車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年01月14日 イイね!
フロントブレーキパッド交換2017年のサンクに関する「お買い物」第一弾は、フロント用ブレーキパッド。

現在、エンドレスのMX72というパッドを使っていますが、もう少し低温時での「効き」が欲しいかなと。


ブレーキの「タッチ」の改善は、マスターシリンダーの大きさか?とも思っていたのですが車検時のエアー抜きなどで、正常な感覚に戻っています。

これに寄って、MX72のパッドも以前の「効き」の感じから向上して、それほど「不満」は無いのですが。。。

オークション~ブレーキ~ブレンボレーシングで検索をしていると、私のキャリパー用のパッドが出品されているのを、1,2年前から発見していました。

出ていたのは、プロジェクトμ製 NS=ZERO(0℃~400℃)の中古とPFC製 83材レーシングパッド
新品x1セット 中古x1セット。


当初、中古品、それとレース用パッド&落札価格設定も高かったので、「ウォッチリスト」にだけ登録していました。
その頃は、このパッドが使える「キャリパー」も他から「出品」されていたので、出品者も落札有りと希望も持っていた感じでした。(笑)

その後、キャリパーなどは出品から消えていったのですが、このパッドだけは残り。。。
「価格設定」を下げて行き。。。
それでも、売れず。。。

「価格交渉」の設定が付いて。。。。
それが、昨年の夏頃?

マイサンク、「入院中」で当然「ウォッチ」のみ。(笑)

それから、半年余り。
マイサンク「復活」(笑)
ブレーキの、「踏力感」も納得できる状態になり。。。

正月にちょっと考えた。(笑)

同じ出品者、三つまとめて、「価格交渉」且つオークションから取り消しの「裏取引」(笑)。
応じていただきました。(笑)

このパッド形状が使える「キャリパー」の大きさは、もはや一昔前の「大きさ」。通称F-3用パッドとも呼ばれているように、軽量車両の大きさの物。
サンクには「十分」過ぎる代物ですが、世間的にはマイナーな部類。

出品者もその辺りの事を考慮して応じてくれた感が有ります。
また「裏取引」によって「落札手数料分」も相手方は浮かせれますので。(笑)
どちらも「Win Win」になれば良いですよね。(笑)



さて、入手したパッド。


先ずはPFC。

レースでの装着率はNo.1らしいです。
うまく、ちゃんと使うと全く持って「減らない」らしい。で良き「効く」様です。
そう行った、温度設定領域で使えばの話のパッドのようです。
「鳴き」はすごいらしい。(笑)
価格もめちゃ高いようです。(笑)
多分、新品の価格は今回のPFC新品の約10倍くらい?(笑)

PFCの中古もパッド残は約半分残っている物。(これが一番安かった)




さて、もう1種類はプロジェクトμ製の NS-ZEROという物。
温度領域は0℃~400℃までとなっています。(MX72は50℃~700℃)
なので、街乗りメイン的なパッドのようです。


自分自身、先ずはそのような物でも十分と思うのと、材質の違いを見たいのに中古でも良いかなと思いましたので。



中古品は、PFC Pμ共パッドの表面の「荒れ」の修正、清掃などの下準備をしてからの装着作業です。



MX72(青色)~セラミックカーボン系と、中古のPμ(緑)~セミメタル系。
MX72は新品装着で11706.6Km走行。
新品時から、約0.52mm減っていました。
そのパッドと見比べても未だ十二分にパッドは残っています。
フィーリングがダメなら、戻せば良いだけ。(そうなればPFCも付けてみるか)




さて、パッド交換。
レーシングキャリパーだけあって、トップの「押え」のピンを外すだけで入れ替え終了です。
もちろん、キャリパー、ピストンの清掃、パッドグリース塗布などの作業は当たり前のように行います。





さて、今年は、各部規定値をちゃんと「管理」しようと思い、ディジタルトルクメーターも昨年末に準備です。

且つ「携帯性」も重視で。
これで約13Kg.cmまでトルクを測定出来、アラームと発光でチェック出来ますので、通常の整備では十分です。
価格も、お手ごろでした。


パッド交換も終了ですが、本日は、全国的に「大寒波」でこの地域も「雪交じり」の天候です。
フィーリングテストは、次回持ち越しです。
Posted at 2017/01/14 21:04:22 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年01月14日 イイね!
2017年も、もう2週間が経ちましたね。(笑)

さて、マイサンクの調子。。。。

先ずは、以前より「雑音」が無くなり、室内がかなり静かになりました。
以前もそこそこ静かなマイサンクでしたが、より静かになり、JAZZとClassicが良い感じで聴けます。(笑)


強いて言えば、「雑音」を後1か所、消す予定。~ちょっとした「干渉」で雑音が出ている所を発見。
次回お邪魔した時かなぁ。



それと、極低速域のトルクが、過去の良い時以上に増した感じです。
1500rpmの少し上でクラッチを普通に繋いでそのまま、アクセル踏まずに走って行ける状態。(2000rpmまで回す必要が全く要りません)
この状態で、「ギクシャク感」も発生しません。
街中の「渋滞」時にすごく運手し易くなりました。(渋滞時の低速時途中半クラが要らない)
クロスミッション化した事で1速がSTD.よりロング(リバースとほぼ同じギア比)となっていますが、それを持ってしても楽すぎる「発進」状態です。(笑)
上の回転域は、前回の進角変更でちょっと面白い状態。クスッと笑えるフィーリング(笑)
123TUNE装着の効果とCO濃度の数値をトルクが出る数値で押さえたのがかなり効果が出ているようです。
この低速領域はかなり「劇的」な変化です。
すごく良いです。(笑)
今回のENG.O/H時のピストンなども効いているかなぁ。


それに合わせて、各部の調整が入る事になりましたが。



そのひとつに、C.S.V.(コールド・スタート・バルブ)が有ります。


現在の走行時の「良い状態」にすると、冷間時の始動時が、全く困難な状態に。(笑)
プラグが、かぶりまくります。(笑)
かかってしまえば、問題無いですが、ENG.が全く「冷え切っている時」は始動困難に近い感じ。(過去に始動不能になるまでの、かぶりは無かったです。)

で、色々、相談している時、他のサンクでも同じ様な事が「発生」していたらしいです。
解決方法として、T.T.S.(サーモ・タイム・スイッチ)の接続(カプラー)を抜いたら、「普通」に始動するようになったらしい。

ちょっと疑いながら試しにやってみた。(笑)

完全冷間時、「普通」に1発始動出来ます。(笑)


マイサンクのT.T.S. 昨年のENG.O/H時に「新品」に交換しています。
T.T.S.本体に本来「問題」ないはずですが、K-ジェトロニックの説明およびサンクのマニュアルの動作時間より、回路がOFFになるまでの「時間」が長いような感じと、それに伴うC.S.V.の「吐出量」もちょっと多い感じで、本来の「回路」での始動時に「かぶって」しまう現象が起きているのでは?と推測されます。
それに加え通常のインジェクターの「吐出量」で冷間時も賄えているという事になります。


T.T.S.回路を作動させないで、C.S.V.の「噴射」も無しの状態で、数日間冷間時の始動テストを行いましたが、全く問題無く始動するのが確認出来ました。
この、T.T.S.センサーマニュアル通りの「正確さ」が無いような感じも有ります。



回路的に作動させなくて必要ないのであれば「外して」おけば良いだけなんですが。。
何かしないと気が済まない「性格」(笑)


で、以前C.S.V.の「強制噴射」をさせる為の「回路」を設計していましたが、これを変更して、C.S.V..の「手動噴射」方式に変えます。

今の所、通常の始動ではC.S.V.は全く必要としていませんが、何かの時に始動時に任意で噴射出来るようにしておこうかなと。
それと、ENG.内で接続してない配線カプラーが有るのも「何だかなぁ~」(笑)という事で。(笑)


回路は、昨年製作していた「C.S.V.強制起動用」リレー回路の一部の接続を変更すれば完成します。(取り付けていませんでしたが)
この時の回路は、冷間時はT.T.S.の働きで噴射、且つ温間時に「強制的」に噴射出来る動作用に作った物。
今回は、「任意」で押している時だけの回路。



C.S.V.の理論的回路図は、1の写真で、ENG.始動時にセルモーター経由で+ラインが、C.S.V.とT.T.S.に入るようになっています。

結果、セルモーターが回っている時だけ「通電」が発生する状態。


冷間時、T.T.S.センサー内部は、GND.に短絡して「通電可能」状態。
セルモーターが回れば、C.S.V.は燃料を「噴射」します。

ここから、セルモーターが回り続けると、T.T,S.回路は、「G」側の回路によって、8秒後または20℃で「熱」を持ってバイメタル回路の「W」側の接点を「解除」する事になります。(K-ジェトロニック本の内容だと)

これにより、ENG.が温まっている場合と、スタート時のC.S.V.の「過度の燃料噴射」をさせない状態を作り出しています。

この辺りは、K-ジェトロの仕組みの話ですから、サンク乗りの方は「理解」されている事と思います。



マイサンクに取り付けてある、「プッシュSW」。

通常は、電源(IG.)OFFの時押せば、6極タコメトリックリレーの#30と#87に「接続」する仕組み。
「強制的」に燃料ポンプを「起動」させる事が来ます。(ウォームアップレギュレーターと補助バイパス回路にも通電します)

ほぼ、使用する事は無い「回路」ですが、夏場でヒューエルアキュームレーターが「パンク」した時はパーコレーションが発生してENG.の「始動」が困難になる時が有ります。

この状態でも、燃料ポンプを「強制的」に回し続けておいて、セルスタートする事で解決できますが、コラムカバーを開けて、6極タコメトリックリレーを抜いて回路の#30と#87を継ぐ必要が有ります。
また、そのような事が出来る「知識」と短絡させる「配線」を持っておかなければ出来ません。

セルモータを回し続ければ、ポンプは回るからと思っている人もいるかも知れませんが、「パーコレーション」を起こしている燃料ラインを回復させるにはかなり「不利」な状態です。

過去に、真夏に「山奥」でサンクを止めて、この状態になり、セルスタートを試しましたが無理でした。
2時間くらい「放置」後も始動出来ず、少々焦りかけた(携帯も届かず)時#30-#87の短絡を思い出し試して見ると、すんなり始動という事から、「緊急用」で設置している物。


この「プッシュSW」を始動時にC.S.V.を「任意」で「作動」出来るように繋ぎ込むように製作。


回路的には、「セルモーター」が起動している時に、「プッシュSW」を押せば、C.S.V.は「動作」する仕組み。

なので、セルモーターからの「G」ラインをリレーSW①のNO.85へ接続。
「W」をリレー②のNo.30へ接続で、リレー②のNo.87をGND.とすれば完成。

但し、リレー①のNo.85へは「G」と並列で「IG.ON」の+を接続しています。
ENG.スタート前の「Key」を回した時点で、「プッシュSW」は「強制燃料ポンプ起動」をさせないようにするために組んでいます。

それと回路的に、+電源が並行して入力する「回路」の為、「回り込み電流」を防止する為にダイオードを組み込んでいます。


電気に「弱い」人は頭が痛くなってきましたか?(笑)
簡単な回路ですよ。

で、マイサンクに組み込んで、動作確認も出来て完成です。
スタート時に「プッシュSW」を押すとやはり、想定通り「かぶり」の症状が出ます。
正常に回路が組めているのと、動作しているという事で確認出来ました。

「押す」機会は無いと思いますが。

Posted at 2017/01/14 19:17:03 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年01月07日 イイね!
2017年も早1週間が経とうとしてます。

さて、今年もマイサンク、色々と触り始めています。(笑)

先ずは、燃調を数値で押さえておこうかなと。

COは低速トルクの無くならない、且つ濃すぎない様な数値を狙って。。。

HCは、燃焼状態が良さそうなので、数値がかなり低く出ています。

触媒無くても「車検」に問題無く通過出来る数値です。(笑)


さて、1000Kmチェック時にプラグホール周辺の「オイル滲み」対策の状態。
通常だと、ヘッドカバーを固定している黒いゴムパッキン辺りから、オイルが滲んで、プラグキャップなどにオイルが付着してしまっています。

そうなる状態は、サンクの「持病」のひとつ。
部品を新品にしても、そう簡単には「止められない」現象です。
それを、ちょっと「対策」すると、オイル気の無いプラグホール周りが維持できるようになります。


以前から気にはなっていた部分ですが、今回の対策で解決出来たようです。
プラグチェック時はいつもオイル気を拭きとっていたのですが、対策後はオイルの「オ」の字も無く良さそうです。(笑)



さて、マイサンク、今年の手始めに「点火」弄りから。

ある二つのデーターの「おいしいとこ取り」をしてみようかなと。

これと


これ


で、こうしてみた。


結果。。。
いいよ~。(笑)
どう良いか?
狙い通りの「おいしい所取り」出来た感じ。(笑)
TUNEならではの「芸当」。且つ、スイッチ一つでもう一つのプログラムに変更で
簡単に比較体験できる。(笑)
TUNE+だとそれが今の所出来ない感じ。
今後、要望などで改善される可能性はあるかな。

さて、今年も色々楽しみまい。(笑)

連休明けたら、また、テストしたい物も到着するし。

いつまで、経っても「やる事」「やりたい事」無くなりませ~ん。(笑)
Posted at 2017/01/07 19:04:33 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2016年12月26日 イイね!
1000Kmチェック&2016マイサンク総括本日、1000Km走行後のチェックの為、工場にお邪魔です。

ENG.O/H、1000Km走行後、タペットクリアランスの再調整と、ヘッドBTの増し締めを行います。
この辺りの数値にも今までの経験則が反映されます。

それと、ヘッドカバープラグホール部のオイルの「滲み防止」対策をしてヘッドカバーを戻しておきます。

ちょっとした事ですが、これでヘッドカバーのプラグホール周りの「オイル溜まり」が無くなります。

サンクのヘッドカバーの取り付けの構造上、滲みやすい所ですが、対策効果は良さそうです。

1000Kmチェック後、給油して、いつもの「峠」を1回だけ走行。
減衰力の変更を試してみます。

姿勢変化を考慮すると、やはり減衰力を掛けて行く方向になる感じです。
「しっとり感」が出てくる感じ?
まぁ、本人が良いと思う所を見つけていく状態でしょうか。

で、2016年の走行は本日で終了です。(ガレージの中では、「作業」は年末まで有ります(笑))




さて、マイサンク2016年総括。

手元にあった日数は、1月1日~13日  5月23日~29日  12月19日~31日の
33日。(笑)
走行日数は、7日間だったと思います。(笑)



走行距離は、購入後最少距離となりましたが、来年以降に向けて色々充実した「整備」が出来ました。




ENG.~
O/Hというよりも新規に作ったに近い作業内容。(ブログには載せてない事も色々ありますので)


燃料系~
K-ジェトロニック(フューエルディスビ、ウォームアップレギュレーター等)のO/H。
昨年は10000Km越えの走行をしている状態の為、内部の固着、異物などは無い状態でしたが、O-リング類交換、また、サンクに使われている「アイアンタイプ」のフューエルディスビの「持病」を改善。
この辺りは、「西の方」の得意とする内容と思うので。(笑)
セッティングは、「無能」でしたけどねぇ。(笑)



電気系~
主にENG.関係の配線の全引き直し。それと、6極タコメトリックリレーの「IC化」による無接点方式の物へ交換。
フューエルポンプへのリレー回路の増設変更など。
硬化と熱劣化による配線の「恐怖」が無くなりました。



足回り~
アームのブッシュ類の交換、ハブベアリングの交換、サスペンションのO/H兼減衰力機能の追加、スタビの反応性の改善、ドライブシャフトO/Hなど。
ミッション周りの「汚れ」がほぼ無くなります。
ドライブシャフトの中の「グリース」は32年経つと、とんでも無い状態になってますよ。(笑)



ENG.以外は、32年間経っている部分の、これが本当の「リフレッシュ」という作業。
特別な「内容」の物はありません。

足回りに関しては、色々「特別」な事をしている車両が工場内にゴロゴロしてます。(笑)
私は、ノーマルにちょこっと追加と交換したくらいの物。

走行メーターは現在147147.1Kmを指してます。(笑)
前のオーナーさん時で約94000Km。
私が約53000Km。


12月15日に車検取って、新規ENG.足回りで1191.3Km走行です。新車ですね(笑)
ENG.も足回りも「シャッキ!」としたのが判ります。(笑)
距離乗って無くても年数は同じだけ経過してます。
距離乗ってても、メンテナンスで初期化できます。
走ってナンボ!のマイサンク。走る為のメンテナンス。(笑)
お飾り車や、世間の勝手に価格上昇などに興味有りません。(笑)
それに、飾ってある車よりリフレッシュさせた方が乗る為には価値はあると思いますから。(笑)

工場で、お知り合いになったサンク乗りの方の中には、「共感」してその辺りの改善に入られてる人もいますね。


「乗る為」に今年は、ちょっと?かなり?随分?(笑)無理もしましたが、来年は楽しく乗れそうです。(笑)
それと、サンクの「知識」また色々学べました。
多分、日本で一番贅沢な「環境」でサンクに乗れていると思います。感謝です。

でも、、、
来年も、まだ「やりたい事」色々出てくるんだろうなぁ~。(笑)
いや、来年は、おとなしく。。。出来るか?(笑)



それでは、お世話になった皆様、良い年末年始をお迎えください。

私は、「仕事」が待っています。(笑)





Posted at 2016/12/26 20:05:25 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2016年12月22日 イイね!
プチ工具今回のENG.O/Hで、新規新調した123TUNE。

前回までは、セッティング用PCを「常時接続」していましたが、必要時だけ接続して設定変更するやり方にします。

PC関係は、フロントガラス部より取り外して、センターダッシュボードの灰皿下ポケットに納めておきます。(4.8インチの小型PCなので全く持って収まります)

USB配線は、車内~ENG.ルームまで残してあり、必要時に123TUNEへ接続すれば確認出来る状態にしてます。

「常時接続」をしなくなった事で、123TUNEのUSB接続部の「メクラBT」を締めておくようにしておきたいと思います。

通常の車の様に、フロントにENG.が有るのとは違い、水などは届きにくい状態ですが
閉じている方が安心です。

この「メクラBT」、対角8mmのキャップBTになっています。

丁度、サンクのENG.ルーム取り付けカバーの固定方法が、同じ対角8mmのキャップBT方式で、サンクの後部右にオープン用8mmヘキサゴンレンチが純正で装着されています。

いままで、常時USB接続状態だったので、閉める時はこれが使えるなぁ~。と思っていましたが、123TUNE単品では問題無く付け外し出来ますが、サンクENG.に装着している場合、「補助バイパスライン」の下側に、この「メクラBT」が居る状態。


隙間はありますが、「ホース」類が邪魔して穴に届きません。
専用にL型のヘキサゴンレンチを買って加工して作るか?とも考えましたが、長い物を買うか、短く加工してやるか、補助バイパスホースがどちらも「回す」時に邪魔な位置にあります。

この「メクラBT]の付け外しの為だけに、この辺りの部分を「外す」様な作業はしたくも有りませんが、マイサンクに使っている、このホースは「シリコンホース」で、以外に「切れやすい、裂ける」物。無理な力はかけたくありません。
このリビルトメーカーのウォーターホースは絶対使いたくない物ですね。(笑)



で、考えた。(笑)
10mmのロングナットとショートナットと対角8mmのフランジ付き6角BTの組み合わせ。




先ずは、外してある「メクラBT]を123TUNEへ取り付ける時、この「プチ工具」の先に「メクラBT]を付けて、ドライバーの様に「手回し」で付けます。
この「長さ」だと補助バイバスホースなどに干渉せずに手を差し込める状態。

で、10mmのメガネレンチと組み合わせれば、「締め」が出来ます。
123TUNEから外す時は、この順番の逆で出来ます。



特徴は、フランジ付き8mmBTを使用している点。
フランジ部が対角10mmより「大きい」ので、この「プチ工具」がずり落ちないようになってます。
この「ずり落ちない」状態が出来る事での「作業性」はかなり向上します。(笑)

ちょこっとした物ですが、かなり役立つ「プチ」が出来ました。(笑)

ちなみにフランジ付き8mm6角BTは、64Ti-BTが有りましたのでそれを使ってます。
(意味なく贅沢仕様です。(笑))
Posted at 2016/12/22 09:16:04 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
プロフィール
「フロントブレーキパッド交換 http://cvw.jp/b/708640/39176076/
何シテル?   01/14 21:04
まっさくんです。2009年初冬に購入しました。色々サンクについて試行錯誤中です。 乗って、走ってナンボ!の面白いサンクに仕上がればいいなぁと。 また、そ...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/1 >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
お友達
ファン
6 人のファンがいます
愛車一覧
ルノー サンク ルノー サンク
みんカラにデビューします。^^ よろしくです~。
過去のブログ
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.