• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

まっさくんのブログ一覧

2011年07月21日 イイね!

ハンチング再発→収束

台風も過ぎて、17時ごろからサンクでお出かけ予定で。


ついでにNGKのプラグも再度試してみようと装換。



エンジンかけて、しばらくするとハンチングが再発。

点火モジュール外してからは出てなかったのに~。^^;

絶対NGKのプラグだ!!と再度イリジウムに交換。

エンジン再始動。~ハンチングが出てます。



さて~困ったもんだなぁ。


DACハウスさんへ連絡。

PC上で電流値とかどれくらいか?と聞かれ、PC立ち上げてエンジンかけて、3.2A~3.4Aくらいですかねと話をしている時はハンチングが出ていません。


またまた再現ができない状況でのハンチング問題が起こったのかと思い。
さて次はどうするかと思案してましたら、

ハンチングが発生した時PCを起動してませんでした。????

PCを起動はしてないけどUSBケーブルは接続中。



まさかそれでハンチングが起きることはないでしょう?と再度PCをシャットダウンしてUSB接続状態でエンジン始動。

ハンチングでます。でも、前の点火モジュールのハンチングとは少し状況が違うみたい。



タコメーターのみに異常信号というか信号が一部断線している感じ。
エンジンは失火している感じは有りません。

PCからUSBケーブル抜いて再度エンジンンかけると問題無くちゃんと何事もなくかかります。



DACさんも知らなかった事実のようです。
もしかしたら、サンクだけの問題か、PC(VISTA)との相性か?



新しい事実の発見です。

TUNEはUSBをPC接続で有ればPCを起動、そうでなければPCからUSB接続を外しておくということですね。



確かにPCのデバイスマネージャーでは汎用のUSB周辺機器の表示ではなかった感じで、PC起動してからTUNEのUSB接続をしても認識しない状態でです。

最初にTUNEとPCをUSB接続してからPCを起動しないとTUNEと通信ができません。


この辺りがPCを起動してなくてエンジンを始動した時に悪さをしているのかなと思います。


一応、原因が判ったので、PCを起動せずUSB接続無しでエンジン始動でお出かけです。

問題が発生することは有りませんでした。


お出かけといっても、新しい「讃岐うどん」屋さんができたので食べに行くだけだったのですが、いまいち「こし」と「硬さ」とを理解できてない麺の「硬さ」でした。

後、うどん屋の名前が「伊予製麺」???
「讃岐うどん」屋なのに伊予?
伊予って愛媛県のことですよ。

せめて、香川県の地名を取っての名前の方がいいんでないか?
この店、チェーン展開しているお店のようで、香川県の地名使い果たしたか?(笑)

場所によってはこの店いい感じのうどんの「こし」出しているんですけどね。


ここは、近いけどまだまだいまいちかな。
アンケート用紙有ったから意見を書いて。
近いからもっとおいしいうどん屋さんになってもらいたいです。

サンクは、NGKのプラグテストはまたもや持ち越しです。
でもかけた感じがやはりイリジウムの方が軽い感じのかかりかたしたような印象があったからやはり値段の違いはあるのかな。


ホント、TUNEは色々テストしてますよ~って感じです。
もっと、メーカーさんの方がトラブルシューティング情報を持っててもらいたいですね。


かなりこの辺りメーカーさんに貢献?してます?
Posted at 2017/09/27 21:22:01 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2011年07月15日 イイね!

買っててよかった。

買っててよかった。色々エンジンルーム内をごそごそ作業してましたら、上蓋のステー用プラスチックフックが折れちゃいました。



以前、たかしさんに教えてもらって手元に最近来たパーツ。
買っててよかった~。


左右とも新調します。
外すのは、プライヤーとかで「えいや~と~」でもぎ取れますが、プラスチックの一部のパーツが蓋の中の隙間へ落ちて残ってしまいます。

上蓋を振ることもないですが、右に左にコロコロと転がる小さな音がします。

細いマイナスドライバーと小さなニッパーで小一時間格闘して、4個の破片を中から回収。

取り付けも簡単なんですが、プラスチックピンを押し込む時に少し注意が必要な感じです。

ホルダーの方も折れていて、同時に購入してますが、こちらはこのプラスチックホルダーは使わず金属製の配線を固定する金具を利用していますので今のままの状態で。

雰囲気的に交換した様子はなさそうですので27年間は頑張っていた感じです。
Posted at 2017/09/27 21:18:36 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2011年07月15日 イイね!

レヴリミッタ―

本日も引き続きサンクの耐熱走行テストを実施。


今日は、12時まで。



朝一の始動性から、途中走行停車後の始動性まで問題無く、今の所熱による弊害はなさそうです。


むろんハンチングの発生も皆無です。



今日は少し上までひっぱってレヴリミッタ―の作動域まで回してみました。

今の所TUNE設定で7000rpmで作動するようにしています。

ノーマルではタコメーター読みで6250rpm辺りでリミッタ―が作動していたと思います。


ノーマルのリミッタ―の作動の仕方は全気筒失火状態になりますので急激に減速が掛る様な感じと回転が下回ればまた点火する状態になり、「バッバ、バッバ」って感じのいかにも「失火させています」状態になりました。



今回TUNEでは2速3速でリミッタ―が作動する所まで回しますと、体感は少し回転の伸びと速度の伸びが鈍くなった感じくらいで、タコメーターを見ていると作動領域に入ると6000rpm辺りまでス~と回転が下がる様な動きを見せます。


TUNEの説明によるとリミッタ―カットはランダムスパーク失火だったかな、
何かエンジンにやさしい失火状態を行うようです。

実際、作動させてみてもノーマルのような「バババ~」って感じの音やギクシャク感は無かったですからランダムに点火をカットしていると思います。


設定は任意にいじれますから、もっと下の方にセットポイントを移してフィーリングを確かめてもいいかもしてません。


使えば納得のTUNEです。
Posted at 2017/09/27 21:16:35 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2011年07月14日 イイね!

絶好調かも。

絶好調かも。TUNEを元に戻して、PCつないでPCの回転数と進角表示で基本データ通りに合わせ直します。


進角がディジタル+小数点1ケタまで出ますから、タイミングライトよりは確実に正確な位置にディスビの位置を決めれます。



そんなことしてる間にノーマルのディスビに戻す段取りで注文してた、ダイヤルゲージや、マグネットスタンドや、その他測定用パーツが届きました。

ん~しばらく使うことはなさそう^^;(悲)。
まっ、腐るものでもないし何かで活用できるでしょう。



初回の取り付けよりも自分なりにきちっとディスビの位置を出したので、
今の所、進角はノーマルのままで、前みたいにアイドルで少し進めなくてもいい感じです。


ディスビ自体が前回よりも進角している位置で止まってますから、前が少し遅い方向になって固定されていた分進角に手を付けなかったのかも。


まだまだ、やっとトラブル要素と思われる物を排除出来てでのテスト段階に入ったばかりですから、少しずつ変化はさせてみようとは思います。


今日の、この天気のいい夏日よりの11時から14時まで高速、下道、峠道走りこみです。

峠道登りきったらラジエターファン2基とも回りっぱなし位水温が90℃ライン超えて表示位までいってます。

1つ目の峠はサブファンのみONしてメインはサーモで起動させたので、峠の上で停車した時は2基とも回る状態でしたが、2つ目の峠は峠手前から2基ともファンを手動で起動させて登っていけば、峠頂上では水温は80℃くらいで納まってました。


それくらい温度をエンジンにかけて30分くらい放置しての繰り返しを行いましたが、ハンチングのトラブルは発生しませんでした。


排気音に関しても点火モジュールが付いていた時はTUNEに換えた時音が少しこもる感じになっていたのですが、TUNEのスパークバランシングの影響かと思っていましたが、点火モジュールを外した状態では、排気音は以前の感じに戻りましたのでそのあたりにも影響があったのかなぁと。



純正の、点火モジュールは熱に弱く壊れやすいと聞きましたので、逆にそれを取り外してもTUNEはエンジンがかかりますから、ノーマルの点火系の不安定要素2個を排除出来ましたので、後はTUNEがどれくらい熱に強いかを確認していきます。


今日もこの気温の中全く問題なく点火モジュールを外したことで正規の状態にもなった意味合いが大きいとは思いますが、もうひとつアクセルと回転数の上がり方がダイレクトになった感があります。



この夏を乗り越えれば、TUNEの信頼性はかなり上がると思います。
PCで温度表示を確認しててもディスビは75℃くらいまでしか上がっていませんでした。

これくらいだとTUNE、123Ignitionは全然問題にならない温度といってましたから大丈夫と思います。

あくまで、ディスビ内部の温度ですからエンジンルームはもう少し高い温度領域に有るとは思います。

プラグの焼けも#1~#4までバラつきもなく安定した状態ですし、停止後放置してもかかりが鈍くなることも有りませんでした。


サンクよりも運転している人間の方が先にバテそうです。
でも、街中の渋滞ならかなりきついでしょうけど、今日はさほど暑さを感じませんでしたね。
Posted at 2017/09/27 21:14:15 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2011年07月10日 イイね!

熱対策

熱対策せっかくTUNEを外しましたので、前回よりもきっちりと隙間を埋めての熱対策もしときます。


123Ignitionボディを改造してTUNEになっていますので、この隙間をふさいでおこうと。



前回は、エンジンに取り付けたまま、ふさいでいたのであまりうまく施行出来ていませんでした。


今回、こうなって外すことになりましたから、心置きなく気が済むように隙間を防ぎます。

少し硬めのスポンジで隙間を埋めてから、アルミテープで3重に貼っていきます。

オープン状態の方がいいのかふさいだ方がいいのかはまだ判りませんが、中身が見えてるディスビは無かった気がしますので。
Posted at 2017/09/27 21:09:45 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「2017年乗り収め&ちょっと整備 http://cvw.jp/b/708640/40899494/
何シテル?   12/27 20:07
まっさくんです。2009年初冬に購入しました。色々サンクについて試行錯誤中です。 乗って、走ってナンボ!の面白いサンクに仕上がればいいなぁと。 また、そ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2011/7 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

お友達

ファン

11 人のファンがいます

愛車一覧

ルノー サンク ルノー サンク
みんカラにデビューします。^^ よろしくです~。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.