• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2014年06月29日

本日の作業 ラジエターファン交換

本日の作業 ラジエターファン交換 今日は、まず、ルノー四日市さんへ注文しておいたパーツの確認。



店長のKさんにメール注文しておいたのですが、大量のメールのため確認できておらず。^^;



改めて、注文。いつもしょぼい部品とかマイサンクで行っても、オイル、フィルター持込のピットまでお邪魔して、メカニックのMさんと2時間掛けてオイル交換している非常に「儲けにならない」ユーザーのため(笑)、こちらも恐縮なのですが。



珍しい車ということで、いつも歓迎してくれてます。感謝です。



パーツも私の車用ではなく、知人2名の点火系いたずら用に用意しておこうかなパーツ。



行って、その場で注文してくれて、明日には入ってくるとの事。発注してなかったから、自宅郵送しましょうか?までおっしゃいっていただきました。
また、改めて、引き取りにきますで、ルノー四日市さんを後に休日2週連続3回目のラクーンさんへ(笑)向かいます。



前回、スロットルバルブ調整を行って、アイドル近辺の調子は良くなっていますが、ファンを起動させると少しアイドルが下がり不安定になる傾向は続いてました。


前回のお邪魔したときに、ラジエターファンのサイズをお聞きしていて、昨日アマゾンより到着。
基本12インチ(300x320)くらいのサイズらしいのですが、価格もピンきり。

まず、マイサンクは、購入時からラジエターファンは純正から変更されていまして、サイズ違いのファンが2基搭載されています。


「メイン」と呼んでいるほうがφ300mm位の物。「サブ」と呼んでいる物が8インチ(φ210mm)位の物。


「サブファン」は運転席左側、純正のドアミラー調整スイッチ横に「ON/OFF」のトルグSWで起動できるようになってます。


「メインファン」はラジエターのサーモSWでの自動運転と、マイサンクにはバックフォグが無いので、そのSWを利用して、強制ON/OFFができるように前オーナーさん時に改造されてます。


と、言うことで、ラジエタファンは任意で2基ともON/OFFできるようになっています。

で、「メインファン」ですが、問題なく回るのですが、購入時当初から停止時、手で羽を回すと明らかに「重い」。


「サブファン」はカラカラカラ~と抵抗無く回ります。


なので、「メインファン」は動いてはいますが抵抗で無駄な電気を使っていそうです。
「メインファン」もサブに続きサーモSWより前に強制起動掛けることが結構あり、ファンの抵抗による起動時の突入電流がかなり大きいのでは?と推測されます。

リレーを介して配線されてますので、問題なく回りますが抵抗の分余分な電気を喰って、アイドル付近の不安定さを招いていそうな気がします。

「メインファン」を切るとアイドルも軽くなった感じで楽に安定するところからも、ちょっと交換したほうがよさげかなと。


今回のラクーンさんへの訪問は、ラジエターを外すためのアドバイスと、購入したファンがラジエターにフィットする大きさかどうかの確認のため訪問。~したつもりでした。(笑)

ラクーン社長と色々話していたら、「今日ここでやる?」と、私の心の中を見透かしているようなご発言(笑)があり、それではと、いそいそと交換の準備にはいらさせていただきました。


このとき、名古屋ナンバーのサンクオーナーさんとお会いし、また新しい出会いもありました。
みんカラ等ブログのチェックもされているようで、123TUNE、クイックシフト等にも興味をお持ちのようです。
マイサンクのシートに座ってシフトチェックされてました。(笑)~多分、いや絶対付けちゃうな(笑)


さて、ラジエター外しは、やりづらいですが最小限の周辺部品(ライト、フロントグリル)のみ外して脱着。


車体の後方をジャッキアップさせて、クーラントも全抜き作業です。


ファンは、古いの外して新しい物を付けるだけですが、「サブファン」も15mmほど外側へ移動。

NEW「メインファン」は外形の一部を削って、少しでもラジエターコアに近くなるように加工です。



ラクーンさんでいただいた、アルミのアングルに穴あけ加工して、取り付け、後方シュラウドの下部のBT逃がし加工くらいの作業。




一見簡単な作業なのですが、「設備」と「道具」が整っているからこその作業です。
同じ事を家でやろうとすると、このような短時間では無理です。
それと、抜いたクーラントの処理が大変。
マイサンクを維持するのに本当に感謝です。


「メインファン」交換後、ラジエターAssy.を車体に戻して、通電チェックと「水張り」です。


で、水張りですが、サンクの「ラジエターキャップ」だけは絶対開けないこと!というくらい開けてしまうと「漏れ」が発生する確率が高いので、ここだけは触ってはいけない部分のようです。

「水張り」の方法は、クーラントのリザーブタンクより給水して、ヒーターコア、エンジン側のエアー抜きバルブよりエアーを抜いて貯めていきます。

ほぼ「全抜き」に近い状態までクーラントを抜いていたので、9Lくらいは入った感じです。
エアー抜きバルブより、最初の水が出てくるまで10分くらいはかかった感じでしょうか。

ここからエンジンを掛けて水温を上げて循環させた後、数回エアー抜きを繰り返します。

ラクーンさんのところでここまで作業して、帰路に着きます。
自宅で、細かい配線のまとめや、再度エアー抜き作業(本日放置プレー中 笑)を実施。

「メインファン」はやはりファン交換後は電圧の落ちこみは軽減された感じがします。
最近のファンは、スタートが、ジワ~っと回転が徐々に上がっていくので電圧の低下も少ない感じがします。
交換したファンは停止後も惰性での回転が20秒くらい続いています。

明日は無理かな~? 数日以内にテスト走行してみたいと思います。
ブログ一覧 | 日記
Posted at 2017/10/09 08:57:48

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

関連記事

S14シルビア 電動ファン取付 他
wakasaminatoさん

闇の深いこと
akaiakumaさん

まさかの冷却ファン故障
たまヴァリさん

2015 マイサンクENG.O/H ...
まっさくんさん

インテグラ ラジエーター交換♪
855Rターコイズブルーさん

電動ファンモーター逝く
柊@戦人さん

この記事へのコメント

コメントはありません。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「2017年乗り収め&ちょっと整備 http://cvw.jp/b/708640/40899494/
何シテル?   12/27 20:07
まっさくんです。2009年初冬に購入しました。色々サンクについて試行錯誤中です。 乗って、走ってナンボ!の面白いサンクに仕上がればいいなぁと。 また、そ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/1 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

お友達

ファン

11 人のファンがいます

愛車一覧

ルノー サンク ルノー サンク
みんカラにデビューします。^^ よろしくです~。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.