車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年03月28日 イイね!
フロントガラスリペア昨日、TC2000までkim5tさんのサンクのピックアップの為「お伴」(笑)。

別に行きたかった訳ではなく(笑)、ついてきて欲しかったという事で、私の休日に合わせて積車の段取り。(笑)

まぁ、確かに一人で積車のスピードでは退屈すぎますよね。

私も、久々のTC2000。25年以上前かなぁ。。最後に行ったのは。。
TC2000なんて、しゃれた呼び方ではなく、「筑波サーキット」。(笑)
当時と、ぱっと見変って無い感じです。
鈴鹿サーキットなんかは、外から見ても何かどえらい状態に変化していっていますが。

圏央道が開通して、首都高を通らずに行けるようになった所くらいが変化した感じでしょうか。

本人のブログ内容とは少し違う状態まで確認して、お手伝いは終了。
「お駄賃」は今の所昼飯代\920で、「保留中」(笑)。
さて、何に変換させるか検討中。(笑)

こういうドライブも以外に好きな事なので。



さて、マイサンク。

フロントガラスに小さな「飛石」による、欠けキズはそこそこありましたが、今回とうとう「ヒビ」キズが入ってしまいました。




約1週間くらい前に西名阪国道走行中に飛石をもらってしまい、それによるヒビが発生。

未だ、この時期「スタッドレス装着車」がトラックも含めて多いという事で石を飛ばす状態が多そうです。

結構、車間距離を取るように意識していますが、相対速度が上がれば当った時のダメージも大きいです。


これは、飛ばした相手が判っていた所でもどうしようもない事です。

先ずは、車載工具に入れてあったマスキングテープで直ぐにキズの上を覆います。
その後、修理まで、透明なテープで保護しておきました。(汚れ、水分が入ると修理が困難になる為)

さて、修理方法を色々検討してみます。

ガラスリペアまたは、ガラス交換。
保険適用させるかどうか。

マイサンクは、車両保険を掛けていますので使っても良いかなぁとも考えましたが、2012年以降より飛石などによる適用も「事故扱い」となってますので、次回の保険料の割引率ダウン(60%から44%へ)と、日本全国のサンク自体の保険料の増加という事に影響してしまいます。

その為の、「保険」ですから使ってもよかったのですが、今回はガラス交換は見送ってガラスリペアを行います。

キズの大きさ的にも十分に修理が可能という事で、車のガラス専門店に依頼。

作業時間約1時間くらいの修理でした。

作業の感じは、飛石が当った所のガラス部の「欠け」を丸く削って、レジンを浸透させる準備から入ります。(その為の準備で車内よりミラーの取り付け、表より保護シールなど)


それが、終わると紫外線で硬化する液体のレジンを注入する事になります。


レジンを浸透させるために、減圧、加圧などの調整をしながらの作業を行います。

レジンが注入出来たら、流れ落ちを防止する為にフィルムシートを上からかぶせます。


この状態で、紫外線ライトを約5分くらい照射させるとレジンが硬化します。
以前は、ストロボライトの様なタイプで紫外線照射させていたみたいですが、この辺りも日々進歩しているようで、小型ハンディライトの様なタイプになっているとの事です。


仕上げにガラスよりはみ出して硬化したレジンを削り取り、ガラスを研磨すれば終了です。

カメラで狙いを付けて撮影を試みましたが、目では修理個所を見てとれるのですが、接写しない限り写し込める事が出来ないくらいに修理が出来ています。

真ん中の電信柱の上の「雲」が丸くなって映っている所がリューターで削った所かなと。

他にも、ヒビは入って無い状態のガラスの「欠け」は無数にありますので、その個所と比べても判らない状態になってます。

乗ってる以上、飛石は避けられない事ですね。
フロントガラスは、フランスから取り寄せ可能ですし、今回の修理をしていただいた所からも、「純正品」が入手可能か、餅は餅屋さんルートで探していただける手配もしていただいてます。(あまり期待はしておりませんが、リメイク品以外で見つかると面白いかなぁと)

怖いのは、ヘッドライト、ウィンカーレンズ、ドライビングランプなどへの飛石。

フロントガラスより「入手」が難しいかも。(ヘッドライトは、EU使用は簡単に入手できそうですが、UKの様な日本と同じ左走行用ライトは難しいですね)

この辺りは、一応、一通り「確保」していますので。(笑)


いざとなれば、躊躇なく保険使いますからぁ(笑)

みなさんも、「ご安全に!」(笑)


Posted at 2017/03/28 20:13:48 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2017年03月08日 イイね!
ブリーザーアッパー側ホース交換マイサンク、Total 約3000Km走行でオイル交換後の作業。


この時期、特にENG.始動時はブローバイガスに水分が多く含まれます。

ノーマルの配管だと、ヘッドカバーのオイル注入口の所からエアークリーナBOXへブローバイガスを戻す様になっています。
その途中で、T字ジョイントパイプでスロットル側にも接続されています。



オイル交換ついでにブリーザーホース(ブローバイホース)内の清掃も行います。

O/H後からの走行距離がまだ少なめですが、ホース内にはブローバイガスに含まれるオイルと、蒸気(水分)とで出来たスラッジマヨネーズが付着しています。



清掃と思って外したホースですが、ジュビリバンドの締めつけ部に亀裂が発生していました。


表面だけなら未だ使えるのですが、ホース製造時の内部の補強クロスも切れてしまっています。


この切れる状態。
4回目?かな。
毎度切れた部分を切除して使用していましたが、今回の亀裂の除去をすると、さすがに短くなりすぎました。(笑)


という事で、「予備」として過去に購入していたブリーザーホースセットから新品を使用します。

これでまた、3回くらいまでは「亀裂」が入っても対応できます。(笑)



多分、サンクオーナーの中では、ホースの「脱着」は一番多いと思われます。(笑)
それゆえ、こんな状況が起きる可能性も有りますが、この「部分」昨年のENG.O/H時点で「亀裂」があった為、除去して取り付けていた所。


変色具合からしても、ブローバイガスが流れる所のホースは傷みが早くダメージも受けやすいのかも知れません。

この部分は、耐油ゴムホースに換えても良いかも知れません。
以前、オイルキャッチタンクをテスト的に取り付けていた時に準備したホースも有りますので色々対策は出来るようにしていますが、とりあえずは、ノーマル配管のままで。


脱着回数が多くなければ、こうなりにくい物なのかも知れませんが、ENG.とIC.を繋いでいるシリコンホースは、これ以上にIC.の脱着を繰り返していますが、「亀裂」が入った事はありません。



ホース自体の「質」にも問題がありそうと思います。

で、このメーカー、冷却ホースも製造してリリースしています。


マイサンクは、冷却系は純正品、または同等品のゴム系のホースを使っています。
この、メーカーの冷却系のシリコンホースは、正直使おうとは思えません。(笑)


ブリーザー系ホース(バキュームラインなども含む)は、「圧力」はほぼ掛からないと思いますが、
冷却系は、色々な意味で「圧力」がかかる状態があります。(経路内にエアー噛みが存在している様な場合)
また、ホース自体も新品時よりクランプ部分も「痩せ」が発生してきますから、バンドの「増し締め」は必須となります。


バンドの締めた所から「亀裂」が発生するシリコンホース。
絶対、冷却系にはこのメーカーの物は使いたくないですね。(笑)


それと、丁度今のこの気温の低い時期、全ての物体積が小さくなっていますから、特に冷却系の「漏れ」が発生しやすい状態です。

ゴムホースでも、特に古いホース類、気温低くて、硬化状態且つ縮んでいる状態。
今の時期に、バンドの「増し締め」をするのがトラブル防止になると思いますよ。(体験談より)

その為には、車を止めている床の「観察」は大事かなと思います。
液体類は、必ず「下」に落ちますから。
Posted at 2017/03/08 16:51:29 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年02月25日 イイね!
本日の作業~ルームランプ編さて、この地域もしばらく雪の日が続き路面コンディションも良くなかったのが、雨に変わり、いつもの「峠」も道路わきに雪が残るくらいの状態になってきました。

雨も降ってくれたことで、道路の融雪剤も流れてくれましたので、10日ぶり(笑)くらいのサンクの運転。

マイサンク、「始動性」はすこぶる調子も良く、アクセル触らずにほっといて暖気が出来る、「普通」の状態になってます。

過去から見れば、格段に良く安定性も増したのですが、これが本来の調子という事とは思いますが。

トラブルの、克服の経験が、もし今後また調子を崩した時の助けになると思います。

サンクの調子は、色々な所が微妙なバランスで成り立っている様な車と思います。

現代車には無い微妙に完成されていない所(笑)、その辺りも、この「車」の魅力の一つかと思います。



さて、本日の作業。

ルームランプ。

Turbo2は、運転席側、助手席側のドアの上にルームランプが付いています。

で、ランプの透明な「カバー」を前側にするとドアの開閉に連動。
中立でOFF。
後方に倒すと、常時点灯となります。




で、マイサンク、常時点灯は出来ていたのですが、ドアの開閉時の状態で今まで点かずじまい。

相談をしてみた所、ドアの開閉時のスイッチの接触不良との答え。
その辺りは、何となく察しが付いていて、トルクスビス1本で止まっているので外して見た事があるのですが、ボディーの「穴」からスイッチが出てくるような感じではなかったので、マイサンクの他の「不具合」の優先で今日まで、ほったらかし状態(笑)。

単純な構造で、アース線が外れているか、接触不良という事で、「穴」からの抜き出しを教えてもらうも、ドアスイッチは「正常」な状態。

となると、ルームランプ本体側に「原因」がありそうです。
常時点灯で問題無く点いているので(過去にも外してチェックした事あり)ドア側のスイッチと思っていましたが、「通電チェック」をするとドア開閉時位置でランプに電気が来ていません。

スイッチ自体の構造はすごく簡単な物で、切り替えスイッチとなるランプの透明な「カバー」を前方、後方に倒す事で、Φ3mmx15mmほどの銅または真鍮製と思われるピンが移動して接点を切り替える構造です。

常時点灯側では通電していたピンですが、ドア開閉側にすると「汚れ」の為通電が発生していない状態でした。

それも、運転席、助手席とも同じ症状。

なので、このピンの「汚れ」を取り除くことで、無事ルームランプがドアの開閉時に点灯するようになりました。

で、ちょっと感動したのが、運転席、助手席ともドア開閉時点灯位置にして置くと、運転席側のドアを開けても助手席側も「点灯」するという、当り前なのかも知れませんが、そういう仕組みになっていたのかと。(笑)

ルームランプは、各々のドアだけに反応する仕組みと思いこんでいたので、片側のドアで両方のランプが反応してくれたので、ちょっと新しい発見でした。

「仕組み」は「単純」な事が多いですが、ちょっとしたことで反応してくれない。
こういう事も、経験したか否かで次のトラブルに対応できるかどうか、大きな「差」となってくるかなと。



本日の作業はこれにて終了ですが、昨年暮れに工場で色々相談していた「物」が出てきました。



ぱっと見「何ぞや?」



それでは、詳細を。(笑)


メーターコラムカバー(上部新品)



メーターコラムカバー(下部新品)



センターコンソール(極上の中古(笑))



パワステスイッチ取り付け部(程度上物の中古)



メーターコラム部スイッチ(新品)




マイサンクは’84式なので、コラムカバーが「黒」ではなく「茶色」で、今回入手したのは「黒」で且つ、今すぐ使う必要性も無いのですが、といあえず、押えておきました。(笑)
黒のまま装着でも良いし、’84式まではカバーが塗装されていたようで、色合わせしてからでも良いしで。
それか、ダッシュボードまで換えるか?(笑)


コラムカバーは新品は、そう易々とは見つからないと思います。
上下を固定する「爪」が折れるんだよね~。
何回修理した事か。(笑)

それと、劣化で「ヒビ」も発生する事があるんですよ。
目立たないうちに修理修正してますが、将来的に不安な状態がありましたので、ちょっと「相談」してみるとこうなりました。(笑)



私の、時代で使う時が来るか、単品で放出する時が来るか判りませんが、「チャンスは前髪だけ」ですので。(笑)

ん~いかん、いかん。
今年は、無駄使いしない方向で行かねば。(笑)

皆さんは、私が工場に、「お邪魔ばかり」して仕事が進んで無いようになるのでは?とお思いでしょうが、その通り!(笑)
でも、結構「貢献」は、しているんですよ。(笑)

Posted at 2017/02/25 23:58:31 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年02月24日 イイね!
無点灯の車。

先日、雨の夕暮れ17時頃。
サンクよりは、「若い」車ですが、それでも25年落ちの車で走行中。。。(古いの好きなんだなぁ(笑))

だいぶ日没が遅くなったとはいえ、雨も降っているしで、絶対ライト付けていなければいけない様な状況。
晴れの日の日没時刻より暗い状況下。

名阪国道の走行車線を走行中、追い越し車線へ移動しようと車線変更の準備をする為、バックミラー、サイドミラーで後方を確認。

雨の中の走行の為後方視界もあまりよくない状態。

バックミラーには、かなり後方のトラックのライトが映し出されています。

が、なんか「違和感」。

バックミラー越しに見るトラックのライトの幅の中に、「黒い物」が居るような、いなさそうな?

トラックはかなり後方でしたが、車線変更をするのは難しい位置に「無灯火」の車。

スモールライトも付いていません。
で、追い越し車線を100Km/hくらいで走行!!~たまらんわ!(笑)


車線変更前に気が付いて、「無灯火」の車をやり過ごしてから、車線変更を完了しましたが、
他にも、無灯火、スモールのみでの走行車、「多いわ」!!

そういう車を良く見ると、年式はかなり新しい車種が多い事に気が付きました。

最近の車のメーター回りは、「発光ディスプレー」方式で、いつでもメーター回りは明るく表示されている事が多い。

それによって、周りが暗くなった時(トンネルなど走行時)も、メーターが光っているから、ライトを付けていないのに気付いていない感じ。

この時は、雨も降っていたのでライトを付けていても、思いのほか前方を照らしている感が少ない為、なおさら気付いていない。

「普通車」あたりだと、「オートライト機能」が付いている可能性がありそうですが、「軽自動車」はその機能が付いていない車種が多いのか、軽自動車の新しい目の車の「無灯火」が断然多い感じ。

国もやっと気が付いて、「オートライトの義務化」が決まったようですが、今走っている車のメーター部が発光ディスプレータイプの物は、何とか、ドライバーが気付くような方法か、後付けの「オートライトシステム」を付けてほしいですね。

この辺りは、メーカーさんも何か考えてもらわないと、あぶなくて困ります。(笑)

そこで、参考となるのがサンクのメーター。

スモール点灯時



日本車のメーターでは、見かけた事が無い「表示」がひとつ付いています。

それは、ヘッドライトの「ロービーム」時の点灯表示。



「ハイビーム」時は「青色」ですが、「ロービーム」時は「緑色」で点灯を表示してくれます。


ハイビーム+フォグまたはドライビングランプの点灯時表示

最近の新しい車こそ、ライトを付けているかどうか、ドライバーに「認識」出来るようにするか、「強制点灯」するようにしないと、車が良くなりすぎて、車に頼りきっているドライバーが増えてきていると感じます。


ちなみに、Turbo1は、現代車同様、メーター回りの「照明」は常時点灯ですので、トンネル内とか意識して「ライト点灯」して下さいね。(笑)
Posted at 2017/02/24 16:12:46 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2017年02月01日 イイね!
サンクのワイパーですが、年代、T-1,T-2関係なく「ワイパーアーム」の形状に種類が有る感じです。
それこそ、生産時に「あり合わせ」で付けたような、統一性の無いワイパーアームです。(笑)

ちなみに、マイサンクは、アームには「マーシャル」の刻印が付いている「羽付き」の物で、ワイパーの取り付け方法は、アームにまっすぐに差し込むタイプの物。
やっぱ、「羽」はあった方が引き締まりますね。(個人的意見です)
EUにもそういう方が多そうで、「羽」だけリメイク品で出てたりもします。

ワイパーの銘柄は、Bosch インポートマスターTW34(340mm長)の物を3本使用してます。

ワイパーの長さももまた、サンクによってまちまちなので何とも言えませんが。

これより長いと、フロントガラスよりはみ出している車体も見ますし、短いとこれまた変な状態。
どれが正解で、純正の長さも知りませんが、マイサンクは同じ長さの3本で対応出来てます。



で、昨日小物買いでカー用品店に寄った際に、Boschのワイパーコーナーを覗いてみたら。。。
TW34(TWシリーズ)が廃版となっており、TW34に相当するのがU340という風に変更されていました。

大体ワイパーアームはU字型の取り付けが多く、TW34もU字タイプ(リアはこのまま使える)でフロントの使用時にワイパーアタッチメントを「ストレート差し込み」タイプに交換して使うように、マイサンクはなっています。


リアは付属のUフックタイプで装着



で、U340に、ストレートの差し込みが使えるかどうかが不明な所と、Boschのワイパーカタログ2016-2017版にサンクに合うのアタッチメントも、すでに載っていません。

カー用品店からBoschジャパンへ問い合わせしてもらったら、TW34のメーカー在庫は既に無いとの事。
各ショップの手持ち分らしいという情報。

最悪U340でいけそうですが、、ちょっと「ブサイク」なワイパーになってしまっています(笑)。
剛性を上げるためなのか、両端の仕上がりが、囲って有るのと、またそういう形状だと、ゴムのみの交換が出来そうに有りません。
U字フックタイプのワイパーアームならそれで問題無く装着できる物です。

ストレートの差し込みアダプターの予備品は、確保してましたが、ワイパーが「廃版」になるとは思っていなかったので、急きょネットで探し始めると。。。。

大半のショップが「メーカー取り寄せ」扱い表示。(笑)


マイサンク状態で言うと340mmの長さが、運転席側、助手席側、リアハッチ共、ちょうどいい長さです。

必要と思う人は早めに探して見た方が良いかも。

とりあえず、ネットショップ内で在庫があったのは、連絡取って買い付けてしまいました。(笑)
もっと探せば見つかるかも知れませんけどね。

イベント参加時の雨の日以外は、多分わざわわざ雨の中を走らせることも無い車ですが、ワイパーも重要保安部品ですからね。

また、イベント参加表明してて、雨が降ったから乗って行かない,他の車で行くなんてことは、常識的に他の参加者を侮辱する様な行為と思ってますので。

サンクは、「屋根」も「ワイパー」も付いている普通の車ですし、雨くらいで錆びるようなメンテはしていませんので。(笑)

そういう時にいざ動かそうとしたら、ゴム切れて「ビロ~ン」なんて言うのもね。(笑)
やっぱ、各箇所整備は大事にしておかないと。


お探しの方は、ご健闘を祈ります。(笑)
U字フックタイプなら、全く焦らなくてもいい物ですから。
マイサンクタイプは、少し考えておいた方が良いかも。(笑)

それと私が探していたのはTW34というタイプのみですから。他のサイズを使用されている事については、関知しておりません。(笑)

国外ならあるのかも知れませんね。
我が知り合いには、パーツスペシャリストも控えていますから、そんなに焦ることも無かったのですが、国内はもうすでに「枯渇」状態だったとは。。。。(笑)

サンクに関する事は、日々、情報収集ですね。
Posted at 2017/02/01 22:37:13 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
プロフィール
「フロントガラスリペア http://cvw.jp/b/708640/39528390/
何シテル?   03/28 20:13
まっさくんです。2009年初冬に購入しました。色々サンクについて試行錯誤中です。 乗って、走ってナンボ!の面白いサンクに仕上がればいいなぁと。 また、そ...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/3 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
お友達
13 人のお友達がいます
*とってぃ**とってぃ* kim5tkim5t
abrse037abrse037 bozianbozian
10G10G sykr5brusykr5bru
ファン
6 人のファンがいます
愛車一覧
ルノー サンク ルノー サンク
みんカラにデビューします。^^ よろしくです~。
過去のブログ
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.