小さな規模の公演は、こういうファンのあたたかい心遣いと、ファン同士、そしてメンバとの一体感がほんとうにステキです。だから、やめられないんですよね~。

※1: このような主にステージ上のアーチストに向けたメッセージを書いたものをスローガンと呼びます。韓流ではフツーにみんな手作りのものを用意します。

さらにオドロイたのが、ひとりのオサーンペン(ファン)が、



予想セットリスト全曲の公式応援掛け声をプリントしたものを配って回ってたこと。

『一緒にやってくれませんか?』といいながら配布してたので、思わず『やらせてください!』と言って1部頂きましたが、サスガに事前には全然覚えられませんでした(爆)




実は、本来スタンディングだったハズが、多分あまりチケットが売れず、スタンディングでステージに前方にみんな寄っちゃうと、メンバがステージからみると非常にさみしーカンジになるのを避けるため、急遽座席(パイプ椅子)が用意されました。この設営にスタッフの手が取られたため物販開始が30分遅れましたwww




・・・・と、いうことで、昨日はこの上ないシアワセな時間を過ごしました。
懸念された帰路も無事に事故ることなくおウチに辿りつき、昨夜はイイ夢みられましたwww。



が、しかし、一夜明け本日、さっそく運の借金返済www。



運転席のドアロックアクチュエーター(室内ドアロックノブに接続されてるワイヤーを推したり引いたりする装置)が壊れました。
(要するに、リモコンキーでロック施錠/解錠しても、運転席のドアだけロックが動かない。他のドアはちゃんと施錠/解錠されるw)

仕方なく、10年ぶりくらいにドアにキーを突っ込んで開け閉めしてます(爆)
そっこーでDにアセンブリーを注文、この次の土曜日に修理予定(1.3マソ、涙)



あれ、音質向上計画どこ行ったw?

LABOUMネタは前置きのつもりが超長過ぎて、ここから本題書くワケにもいかず、仕方なく次回とさせていただきます ( ̄∇ ̄*)ゞ 




그러면 여러분, 안녕히 안녕
(それではみなさん、ごきげんよう、さようなら)
Posted at 2017/09/24 19:41:43 | コメント(3) | トラックバック(0) | DIY/AV | クルマ
2017年07月23日 イイね!

音質向上計画 for KARA(第113回)国家機密を最大限に生かすために

音質向上計画 for KARA(第113回)国家機密を最大限に生かすために怒涛の3日間5連続韓流イベントが終わりました。

BLACK PINK以外は、オールスタンディングだったので、待機時間を入れると3日間でのべ12時間以上、寄る年波の限界を超えて立ちっぱなしでした。(ウチ4時間は勃ちっぱなしwww)

下半身は腰の前あたり(勃ち)から足先(立ち)のため、本日はもう使い物にならず、腕から先しか動かせないので、仕方無くブログ書いてますwww。


にしても、おまごるの4試合連続登板(21日リリースイベント1,2部両方、22日ファンミーティング昼の部夜の部両方)は、なぜこんな暴挙に出たのか自分でも信じられません。
指先ポッチでチケット抽選に応募できるネットの功罪ですな。

先日のアングラで使った小道具にてきとーに文字を書いて、

ペンライトをインスタント製造して21日のリリースイベントに持ち込んだところ、翌日のファンミ終了後のスタンプ会(プレミアムチケットに付属のCDにメンバ全員が順番に手作りスタンプをその場で押してくれ、ひとりあたり2秒くらい小粋な会話を楽しめるw)で、


世紀の美少女メンバのジホが、

『きのう、来てくれてましたね♡』と日本語で言ってくれた瞬間、


ちゅどーん


お台場TFTホールの天井を突き破って天にも昇るキモチでした(爆)


本来は、

こちらのユア推しなワタクシですが、ココロが揺れるwww








・・・・・・と、またしても冗長な前フリはそろそろやめにして(前フリでも何でも無いですが)本題を、、、


先月、アンプをコチラのJL AUDIOに交換しましたが、


初めてプロセッサと異なるメーカーのアンプになってしまったため、どうしても避けて通れないゲイン調整。
どうしたものかと思案した結果、、、

お手頃価格のコイツを調達してしまいました。
ちゃんとしたオシロに比べると精度はかなり?らしいですが、どこかのダレかのブログでカーオーディオのゲイン調整目的なら十分使えると書いてあったので。某オクで新品1マソ強でした。

ただ、マニュアルが中国語と英語しかなく、まったくオシロ初体験の自分には到底理解不能です。

で、救世主

ネットで親切な方が、同機種のゲイン調整用のセッティングと使い方を、超詳しく解説されておりました。

これを印刷して準備おけー。

しかし、これで単純に0db1kHzのサイン波がクリップしないゲインに調整すれば良いのか?
どうにも分からないので、もう一度アンプのマニュアルの隅々まで読んでみると、

当初、なんかよく分からんので読み飛ばしてたページに、ちゃんと設定電圧の表が記載されてるでないの。これによると4Ωのスピーカーの場合は、0dbの1kHzのサイン波でスピーカー出力が「24.5v」と書いてあるではないか。
なんか数値がデカ過ぎる気もしないでもありませんでしたがw、取り敢えず一旦この値を基準にすることにしました。


・・・と、その前に、アンプに入れる前の信号がクリップしないように、プロセッサ側のボリュームを設定せねばなりません。

RCAをアンプから抜き、USB DACを通常使わないフルボリュームに、プロセッサも0db(フルボリューム)にしておいて0db1kHzのサイン波を再生しオシロで測定したところ、、、



まったく、クリップしない。サスガニッポン製品は優秀ですなwww
つまり、RCA入力は全開でもほぼクリップしないってこと。

で、DACは今まで使用してきた経験上、一番ヨサゲな音がするボリューム位置に、プロセッサのボリュームは‐10dbに固定して、その上でスピーカー出力をメーカー指定の値に調整しました。



実は、この測定行為自体が物理的な設置の問題で一筋縄では行かんのです。
ハナシが前後しますが、


アンプが運転席下のこんなとこに設置されているせいで、写真右側のサイドにあるスピーカー出力端子にテスターの棒を当てながら、写真左サイドにあるゲイン調整のつまみをマイナスドライバーで、超微調整するなんて神業は体位的にどう考えても不可能なのでありますw。


そこでだ、、、


こんな特殊ケーブルを製造しました。

写真右側の2つの端子は、平型端子♀に♂を指し込み、♂側の、通常ケーブルをかしめる部分を、アンプのスピーカー端子(JLのスピーカー端子は集合コンセント方式なので、アンプ側は棒端子になってる)のサイズに合わせてペンチで微調整し、


こんな風に接続できるように。

更に特殊ケーブルの反対側はギボシ端子♂にして、

こんな風にテスターの棒を差し込めるようにしました。

なんかここだけ見ると尿○オ○○ーっぽい。痛そう(爆)

余談ですが、大昔この先生のマンガで、

○道○ナニ○という行為が世の中にあることを知ったとき、余りの戦慄に想像しただけでアソコが痛くなりました。ワタクシ、もちろん経験はございません( ̄▽ ̄;)。
(万が一これを拝読いただいている方の中でマニアがいらっしゃいましたら、昨年のワタクシが見舞われたような下半身の炎症を起こして入院のキケンが伴うと思われますので、衛生面で特にお気を付け下さいwww)







と、ハナシが横に反れましたが(以前の画像再掲)

この特殊ケーブルのおかげで、完全手放し体位のまま電圧測定しつつゲイン調整が可能になるワケです。我ながら素晴らしい発明だ(明らかに言い過ぎ)

で、メーカー指定の電圧になるようゲイン調整した後、今度はテスターの替わりにオシロのプローブを当て、試しに0db1kHzサイン波をオシロで測定してみたところ、



おお、クリップしてない。

しかし、これでゲインを上げると、本当にクリップして歪んだ波形になるんかしら?とギモンが湧き、試しにほんの僅かゲインを上げてみると(つまみを回すというより、ほんの少し触れる程度)、

確かに、波形の頂点が歪みました(まあ、アタリ前ですけどw)。

なるほど、JLの推奨値はかなーりギリギリを攻めてるようです。

Webで、JLのHD600/4はゲインを上げるとあまりイイ音しないって記事を読んだので、最終的にはキモチゲインを下げました。

その後、新しいゲイン設定に合わせてプロセッサ側の各SPユニットの音量調整をざっくり仮設定しました。

6月のSoundChiceの時は、まだゲイン調整はテキトーだったのですが、
そんときのオススメ曲、Dream Catcherの『Goog Night』のカップリング曲のコレ(ボーカルが美しいバラード曲)試聴してみると、



おぉ、素晴らしい。調整前とボーカルの響きとツヤ、それと密度感が全然違います。

先日の7月Sound Choice SpecialでのオススメJitterin' jinnはこのアンプゲイン調整後でしたので、過度な演出にもなんとか試聴に耐えられる音質になったのではないかと勝手に自負しております(爆)。


そんなこんなで、単なる過渡期のハズだった2Wayの環境でしたが、だんだん自分でも気に入ってきて、なかなか巨乳工事が起工されません。

巨乳工事の部材も一通り揃え、カリフォルニアから国家機密まで取り寄せたのにどうしましょwww。
暫くは、『2Wayで基礎から調整の勉強をやり直すのダ~っ』という言い訳がつづきそうです。


では皆様、次回の音質向上計画でまたお会いしましょう。


あんにょんはせよ~


■おまけ画像:
おやすみ前のひとときにお楽しみください。

OH MY GIRLユアの珍しいセクシーポーズ3連発


Shi-ko


Shi-ko


Do-Pyu
Posted at 2017/07/23 21:40:04 | コメント(4) | トラックバック(0) | DIY/AV | クルマ
2017年07月17日 イイね!

音質向上計画 for KARA(第112回)万感の思いの果てに

音質向上計画 for KARA(第112回)万感の思いの果てにどうやら今週にも梅雨明け宣言が出そうなイキオイですが、みなさま、如何お過ごしでしょうか。


ここのところ余りにも暑いので、少しでも涼しげな気分を味わおうと、シーズン先取りで車内で花火大会を楽しめるように前方視界を犠牲にしてカスタムしてしまいましたぁ(走れ無いジャン)。。。。


というのは、半分冗談ですが(えっ、半分はホントなんかい?www)


この深くもないワケですが、先日の土曜日、アングラのSoundChoiceお祭りスペシャル『いきなり歌から始まるアイドル曲』という課題つきコンペにエントリするための特別な演出だったのでした。

エントリ曲は、

コレでイキました。 Jitterin' jinnの『夏祭り』
まさに曲にぴったりの演出。。。っつーか、花火・・・そのまんまやん。

今回は、特別なお祭りの回ということで、『韓流アイドルご紹介シリーズ』は一旦横においときましたw。


※Jitterin' jinnが『アイドル』なのか?というのは結構微妙なトコでしたが、イカ天に初めて出てきたときに見たボーカルのハルちゃんの圧倒的メジャー感とオーラは間違いなくアイドルでした。(当然リアルタイムで放送見てました。探せば録画したVHSテープあるwww)

万が一、他の方と曲が被ったときの『オチ』として、

Whiteberryのカバーの方も用意しておきましたが、よく考えてみたら、こちらの方が認知度が高い(爆)

そりゃそうですよね、オリジナルは1990年8月に出た曲ですから今からちょうど27年前。いまどきの若者が知るよしもありませんw。そもそもカバーのWhiteberryですら2000年ですから17年前ww


歌詞に『打ちあげ花火』とあるから、花火のギミック。

しかし、それだけじゃ、どうも弱い

そこで、いつものアイドルご紹介資料の替わりに、、、

より曲の世界観を醸し出すために、こんなポエムを用意。ハンドルに貼っておきました。
いま改めて読んでみると、鍾乳洞の奥深くの穴に逃げ込みたいくらいのこっ恥ずかしさですが、なんせ、前日の金曜日に完徹して演出の準備をしw、朝の6:00頃の疲労困憊最高ピークのときにトランス状態で書いたことが、結果的にはヨカッタみたいですwww。

んん、なんか美し過ぎるジャマイカ。らしくないなぁ。。。。と、なるのは必至で、
もちろんワタクシはとーぜんそれで終わるワケないヘンタイじじいであることは周知の事実です。



そこで、ある意味青田買い目的で、韓国のとある事務所にコンタクトを取り、急遽アイドルの卵に来日してコンパニオンを務めてもらう貰うことにしました。







자잔(ッチャヂャン): 「ジャジャーン」の韓国語表記。日本語と異なり前にアクセントがあるw。





いや~、ドン引きですね(爆)

実はこの娘、プラダンからのフルスクラッチで、製作に多分のべ40時間近くかかりました(ばかかなぁー)
プラダン以外の部材の調達には放送禁止な苦労が多々伴いましたが、それは今後直接お会いする機会があればお話ししましょうwww

それにしても、最初は、テキトーにちゃっちゃと作るつもりが、元来の偏執狂の難病が全面に出てしまい、最初に作ったパーツと後の方で作ったパーツのクオリティにエライ差が出てしまいました。
(本番が後1週間先だったら、膝から下は絶対に作り直したかったw)

最後の1週間は、後先顧みず毎日会社を定時ダッシュ~AM3:00ころまで、このプ・ラダンちゃんと戯れ、人生最高くらいの愛情を注ぎこみ(特に浴衣を調達してからは自分で自分がコワかった)、昇天しそうな幸福を味わっておりました。


詳しい写真はコチラをとかコチラをどうぞ(メタリコさん、fumiさん、無断リンクすみません)


というワケで、デビュー目指して猛レッスン中のプ・ラダンちゃんが多忙にも関わらず強力な助っ人として来日してくれたおかげもあり、、、




奇跡の優勝。
ひざまずいて大号泣の図(演技Take2)

ともすれば出禁覚悟で注ぎ込んだ異常ヘンタイな情熱を、サスガ人間が出来てる寛容なメンバの皆さまの、空よりも広く海よりも深い心で受け止めてくださり、本当に感謝しております。

この場をお借りいたしまして、改めて厚く御礼申し上げます。



有難う御座いました。

(正直、マジメに選曲、チューニングに没頭した方々には若干申し訳ない感じが、、、、こんなこと言っては逆に失礼かと存じますが、特に音的には文句なくサイコーだったTTHKさんあたりに。ドライブデートの恩をアダで返してしまったようでwww)



さて、金曜日完徹、SoundChice本番その後の2次会も終わりまで参加したがため、あまりの疲労困憊でサスガにおウチに辿りつくことが出来ず、


帰宅途中のコンビニ駐車場で


※市営グラウンドの駐車場ではなかったですが、、、


ラダンちゃんと夜明けのコーヒーという、許されざる行為www

このことは、是非向こうの事務所のマネージャには内密にお願いいたします(爆)


そしたら偶然にも、ラダンちゃんは急遽ニッポンで先行プロモーション活動をすることとなり、



しばらくはウチに滞在することになりましたwww。
(親戚筋の何人かはウチの合鍵を持ってるので、ワタクシが突然音信不通になったら、事情は察してください)




1年以上に渡る韓流アイドル啓蒙活動もようやく実を結びつつある今日この頃、DKさんが2回連続で韓流曲をオススメにしてくれたことが、個人的に非常にうれしかったです。

今回のDKさんの曲、是非MVをご鑑賞ください。


曲の冒頭のカーテンの後ろから胸触りまくり振付、韓流歌謡番組ではさすがに放送禁止だろうと思いきや、そのまんま演ってたので衝撃でした(カラダ重心部分がw)

あとは、今回彼が参加してなかったのが、ちょっぴりさみしかったです(当日はお仕事だったみたいですが)。



自分がこんなにも楽しめる環境に誘ってくれた彼。今ワタクシが一番感謝してるのは他でもなく彼なんです。昨夜、マイナスイオンが満ち溢れる水際ではハズかしくて言えなかったけど・・・



さて、次回は通常のSoundChoice。
いつものマジメな韓流アイドル啓蒙活動に戻ります(爆)


그럼 여러분 안녕히 안녕~
(それではみなさん、ごきげんよう、さようなら)
Posted at 2017/07/17 21:21:32 | コメント(6) | トラックバック(0) | DIY/AV | クルマ
2017年06月19日 イイね!

音質向上計画 for KARA(第111回)国家機密諜報レポート

音質向上計画 for KARA(第111回)国家機密諜報レポート先日のオフで、国家機密第2弾、第3弾が大暴露されたので、ここに改めてw。

因みに国家機密第1弾は、
機密度:最高レベル、予算:低

第2弾は、
機密度:低、予算:高

第3弾は、
機密度:極低(ツカ、試聴して頂いたら機密もクソもない。目の前に見えるからww)、予算:やや高

となっており、『国家機密費の流用にもほどがある』と、おサイフもほとほと呆れております。

というワケで、第1弾をうっかり口を滑らせてしまおうものなら、暗い夜道で謎のサングラスに後を付けられてしまいそうなため、今回は第2弾と第3弾のみをご紹介いたしますw。



ソーイヤ、今回は毛が3本の連載第111回目


ついついこんなキャラクターが思い浮かび、そして更に連鎖して、


1年中ラーメン食べているF子F夫PPサンも、このキャラの痛車にすれば良いのに(失礼)と勝手に妄想もっこりさせたり。。。。



おっと、Tynkoが横に反れましたw。





ハナシを戻して、
『ん~、アンプほすい』とあれこれ妄想をもっこり(再)させながら約1カ月悩み続け、


ハナシが戻りきってないw





某オクで、国家機密第2弾、どーんといってまいました。

以前より恋焦がれていた、JL AUDIO HD600/4。 D級アンプの歴史を変えたとも言われる、JLの現行モデルの最高峰です。正規代理店による新品なら検討の余地はほぼありませんw。
終盤は年甲斐もなくアツくいきり勃ってしまいましたので、想定予算を随分オーバーしましたが、フィニッシュ時の快感は得も言われぬものでしたw。



そして神戸、(否、性交、ああ、いやいや、施工


『所詮ポン置きよ。サイズもI/Fの物理的な位置関係もほとんど同じだし』
とナメ廻していたんですが、しかし今度はプロセッサとアンプが別メーカーの異種交配w、これまで見て見ぬフリをしてきた最後の難関『ゲイン調整』に挑戦せねばなりません。
(ALPINEのアンプはヘッドユニットやプロセッサが同じALPINEなら、アンプの入力ゲインは最小に絞れとマニュアル記載があり、キホン調整の必要は無いことになってます)
なワケで今後しょっちゅうゲイン調整の修行を積むことを考慮さすれば、アンプの向きをこれまでと逆にしなければならないことに気が付きました。


この体位だったのを、、、



こう変えた、、、


どちらが正常でどちらが後背なのかがよくワカリマセンがw、結局、周辺の配線取り回しは半分近くやり直し、途中で(キモチが)中折れぎみになり中中にイクまで時間が掛かりました

アンプを入れ替えたダケですが、もー、ナニからナニまで変わってしまって、ガマンできるぎりぎりの2時間(の調整)でようやくイケたというw。

しかし、その1週間前に辿りついた過去イチの状態には、まだまだ遠く及びません( ̄▽ ̄;)
が、いまさら後戻りは許されないのだぁ~。(カーオーディオにも洋服のように試着の習慣が普及しないかしら)


・・・・・・・・


取り敢えずそれはそれとして一旦ほっといて(爆)、1週間後に怒涛の国家機密第3弾発射。


ちゅどーん、



自分でも予想だにしなかった、JL AUDIOの ZR650-CSi(の中古)をげとーっ。
これは先のアンプとは違い、中古とはいえ奇跡の低価格で入手できました。詳細は後日直接お尋ねくださいw。

早速取り付けようとするも、最大の難関、ツイーターをどうやって設置するか。

JLのツイーターは2.5cmで、これまでのALPINEの3cmよりひと回り小さいのです。
しかも、ユニット本体にネジ穴はなく、本来製品に3種類付属するマウンターで固定する方式なのですが、中古品なので当然そんなものは無く既存のALPINEのツイーターのアングルマウントをそのまんま流用できないかと画策し、、、



と、心配をよそに、そこら辺にストックしていたゴム素材でスキマを埋めて、なんとか実用に耐え得るようにガッチリ固定できました。(縦ハメしてるダケだけど。。。)


ここさえクリアすればあとはイキオイでイクだけさ。
ほれ、もうちょっとや、、、さぁ、イケ、ほら、イケ




が、












なんと、所詮『ぽんハメ』さ、とたかをくくっててたのが、なんとバッフルに先っちょしかハメられませんw。

なんせ♂はアルミのがっちがち○○コ、♀側もアルミ+スチールのがっちがちハイブリッドお○○○
(お○○○というよりはむしろ・・・・ぴーーーーーー)

もはやチカラずくでどうこうなるもんでもありません。

そこで、無理無理突破できそうな木製素材の新品ストックがあったことを思い出し、




・・・・・





 し、




やっぱ、むり~( ̄▽ ̄;)

というワケで、決断。



ちょっと飛び出してる♂側の方を、惜しげも無く削ったワケよ。
(イヤ~、コレが新品だったらリセールバリューなんつー下ゴゴロが芽生えてしまい、とてもこんなことでけん。ここが中古品のイイとこですねwww)


とはいえ、アルミ製なのでヤスリで雑にコスって毛ズルと、すぐに毛ズリ過ぎてしまうため、そこは細心の注意を払いながら丁寧に。
両方で約1時間も掛かってしまいました。

ようやく、ぴったりフィット。さぁさぁ、今度こそイクぞ、そうらフィニッシュ!






きや、




フランジの穴に6mmのボルトが入らん。

またもや、デカ○ラ問題かいっwww。

ふっ、こーなりゃ、仕方ないな、観念してもらおうかい。



うりゃ、うりゃ、うりゃ~っ


と、グレートマグロモザイク師匠なみのメタルマッスルスティックでむりむりアナを広げ、




ようやく、くっつきましたw。

そして、ここで一旦純粋なJLのアンプ+スピーカーを体験したくて、スコーカーさんには暫くお別れを告げました(アンプのチャンネル足らんので)。

因みに、一旦未使用になった巨乳スコーカーですが、たとえオブジェとはいえ、やはり見た目のコダワリは譲れず、イチバン最初にこの巨乳に○○ズリしてもらってた冬眠中のJLの10cmコアキシャルを意味無くハメて統一感を出しましたwww。


その後、本格的なゲイン調整の荒行に入るワケですが、なんだか長くなりそうなので別な回で報告することにしますw。


で、先日の土曜日のオフ、国家機密大公開を目論みNEW機材で殴り込みwww。




このDreamCatcherのオススメ曲で、股下の血液が心臓に戻らなくしてやるぅ~っ


おかげ様で、前回と同じ9位げとーっw

皆様、ありがとうございました。



まあ、いつものイキ過ぎた演出が功を奏したのは言うまでもありません(爆)



今回が最初で最後の配布資料の特別付録、豪華絢爛写真集も、、、



試聴が始まる前に、ちゃんと○キどころを、皆様にお教えしておいたしwww

・・・・・


というワケで、なんだか我が愛車も気が付きゃだいぶハイエンド寄りになってしまい、オーナーの調整能力との格差社会が広がる一方です(爆)




『豚にパールハーバー』となって戦艦アリゾナのように沈没しないよう今後も益々精進する所存です



最近、自らのエロキャラに縛られて、ホントヒドイ文章になってきましたw、そろそろフツーにカキたくても、もう戻れない。

まあ、自ら撒いたタネですから仕方ないですがね(爆)





それでは、皆様、안녕하십니까~
Posted at 2017/06/21 22:23:45 | コメント(5) | トラックバック(0) | DIY/AV | クルマ
2017年06月03日 イイね!

外装向上計画その3 『赤と黒』

外装向上計画その3 『赤と黒』 タイトルはスタンダールの小説『赤と黒』とは何ら関係ありませんw




先日の外装向上計画その2で、赤いラインテープを調達しましたが、『よもやの大失敗の挙句途中で全やり直し』という後ろ向きのキモチが支配する中、実は保険でもうひと巻き買ってたのでしたwww

備えてはおいたものの、結局憂うことは無く、この余ったヤツをなんとかせにゃアカンと、この1週間でむくむくとアソコ(否、妄想)が膨らみ、、、、そしてついに本日の午前中、禁断のカラダにとうとう指を(否、手を)入れてしまいました。




























サイドのプレスラインに沿って赤+黒テープ貼ってみたんさ~w



おおおおおぅ、かっこエエ、発射~っ(うっすらと写る発射中の人影w)




※ワタクシが好んで使う、ジェームスの鼻血→気絶の連続スタンプ










発射、発射、発射~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~っ






自分的には自己エクスタシー(爆)


それにしても、いいねぇ、赤黒い
(あ、イヤ赤黒いというと、つい別なものを想像してしまいますね)

赤黒、いいwww


まあ、チョット派手派手しくなったけど、そのうち見慣れることでしょう。
年寄りは服装、お化粧はぱっと明るくしないとね。

洋服屋でも、年くったらピンクとかのYシャツを勧められがち。
顔がしょぼくなった分、せめてシャツを明るく・・・なんだってさ(キホン中のキホンらしい)


♪派~手~ だ~ねぇ~  派手もいいけどぉ~ Sing by 中○美○
(またネタ潰し。。。。www)


本日はイキ過ぎてもうこれ以上カケません(誤爆)。
(자위의 과잉에주의)


では、枯れ果てたカラダにアルコールを補給して、さっさと寝ますか。明日に備えて(謎)



■特典画像(赤黒なイメージ)



※決してAVではございません。れっきとしたアイドルユニットwww(但し、この振付けは19禁だったらしいw)

韓流のセクシーアイコンNo1、キム ヒョナ(元4MINUTE:右)と、チャン ヒョンスン(元BEAST:左)のコラボユニット『Trouble Maker』。毎回目を覆いたくなるあり得ないエロ振付で韓国で大人気www
Posted at 2017/06/03 20:21:28 | コメント(1) | トラックバック(0) | DIY/外装 | クルマ

プロフィール

「取り敢えず買っときましたwww」
何シテル?   12/06 09:45
旧々型MC後アテンザ乗りのezRingerです。身の程知らずなDⅠYが趣味です。よろしくお願いします。 最近はオーディオ命(for KARA ばく) ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/12 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

音質向上計画 for KARA(第114回)長過ぎる前置き 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/09/25 07:23:28
な〜〜んか、長い一日だな〜〜♬ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/09/03 00:37:39
まだ売ってた! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/08/31 07:49:42

お友達

『韓流+カーオーディオ命』 という方がなかなかいないので仲間募集中
97 人のお友達がいます
Black DiamondsBlack Diamonds * ぐらんで@K・O・Dぐらんで@K・O・D *
すぎ@HAOC Racingすぎ@HAOC Racing * カラZRT260 まいにちえがおカラZRT260 まいにちえがお *
べぇさんべぇさん HIraMEki@RSFHIraMEki@RSF

ファン

24 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ アテンザ マツダ アテンザ
現愛車GG3SチタグレⅡは2008年に中古で2年落ちを購入。車歴は全て中古ですが、こんな ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる