• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
【業界初!保安基準適合 REALワイドトレッドスペーサー】 ※2015.11現在



【LINE@KSPでお得情報を配信中】




【KSPウェブショッピングサイト】




【KSPリアルタイム情報満載】



【ヘッドライト光軸コントローラー 作動イメージ動画】


KSP-ENGのブログ一覧

2017年09月17日 イイね!

Gクラス ゲレンデ フロントアクスル系リフレッシュ作業

Gクラス ゲレンデ フロントアクスル系リフレッシュ作業



こんにちは。。


台風近付いてますね・・・

みなさん気を付けてください。。





最近はゲレンデの作業もすごく多いです。
毎週のように作業で入ってくるので、こんなにもゲレンデは多いのかとビックリしますね。


スペーサーの取付が圧倒的に多いのですが、

それはやはり、ゲレンデ専用スペーサーを販売していますからね!!




専用設計でハブセンターもきつめに公差をつめていますので、
車輌にもホイールにもキッチリです。
公差のつめがあまいと、ハンドルのブレに繋がりますからね。。

そしてスチール製で製作していますので、ゲレンデに安心して取付出来ます。





さて、今回のゲレンデはスペーサー取付ではなく、車検とフロントアクスル系のリフレッシュです。



車検ご入庫時はアームのブッシュ交換をご希望されていたのですが、
点検の際、アームブッシュはそんなに傷んでいなく、
フロントアクスル系のブッシュやブーツが切れていたので、こちらの交換をご提案。。


それではそちらをお願いします。
とご依頼頂きましたので、交換させて頂きました。。

いつもお任せ頂きありがとうございます(^-^)






それでは作業です。。




まずは、フロントアクスルタイロッド交換です。
タイロッドのブーツがボロボロになってきてます。




ステアリングダンパーもヘタってきているので新品に交換します。




このフロントアクスルタイロッド、左側のエンドはバラの部品で交換出来るのですが
右側は一本物なのでASSYで交換しました。






次は、ステアリングリンケージですが、こちらもタイロッドエンドのブーツがボロボロです。




こちらは、タイロッドエンドだけの交換が左右とも出来ます。(^^ゞ






そして最後に、ラテラルロッドのブッシュ交換です。






プレス機でブッシュを抜いて、新しいブッシュを圧入します。。



あとは車輌に組んで作業完了です。。


いつもありがとうございます。


最長24回金利ゼロ0!ネットからの簡単スピード申込!
メンテナンス専用クレジットのご案内はこちら

http://minkara.carview.co.jp/userid/711133/blog/40385340/








KSP LINE@を始めました。

もちろん登録料・維持費などは
一切かかりません。無料です。
こちらの登録も是非お待ちしております。


求人情報です。
kspエンジニアリングでは商品部正社員スタッフを募集しています。
新商品の企画や販売、マーケティング活動など自分のアイデアをリリースしてみませんか?
ある程度車に知識のある方や車好きの方で興味のある方はご連絡お待ちしています!
kspエンジニアリング商品部
連絡先 042−569−2930


Posted at 2017/09/17 16:18:24 | コメント(0) | トラックバック(0) | W463 Gクラス | イベント・キャンペーン
2017年06月20日 イイね!

W463 Gクラス 2017モデルG350dへスペーサー取り付け・・・なのですが!?

W463 Gクラス 2017モデルG350dへスペーサー取り付け・・・なのですが!?
















こんにちは。
商品部の「ヤス」です。



わたしからのブログ更新は久しぶりとなります。
なかなか更新できず、申し訳ございません。
m(_ _)m




さて、相変わらず人気のある
W463 Gクラス!


KSPでも、毎週の様に新規のお客様に
ご来店頂いております。

お客様のなかには新車を購入後まもなく・・・
更には、ディーラーで新車納車後直接ご来店!
なんてケースもあったり・・・
本当にありがたい限りでございます。(^^)

さて、現在の新車は
いわるゆ2017モデルと呼ばれていますが、
この新車のG350dにスペーサーを装着していきます。





Gクラスオーナー様には
多数のご支持を頂いております
KSP製Gクラス専用スペーサー!

ラインナップは10ミリ~35ミリまで
幅広くご用意しております。
※10ミリのみフロント専用品です。

今回は、フェンダー内に収まるギリギリのサイズを
左右前後ピッタリになるようにスペーサーを
装着していきます。






こちらは35ミリスペーサー装着状態。






スペーサー本体の直径は
純正ホイール側の接地直径と合わせた
専用設計で製作しています。






そして、次のスペーサーを
装着していきます。





次に選択したスペーサーは
21ミリサイズのスペーサーです。





さっそくホイールを外して・・・





装着していきます。
ちなみに画像の21ミリサイズのみですが
スペーサー固定用ボルトの頭が構造上の都合、
スペーサー表面より若干突出してしまいます。

21ミリスペーサー装着の場合は
このボルトの頭(約Φ21)の突出(約3ミリ)が
ホイール側で逃げなければなりません。
社外ホイールと組み合わせる場合は、
必ずホイール裏面の逃げ(くぼみ)が有るかを
事前にご確認下さい。

なお、2017年6月現在までの純正ホイールは
AMGを含め逃げる事が確認出来ておりますので
問題ございません。
(エディション463専用ホイールのみ21ミリ装着不可)





左フロントにも21ミリスペーサーを
装着致しました!









!?

何か・・・おかしいと思いましたか!?

そうです!
先程、右フロントには35ミリスペーサーを
装着していました!

つまり、今回は左右で異なるサイズを
選択している事になります。






今回は前後共に
左側に21ミリサイズを装着。





右側には35ミリサイズを装着しました。

これで見た目のツライチは左右で、ほぼ揃っている
状態となりました。


ただし、今回の事例は「この現車に合わせた」選択です。
車輛自体はフルノーマルの車輛ですが、左右誤差が大きく
オーナー様の希望で「左右の見た目を合わす選択」という事で
この様な装着例となりました。






スペーサーの装着は「左右同一」が基本です。
左右で異なるサイズを装着した事で
実際にデメリットを体感するかは別として、、、

理由としては、
車輛(シャーシ)の中心からタイヤの接地位置までの
距離が変わってしまう事になるため、
理論上、ハンドルを切った際の挙動が
左右で異なる現象が起きます。
故に左右を揃える事が原則ではあるのですが
「見た目重視」であれば、こういった選択も中には
あるという事になります。


KSPで装着した2017モデルのG350dでは、
この様な左右差が大きく起こっている車輛を
複数確認しています。
Gクラスは車高を変化させたりすると
こういった症状は車輛の構造上もともと起こるのですが、
フルノーマルの車輛で過去の車輛(~2016モデル)と
比較しても理由は現在、判明しておりませんが
2017モデルは発生頻度、左右差が多い傾向にあるようなので、
これからスペーサーを検討されている2017モデルのお客様は、
必ず現車で確認してから選択サイズを決定するように
注意して下さい。

また、KSPでは試着用スペーサーもご用意しておりますので
ご来店頂ければ、現車の身体測定も可能です。
不安がある方は、是非お気軽にご相談下さい。

KSPファクトリー 0425319936





見た目としては、
非常に満足頂ける仕上がりになったかと思います。

この度はご指名ありがとうございました!




これからスペーサー検討されてるユーザーの方は、
是非、参考にして頂き「必ず現車確認」して
愛車に合う適正なサイズ選択をして頂ければと
思います。


Posted at 2017/06/20 13:50:02 | コメント(0) | トラックバック(0) | W463 Gクラス | イベント・キャンペーン
2017年03月06日 イイね!

G63・G65AMG専用Bigブレーキローターキット販売開始&インプレッション

G63・G65AMG専用Bigブレーキローターキット販売開始&インプレッション

















こんにちは。
商品部の「ヤス」です。





前回、製品のスペックをご紹介させて頂きましたが
今回は、装着の流れやインプレッションを
ご案内させて頂きます。






この、G63AMG/G65AMG専用
Bigブレーキローターキットは

性能を向上させつつ軽量化にも貢献しています。

故に、ブレーキローター本体は
ハイカーボンスチールブレーキローターを
採用していますが、ベルハウジングに関しては
軽量・高強度なジュラルミンを採用し
2ピース構造が採用されています。







製品を装着する前に、
必ず確認すべき事!

それはローターとベルハウジングとを
留めているボルトの締め付け確認です。

製品は組まれた状態でお届けとなりますが、
再度、組み付け確認を行う様にして下さい。
もし、緩んでいる状態のボルトがあると・・・

想像したくはありませんね・・・(^^;)







リアに関しても、同様の作業を
行っていきます。

ちなみに締め付けトルクは15Nm程です。





新品のブレーキローターには
腐食防止などの理由から
油分が付着しています。

パーツクリーナーでしっかりと拭き取ります。
怠ると・・・止まりませんよ!(苦笑)







キャリパーを固定しているボルトを緩め
ブレーキキャリパーを外していきます。

一般的には、ブレーキキャリパー裏側から
固定されているケースが多いのですが、
AMGフロントキャリパーは上部から
キャリパーを固定されています。
※リアキャリパーは裏側から固定されています。

各ボルトを外して純正キャリパーが外れたら
純正ブレーキローターも外していきます。





ブレーキローターを外した際は、
ハブに固着したサビや汚れを落とします。

頻繁にブレーキローターを外す事は無いと
思いますので、こういう時には必ず
綺麗にしておく事で固着防止にもなります。





1つ、大事な事がありました!

ブレーキキャリパーを完全に
外す必要は無いのですが、
ブレーキキャリパーに繋がっている
ホースや配線に無理な負荷をかけるのは
厳禁です!

特に、ブレーキパッドセンサーは
断線してしまうと警告灯が点灯して
しまいますので十分に注意して作業します。





全てを組み付けたら
ブレーキキャリパーを固定して完成です。





フロントブレーキは、
純正Φ380からΦ400にUP!





リアは、純正Φ330からΦ380にUP







特にリアは、
ホイールを装着した状態でも
あきらかに、その違いが判ります。


オーナーさんなら解ると思いますが、
純正でもブレーキが効かない訳では
ないと思いますが、フロントに効きが
集中していると感じると思います。

純正キャリパーの大きさ、ローターの大きさ・・・
当然と言えば当然なのですが、
この特性が「良く効いている」と思う反面、
強くブレーキをかけた際に不安を感じる
要因の1つとなる事も有りえます。

メーカーはドライバーに「止まる」事を
認識させやすい様にフロントブレーキの
効きを表す特性にする事が多いのですが、
本当に良く止まるブレーキとは、
決してそうとも限りません。





前のめりになる。つまりリアブレーキは?
ちゃんと効いてる?
もっとリアを効かせたら?
という疑問が出るのも一理。

この記事を読んでる方々は、多少なりとも
車に興味がある方々かと思いますが、
メーカーは、そうじゃない方々が
運転する場合も想定してセットUPしています。
故にフロントが「効く」特性になっている。
「ブレーキを掛けてる認識」を強調している。
そんな事が言えると思います。


では、Bigローターキットを装着すると・・・
どうなうか?

「気づいたら減速している」

そんな特性に変わります!


同じスピードからの減速でも、
純正の時は「頑張ってた感覚」だったのが
「余裕をもって減速できる」様になるので
純正で感じてた「フロントが頑張った減速」
ではなく、非常にマイルドな特性になります。
でも、しっかり減速する。
これはドライバーに伝わる感覚として
非常に大きな「安心感」に繋がります。

2.5tの車重を誇るG63/G65において
この安心感はかなり魅力的なのものとなります。

もちろん、レーダークルーズ作動時などに
違和感が生じる様な事もありません。

ビジュアルはもちろん、
実用性も兼ね備え、このブレーキサイズとしては
非常にコストパフォーマンスも高い
Bigブレーキローターキット!

派手なチューニングではありませんが、
純正AMGスタイルを好むユーザーには
魅力的な逸品です!(^^)



【購入はコチラから可能です】





Posted at 2017/03/06 11:47:53 | コメント(0) | トラックバック(0) | W463 Gクラス | イベント・キャンペーン
2017年02月27日 イイね!

新製品!G63・G65AMG専用Bigローターキットのスペック!

新製品!G63・G65AMG専用Bigローターキットのスペック!

















こんにちは。
KSP商品部の「ヤス」です。







久しぶりのGクラス新製品の
ご案内です!

今回の製品は、
W463 G63AMGおよびG65AMG
専用品となりますので、
その他のグレードには装着できません。

申し訳ございません。
m(_ _)m





【G63/G65専用Bigローターキット】

こちらはフロント用キットです。




そして・・・




【リア用Bigローターキット】





ブレーキローター本体は
カーボン含有量3.5%以上の
ハイカーボンスチールローターを採用!
非常に強度が強く、耐久性にも
優れたものを採用しました。
2ピース構造を採用する事で、
ブレーキローター本体の軽量化、
つまり、バネ下重量も軽減されています。




リア用に関しても同様の構造を採用。
ベルハウジングには
高強度ジュラルミンを使用し、
さらにハードアルマイト加工を施していますので
表面硬度はスチール材と同等の強度を
保持しています。





リアのベルハウジングは
ジュラルミンでサイドブレーキは大丈夫?

ちゃんとサイドブレーキに対応出来る様に
中にはスチール製リングが組み込まれています。


「Big」というからには、
その大きさは?というと・・・




フロントはΦ20大きくなります!
純正でも、かなり大きいフロントローターが
採用されているAMGですが、
更に大きくする事でブレーキ性能が
今以上に向上します!








注目すべきは重量!
なんと、1輪あたり4kg近くも
軽量できる事になります!

この違いは、根本的な運動性能にも
大きな貢献が期待できます!


次に、リアローターは?というと・・・





貧弱なΦ330(乗用車としては大きいですが)
純正ローターから比べると、
かなり大きなΦ380へと変わります。

この大きさ・・・
良く考えたら、純正フロントローターと
同じ大きさですね!








格段に大きなローターになるも
重量は軽減されます!


そもそも、なぜローター径を
大きくするのかというと・・・


想像してみて下さい!
回転する円盤の
一番外側をつまむのと
中心付近をつまむのとでは
その回転を止める為の力は
どちらの方が少ない力で済むか・・・

もしくは、同じ時間で止めるには
どちらの方が強い力が必要か・・・

言われてみれば容易に想像
出来るかと思います!

また、ブレーキを制動する!とは、
その回転エネルギーを熱に
変換させる事で制動力を生みますが
熱が上がり過ぎると
ブレーキは性能を維持する事が
出来なくなってしまいます!

ブレーキ性能の余裕が大きくなる!
と、言う事は安全に止まる事にも
余裕が生まれる事にも繋がります。



もちろん!
ビジュアルも良くなりますねっ!(笑)

性能!
ライフ!
純正キャリパーのままなので低コスト!
そして見た目UP!

様々な面で、純正を大きく上回る!
それが、このBigローターキットです!


もちろん、純正ホイールのままで
装着可能です!
d(^^)


ただいまデモカーにてテスト中です!


インプレッションなどは
近況は次回UPしますので、
今しばし、お待ちください。
m(_ _)m


まもなく販売開始予定です!
(^^)



Posted at 2017/02/27 15:03:37 | コメント(0) | トラックバック(0) | W463 Gクラス | イベント・キャンペーン
2016年10月30日 イイね!

G350d GF製ショックキット&アクセルペダルスペーサー取付

G350d GF製ショックキット&アクセルペダルスペーサー取付


こんにちは。


もう寒い時期ですね。
つなぎの上はパーカーを着ないと
外に居られなくなってきました(>_<)

パーツメーカーの方ーーー
カッコイイのください!笑



さて、最近はゲレンデで
当社スペーサー取付、社外パーツ取付などが増えてます。


今回はGF製ショックキット取付と、アクセルペダルスペーサー取付です。





取付車輌は人気のG350dです。



これは純正のバンプラバー



ショックキットを組む際はGF製ショックキット用バンプラバーを使用します。

1個 価格8,500円(税別)  ※1台に4個必要です。




作業紹介の途中ですが・・・
当社ゲレンデ用スペーサーご使用頂いております。
ありがとうございます。




まずはリア側



専用工具でバネを組込・・・



続いてショック本体を取付ます。








次にフロントです。
フロントは純正のショックより太くなりますので、
車輌の画像の部分に 5mm~10mm 削る加工が必要になります。
もちろん、削った部分は錆びないように再塗装します。



リア



フロント


GF製ショックキットの取付完了です。

ゲレンデは乗り心地が悪いと感じる方がいらっしゃいますが、
このショックキットに交換すると車高が3cm前後ダウンして
純正に比べてソフトな乗り心地になります。




GFビックショックKIT
商品価格:350,000円(税別)(ダウン量40mm)
※バンプラバー別売り



次に
最近取付依頼が多いGF製アクセルペダルスペーサーです。

アクセルペダルとブレーキペダルの高さが極端に違うので
運転しにくいと感じる方が多く

そこでブレーキペダルの高さに近くなるように
アクセルペダルをかさ上げするという商品です。





ペダルの本体と表のカバーの間に取り付けて作業完了です。

商品価格:12,800円(税別)


ありがとうございました。




さらに続いてですが・・・



こちらのG350は当社オリジナルブレーキパッドへの交換と
スペーサーの取付です。



KSPオリジナル メルセデスベンツ
W463 Gクラス専用 ブレーキパッド D-LESS
G350d フロント用・リア用 各23,000円(税別)



最近は新車で納車されて直ぐに
当社パッドに交換して頂く方が多いです。

純正パッドのダストでキャリパーやホイールが汚れる前に
ダストの少ないD-LESSに交換をオススメします。




同時にスペーサーも取付して
フェンダー内側に入ったタイヤを外側へ・・・





タイヤがフェンダー近く外側に出ると
踏ん張り感がでてほんと車がカッコよく見えます。

どんな車輛にも言えるのですが、
車輛の個体差や車高、仕様、左右差などで出方が変わるのと
オーナー様の好みがあるので、スペーサーの厚み選択は
現車で確認して頂いています。




ありがとうございました。








Posted at 2016/11/02 13:46:20 | コメント(0) | トラックバック(0) | W463 Gクラス | クルマ
みんカラ+ 自動車業界人の日常をチェック

プロフィール

「NSXの入庫がいっきに増えてます http://cvw.jp/b/711133/40583740/
何シテル?   10/16 17:03
国産車、輸入車問わず皆さんに満足して頂ける商品開発、販売をしていきますのでどうぞ宜しくお願いいたします。

ユーザー内検索

<< 2017/10 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

KSP-CARS 特選中古車・高価買取 
カテゴリ:KSP関連ホームページ
2015/03/18 19:20:57
 
KSP動画コンテンツページ 
カテゴリ:KSP関連ホームページ
2015/03/18 19:18:47
 
KSPフォトギャラリー 
カテゴリ:KSP関連ホームページ
2015/03/18 19:17:39
 

お友達

KSPエンジニアリングです。お気軽にお友達登録お誘い下さい!
スーパーカーのイメージが強いですが、国産車の新製品情報も配信しております。
各種、施工例、キャンペーン情報、お買い得情報などなど最新情報を真っ先にご案内致します。
1194 人のお友達がいます
G verdeG verde * マルチェロ XXマルチェロ XX *
きゃのん@2008きゃのん@2008 * てすたろっさ@てすたろっさ@ *
512さん(M50)512さん(M50) * けんたろう@赤い衰星けんたろう@赤い衰星 *

ファン

493 人のファンがいます

愛車一覧

フェラーリ 360モデナ KSP 360 Challenge (フェラーリ 360モデナ)
現在は360チャレンジ (modena/スパイダー/チャレンジストラダーレ含む)
ランボルギーニ アヴェンタドール ロードスター ランボルギーニ アヴェンタドール ロードスター
KSP Aventador roadster LP700-4
AMG Gクラス W463 G63AMG Model2012 (AMG Gクラス)
オリジナルパーツ開発、装着・ドレスアップ等
ホンダ NSX ホンダ NSX
KSP NSX ストリート~サーキット走行会まで対応するコンセプトで仕上げました。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.