• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

フシギダネの愛車 [スズキ カプチーノ]

ロアフェンダー付け直し

カテゴリ : 外装 > 外装 > キズ・凹み補修
目的修理・故障・メンテナンス
作業DIY
難易度
作業時間3時間以内
作業日 : 2010年03月21日
1
溝に落ちたときに歪みました。
その後、自力で直したのですが、ちゃんと直せていなかったらしく、ドアを開けるときにドアとロアフェンダーがすれてしまいます。
このまま塗装するとその部分が剥げてしまうので、修正してみようと思います。
2
4つのボルトを外し、フロント側にスライドさせると外れます。

ペンチで曲げたりして修正します。
3
アッパーフェンダーの取り付けも、カナヅチで叩いたりして修正します。

錆びてる・・・
4
メタルブラシでごしごし

パーツクリーナーで油分を落として
5
ペンキを塗ります。
6
こうなりました。

これは、きれいになっているのか・・・
7
アッパーフェンダーの取り付けボルトもステンレス製に交換しました。
ここは水の通り道ですので、ボルトの隙間から水が入らないようにペンキでシールしておきます。
8
完成\(^▽^)/

ドアを開けてもすれなくなりました。

イイね!0件




 

入札多数の人気商品!

 

タグ

関連整備ピックアップ

運転席側リヤフレーム付根左右半自動*ヾ■‐๑ )溶接+シーリング

難易度:

運転席バルクヘッド塞ぎのため端✄--- キ リ ト リ ---✄

難易度:

助手席リヤフレーム内側0.8mm+L字ベロ+2.6mm+プラサフ

難易度:

ラバースプレーでルーフを塗装

難易度: ★★

助手席リヤフェンダー内2枚半自動*ヾ■‐๑ )溶接

難易度:

運転席側フレーム内の続き。

難易度:

関連リンク

この記事へのコメント

2010/03/22 01:43:12
私もボルト類を交換する際、無頓着に見てくれと錆び難いからとステンレス製を使ってしまいますが、アルミとスチールを付ける場合、電蝕が発生し易くなり、スチール側が腐食し易くなる結果になります(電位差が大きい)。
良くバイクのエンジン等で、外から観える部分のボルトを上記の理由でステンレス製に変えてしまう事が有りますが、アルミ部品の固定に何故メーカーがステンレスを使わないか、理由の一つに有ります(ステンレス製のコストも有りますが…)。
また、以前ジムニーで左右のボルトがスチール製とステンレス製で違ったカ所の周辺の腐食具合が違っていた事が有りました。

そんなに目鯨を立てて気にする必要は無いかとも思いますが、事例の一つとしてご参考まで…。
コメントへの返答
2010/03/22 12:37:56
お~
そこまで考えませんでした。
この機会にちょっと考えて見ます。
・・・
ん~
アルミとスチールを付けた場合、腐食しやすいのはアルミ側のように思えてしまうのですが・・・
私の知識不足かもしれません(・・;)

貴重なコメントありがとうございました。

プロフィール

「マイカーの色塗り♪」
何シテル?   04/30 00:03
エンジンルームを眺めてるの好きです。 実際にさわるのも好きです。 夜の運転は苦手です。 まあ、ぼちぼちやっていきます。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

お友達

よろしく!

愛車一覧

スズキ カプチーノ スズキ カプチーノ
2009年2月に購入  買って3ヶ月で山に刺さりました。  流れで溝に落ちました。  ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる