車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2016年10月11日
BMWで行く金沢ドライブ
・・・・1日目・・・・


BMWを駆って金沢への旅路。


270キロの走行。まずは福井県に到着。


曹洞宗、大本山。

永平寺。


2度目の訪問となりましたが、新たな発見の連続でした。


こういった、配置などに、独特の美的空間があるのだと感じたのです。


調度品の造詣も深みがあります。


じっくり見ていると、かなりの時間を消費していました。

出発します。


続いて訪れたのは、山中温泉にある無限庵というスポット。

明治末に当時の木造技術の粋を傾けた最高級の普請であるとされています。


地中深くに埋まっている柿の木は、このように黒ずんで石化してくるということ。

貴重な材料であり、高価だということです。


廊下のガラス上部の木材は、継ぎ目の無い一本となります。京都から取り寄せたと言われており、目を見張るクオリティです。


群青(ラピスラズリ)で塗りこめられた青い壁。

家老以上の身分でないと許されないものだったそうです。

金沢藩の家老の邸宅を移築したものなので、王侯貴族の豪華絢爛さがあります。


調度品も、ほとんど美術品レベルのものばかりでしたね。


屏風絵で有名な狩野永徳による作品。

繊細な筆遣い、全体の造形において寸分の隙も無いと感じたのです。


階段を下りると、清流のほとり。

ひっそりと茶室がありまたね。

・・・公式HPより・・・・
広島浅野公爵(赤穂浪士として知られている浅野家)の茶室で戦後東京において唯一焼け残り、マッカーサー元帥ご夫妻も日本において茶の湯を味わった茶席である。後に東京美術倶楽部に移築された。昭和の初めに数寄屋造りの名人木村清兵衛造。
・・・・・・・・・・・・・・・・・


清流のほとり、幽玄の時間を過ごしました。

山中温泉の外湯はガチガチの満員御礼だったので、今回はパスとしました。


続いては、北上して遺跡探索。


横穴の遺跡群です。


法王山横穴古墳と呼ばれる遺構。

この南のエリアは、継体天皇(男大迹王、ヨホドノオオキミ)が住んでいたと言われている土地もあり、古くから文明が勃興していたのです。

古代文明の息吹に触れたような気がしました。

・・・・継体天皇の即位について・・・・
先の25代武烈(ぶれつ)大王には子どもがなく、お世継ぎをどうするかが問題となった。そこで、大和の重鎮である大伴金村大連(おおとものかなむらおおむらじ)や物部麁鹿火大連(もののべのあらかいおおむらじ)や許勢男人大臣(こせのおひとおおおみ)らが協議をはかった。最初は丹波国の倭彦王(やまとひこおおきみ)を抜擢したが、迎えの兵士をみて恐れをなして、倭彦王は山の中に隠れて行方不明となってしまった。
 そこで、「ご子孫を調べ選んでみると賢者は男大迹王だけらしい」となり、標しの旗と御輿(みこし)を備え越の国の三国へお迎えを出した。男大迹王は「ゆったりと平常どおり落ち着いて床几に腰掛け、侍臣を整列させて、すでに帝の風格がおありになった。」といわれている。最初は「心の中で疑いを抱き、すぐには承知しなかった」男大迹王であったが、「河内馬飼首荒籠(かわちのうまかいのおびとあらこ)に使いを出し、大臣、大連らの本意を知り、発たれる決心をした。」という。そして、河内国交野郡樟葉宮(くずはのみや、大阪府枚方市)で即位することになる。
・・・・http://info.pref.fukui.jp/keitaidaio/history/・・・・


小松入り。

安宅神社を参拝。

ここは歌舞伎で有名な『勧進帳の舞台』


源頼朝が設けた安宅の関。

山伏に変装した義経一行は、関守の富樫による検問を受けます。

弁慶の機転と、富樫の温情により、無事に通過するというエピソードです。


ここが安宅の関。

地形を見てみると、急峻な山側から海までずっと川で隔てられた地形になっています。当時は橋が無くて、渡し舟で行き来していたものと思います。

自然が形成している交通の障壁となっており、渡し舟に乗るには関所を通らないとダメというシステムで運用されていたものと考えます。


安宅から眺める日本海の夕暮れ。

小松のホテルに宿泊しました。


夕食はフレンチのコース料理。

ドゥエドゥというお店です。

地産地消ということで、魚、野菜の新鮮度が段違いでした。


メインディッシュも魚で攻めておきました。

味は間違いなく素晴らしいもので、量もしっかりでした。


巨峰のジュレが印象的でした。

時間の関係で妙国寺はパスとなったので、次回もここを訪れておきたいです。


波音の間に、秋の風が吹いていました。

お休みなさい。

・・・・2日目・・・・・


金沢入り。

兼六園に遊ぶ。


前回は見落としていた、ねじれた松のダイナミズム。


残念だったのは、整備が進んでいて、遊歩道が多くなり、コケが剥げていた箇所が多数。

以前に訪ねたときの、うっそうとした原生林の雰囲気は損なわれていました。


庭園の出来栄えとしては、最高峰なので、今後、あまり整備が進まないことを祈ります。


海岸沿いを北上し、千里浜に到着。


波が高いので、走行は禁止でした。

歩いて散策。

自動車で走行できる砂浜。次回こそ、走ってみたいです。


このあたりの砂。非常に細かくて、サラサラと風で飛んでいきますね。


「あい物」というお店でソバを頂きました。


ここは通の店って感じ。


空模様が、秋です。


ウッドとレザーのインテリアに囲まれて、長距離ドライブも豊かな気分で乗り切れます。


家までは400キロほどの道のりです。


3連休の最後の日。

物凄い渋滞です。

湖東三山で降りて、滋賀県のローカルワインディングを南下。

伊賀で名阪国道に合流して帰りました。


またもや、1000キロぐらい走っていますね。

調子が崩れて大変な思いをしましたが、ここ最近の集中メンテで状態が良くなってきました。


次回の遠征は、岡山国際サーキットをDUCATIで走行します。

すでに申し込みも済ませてあるので、あとは仕上げをしておかないと。
ブログ一覧 | ドライブ | 日記
Posted at 2016/10/11 15:12:03

イイね!0件



この記事へのコメント
2016/10/11 20:55:14
ゆっくりと和を楽しまれたかんじですね。

私は、何処かに出掛けるとなると欲張り過ぎて中途半端をなり毎回反省してます。

岡国近づいてきましたね。
今週末、走ったら私も準備…して貰います。
2年続いたコルサからα-13Spに変えての走行になります。
コメントへの返答
2016/10/11 23:11:50
α13SPへの換装ですね。設地感が豊かで、良いタイヤだと聞きます。岡国走行が盛り上がってきましたね。

今回の旅では、一つ一つのスポットの滞在時間を長めにして、濃密に味わってみました。
2016/10/11 21:59:44
金沢にいらっしゃってたんですね。千里浜や兼六園は観光地なんでおどろきませんが、「あい物」で蕎麦とは! 小生もちょいちょい食べにでかけます。
あそこの“葛きり”が、これまたおすすめなんですが、お食べになりました?
コメントへの返答
2016/10/11 23:21:20
あい物、今浜付近で食事処を探していて、たまたま入っただけでしたが、驚愕。

葛きりもありましたね。注文しておけばよかったです。次回、リトライですね。
2016/10/12 12:40:08
金沢には行ったコトが無いので、将来の旅の良き参考になりました!やはり金沢は魅力的ですね。

千里浜の砂は、本当にサラサラしておりますね!砂が指の間から水の様に落ちて行くとは…。柴犬を連れて行ってやりたくなりました(^^)
コメントへの返答
2016/10/12 12:44:11
北陸方面も見どころがたくさんあるので、開拓する楽しさがありますよね。

はぐれ侍殿が未体験とは、意外でした。

犬を連れてきている方もおられましたね。砂の感じと日本海のダイナミックな風景があり、海好きの殿にお勧めのステージでした。

岡山国際サーキットでお会いする日を楽しみにしております。
2016/10/12 18:53:38
素晴らしい旅行ですね。楽しく拝見させていただきました。

千里浜はクルマで1度、バイクで1度行きましたが、福井県も茶屋街も兼六園も完全にスルーした自分は何やってたんだろうという印象です(苦笑

ただ、バイクで巡った能登半島は東海地方へ引っ越してきてからは最高のルートでした。また行きたいものです。
コメントへの返答
2016/10/12 22:46:29
いつも見てくださり、ありがとうございます。

バイクの場合、どうしても道優先になりますよね。それはそれで楽しくて深い思い出です。

能登半島を旅してみたいと思いつつ、なかなか行けていません。行くなっらバイクが最高ですよね。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 
プロフィール
「9:32から現役モトクロスライダーの走り。次元が違い過ぎる(笑)https://www.youtube.com/watch?v=ExOtzezQq6Q
何シテル?   12/03 22:12
クルマ・バイク大好き人間です。よろしくお願いします。憧れのマシンに乗ることが出来て幸せです! ◇尊敬する人物 マイケル・ドゥーハン(バイクレーサー) ...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
リンク・クリップ
クーラント交換 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/12/04 23:36:24
fu355さんのフェラーリ F355 (クーペ) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/12/04 10:33:08
ポルコン(接続編) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/11/27 22:08:36
お友達
みんカラで有益な情報を得て、趣味を数段階深めることに成功しました。皆さまのおかげです。今後は、みん友さんを徐々に増やしていく方向です。四輪・二輪ワールドを盛り上げて行きましょう!ただし、一定期間以上、やり取りの無い方、blog更新が全く無い方は解除させて頂きます。
94 人のお友達がいます
スミスミスミスミ * 147-TS147-TS *
ゆういっつぁんゆういっつぁん * はがねいちはがねいち *
ばくおんばくおん * むらっち2むらっち2 *
ファン
59 人のファンがいます
愛車一覧
BMW 5シリーズ セダン コンフェイトBMW (BMW 5シリーズ セダン)
M54エンジン搭載の名車です!
KTM 950Adventure 黒色槍騎兵 (KTM 950Adventure)
ラリーレイドの頂点。小生にとっては至上のバイクです。
ドゥカティ 996 ドゥカティ 996
世界スーパーバイク選手権での栄光は伝説的です。トリッキーで難しいハンドリングだと言われる ...
トヨタ 86 トヨタ 86
日常の足+仕事カー サーキット走行にも挑戦します。 レーシングカー所有のため、オーバ ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.